ABCEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
1
チェック夏の白馬岳登山ツアー (山小屋宿泊) 装備表 レンタル可
2
基本装備注意事項
3
登山靴足首まで覆われたミドル~ハイカットで、靴底が滑りにくい登山用のもの
スニーカーやランニングシューズは不可
4
ザック30ℓ程度で、余裕を持って全ての装備が入る大きさのもの
5
軽アイゼン大雪渓で使用 6本爪、またはチェーンスパイク
6
へルメット大雪渓歩行時の落石、転滑落対策。軽量で登山用のもの
7
サングラス目の紫外線や砂ぼこり対策 稜線や大雪渓での紫外線は強烈です
8
ヘッドライト頭に装着できるタイプが使いやすいです 予備電池とセットで準備 
9
飲料水トータルで1.5ℓ以上の飲み物 スポーツドリンクなどを含めると良い
10
1日目、2日目の昼食なるべくコンパクトで食べやすく、カロリーがあるもの
11
行動食登山中に食べるおやつ 昼食と兼ねてもよい
12
現金白馬山荘売店の支払いは現金のみ 財布も軽量なもので準備   
13
14
ウェア(綿素材は避けること)
15
レインウェア/上下撥水性、透湿性のしっかりした素材で、上下セパレートなもの
ウインドブレーカーのみで代用は不可
16
インナーウェア(下着、靴下、タイツなど)綿素材のものは避け、ポリエステル素材など速乾性のあるもの
サポートタイツをインナータイツとして使用可 靴下は厚みがあるもの
17
Tシャツ/ロングTシャツ綿素材のものは避け、ポリエステル素材など速乾性のあるもの
18
ミドルウェア(ジャケット、パンツなど)綿素材のものは避け、ポリエステル素材など速乾性のある上下のウェア
フリースジャケットや登山用ロングパンツなどの中間着
インナータイツ+ショートパンツも可 脚の肌が露出しないようご準備ください
19
防寒着ダウンや化繊の軽量なジャケットなど 、登山の休憩時や白馬山荘宿泊時の防寒用
山小屋付近では、夏でも朝晩は気温10℃前後まで下がります
20
手袋防寒や転倒時の手の保護用で薄手のもの 軍手は綿素材のため不可
21
帽子直射日光と防寒対策 強風で飛ばされにくいもの
22
23
その他(あれば便利なもの)
24
トレッキングポール長さ調整のできるタイプ。 2本(ダブル)あるとバランスが取りやすい
25
日焼け止めクリーム日焼け対策 高所の紫外線は強烈です
26
ネックチューブ顔や首回りの防寒&日焼け対策用
27
ザックカバー雨天時に使用 ザックのサイズに合うもの
28
保温ボトル寒冷時の暖かい飲み物用の小型魔法瓶
29
洗顔用具歯ブラシなど メイク用品などは最小限で軽量コンパクトにして準備
30
汗ふきシート(メイク落としシート)白馬山荘にはお風呂やシャワーはありません
31
バンダナ洗顔や汗、雨拭き用 マクラカバーとしても利用できます
32
着替え防水用の袋に入れて、アンダーウェア(下着、靴下など)で一組にとどめること
33
インナーシーツ白馬山荘の掛け布団&敷き布団は、薄手で古いタイプです
感染症対策含めて気になる方は、軽量なインナーシーツがあると便利です
34
旅行用マクラ白馬山荘のマクラは、薄手で表面がビニール素材のマクラです
気になる方は、空気で膨らます軽量コンパクトなマクラがあると便利です
35
モバイルバッテリーなるべく軽量なもの 防水対策も忘れずに
36
電子機器類の充電器山荘内で充電も可能(1回100円) ただし混雑時は1人20分までの制限あり   
37
医薬品個人的なお薬など
38
ビニール袋音が出にくいタイプのもの 雨天時の防水対策としても便利です
39
感染症対策用品(任意)マスク、手指用消毒スプレー、体温計など
40
41
※荷物が重いと体力を余計に消耗します 当日背負うザックは8kg程度に抑えていただくよう調整をお願いいたします
42
※登山装備についてご質問がある場合はお知らせください
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100