【ディープラーニングハンズオンセミナーChainer/Kerasコース】専門実践教育訓練明示書
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

View only
 
 
ABCDEFGHIJKLMNOPQR
1
専 門 実 践 教 育 訓 練 明 示 書
2
3
講 座 の 名 称
ディープラーニングハンズオンセミナーChainerコース
4
実 施 方 法通信 スクーリング(回数 3 回)
5
指 定 講 座 番 号482111901106
6
講 座 の 創 設 年 月 日専門実践教育訓練給付金
対象講座の指定期間
過 去 一 年 の 講 座 実 績入講者数( 271 人)修了者数 ( 271 人)
7
8
 2017 年 1 月 28 日年 月 日まで
9
訓 練 期 間1 ヶ月総 訓 練 時 間  30   時間
10
1. 教 育 訓 練 目 標
11
①取得目標とする資格の名称、目標レベル業務独占資格・名称独占資格
12
職業実践専門課程
13
キャリア形成促進プログラム
14
専門職大学院
15
職業実践力育成プログラム
16
情報通信技術関係資格
17
第四次産業革命スキル習得講座AI
18
専門職大学、専門職短期大学、専門職学科
19
教育訓練を通じて取得を目指す上記以外の資格等
20
21
②①に係る資格・試験等の実施機関名称株式会社キカガク
22
③当該資格等を取得するための要件または受験資格等なし
23
④当該技能・知識の習得が必須又は有利となる職種・職務及び習得された技能・知識が活用されておいる業界と活用状況・機械学習エンジニア
・データサイエンティスト
・AIを用いてビジネスを立案・実行するPM等
24
25
2. 教 育 訓 練 の 内 容
26
教 科 (カ リ キ ュ ラ ム)時 間使 用 教 材 名
27
事前予習動画(プログラミングの基礎・機械学習の基礎)9自社教材を使用
28
第1, 2章 イントロダクション・確認テスト3自社教材を使用
29
第3, 4章 環境構築1自社教材を使用
30
第5~7章 Chainer入門6自社教材を使用
31
第8章 画像処理の基礎2自社教材を使用
32
第9~11章 画像のクラス分類2自社教材を使用
33
第12, 13章 時系列解析の基礎・分類3自社教材を使用
34
第14~16章 自然言語の分類4自社教材を使用
35
3. 受 講 者 と な る た め の 要 件 (この講座を受講するために必要とされている条件など)
36
①受講するに当たって必要な実務経験等特になし
37
②受講者が受講に最低限有しておくべき資格・技能・知識等の内容及びその水準基本情報技術者レベルの知識
38
③その他
39
40
〔 特 記 事 項 〕
41
42
Loading...