ミネラル価格比較
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

 
View only
 
 
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
1
資材名肥料成分石灰苦土マンガン1反投入量kg
2
1.マインマグ標準量
3
マインマグク溶性クド珪酸350.00%28.00%0.10%5.00%60¥6,800
4
5
成分量成分総量
6
石灰0
7
標準施肥量苦土16.8ク溶性メイン
8
0.4ホウ素0.02
9
2.5マンガン0.04
10
2.53
11
珪酸21
12
マインマグCを標準量60kgとした場合、単価は非公表価格なので少し盛ってある。「吸収しやすい珪酸」をどう捉えるか次第という感じ。苦土がク溶性なのでアルカリ圃場には不向き。鉄・マンガン・ホウ素・銅・亜鉛などミネラルは入っているが余り意味のある量が入らないので、単肥なので補強の必要あり。  
13
14
2.マインマグ60kg相当分を単肥で施肥
15
苦土石灰適応土壌PH7.0以下39.00%16.00%0.00%0.00%100¥1,720
16
アイアンパワー微量要素0.00%0.00%0.00%20.00%15¥1,600
17
ケイカル珪酸34%30.00%3.00%0.00%0.00%60¥1,300
18
クワトロミネラーレ微量要素0.00%0.00%10.00%10.00%1¥500
19
ほう砂微量要素¥250
20
合計¥5,370
21
22
成分量成分肥料名
23
石灰57苦土石灰・ケイカル
24
標準施肥量苦土16.5ク溶性水溶性苦土石灰
25
0.4ホウ素0.36ホウ砂
26
2.5マンガン0.1クワトロ
27
2.53.1
アイアンパワー・クワトロ
28
珪酸20ケイカル
29
マインマグ60kg相当の養分を単肥で補った場合、同じ養分ならこちらのほうが安い。ただし珪酸は特別なものではない。ホウ素などは1kgで入れてあるのでこちらのほうが成分量は高い。苦土は水溶性が半分以上を占める。価格安く苦土の質も良い。ただし、散布時の飛散が多い。苦土石灰は別に撒く。いずれにしろミネラルの理想料からは不足する。
30
31
3.ミネラル総合資材の場合1反投入量kg
32
Bmマルチサポート1号
水溶性苦土ケイ素120.00%15.00%0.50%2.00%60¥5,200
33
BMマルチサポート60kg
34
成分量
35
石灰0
36
標準施肥量苦土9水溶性メイン
37
0.4ホウ素0.12
38
2.5マンガン0.3
39
2.51.2
40
珪酸7.2
41
JAで売られていて当地の白菜農家がよく使うものをなんとなく60kgいれた量。珪酸も入っている。苦土も水溶性メイン。鉄と珪酸はマインマグに勝る。ただし60kg入れてもミネラル不足は否めない。単肥の補強が必要。
42
43
資材名肥料成分石灰苦土マンガン1反投入量kg
44
4.マインマグ+単肥ミネラル 理想
45
マインマグク溶性クド珪酸3528.00%0.00%0.10%5.00%60¥6,800
46
クワトロミネラーレ微量要素0.00%0.00%10.00%10.00%5¥2,500
47
マンガンパワー微量要素0.00%0.00%40.00%0.00%5¥1,200
48
ほう砂微量要素0.00%36.00%0.00%0.00%1¥250
49
合計¥10,750
50
マインマグプラス単肥ミネラル 理想
51
石灰0
52
標準施肥量苦土16.8ク溶性水溶性
53
0.4ホウ素0.38
54
2.5マンガン2.54
55
2.53.5
56
マインマグ60kgを入れて単肥ミネラルで有機標準量までホウ素・マンガン・鉄・銅・亜鉛を強化したもの。単価は高いがマインマグをメインにすることで飛散量は抑えられ、ミネラルも十分、珪酸も「吸収しやすい」と言われている物になる。単肥は別に散布する。(適当量の堆肥などと混ぜて)
57
58
59
5.マインマグ+単肥ミネラル マルチサポート代用
60
マインマグク溶性クド珪酸3528.00%0.00%0.10%5.00%60¥6,800
61
マンガンパワー微量要素0.00%0.00%40.00%0.00%1¥200
62
ほう砂微量要素0.00%36.00%0.00%0.00%1¥250
63
合計¥7,250
64
マインマグ+単肥ミネラル マルチサポート代用
65
石灰0
66
標準施肥量苦土16.8
67
0.4ホウ素0.38
68
2.5マンガン0.44
69
2.53
70
これまでこれまでマルチサポートでやってきて微量要素欠乏が問題になっておらず「別にそこまで微量要素追求しなくても良くない?」という人の場合。マインマグを利用しつつ、マルチサポートと同じ微量要素をタンピで補う場合。マインマグでマルチサポートより少ないのはホウ素とマンガンなのでそれのみ単肥で増強。と言っても粒状肥料60kgにそれぞれ1kg足すだけ。単肥は他の肥料と混ぜて撒く。
71
72
6.単肥のみ理想
73
ケイカル珪酸34%30.00%3.00%0.00%0.00%60¥1,300
74
クワトロミネラーレ微量要素0.00%0.00%10.00%10.00%5¥2,300
75
アイアンパワー微量要素0.00%0.00%0.00%20.00%10¥1,100
76
マンガンパワー微量要素0.00%0.00%40.00%0.00%5¥1,200
77
ほう砂微量要素0.00%0.00%0.00%0.00%1¥250
78
合計¥6,150
79
6.単肥のみ理想
80
石灰18
81
標準施肥量苦土1.8
82
0.4ホウ素0.36
83
2.5マンガン2.5
84
2.52.5
85
マインマグの「吸収しやすい珪酸」を捨てて、マインマグを利用せずに単肥で理想のミネラル量を出した場合。ミネラル上限値には達しないが中間な施肥なので、プラスマイナス2割位で価格や成分量を変えられるが。単肥が最も成分単価が安く、設計も自在。ただし風には一番弱いので春先などは散布に注意。ケイカルは石灰などと撒く。
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
Loading...
 
 
 
シート1