VS Web拡張機能比較
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

 
View only
 
 
Still loading...
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUV
1
分類機能補足VS2010
with
WE 2010
VS2012VS2012
with
WE 2012
Ver 1.5
便利度
(所感)
一言
2
1CSSベンダープレフィックスジェネレート
3
2Urlの値を64bitで暗号化×
4
3ToDoコメントにアイコンがつけられる××個人的には、便利かなと思っていた機能ですが、WE2012に継承されなかったのが残念です。
5
4指定した色が視覚的に表示される[■#000]というように、色コードの前に実際の色が表示されます。×
6
5マウスのホバーでカラー確認×№4の機能があれば十分ですね。
7
6マウスのホバーでフォント確認×
8
7マルスのホバーでイメージ確認×イメージファイルをホバーで確認できるのは便利だと思っていたのですが、VS2012ではその機能はありませんでした。(なんとなくそれっぽく動かそうとしている気配はあるのですが。。(バグ??))
9
8regionディレクティブの利用region使えるのはやっぱり整理できていいですね。
10
9regionディレクティブのショートカットコマンド××ちょっぴり便利!
なぜJavaScriptにはないの??
11
10選択範囲のコードの縮小化×ミニマム化はファイル単位でやっていたので、あまりありがたさは感じられず。
12
11minファイル(縮小ファイル)の作成縮小ファイルを一度作成すると、関連ファイルにぶら下がるファイルとしてminファイルが自動生成される。
一度生成された後は、保存時に自動的に同期が取られるようになる。
××連動してくれるのがいいですね!
これは便利と思いました!
13
12イメージファイルのドラッグドロップ追加×
14
13フォントファイルのドラッグドロップ追加×
15
14Urlピッカー××なにやら動作が安定していません。
安定を望みつつ!
16
15セレクターインテリセンス同じファイル内に記載されているIDやClass、タグ名がインテリセンスで表示されます。××同じIDやClassに対して重複したスタイルを設定してしまう心配がなくなります。
17
16JavaScriptregionディレクティブの利用×
18
17選択範囲のコードの縮小化×
19
18minファイル(縮小ファイル)の作成縮小ファイルを一度作成すると、関連ファイルにぶら下がるファイルとしてminファイルが自動生成される。
一度生成された後は、保存時に自動的に同期が取られるようになる。
××
20
19JHintの利用が可能柔軟なルールを設定してJavaScriptのコードルールをチェックできる××
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
Loading...
 
 
 
シート1