Rarauka Madness 設定シート
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

View only
 
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
1
2
名前フルネーム誕生日身長体重出身種族タイプ特性(”能力”)能力説明能力媒体好きなもの嫌いなもの概要
3
音心小野 音心12/3014147日本 - 東北人間Living "Word"お話を書く / 描いた物を生物にするぬいぐるみ(うーくん)人の笑顔人の涙べるによってRaraukaに引き込まれた 長年肌身はなさず持っていたぬいぐるみには魂が宿った
4
べるBell R Bergenia 5/512919日本 - 関東吸血鬼Lord "Madness"”硬く鋭い物体” を出現させる包丁自分世界Raraukaの支配者 バランスの釣り合わない”設定”によって肉体が不安定 瞳や吸血鬼の翼も歪んだ形をしている。
5
リンLilith Rin Mary1/1215621Rarauka - 霧吸血鬼Darker "Knight"あらゆるものを通さない”壁”を出現させる結晶化した太陽人間吸血鬼霧から生まれ、べるの因子を受け継いで吸血鬼として”出現”した 壁はあらゆるもの吸収する(”通さない”)
6
めぐみ有明 めぐみ9/716253Rarauka - 島国人間Burnt "Summer"狙ったものを発火させるメモ帳かわいいもの”夏の魔法使い” 能力は自分の体温を魂に載せて放出、対象の温度が急激にあがることで発火、という能力 体温を犠牲にするため、能力使用後は炎の強さに応じて急激に体温が下がる
7
8
音々有明(小響) 音々12/3014147Rarauka - 孤島半吸血鬼Unliving "Doll"生物を”物質化”させる(魂を吸収する)神の目玉人の笑顔人の涙べるの”出現”した物体の魂を抜き取った影響で吸血鬼の特性を持っている 丸いものに執着 音心と存在が近い?
9
響子有明 響子10/116042Rarauka - 島国半吸血鬼Eternal "Void"影から生物を出現させるおもちゃのボード空想世界
10
11
ゆーのラプシナ・ルキャノヴナ・ユゥノ2/2314246ロシア人間Pastel "Snow"氷を食べると頭がキーンとする日本の雪大雪かき氷が美味しい めぐみと存在が近い?
12
ゆーか愛田悠香6/1015351日本人間Problem "Sight"目がいい世界なし第四の壁を破った 響子と存在が近い?
13
うーみん星野宇海11/1014749日本人間無(冬)Parallel "Winter"冷たい水が好き(氷を生成する)(U-DO)人間観察U-DO魔法少女
14
うかえるBell W Bergenia8/112918”夏の霧”半吸血鬼Panic "Death""凶器"を出現させる名状しがたき偽の神暗いところ明るいところべるよりリンのほうが存在が近い ゲーマー
15
16
17
18
19
20
能力・能力はその人の持ち物に宿る 生まれつきではなく、何かの行動がトリガーになって使えるようになるケースが多い 
 ・術者の潜在的な才能のため、才能が強いと生まれつき使える場合がある(ただし媒体が無いと能力は弱まる) 
 ・媒体となった物を奪えば、持ち主の半分程度の力が使える 
・全ての能力は物や人に魂を与える行為であるが、基本的に自我や意志を持つことはない 
 ・その人の生い立ちや経験などから一つの力に特化しているだけであり、実際は全て同じ「魂を与える」力である 
・「出現」系の能力は吸血鬼の力であり、霧から物が生まれる原理を利用している
21
・能力を使うには魂を消費する 
・基本的には消費される量は微々たるもので、普段遣いする分には命に影響はないが、気持ちを込めることによって一度にいくらでも魂を使うことができる(もちろん使いすぎると発動前に死んでしまうが) 
 ・魂は概念としては液体に近い 単位をL(リットル)とするなら、人の魂量は一定で1024mL ただし消費量には個体差がある 
・吸血鬼は人の10倍の速度で魂が失われていくが、半吸血鬼は人間の3倍程度に留まる 
・魂は生きているうちに消費され、歳を取るにつれて濃度が薄まり、意識が弱まる 血液には魂が含まれており、血液を失うと魂も失われる 
 ・輸血することで一時的に他人の魂を得ることもできるがそれだけであり、寿命が伸びたりすることはなく、すぐに蒸発して消えてしまう
22
タイプ・魂には色があり、青・緑・赤・白が一般的(順番に四季の名前がつけられている)で、大抵の場合生まれ月の季節になる 
 ・占い師によってオーラとして視ることもできる 
・その他の色(無色)として、善と悪がある
 ・これはRaraukaの外の世界で見られるもので、占い師には無色として映るため、見抜くことは難しい
23
Rarauka・「島国」「孤島」「霧」の3つの地域があり、この世界はべるの妄想、そして日本をモチーフとした海外の無い世界である 
・島国を囲う霧はべるの妄想で具現化しきれなかった・するほどの価値がなかったもの、使われず廃棄されたゴミの山のようなもので、まれに吸血鬼が出現することがある(大抵は島国に到達する前に死ぬ) 
・霧の向こうには大陸があるとされるが、探しに行ったものが帰ってきたことは未だにない
・音心と”誰か”の考えたおとぎ話 昔仲が良かったはずの”誰か”のことは、もう覚えていない
24
孤島・独自の神が信仰されている小さな島で、人口は50人にも満たない 
・畑や狩猟で生活をし、島国にある必要なものは、1年に一度年長の者一人と成人した若者数名を連れて買いに行く
25
”夏の霧”・Raraukaの外の世界に見られる現象 夏の決まった時期に現れることでこの名前がついた 
 ・出現時期は7月下旬から8月上旬にかけて、最大1週間ほど、日本を覆うように薄く現れる 
・霧が出ている間は夏とは思えないほど涼しくなり、お盆に近いこともあって、死者の霊が現世に現れた現象と言われ、この霧が出ている間は死者に連れて行かれないようにと外出を控える風習がある 
・正体はRaraukaから漏れ出し現実となった妄想のゴミで、基本的に害はないが、稀に半吸血鬼が出現することがある
26
吸血鬼・半吸血鬼吸血鬼:外的要因ではほぼ不死身だが、寿命そのものは人間より短い ただし血を吸う(魂を吸う)ことで寿命を伸ばせる 人に伝染することはなく、霧から生まれた生物が共通して持っている特性である 
半吸血鬼:吸血鬼の特性をある程度持ってはいるが不死身ではない・血を吸うことで補える魂は少ない等能力は下位互換 ただし日光に当たっても灰になることはない(代わりに吐き気やめまいなどの症状を起こす) 
 こちらは吸血鬼の魂を取り込んでしまった場合に徐々に魂が変異して生まれる元人間 
・どちらも遺伝はするが人間の血が混ざると完全な吸血鬼ではなくなり(半吸血鬼化)徐々に吸血鬼の能力も薄れる 
・この世界に置いて吸血鬼は悪魔の象徴である
・人間は死ぬと死体が残るが、吸血鬼は死ぬと完全に消滅する
 ・これは吸血鬼の身体が魂でできたものであるからで、魂の消費が早いのも、身体を維持するために使われているからである
 ・半吸血鬼の場合は、肉の部分だけ消滅し、軸となる骨だけが残る
27
現実世界・能力や魂の概念が解明された事実などない、ごく普通の世界
・普通では考えられない現象や力は、一部を除いて存在しない
 極限まで一つのことを願い、自身が自身を100%信じることによって、ありえないと言われることも現実にできる……かもしれない
 それはただの妄想や幻覚かもしれない だが本人にとっては確かな真実であり、真実であると認めた以上、誰も止めることはできない
28
その他
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
Loading...