アニメ『この世界の片隅に』を”批判”せよ
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

View only
 
 
ABCDE
1
学籍番号ペンネームURL提出下読み委員からのコメント
2
02170001ytommyhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/ytommy/『火垂るの墓』『はだしのゲン』という戦争アニメ映画との比較は、片渕斎藤対談でも言及されており、語りがいのあるテーマとなり得たのではないだろうか。しかしこの作品が戦闘シーンなど残酷な直接描写を避けて戦争の日常を描いていることは、戦争の記憶を薄めること=忘却することにつながるとしているが、本当にそうだろうか。もしそう主張するのであれば、印象論ではなく、作品中の描写がどうであるのかを精緻に取り上げて欲しかったところ。さもなければ、「この作品は、実際に正しい意味で理解されるのだろうか」という言葉が、そのまま自身に返って来てしまいかねない。また、特に後半誤字や文法的誤りが目立つので、流石に一度は推敲する時間を設けてほしい。
3
02170002みなみしまhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/9090mm/視点は独自で非常に面白い。が、粗も多い。『この世界』では描くことが重要だ、という説明がないまま細馬や斎藤の論を批判しても(および話を先取っても)、読者はついていけないので、導入では焦らず問題意識の共有に徹しよう。あるいは長い引用を出発点として共有するか。また、登場人物の名や「座敷童とりんさんを結ぶ」のような設定が説明されずに出てくることも気になる。「アウトサイダー」という用語も全く同じで、これだと「作品を観ていて、アウトサイダーアートという言葉にピンとくる層」に読者が限られてしまう。逆にゴッホの情報は、段落の長さから分かるとおり詳細過ぎる。『この世界』に関係ない個人史の部分は削ろう。また、自分で見出した類似物であるゴッホからのズレを批判点とするのはマッチポンプに見えるし、最後の論点も唐突。二つの批判点が結びつかなかった結果、最後の一文が証明みたいになっている。着想は良いので、どう料理すれば最も効果的かを考えたい。
4
02170003ユミソンhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/yumisong/シュトックハウゼンやアドルノを引用して語られる問題設定は普遍的なもの故に引き込まれるし、次々と問いを発し思弁を展開する語り口も読ませるものがあった。批評文ではなく随筆であるという自己認識とはいえ、やはり『この世界の片隅に』の「アニメ版」を批判せよという課題への応答として、この文章と同程度の分量の作品分析が欲しかった。すずの欲望は、どのような形で表れたのか。それをこうのはどのように描き、更に片渕はそれをどのように理解し表現したのか。作品の中でどのような意味を持たせたのか、等々読んでみたかった。
5
02170004北出 栞http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kitade/話が面白くなりそうなところで「補論」になってしまった印象。結果として本論の結論がやや急ぎがちになり、補論の後半もほぼあらすじの説明になっている。すずの描画を拡張現実として捉える視点は面白いので、補論と本論に分けず、一本の論として展開したかった。当人は「悔いはなし」とのことだが、もっと頑張れば絶対にもっと面白くなったはず。もったいない。あと「ぜひ本編を観て確認してほしい」的な煽りは批評の仕事ではないので、「構図の象徴的な意味」は明示しよう。
6
02170005イトウモhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/gonzomi/今回も丁寧に論を展開しているし、最後まで破綻なく読ませる文章になっている。ゴダールの映画史、バザン、アーレントといった参照にも筆者の力量を感じさせる。しかし、やはり議論の展開が足りない。実写映像の持つ多義性と、アニメーションの一義性という対比は「発見」として提示するにはあまりに手垢にまみれているアジェンダではないのか。「5」を本論として拡張させるなど、少なくともその前提のもとに議論を展開する必要があったように思われる。提出も数日の余裕を残していたようだし、すぐに提出せずに議論を深めていってほしかった。ポテンシャルはあるので、議論の整理だけでなく展開を意識すれば登壇常連の書き手となるはず。
7
02170006川井周分http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/santsui/
8
02170007灰街令http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/akakyakaki/画像イメージを挿入したり、ある程度レイアウトを調整可能な再生塾の投稿フォームを最大限活用した異色作だが、『ビルマの竪琴』を対置させたことも、ブリューゲルと郵便本の図像の重ね合わせも、意外性があり素直に面白かった。「生きた痕跡」の有無による死の描かれ方の違いが最後に回収させる流れも、それ自体は納得できた。これがやりたいことだったと言われると付け加えることはないかもしれないが、同時にもう少し課題への回答として評価されるものを目指すとすればどのような方法があっただろう。例えば『音楽への憎しみ』の一節を引いていることから、斎藤環が『美術手帖』の論考で指摘している空襲シーンの音響のリアルさや、人間のリアリティーの担保における聴覚の視覚に対する優位性と絡めるアプローチはあったかも。
9
02170008☆大山結子☆http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/ohyama/グッズというキャッチ―なテーマを取り上げていることから読みやすく、かつ中心的な主張である男尊女卑的メタメッセージへの批判という流れも理解し易いものとなっている。過去の特殊な事情に拠るデザインが現代において評価され得るという着眼点も鋭い。しかし肝心な『この世界の片隅に』の作品自体の分析が少ないため、男尊女卑の家庭の様式を称揚しているという指摘も大雑把な理解だと捉えられかねない。総文字数はそれなりに多いのだし、論点毎の分量の配分を一考する余地はあったか。また最終段落は蛇足だったかも。この作品が社会的役割の一部を果たしているという言及により、批判の必然性を損ねてしまっている感があった。
10
02170009寺門 信http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/jimonshin/ きれいな構成の文章で安定して読め、好感を持った。その分無難(もしくは地味)な印象は否めないか。6500字費やして「すずさんは日常性を生きているのにのん(能年玲奈)の復活劇がそれを邪魔している」という一行で纏められる論旨はやや物足りないので、意外な引用を持ってきてもう一ひねり加えるとかが欲しかい。読みやすさは文章と文体の面で担保されているので、次回からは論旨自体をもうちょっとアクロバティックにすることを欲張ってみてもいいと思う。あと3章と4章は分けない方がいい。
11
02170010runner2718http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/runner2718/
12
02170011mikipediahttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/mikipedia/
13
02170012山下望http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/yamemashita/基本的に面白く読んだ。一方で見どころである要素の連なりが自身の骨格をぼやかしているのも事実。引用も多い上にいちいち長く、ゆえに途中「大島渚のテーゼ」と出てきても「どれのことだよ!?」となる(あとを読むと「敗者は映像を持たない」のことだと分かるのだが……)。同様に後半、生井英孝が全く活きていないので、カットするか後で活かすかした方がいい。また「幽霊」というキーワードが特に定義されないまま使われているので、死と生のあいだにあるもの、と、単に死んでしまったもの、という二つの意味が担われているように見える。その状態で「幽霊化した右手」や「幽霊化したキャラクター」という言葉が出てくるので、結論部の主旨を追うのが大変。全体に、もうちょっと文章を明晰にする意識が欲しい。あと最後の自分語りは不要。
14
02170013脇田 敦http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/hanoisan/監督が泣く泣く削った的な発言をしている箇所を批判点として挙げても、やはり弱い。ここを批判として挙げるのなら相当に独自の切り口でないと厳しく、その域には到達できていないか。可能性があるとしたらリンがすずの成長のトリガーになっているという視点なので、ここからさらにひねりや深化が欲しいところ。例えばそのカットされたシーンを「人が死んだら記憶も消えて無うなる 秘密は無かったことになる」というセリフから(まさにリンの「秘密」は「消えて」「無かったことにな」ったのだから)考えてみる、とかするだけでもだいぶ変わるはず。
15
02170014じょいともhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/joytomo/
16
02170015伏見 瞬http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/shunnnn00/章を細かく割っているので、長さの割には苦にならず読める。ただ頭から「批判するぞ!」という構えが出て、「その要因とは、一言で言えばポピュリズムの世界的台頭である。」と断言してポピュリズムのガッツリした説明が来る。結果、『この世界』とポピュリズムの繋がりを共有していない読者とのテンションに差が出て、読者は置いてけぼりを食らってしまう(特に作品論を読みたい人はここで脱落する)。また全体として、正しいことを言う文章になっていて、意外性(もっと言えばエンタメ性)に欠ける。とくに政治情勢を扱う文章は「作品を通して政治を斬る」みたいになりがちなので、それに対する自己免疫は欲しかったか。
17
02170016高尾http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/hush/アメリカのレヴューサイトから『この世界』を論じるというアイディアは良かったと思う。が、エッセイ調の文章とあいまって、主張が薄い。レヴューを四つ引っ張ってきて結局「セリフの変更点に歴史修正的な匂いがある」以上の展開が無いのはどうだろう。奇しくも本文中に「自分の意思と考えを持たない日本人」という記述があるが、文章自体が体現してしまっている。‘Rotten Tomatoes’のシステムの詳細な説明など明らかに不要な箇所があるのでそれらを削り、セリフの変更から何が言えるのかについて独自の分析が欲しかった。
18
02170017小川和輝http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kazukigenron/丁寧に上下と水平運動を作品内に読み込んでいくやり方は好印象。しかしいかんせん長い。『君の名を』をここまで分量を割いて組み込む必要はあっただろうか。それだけ文字数を尽くした結論として、時限爆弾のシーンに上下運動が見られないことを「全体の整合性を狂わす大きな失敗」であり「映画の骨格に大きな傷をつけることとなった」とまでいうのだが、その後その理由が示されないまま、更に別のシーンでの垂直と水平の比較に終始してしまうのは消化不良感があった。上下運動が描かれていないことは何を意味しているのか、あるいはそれが見る者にどのような効果を与えたのか、その説得的な記述が読みたかった。
19
02170018渋革まろんhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/shibukawa0213/ブロックごとに様々な概念や固有名が飛び交いながらも、しっかりと議論を追うことができ、かつスリリングな読み応えもある。導入での問題提起も短い字数で読者を引き込むものになっている。「内面の声の前景化」も作品の細部を捉えているし、「換喩の隠喩化」といったフレーズも外連味があって好ましい。結論部はやや凡庸な地点に到着しているが、その過程には筆者の力量をたしかに感じさせる。
20
02170019谷 美里http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/misatotani/着眼点が非常におもしろく意外性があり、「足」と「見つけられる」例示もとても説得的である。テマティスムとしてはかなり上手くいっているように思う。中盤まで強く読者の興味を駆り立てる文章になっているが、しかし、結論部にあたるブロックでの失速感は否めない。テーマ選定自体は非常におもしろいが、一本調子すぎたかもしれない。「右手」ではなく「足」に注目する転覆の快楽を、結論部にも用意してほしかった。
21
02170020hideyukiwada
http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/hideyukiwada42hk/
22
02170021kimiterasuhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kimiterasu/
23
02170022谷頭 和希
http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/improtanigashira/
テマティスムを果敢にも実践し、一定の効果をあげているように思う。破綻のない文章で最後まで一気に読ませる筆力もある。だが、アニメーションが(実写映画における自生性を持たず)作り手によって画面を統御された表現という前提に立つのであれば、アニメーション作品である同作を「必然性」から捉える試みはやや悪手だったように思われる。また「必然/偶然」や「上昇/下降」といった抽象的な言葉を選定した点は、読者に恣意性を感じさせる原因となっている。細かい点では、導入部の文体がもたついているのが少々気になる。必然性を指摘した上で、別の作品解釈をより字数をかけて結論部としたいところ。
24
02170023高橋 秀明http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/hide6069/原作と映画を丁寧に比較している点には好感が持てた。一方で「今回は、そのような作品の批判をせよという事だが」「本当のところはなぜカットしたのかわからない」「ここからは、蛇足だが」など無防備な書き方が散見されるので、目標とする批評家がどのような書き方をしているか再度確認すると良いかも。「性差の問題」「本当の『女性』を描けていない」「男性/女性の視点」など、肝心の性差にまつわる違いに関する言い回しがやや大雑把になってしまっているため、もう一歩議論を先に進めるためにも、その定義を精緻にしたかった。
25
02170024月田http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/xxxx/
26
02170025斎藤英http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/tsaito222/
27
02170026吉原 啓介http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/448ra/ドゥルーズの議論を作品にあてはめてみただけにとどまってしまっているのが惜しい。筆者独自の議論の展開をより望みたい。また同作を論じるにあたって、なぜ「すずが海岸線と軍艦を描くシークエンス」を中心的に取り上げるのか、その理由を提示できていないために読者は恣意性を感じてしまう。作品を論じるためにそのシークエンスを取り上げる意味、そしてそれを読み解くのにドゥルーズを援用する意味を説得的に示した方がよかった。論考後半部の議論の方がより魅力的に感じたので、そこを中心に展開する道もあったかもしれない。
28
02170027pinchonhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/pin5chon7/
29
02170028遠野よあけhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/yoake/
30
02170029太田 充胤http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/lemdi04/構成の妙があり、最後まで楽しく読むことができる(終わり方も個人的に非常に好ましい)。字数の長さを感じさせない演出で、議論自体は被っている論考もあったが、異色の魅力がある。とはいえ、漫画における読みの多義性、アニメーション映画における意味の固定性はやや食傷気味の議論ではある。より深い議論の展開がほしいところ。「1-4」であつかわれた音の問題系は、先行する議論がさほど多くないはずなので、そこに字数を割いてもよかったかもしれない。
31
02170030町田 佳路http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/upskch/
32
02170031シルス湖http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/iiii/
33
02170032chiakihttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/chiaki/
34
02170033ペンネムRamunehttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/rondellio22/やはりまだ文章が批評のそれになっていない。具体的には、「作品を見て私が思ったこと」が軸になってしまい、作品自体の分析に目がいかない。「主人公のすずは映画の初めの頃にすでに死んでいる。」とか「片隅」繋がりでバシュラールを持ってくるとか、要所要所で面白くなりそうな気配があるのだが、全体の基調が「全く同意できる。」という意思表明や「人を好きになるというのは本能的な意志にも近い。」(そもそも本能と意志は真逆な気がする)という独断であるため、いまひとつ説得力を持たない。せっかく「批評再生塾」に通っているので、批評の文体を試してみてもいいのでは。あと作品名は二重カギで括ろう。
35
02170034谷川果菜絵http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kanaetnik/
36
02170035ぽぽんたhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/poponta/有史上の災禍を「物語」化することへの批判は、たしかに本質的な問題提起だろう。虚構上でのカタルシスが現実に存在する問題の隠蔽として機能することに、わたしたちは意識的であらなければならない。しかし、この論考での同作への批判はやや一方的すぎる断罪として行われている(斎藤環の提示した「批判」とはこのような意味での批判ではないのではないか)。作品論として読まれることを放棄するのであれば、対置する作品を提示して、その魅力を議論してみてはどうだろうか。
37
02170036kenmitsudahttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kenmitsuda/
38
02170037Bambinohttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/7977msms/※文字化けにつきコメントできず。提出前にプレヴューを確認しよう。
Loading...