観客の再発明
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

View only
 
 
ABCDE
1
学籍番号ペンネームURL提出下読み委員からのコメント
2
02170001ytommyhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/ytommy/映像環境の拡散とコスプレカルチャーの流行がパラレルなのではないかという面白い着眼点はあるものの、全体に散漫。それは具体的には、「も」や「でも」の多用に表れている。あれもこれもそれも投入するふうに文章が出来ているので、主に取り扱いたい作品や現象が何なのかがはっきりとしない。文法が変なところが散見することから見直し不足がわかるので、思ったことをそのまま書いて終わりではなく、一本の連続した展開のある文章として読ませる意識が欲しい。
3
02170002みなみしまhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/9090mm/論者の知識量や博識ぶりは伝わるのだが、それがいまいち見立てのおもしろさに結実していかないところが今回も惜しい。田中の作品から派生する『メメント』やアピチャッポン作品への言及があまりに短く、そこで展開があれば読み応えはぐっと増したはず。あるいは田中の「出口なし」という発言はそこから様々な議論へと発展しうる要素だったかもしれず、膨らませるならそこからだろうか。ただ、「現在性のうちに全体=断片の等式が成立してしまうために、そこで想定される観客は、断片同士を記憶し、全体性を仮構する必要のない主体、つまり記憶能力を持たない者であるということだ」など魅力的な文も多い。おおよそ一段落目ですべての結論が出ているというところはやや寂しいところで、どこかに裏切りが欲しい。
4
02170003ユミソンhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/yumisong/やはり独特の魅力を放つ(影響を受けた批評のスタイルが見えない)文体であることは間違いないと思う。題材に採った『The Clock』も非常に興味深く、読者の興味を駆動する。とはいえ「身体が存在できなかった膨大な時間は、時間を圧縮した映画や文学の中で生きることができる」という主張はいささか感情的すぎると受け取れるほどに、論証が欠けている。少なくとも『東京物語』以外に複数の例示が欲しかったところか。これまでエッセイ的という評を下読みからされることが多かった論者だが、今回は理論や見立てを導入した上での議論に感じた。今後に期待したい。
5
02170004北出 栞http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kitade/前半部の「観客の再発明」の議論と後半の『SAO』そしてそれらを受ける結論部の主張の、ひとつひとつは理解できるのだが、全体のつながりが整理されていない印象(だからこそ図を用いているように見える)。図で整理する「観客の再発明」あるいは「ポスト観客」が、結局のところ個々の作品の固有性に回収されてしまっているからだろうか。ひとつの方法として、筆者の問題意識に照らし合わせながら「名前」や「名無し」といった語を掘り下げることで、読者との問題意識の共有の下地とするのも有効かもしれない。
6
02170005イトウモhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/gonzomi/面白く読んだ。が、「新しい観客について考えるため、新しい認知の話をしよう。」という書き出しのとおり、観客論というよりは認知論に終始しているか。また、終盤に医療に関する話を持ってきたために、それに費やされる言葉が足りず、いままでの話とどう繋がるかを説得的に展開しきれていない印象。もっと言えば2章末の「人体複製」から3章の「ホログラムの表現」への話題の転換(か接続かもよく分からない)が急なので、結論部でその話がどうなったのか不明瞭。「ブレードランナー」から言えることが(レプリカントとホログラムに対応して)ふたつあり、うちひとつだけが結論部に文章として接続されているので、3章はもっと構成を考えた方がいい。あとアンドロイド風コンパニオンがまさにtwitterで映像として拡散されることで区別が失われたことはもうちょい観客論として掘り下げられたかも。とはいえいい作品分析だった。
7
02170006川井周分http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/santsui/
8
02170007灰街令http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/akakyakaki/
9
02170008☆大山結子☆http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/ohyama/
10
02170009寺門 信http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/jimonshin/モンタージュとVRの説明を動画に頼ってしまっているので、両者を対比するための要素を上手く抽出できておらす、結果としてその止揚である「セルフモンタージュ」という概念が弱くなってしまっている。楽をするために動画や図版を使っちゃだめ。あと「セルフモンタージュ」という概念を抽出して「あとは知らん」みたいな感じになっているので、嘘でもいいからそこから何が言えるかを書こうとしたい。というか(逆説的だが)それを試みないと言えることなんて出てこない。なんとなく挫けている感じの文章になっているので、次回は持ち直したいところ。
11
02170010runner2718http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/runner2718/
12
02170011mikipediahttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/mikipedia/
13
02170012山下望http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/yamemashita/
14
02170013脇田 敦http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/hanoisan/思いつきで繋いだエッセイにとどまってしまっているのではないか。批評文で求められる飛躍と今回の論考でのそれとの差異は、飛躍して何かと何かを結び付けることによる新しい発見の有無だろう。結論部もまさに良識的な主張になっており、読者の予想を超え出るものはない。サッカーとアイドルを比較しながら「空洞」で結ぶ部分には、展開の余地を残っていたようにも思うのでそこを広げていくべきか。あるいはサッカーに回帰せず、「手」のみで議論を敷衍し続ければある種の迫力は出たのかもしれない。
15
02170014じょいともhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/joytomo/薄味だが面白かった。が、やはり薄味。その原因は2章のランシエールとビショップの紹介が長いことか。そのため「ある問いがあります。それをこれに照らせばこうなります。以上。」みたいな感じになっている。言い換えれば起・承・結になっていて転がないので、展開の起伏や以外な固有名などを入れたい。作品の中から問題を取り出し、それを外部に接続しながら解決する、という批評の基本構造は出来ているので、2章の分量を削ってもうひとひねりを加えたら、文字数をさほど膨らませずにいい批評文になるはず。
16
02170015伏見 瞬http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/shunnnn00/面白かったし、『光』や『聲の形』に違和感を見出す書き方がよい。複数の作品を貫通的に論じる場合、ともすればある共通項を持つ複数の作品を探しがちだが、今回は「これにはない、ここにもない」と論を進めたために、結果的に書き手の問題意識の深さが伝わることになったと思う。ただし、1章の「途中で見ることをやめる」ことは「あまりに一般的」「当たり前すぎる」という断定はもう少し丁寧に論を進めたかったところ。個人的にはエロスを論じる箇所に魅力を感じたので、いっそのこと『聲の形』は無くしてエロスの描かれ方だけにフォーカスした方がもっと面白いものになったのではないか。そうすれば蓮實との交点も生まることだし一件落着だった?
17
02170016高尾http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/hush/応援上映という題材選択もよいし、応援上映がスポーツなどの応援と異なり、結果が決まっているものに応援することで「観客は観客として、観客同士がひとつの欲望を共有していく過程を楽しむ」というコンセプト自体もいい。だが、そのコンセプトの提示にとどまっているのが惜しい。これではシンクタンク的な分析になってしまっているので、より深堀した議論を期待してしまう。たとえば同じ応援上映でも、キンプリとハイローにはアニメと実写の差異があり、その差異にどのような価値を見出すかなど展開は望めたのではないか。着想はいいだけにもったいない。
18
02170017小川和輝http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kazukigenron/普通に面白い批評文だし、既存の議論を上手くまとめて作品分析ができていると思う。が、逆にいえば長さの割に優等生感があるのも確かで、「うん、そうだよね」という感じがしてしまう。その優等生感を貫いてくれれば良いのだが、終盤のジェシカ・ジョーンズと観客0.0が、「幽霊」という便利ワードで接続されているのが気になる。一度姿を消したものが現れるというだけでは繋がりとして弱いので、そこにもう一つくらい具体的な類似点なりが欲しかったか。たとえばジェシカ・ジョーンズの中に「私物化」的な要素を見出すとか、「観客0.0から1.0に至る過程で抑圧されたのは身体性である」とかでっち上げてそれを「傷つく身体」に接続するとか。後者なら「触覚」の復活も繋げられるかも。もう少し独自性というか、ケレン味が欲しい。
19
02170018渋革まろんhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/shibukawa0213/
20
02170019谷 美里http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/misatotani/いい話とみせかけて毒のある論旨はいいと思うが、やや物足りない印象を受けるのは、作品の分析(≠設定の説明)に欠けるからか。作品名を複数出しているので、少なくともひとつについては具体的なシーンのディスクリプションをしたい。そうしないと議論が作品に基いて行われているという印象が持てず、宙に浮いている感じがしてしまう。映画が触媒となり論文まで無害化されている。そしてディスクリプションが入れ込めていない原因は、SNSの導入が長すぎること。(毎回ながら)最後にもう一度SNSの話に戻る、とかをするわけでもないなら、新聞記事になるほど共有させている認識に全体の三分の一を割くのはもったいない。
21
02170020hideyukiwadahttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/hideyukiwada42hk/
22
02170021kimiterasuhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kimiterasu/
23
02170022谷頭 和希http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/improtanigashira/ハリソン・フォードが30年前という過去と現在の二重性を体現している存在であるのは頷けるし、それを利用して過去から現在に至る観客という概念の変容を語ろうとする見立ては面白かった。レプリカントを映画に、デッカードを観客に見立てるやり方は、自身でも言及しているように一見強引で、読者は最後までそこに引っかかりながら読み進めることになるところだが、最終的に批評家との関係性まで見立てが拡張されることで上手く違和感を解消していたようには思う。ただ過去の「結婚」「抹消」「認識と再生」の分類は「物は言いよう」と感じてしまったのでもう少し必然性に配慮したかった。それから細かい書き方の問題だが、2章で「観客の帰還とは?」と問うた後に「ところで」とハリソン・フォードの話に流れるのは唐突に感じられたので、簡単な補足で導線を引いたようが良かったか。
24
02170023高橋 秀明http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/hide6069/
25
02170024月田http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/xxxx/
26
02170025斎藤英http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/tsaito222/
27
02170026吉原 啓介http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/448ra/「キャラクター参観」という見立ては面白いし、「キャラクター舞台挨拶」という切り口もよかった。しかしその面白さが結論を導き出すまで至らなかった印象。最終段落で突然土居伸彰の『21世紀のアニメーションがわかる本』が召喚されるが、この構成だと、最後をまとめるために苦し紛れに取り上げた感がしてしまう。それであれば、最初に土居の「アニメーション・ドキュメンタリー」を提示し、『Free』が作りとしては正反対のように見えるが観客の捉え方には共通性がある作品であることを示せば流れとしても自然だったのではないだろうか。また細かい点だが、『Free』における観客それぞれが自身の実生活とキャラクターとの交点を切り結んでいる理由の説明には首をかしげてしまった。この映画がテレビアニメ的な断片化された構造であるのが理由とあるが、肝要なのは断片化されているかどうかではなく、描かれている場面が日常的なものであるかどうかが問われているように読めてしまった。
28
02170027pinchonhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/pin5chon7/
29
02170028遠野よあけhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/yoake/
30
02170029太田 充胤http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/lemdi04/いつも通り起承転結のつけ方が上手く、特に二章の解剖の話へ切り込み方や仮説の立て方に巧さと転調の妙を感じた。一旦『狂覗』の外側を回遊してまた戻って来る展開も巧い。しかし今回は巧みすぎるレトリックとに違和感を感じた場面もあった。たとえば「見えていなかったものの発見と見えていないはずのものへの想像力が重なり合ってひとつの真実に到達する」という科学や批評の効用はとてもシンプルな話のはずだが、それを「見えないものを覗ることによって、観えないものまで診ることができる」と言い換えることには、危うさがないだろうか。つまり言いたいことに説得性を持たせるための過剰なレトリックが逆に足を引っ張るような事態が起こりうる。個人的な意見だが、医療や科学というバックグラウンドを援用することによる「信頼できる語り手」としての自身の映り方と今後どう対峙していくのか、一度考えてみる局面に来ているのかもしれない。
31
02170030町田 佳路http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/upskch/
32
02170031シルス湖http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/iiii/
33
02170032chiakihttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/chiaki/
34
02170033ペンネムRamunehttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/rondellio22/映画の視聴体験が一回性から、ビデオの普及による繰り返しの鑑賞体験に変わったという指摘自体は手垢のついたものであるが、論者は独特の筆致でその議論を深めていく。「まるで石原裕次郎の在り様に感染されてしまった時代ほどの無防備さで映画館に浸り、そこから批評していくことができれば、新しい「超観客」としての批評家が誕生することになるだろう」というのはなんだかエモく、現在の映画研究に対する明確な批判にもなっている。映画を観たときの「わからなさ」の肯定は個人的にも同意するところがあるが、『髪結いの亭主』分析は拙い部分が目立つ。一回性ゆえの「わからなさ」が魅力たりえている作品をもう少し論理的に、かつ複数の作品を提示できれば完成度はぐっと上がったはず。
35
02170034谷川果菜絵http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kanaetnik/生西康典演出の『おかえりなさい、うた』という題材選択は自体は非常にいいし、その作品体験の記述も丁寧になされている。しかし、やはり短い。登壇しうる批評文のボリューム(≠文字数)を考えるならば、既存の映画体験と対置させる形で『おかえりなさい、うた』を紹介し(導入~中盤)、その後に二つを止揚、あるいはまったく別の第三項を導入しつつ結論部に持っていきたい。題材や着想はおもしろいのでもったいない。細かい点だが導入のブロックは全体のサイズに比して冗長なので、もっと刈り込んでよいはず。
36
02170035ぽぽんたhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/poponta/
37
02170036kenmitsudahttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kenmitsuda/
38
02170037Bambinohttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/7977msms/
Loading...