ミクロ経済学とマクロ経済学の違い(まとめ)
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

 
View only
 
 
Still loading...
ABCDEFGHIJKLMNOPQRST
1
2
ミクロ経済学マクロ経済学
3
概念人びとがどのように意思決定をし、そのような意思決定がどう相互作用するかを学ぶ経済学の一分野

経済全体の浮き沈みを研究対象とする経済学の一分野
4
全体と部分の関係部分(ミクロ)が正しくても、全体(マクロ)では間違ってしまうことがある。
5
長期成長に
対する考え方
経済で生産できる産出量を一定としているため、長期成長は考慮に入れていない社会全体がより高い成長率や高い生活水準を達成するために、必要な資源の総量をどうしたら増やせるのかを考える
6
経済政策政府の役割は限定的。原則的に政府は市場に介入すべきではない政府は広範な役割を果たす。財政政策や金融政策でもって市場に介入することができる
7
経済集計量による分析特になし財、サービス、労働、資産などの多様な市場のデータを要約した経済尺度でもって分析する
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
Loading...
 
 
 
シート1