WD-WCAG21-20170912(機械翻訳)
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

 
¥
%
123
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
1
→のGoogle翻訳https://github.com/w3c/wcag21/issues/60
2
kwahlbinが コメントしました 2016年11月29日 • awkawk によって編集されましたkwahlbin commented on 29 Nov 2016 • edited by awkawk
3
SCと定義の現行バージョンCurrent versions of SC and Definitions
4
見るためのAA SC | 編集のためのAA SCAA SC for viewing | AA SC for editing
5
見るためのAAA SC | AAA SC編集用AAA SC for viewing | AAA SC for editing
6
表示するターゲット定義 | 編集のターゲット定義Target definition for viewing | Target definition for editing
7
SCの完全草案ガイドラインSC in full draft guideline
8
未解決の問題とアンケートOpen issues and Surveys
9
未解決の問題:SCステータスページOpen issues: SC Status page
10
2001 年5月16日調査May 16 2017 Survey
11
(アンケートへのリンクにはW3Cメンバーのアクセスが必要)(Links to surveys require W3C Member access)
12
SCショートネームSC Shortname
13
目標サイズTarget Size
14
SCテキストSC Text
15
LEVEL AALEVEL AA
16
次の点を除き、ターゲットのサイズは少なくとも44×44のCSS入力です。The size of the target is at least 44 by 44 CSS pixels for pointer inputs except for the following:
17
カスタマイズ可能:ページの倍率レベルとは無関係にターゲットのサイズを変更する仕組みが利用可能です。Customizable: A mechanism is available to change the size of the target independent of the level of page magnification.
18
等価:ターゲットは、少なくとも44×44ピクセルの同じページ上の同等のリンクまたはコントロールを介して利用可能です。Equivalent: The target is available through an equivalent link or control on the same page that is at least 44 by 44 CSS pixels.
19
必須:特定の目標の提示は、伝達される情報にとって不可欠です。Essential: A particular presentation of target is essential to the information being conveyed.
20
ページ内:ターゲットは、リンク先が同じページにあるテキストリンクです。In-Page: The target is a text link where the destination is on the same page.
21
インライン: ターゲットがテキストブロック内にあります。Inline: The target is in a block of text.
22
ユーザーエージェント制御:ターゲットの外観はユーザーエージェントによって決定され、作成者によって変更されません。User agent control: the appearance of the target is determined by the user agent and is not modified by the author.
23
LEVEL AAALEVEL AAA
24
ターゲットのサイズは、ポインタ入力の場合、少なくとも44×44のCSSピクセルです。The size of the target is at least 44 by 44 CSS pixels for pointer inputs.
25
関連用語集追加または変更Related Glossary additions or changes
26
ターゲット:ターゲット:タッチアクションを受け入れるディスプレイの領域。同じアクションを実行しないか、または同じページに移動するタッチターゲットの一部が、他のタッチターゲットによってタッチ操作を受信できないようにオーバーラップする場合、その部分はタッチターゲット測定の目的でタッチターゲットとはみなされません。Target: Target: Region of the display that will accept a touch action. If a portion of a touch target that does not perform the same action or go to the same page is overlapped by another touch target such that it cannot receive touch actions, then that portion is not considered a touch target for purposes of touch target measurements.
27
ポインター入力:マウス、ペン、またはタッチ・コンタクトなど、画面上の特定の座標(または座標セット)をターゲットにできる入力デバイス。(https://w3c.github.io/pointerevents/#glossaryから少し修正しました)Pointer inputs: input devices that can target a specific coordinate (or set of coordinates) on a screen, such as a mouse, pen, or touch contact. (modified slightly from https://w3c.github.io/pointerevents/#glossary)
28
CSS Pixel:https : //www.w3.org/TR/CSS2/CSS Pixel: https://www.w3.org/TR/CSS2/
29
SCがどのような原則と指針に入るか。What Principle and Guideline the SC falls within.
30
新たに提案されたガイドライン "Pointer Accessible"New Proposed Guideline "Pointer Accessible"
31
ユーザーがポインタ機能を操作しやすくする。Make it easier for users to operate pointer functionality.
32
WCAGグループの編集ノート:ポインタの定義には「タッチ」が含まれていますEditorial Note for WCAG group: Pointer includes "Touch" in its definition
33
説明Description
34
この成功基準の目的は、手の振戦、限られた器用さまたは他の理由のために小さな標的を活動化することに問題があるかもしれないユーザを助けることである。ターゲットが小さすぎる場合は、ターゲットを目標にするのが難しい場合があります。マウスや類似のポインティングデバイスは、これらのユーザーには使いにくい可能性があります。ターゲットを大きくすると、Webページに肯定的な結果をもたらすのに大きく役立ちます。The intent of this success criterion is to help users who may have trouble activating a small target because of hand tremors, limited dexterity or other reasons. If the target is too small, it may be difficult to aim at the target. Mice and similar pointing devices can be hard to use for these users, and a larger target will help them greatly in having positive outcomes on the web page.
35
タッチは、粗精度の入力メカニズムであるため、特に問題があります。ユーザーは、マウスやスタイラスなどの入力と同じレベルの細かい制御に欠けています。指は、マウスポインタよりも大きく、タッチされている/アクティブにされている画面上の正確な位置に関するユーザの視界を妨害する。Touch is particularly problematic as it is an input mechanism with coarse precision. Users lack the same level of fine control as on inputs such as a mouse or stylus. A finger is larger than a mouse pointer, and generally obstructs the user's view of the precise location on the screen that is being touched/activated.
36
この問題は、異なる種類の細かい入力や粗い入力(例えば、従来のデスクトップ/ラップトップ、マウス、タブレットや携帯電話の両方でアクセス可能なサイトなど)に対応する必要があるレスポンシブ/モバイルの場合、さらに複雑になる可能性がありますタッチスクリーン付き)。The issue can be further complicated on for responsive/mobile which need to accommodate different types of fine and coarse inputs (e.g. a site that can be accessed both on a traditional desktop/laptop with a mouse, as well as on a tablet or mobile phone with a touch screen).
37
この基準は最小ターゲットサイズを定義しますが、意図しない動作の可能性を減らすために、より大きなサイズを使用することをお勧めします。これは、次のいずれかが当てはまる場合に特に関係します。While this criterion defines a minimum target size, it is recommended that larger sizes are used to reduce the possibility of unintentional actions. This is particularly relevant if any of the following are true:
38
コントロールは頻繁に使用されます。the control is used frequently;
39
インタラクションの結果を簡単に元に戻すことはできません。the result of the interaction cannot be easily undone;
40
コントロールは、到達しにくい場所、または画面の端近くに配置されます。the control is positioned where it will be difficult to reach, or is near the edge of the screen;
41
コントロールはシーケンシャルタスクの一部です。the control is part of a sequential task.
42
達成基準の例Examples of Success Criterion
43
3つのボタンが画面上にあり、各ボタンの表示部分は44ピクセル×44ピクセルですThree buttons are on-screen and the visible portion of each button is 44px by 44px
44
画面上のボタンは44pxで44pxで定義され、ビューポートの幅はdevice-widthに設定されていますButton on the screen is defined at 44px by 44px with the viewport width is set to device-width
45
ワーキンググループノートWorking Group Notes
46
このSCに関連する理解/技術文書に追加すること。To be added to understanding/techniques documentation related to this SC.
47
「著者は、細かいポインタまたは粗いポインタのガイダンスに従う必要があるかどうかを、どのように判断できますか?"How can authors determine if they need to follow the guidance for fine or coarse pointer?"
48
特にマルチ入力シナリオでは、ユーザーが実際にその入力デバイスや他の入力デバイスを使用するかどうかをタッチスクリーンで検出できるかどうかを確かめるのは容易ではありません。どのタイプの入力が利用可能であるかを知っているクローズドシステム用に設計/開発している場合を除き(例えば、タッチスクリーン対応のPOS端末にのみ使用する組み込みシステム、タッチスクリーンのないATMスタイルのデバイスで使用することができますが、ディスプレイの側面には物理的なキーボードのようなボタンが付いています)、開発者はある時点などでそのコンテンツ/アプリがタッチスクリーンで使用されると想定する必要があります。また、[...]マシンがタッチインタフェースを持つことができるとき[...]、すべてが "https://medium.com/let-me-repost-that-for-you-zeldman/jason-grigsby-on-design-beyond-touch-e862b699d426#.9go7knctrseeing that it's not possible to reliably detect a touchscreen, and - particularly in multi-input scenarios - it's not easy to know for sure even if a touchscreen can be detected whether or not a user will actually use that or some other input device instead: unless you are designing/developing for a closed system where you know for a fact which type of input(s) will be available (e.g. embedded system only to be used for touchscreen-enabled point of sales terminals, or a system for content only to be used on an ATM style device without touchscreen but with physical keyboard-like buttons on the side of the display), developers should assume that at some point or other their content/app will be used on a touchscreen; see also "when any [...] machine could have a touch interface, [...] proceed as if they all do" https://medium.com/let-me-repost-that-for-you-zeldman/jason-grigsby-on-design-beyond-touch-e862b699d426#.9go7knctr
49
「マウスフレンドリー」と「タッチフレンドリー」のインターフェースを切り替えるために、ユーザーにアプリ/サイトUIの一部としてのメカニズムを提供します。これは、たとえば、Microsoft Office 2013が使用するアプローチです(スライド137を参照)。https://patrickhlauke.github.io/getting-touchy-presentation/#137)offer the user a mechanism as part of the app/site UI to switch between "mouse-friendly" and "touch-friendly" interface. this is the approach that, for instance, Microsoft Office 2013 uses (See slide 137 https://patrickhlauke.github.io/getting-touchy-presentation/#137)
50
CSS Media Queriesレベル4の「任意のポインタ」機能を使用して、粗いポインタが存在するかどうかを確認します(ユーザが使用できる入力のうち少なくとも1つが粗い場合、たとえばタッチスクリーン)https://drafts.c​​sswg.org/mediaqueries -4 /(慎重にhttps://dev.opera.com/articles/media-features/CSS MQ4検出を使用して私の記事をメモし、 "プライマリ"対 "レア"の考えを落とすように仕様を変更する最近の議論"入力w3c / csswg-drafts#690)use CSS Media Queries Level 4's "any-pointer" feature to ascertain if a coarse pointer is present (indicating at least one of the inputs available to the user is coarse, e.g. a touchscreen) https://drafts.csswg.org/mediaqueries-4/ (note my article on using CSS MQ4 detection carefully https://dev.opera.com/articles/media-features/, as well as recent discussion on changing the spec to drop the idea of "primary" vs "rare" inputs w3c/csswg-drafts#690)
51
ユーザーがマウス/タッチスクリーンの使用を切り替えるとすぐに検出するために、https://github.com/ten1seven/what-inputのようなサードパーティのライブラリを使用します。インターフェイスを粗くまたは細かいポインタに最適化しましたか?今使用していた入力のタイプに切り替えるかどうかを尋ねるダイアログをユーザに表示しますか?など)use third-party libraries like https://github.com/ten1seven/what-input to detect as soon as a user switches between using a mouse/touchscreen - then it's up to the app/site to decide what to do (immediately switch out the interface to coarse or fine pointer optimized? present the user with a dialog asking if they now want to switch to the type of input that they just used? etc)
52
利点Benefits
53
タッチスクリーンが主要な対話モードであるモバイルデバイスを使用するユーザーUsers who use a mobile device where touch screen is the primary mode of interaction
54
手の震えなどの移動性障害を持つユーザーUsers with mobility impairments, such as hand tremors
55
細かい運動の動きが難しいユーザーUsers who find fine motor movements difficult
56
片手でデバイスにアクセスしたユーザーUsers who access a device using one hand
57
大きな指を持つユーザー、または指またはナックルの一部のみでデバイスを操作しているユーザーUsers with large fingers, or who are operating the device with only a part of their finger or knuckle
58
視力の低いユーザーはターゲットをよりよく見ることができますUsers who have low vision may better see the target
59
証拠Evidence
60
アップルのタッチポイントの推奨サイズ(44ポイント×44ポイント)(アップルの「ポイント」は、Appleに固有の密度に依存しない測定単位であり、CSS ptや従来のプリントで測定された現実の物理的ポイントとは関係ありません。 = 1 CSS px - 説明を参照http://ivomynttinen.com/blog/ios-design-guidelines)Apple touch target size recommendations (44 points X 44 points) (note that Apple's "points" is a density-independent unit of measure unique to Apple - not related to CSS pt nor real-world physical points as measured in traditional print; 1 point = 1 CSS px - see explanation http://ivomynttinen.com/blog/ios-design-guidelines)
61
Androidタッチターゲットサイズの推奨値(48 CSSピクセル×48 CSSピクセル)(Googleでは一般に、密度に依存しないピクセル「dp」を測定単位として使用します)https://material.google.com/layout/units-measurements.html #units-measurements-density-independent-pixels-dp - ただし、「CSSを書くときは、dp [...]が指定されているところでpxを使用してください。」)Android touch target size recommendations (48 CSS pixels X 48 CSS pixels) (note that Google generally use "dp" - density-independent pixels - as unit of measure https://material.google.com/layout/units-measurements.html#units-measurements-density-independent-pixels-dp - but as noted "When writing CSS, use px wherever dp [...] is stated.")
62
マイクロソフトのWindows Phone UIデザインとインタラクションガイド(PDF)は、タッチターゲットサイズが34pxで、最小タッチターゲットサイズが26pxであることを示していますMicrosoft’s Windows Phone UI Design and Interaction Guide (PDF) suggests a touch target size of 34px with a minimum touch target size of 26px
63
触覚の力学を調べるための人間の指先(PDF) - 大人の人差し指の平均幅は、1.6〜2cm(16〜20mm)であることがわかりました。これは、45〜57ピクセルに変換されます。これは、ほとんどのモバイルガイドラインよりも広いです。45〜57ピクセル幅のタッチターゲットは、ユーザーの指がターゲットの内側にぴったりと収まるようにします。ターゲットのエッジは、ユーザーがタップすると表示されます。これにより、ターゲットに正確にぶつかっているという明確な視覚的フィードバックが得られます。彼らはまた、より大きなサイズのため、より速く標的に命中して移動することができます。これは、フィットの法則と一致しています。フィットの法則は、ターゲットが小さくなるとターゲットに到達する時間が長くなると言います。Human Fingertips to Investigate the Mechanics of Tactile Sense (PDF) - found that the average width of the index finger is 1.6 to 2 cm (16 – 20 mm) for most adults. This converts to 45 – 57 pixels, which is wider than what most mobile guidelines suggest. A touch target that’s 45 – 57 pixels wide allows the user’s finger to fit snugly inside the target. The edges of the target are visible when the user taps it. This provides them with clear visual feedback that they’re hitting the target accurately. They’re also able to hit and move to their targets faster due to its larger size. This is consistent with Fitt’s Law, which says that the time to reach a target is longer if the target is smaller.
64
小型タッチスクリーンデバイスでの片手親指の使用 - シングルターゲットタスクでは9.2 mm、マルチターゲットタスクでは9.6 mm以上にする必要があります。One-Handed Thumb Use on Small Touchscreen Devices - target sizes should be at least 9.2 mm for single-target tasks and 9.6 mm for multi-target tasks in order to keep the dimensions of the targets as small as possible without decreasing performance and preference
65
タッチのあるサイトを構築するためのマイクロソフトのガイドライン - 少なくとも11mm(約40px)の平方で、少なくとも2mm(約10px)のパディングがあります(11mmが40pxにほぼ等しい場合、2mmは実際には7.5 pxですが、簡単にするために10pxに切り上げるのが適切です)Microsoft Guidelines for Building Touch Friendly Sites - a target is at least 11mm (about 40px) square with at least 2mm (about 10px) of padding around (note that if 11mm is roughly equivalent to 40px, then 2mm should actually be roughly equivalent to 7.5px, but rounding up to 10px seems appropriate for simplicity's sake)
66
Microsoft Design Language(PDF) - 44 EP×44 EPの最小タッチターゲットサイズ(マイクロソフト独自の密度に依存しない測定単位 - 理想的なビューポートを使用する場合は1 CSS CSSとほぼ同等)Microsoft Design Language (PDF) - minimum touch target size of 44 EP × 44 EP ("effective pixels", Microsoft's own density-independent unit of measure - roughly equivalent to 1 CSS px when using ideal viewport)
67
Boneyard:タッチターゲットサイズに関する研究のまとめBoneyard: Summary of Research on Touch Target Size
68
テスト容易性Testability
69
1. すべてのタッチターゲット/実行可能なアイテムを特定し、入力がコースまたは細かいポインティング精度のために定義されているかどうかを識別する1. Locate all touch targets/actionable items and identify if the inputs are defined for course or fine pointing accuracy
70
2. ページがデバイスの理想的なビューポートに設定されていることを確認します(たとえば、ビューポートがデバイス幅に設定されている)2. Review the page is set to the device ideal viewport (e.g. the viewport is set to device-width)
71
3. タッチターゲットがCSSで設定されているピクセル単位のサイズを特定する3. Identify what size in pixels the touch target is set to in the CSS
72
4. 表示可能なターゲットサイズがポインタ入力の場合は少なくとも44pxで44pxであることを確認する4. Verify the visible target size is at least 44px by 44px for pointer inputs
73
テクニックTechniques
74
M030複数の要素:複数の要素が同じアクションを実行したり、同じ宛先に移動したりする場合(リンクテキスト付きのリンクアイコンなど)、これらの要素は同じ実行可能要素に含める必要があります。これにより、すべてのユーザーのタッチターゲットサイズが増加し、器用さの障害を持つユーザーに役立ちます。また、冗長なフォーカスターゲットの数を減らすことができ、スクリーンリーダとキーボード/スイッチの制御を使用する人々に役立ちます。M030 Multiple Elements: When multiple elements perform the same action or go to the same destination (e.g. link icon with link text), these should be contained within the same actionable element. This increases the touch target size for all users and benefits people with dexterity impairments. It also reduces the number of redundant focus targets, which benefits people using screen readers and keyboard/switch control.
75
M002タッチターゲット:タッチターゲットが少なくとも44ピクセル×44ピクセルであることを確認します。M002 Touch Target: Ensuring that touch targets are at least 44px by 44px.
76
FM005失敗:タッチターゲットがデフォルトのビューポートサイズで44ピクセル×44ピクセル未満ですFM005 Failure: touch target is less than 44px x 44px at the default viewport size
77
インラインリンクを確保するための潜在的なテクニックは、十分に大きなアクティベーションターゲットを提供します - http://codepen.io/patrickhlauke/pen/aBNREe(リンク密度が高いパラグラフでは、ビューポートサイズなどによってはリンクにつながる可能性がありますオーバーレイされたアクティベーションのターゲット;著者は、これが起こらないことを確実にするために、さらにいくつかの技術(編集の可能性があります)Potential technique to ensure inline links provide sufficiently large activation target - http://codepen.io/patrickhlauke/pen/aBNREe (this will still prove problematic for paragraphs with high link density, which - depending on viewport size etc - can result in link activation targets overlapping; authors will need further techniques - some of which may be editorial - to ensure this does not happen)
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
Loading...
 
 
 
#60
#65
#64
#61
#68
#69
#18
#14
#47
#23
#75
#79
#78
#74
#10
#9
#77
#6
WCAGもくもく会 #3
#2
WD-WCAG21-20170912
#67
#70
 
 
Main menu