Japan XR Hackathon Idea Sheet
Comments
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

 
¥
%
123
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Still loading...
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
1
アイデアNo,テーマ種別アイデアタイトルカテゴリーアイデア詳細発案者発案者参加会場必要なハード・ソフト補足情報URL参加希望者参加希望者参加希望者参加希望者参加希望者
2
1地雷対策HoloマインスイーパーゲームHoloLensでプレイするマインスイーパー。
SpatialUnderstandingで認識した床をプレイスペースとしてマインスイーパーを遊ぶ
afjk東京HoloLens
3
2飲料水・避難場所確保支援物資投入Riftゲームヘリで支援物資を投入する。
ただしテロリストや動物が邪魔をしてくる。
nano東京Rift
4
3地雷対策地雷除去Riftゲーム探知機で地雷を探知して除去する。
近づきすぎると爆発する。
nano東京Rift Touchnano
5
4飲料水・避難場所確保子供優先で飲料水配給Riftゲーム殺気立って群がる大人を避けて、飲料水ペットボトルを子供に投げる。nano東京Rift Touch
6
5性的暴力対策警報アラーム Riftゲーム男性が襲ってきたら触られる前に警報アラームを鳴らす。
襲ってくる男性と、襲ってこない男性が居るので冤罪をしてしまった場合は減点
nano東京Rift Touch
7
6民間人保護BCPを日常ビジネスに組み込む人道支援
大規模越境EC、コンテナ単位(一万個/1000箱単位)で中国本土等アジア圏に日用品などを販売しています。
この日常ビジネス機能を、もし“災害対策”BCP(事業継続計画)/民間人保護が必要になった際に、即座に転用することができます。
必要な日用品/衣料、忘れ去られやすい女性向け衛生用品などありとあらゆる必要な品を、即座にコンテナ単位で確保し(在庫で確保している先とも提携し)、スムーズに展開(自分たちでも物流をもっています)。
かつ、目的地の港に着いたら、現地の人たちと協力(雇用)して、目的地まで輸送・分配します。
ただし、即座・リアルタイムに世界規模で動かすことになるので、大変距離がある地域間を、実際に人が動いていたのでは対応が大変困難かつ大幅な時間・費用等の無駄が生まれます。
そこでHi5 VR GLOVE等XRをつかって各地に分散している物資をリアルタイムに目視・触感(食品では特に重要)を捕捉しながら、
現地の人たちと協力して的確な運営をすることで、スムーズに展開します。
akira東京Hi5 VR GLOVE
8
7障がい者支援
9
8民間人保護子供向けアフターケア人道支援
ターゲット:紛争エリア、復興エリアの子供たち
内容:紛争後の復興エリアを中心に子供たちへのアフターケアや医療行為のサポートをVRで行う
①Virtual Playground:トラウマを抱える子供向けの遊べるコンテンツ(癒し系、折り紙、あやとり)
②Treatment Center:治療時や予防注射接種時の子供が気をそらせるようなコンテンツ
Yanai, Minotani, Yuna
東京
HTC VIVE/VIVE tracker
NOITOM Hi5 VR GLOVE
Cardboard
YanaiMinoYuna
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
Loading...
 
 
 
アイデアシート
テーマ