お好み焼きの物語 関連資料詳細
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

View only
 
 
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWX
1
新紀元社刊「お好み焼きの物語」より お好み焼きに直接関連する資料の詳細 先頭の連番については別シート参照
2
3
連番名称店舗形態場所時期from時期to内容出典出典
媒体
備考
4
1600*文字焼屋台江戸16001868魚(鯛?) 亀が吊り下げられている
P11
”文字焼(もじやき) この商人は香具師(やし)の一種にて原料は饂飩粉に砂糖を加味して銅板(どういた)の上にて圖の柄杓にて文字の形なり或は鳥獸草木なり心の儘に燒なり此者らの出る場所は神佛の縁日又市街辻々に荷を下して子供を集む又子供らにも焼種を賣て燒すされは子供らはここに群来たりしばしの遊所とするなり”
明治28年4月発行 風俗画報85 江戸市中世渡り種雑誌
5
1600*文字焼屋台江戸16001887P319
亀”頭にカミコヨリ” 文字の「寿」 ”文字をかく故文字焼とよぶ”
江戸と東京風俗野史 伊藤晴雨伊藤晴雨は明治15年生まれ
6
1600*文字焼駄菓子屋江戸16001887P319
江戸時代から明治初期の駄菓子屋
”文字焼は現今のドンドン焼の元祖(?)でウドン粉を砂糖蜜に溶解したものを鉄板で焼いて喰ふのだが、子供は此「ナマヤケ」を喰つてノベツ腹を下す者が多かつた”
江戸と東京風俗野史 伊藤晴雨伊藤晴雨は明治15年生まれ
7
1600*その他その他その他16001945P82
お好み焼き

”起源は江戸後期の雑菓子「麩の焼」あたりから発したらしく、もと春秋の仏事用として焼いたのが、商品となって「ふのやき」とよばれたのは、精進料理用の焼麩と区別するためだったという”

”小麦粉を水溶きして焼鍋に薄く流して焼いた片面に味噌を塗って巻いたのがはじまりで、後に練餡を詰めるようになってからは京阪では「銀つば」、江戸に移って「金つば」とよばれた”

”明治年間河竹黙阿弥作の『水戸黄門記』に出る麹町名物の「助惣焼」というのもこの類であったが明治以降一部の駄菓子屋に還元されて「文字(もんじ)焼」と名づけ、鉄盤と小麦粉の溶液とを備えて集まりくる童幼の思うままに焼かせたのは、大正一二(一九二三)年関東大震災の不如意時代に簡易な捕食の意味で流行し、甘味のほかに塩味も応用して「お好焼」と名づけ、魚菜その他の肉類にも配合するようになった。”
飲食事典 本山荻舟
8
18061焼鍋屋台江戸18061824焼鍋の屋台の絵 魚(鯛?) 宝船が吊り下げられている職人尽絵詞 鍬形蕙斎文化3年の作品と推定される(近世職人尽絵詞: 江戸の職人と風俗を読み解く 大高洋司、小島道裕、大久保純一編 P163)。鍬形蕙斎は明和元年(1764年)生まれ。
9
18141不明屋台江戸18141814文字焼?の屋台の絵北斎漫画北斎漫画一編 文化十一年(1814年)
10
18211文字焼不明江戸18211821花暦八笑人 第二編 文政4年に
文字焼の記述
花暦八笑人 第二編 文政4年
滝亭鯉丈
11
18271文字焼屋台江戸18271827川柳「杓子ほど筆では書けぬ文字焼屋」江戸の庶民が拓いた食文化
渡辺信一郎 柳多留九十四
川柳
12
18321文字焼屋台江戸18321832川柳「文字焼の匕(さじ)ひり懸かる瓶のへり」(うどん粉がくっつく)江戸の庶民が拓いた食文化
渡辺信一郎 柳多留一一八
川柳
13
18331文字焼屋台江戸18331833川柳「文字焼屋杓子で飯を食っている」江戸の庶民が拓いた食文化
渡辺信一郎 柳多留一二四
川柳
14
18332文字焼屋台江戸18331833川柳「文字焼の鯛も焼物子の料理」江戸の庶民が拓いた食文化
渡辺信一郎 柳多留一二六
川柳
15
18351文字焼家庭江戸18351835川柳「焙烙で文字焼をして大困り」江戸の庶民が拓いた食文化
渡辺信一郎 柳多留一三九
川柳
16
18551文字焼屋台江戸18551878P86
江戸時代から明治初期の縁日商人の一覧に文字焼(もんじやき)
“外(ほか)に縁日に多く出る商ひ物は(中略)飴細工、新粉細工、文字焼”
江戸の夕栄 鹿島万兵衛鹿島万兵衛は嘉永二年(1849年)生まれ
17
18571文字焼屋台江戸18571868文字焼き屋台の絵 魚(鯛?) 亀 籠の鳥?
”子供等も三人寄れバ文字焼、智恵も進ミて亀の子を焼”
世渡風俗圖會 清水晴風清水晴風は嘉永四年(1851年)生まれ
18
18572文字焼屋台江戸18571868P50
“文字焼ハ、うとんの粉にみつを入て容解せしを子供に宛へ、小なるさじにて文字を書が如く、自由に銅板の上にたらせバ、直に焼るを以て文字焼と云。四文より商ふ。子供等も三人寄れバ文字焼、智恵も進ミて亀の子を焼”
街の姿〈江戸篇〉―晴風翁物売り物貰い図譜 清水晴風清水晴風は嘉永四年(1851年)生まれ
19
1868*どんどん焼屋台東京18681941P15
どんどん焼 もともと船のコックだった店主 そのうち「万両屋」という店を持った 屋台の頃は子供に焼かせていたが 店を持ってからは店主しか焼かなかった
古老がつづる下谷・浅草の明治、大正、昭和4証言者 小林としゑ 生年不詳 中川静江 生年不詳
20
1868*文字焼屋台東京18681912P15-17
大道でも子供に焼かせるのがあった。
職人が焼くのは1銭から5、6銭。
文字焼の種類 寿に亀 亀 籠の鳥 提灯 軍人 鯛 潮吹き おはち おかしわ カタ(丸 梅の花 鼓? 瓢箪等)。
籠の鳥の説明”二寸位の高さのアミ状を焼き、丸めて籠として中に干菓子の鳥を入れてある。いずれも糸につけ、竹枝に吊るして持って歩けるようにしてある”
軍人、鯛、潮吹きの説明”細工人は細き口のブリキ土瓶か片口付きの大匙、又は油差しなどを用いて細線を初めに画いて、軍人、鯛、潮吹き、などを作る、又これらの線画きをして、やや焦げ色のつく頃、色つけをした溶液(うどんこに食用紅を入れて桃色状にしたもの、又は黄色状のものもあり)などで塗りつぶして焼く、こうして出来上つたものは焦色と薄色との調和が面白く出来て、文字焼の真味はこれにある”
おはちの説明”又、うどんを主として、四寸高さ位のべい形にして中に餡を入れ、ふたをつけ、又は三寸高さくらいの丸筒の中に、点滴を焼いた小粒を一ぱい入れて、蜜をかけて竹楊子を添えた「おはち」というもの”
おかしわの説明”又は三寸丸を二つに折り中に餡を入れたもの、そのまま餡を入れてグルグルと巻いた「おかしわ」”
焼板はほとんどが銅 まれに真鍮。
子供が焼くためにカタ(真鍮のわっか)を貸し与える”子供の焼く方には、真鍮で作った高さ二分位の色々の形にした金輪を鉄板の上に置いて、この中に溶液をたらし込んで、焼けた頃、枠をはずして、はがして蜜をつけて食べる、この真鍮形を、子どもはカタと云つてる”
郷土史東京第3巻6号 東京回顧十四 宮尾しげを雑誌宮尾しげをは明治35年生まれ
時期は明治とのみ記述されている
21
1868*文字焼駄菓子屋東京18681912P15
明治30年代より大正初期までの値段は茶飲み茶碗に一杯で5厘。これに糖蜜を少しそえる。
郷土史東京第3巻6号 東京回顧十四 宮尾しげを雑誌宮尾しげをは明治35年生まれ
22
1868*文字焼屋台東京18681912P204-205
”文字焼は駄菓子屋の店先にあつたばかりではない。別に車を引いて賣りに來るのがあつた。これは飴細工やしんこ細工と同じく、註文に應じて何かを燒いてくれるのである。
”例へば先づ細い線で龜の甲の輪郭を描き、その上から甲の全體に當る溶液を流すと、前の輪郭は少し焦げてゐるからはつきりする。それに餡を入れて兩面から燒いたやうな氣がする。”
”駄菓子屋の店先のは片端から燒いて食ふだけのものであつたが、この方は細工人があるだけに若干の意匠がある。文字焼の稱は細工人のある方に冠せられるべきものかも知れぬ。”
”文字焼の名はいつか遺却され、お好み焼へと名を變へて存在してゐる”
柴田宵曲文集 第5巻
明治の話題
柴田宵曲は明治30年生まれ
23
1868*ボッタラ焼駄菓子屋東京18681912P48
”軒先の縁台に据えた火鉢でお手ずからのボッタラ焼き”
明治世相百話 山本笑月山本笑月は明治6年生まれ
24
1868*文字焼駄菓子屋東京18681912P149
茶碗に一杯、おちょこに一杯の黒蜜がついて5厘。文字焼が街頭に出て太鼓を叩いて「どんどん焼」となり、芸者街で「お好み焼」になった。
下町今昔 秋山安三郎秋山安三郎は明治19年生まれ
25
1868*文字焼駄菓子屋東京18681941P338
駄菓子屋で文字焼ややきそばを焼かせていた。水溶き小麦粉は浅い茶碗に入っている。牛てん、餡まき、餅まき。文字焼をのの字焼というところもある(のの字に焼くため)。
下タ町風物誌 宮尾しげを宮尾しげをは明治35年生まれ
26
1868*文字焼屋台東京18681912P338
行商の文ン字焼屋
下タ町風物誌 宮尾しげを宮尾しげをは明治35年生まれ
27
1868*文字焼駄菓子屋東京18681926P75
”大阪、と言えば、昭和二十年の終戦後から東京にも流行り出しているあの「お好み焼」なるものは、どうやら大阪が発信源ではあるまいか。”
P76
炭団の火鉢に銅か鉄の板をのせ、子供は飯茶碗にいっぱいのウドン粉を水で溶いたもの、猪口にいっぱいの黒蜜を5厘で買う。真鍮の「ヘガシ」とサジでやく。1時間は楽しめる。
”(駄菓子屋の文字焼きは)たしか、小学校の教育方針でこれが”不衛生”となり大正末ころには駄菓子屋の店からこの子供風俗が滅亡したと思う。それから子供自製の「もんじゃき」にわって、おじさんが屋台を曳き、太鼓をドン、ドンと叩きながら子供相手に売る「どんどん焼」となり、昭和のはじめには大人にも売る「お好み焼」ともなった”
P77
”大阪を発信源と私に思わせたのは、あの”法善寺”小路がお好み焼屋で櫛比しているのを見たときからである。”
東京っ子 秋山安三郎秋山安三郎は明治19年生まれ
28
1868*ボッタラ焼不明東京18681912P63
”お好み焼のことを、家の老人たちは、べったら焼といっていた。”
母の作品 芥川比呂志 日本の名随筆 42 母 水上勉編所収家の老人は養祖母と大伯母 生年不詳
29
1868*お好み焼き駄菓子屋東京18681941P123
”お好み焼き屋と同じようなものですが、昔の屋台で売りに来たのは、お好み焼きとは、ちょっと違います。”

”昔の下町には、駄菓子屋の店の奥に、子ども相手のお好み焼きをやらせる店がよくありました。子ども相手ですから、ろくなものはありません。それでも子どもたちは勝手に焼いて食べていました。”
幻景の東京下町 森義利 画 沼田陽一 聞き書き森義利は明治31年生まれ
30
1868*どんどん焼屋台東京18681941P123
”町に来る屋台のどんどん焼きは、客には焼かせないし、結構高級なものです。この屋台は主に花柳界で商売をしていました。芸者置屋の脇につけて、そこで注文されたものを焼いて売るんです。”
芳町の三河屋という置屋の前によく出ていた。おしんこ細工のような職人芸。アンコ巻きはうどん粉をといたのを円型に焼いてあんこを乗せ、半月形にたたんで蜜を塗る。
”どうかすると、亀の形に焼く種類もある。ヘラでうどん粉を亀の形にしてしまい、それに小さく切って、いためてある牛肉を、箸でちょんちょんと置き、青豆をぱらぱらとまいて、これにソースを塗って、「へい、お待ちどう」って渡してやる。”
他に桜えびや青のりを使っていた。種類はそれほど多くはなかった。
幻景の東京下町 森義利森義利は明治31年生まれ
31
1868*焼きそば屋台東京18681941P125
"戦前でいえば、屋台の食べ物としては、ラーメンより普及していたのがソース焼きそばでした。ソース焼きそばは、いまはどこでも、ちょっと人が集まるところには、必ず店が出ていますが、戦前は町には売りに来ていなかった。縁日の時に出ていて、客は子どもばかりでした。三銭かそこいらで、脂でぎとぎとになったところにソースをジューッとぶっかけてから、麺を新聞紙の切った上に乗せて出す。子どもは箸ではなく串一本で食べていました"
幻景の東京下町 森義利森義利は明治31年生まれ
32
18721ボッタラ焼家庭東京1872118721P32
小麦粉を薄く焼いて卵黄を塗り、生姜を漬けた砂糖蜜をかけて食べる菓子を「ボツタラヤキ」と表現
西洋料理通 下巻
33
18741ボッタラ焼駄菓子屋東京18851885駄菓子屋から居酒屋に 成功物語
明治5,6年頃まで会津にいてそれから上京、駄菓子屋でボッタラ焼を営む
”明治五六年頃迄は奥州會津に居て左のみよき身代でも無かりしが明治の初年に夫が病死し子も孫もなく一人者の氣樂さは何處へ行くも身輕にて聊(いささ)か煩ひの無い處より喰稼ぎの為め出京して今の處に店を借り店には少しばかりの駄菓子を置き賃仕事の片手間に近所の子供を集めボツタラ焼をして細い烟(けぶ)りを立て居る”
読売新聞明治18年3月28日朝刊新聞
34
18761ボッタラ焼不明東京18761882P435
”蜜豆は、一文菓子のボツタラ焼と共に、裏店の子供等の好物なり、その蜜豆が貴女淑女に賞翫さるる時になれり”
法華三昧 三田村鳶魚全集第廿七巻所収三田村鳶魚は明治3年生まれ
35
18771不明屋台東京18771877P67
子どもの市(縁日)における屋台。老人が箱のストーブを持つ。炭火の上に石が乗っている。米粉、卵、砂糖を混ぜた衣(batter)を入れた壺がある。老人はカップにその衣を入れて売る。子どもはそれを焼く。
日本その日その日 2 E・S・モース
36
18781ボッタラ焼不明東京18781878投書欄に、文字焼やボッタラ焼きは銅板でうどん粉を焼いており、酸化銅などの毒があり不潔という投書。読売新聞明治11年7月7日新聞
37
18782文字焼不明東京18781878投書欄に、文字焼やボッタラ焼きは銅板でうどん粉を焼いており、酸化銅などの毒があり不潔という投書。読売新聞明治11年7月7日新聞
38
18831ボッタラ焼屋台東京18831883ボッタラ焼きを開業したが長続きしなかった男の話読売新聞明治16年2月23日新聞
39
18832籠焼き屋台大阪18831889P52
”うどん粉で細い線の画をかき、こがした上にうどん粉を流して、うら返すと、ちゃんと画ができている。これを籠焼きともいって、籠までうどん粉焼きで造るのである。”(注 焼くのは子供ではなくおっちゃん)
實川延二郎も食べている
大阪繁盛記 鍋井克之鍋井克之は明治21年生まれ。年上の實川延二郎も食べている(注 實川延若 (2代目) 明治10年生まれ)。
40
18851ボッタラ焼屋台東京18851885火鉢から火が燃え移り火傷したボツタラ焼きの老人読売新聞明治18年3月13日朝刊新聞
41
18871文字焼駄菓子屋東京18871888P231
”四つか五つの時私が此處へ引越して來た。その前からあつた駄菓子屋だつた。同じ年頃の子供が大勢集まって文字焼(もんじやき)をやつてゐるのを羨ましく美しく思つたものだ。”
黒犬 志賀直哉 志賀直哉全集第三巻所収本(フィクション)志賀直哉は明治16年生まれ
42
18901ボッタラ焼不明不明18901890P35
廃娼論への反対に関連職業の失業があるが、鉄道でも車夫は失業する、車夫が失業するとボッタラ焼、煮込店が難儀する
女學雜誌第10巻202号雑誌公娼廃止運動への反論に対する再反論
大人がボッタラ焼を食べる事例だが、ボッタラ焼の内容がわからない
43
18911文字焼屋台東京18911897P172
縁日の店に文字焼とぼったら焼があった
明治の宵―円朝・菊五郎・大根河岸 藤浦富太郎藤浦富太郎は明治18年生まれ
44
18912ボッタラ焼屋台東京18911897P172
縁日の店に文字焼とぼったら焼があった
明治の宵―円朝・菊五郎・大根河岸 藤浦富太郎藤浦富太郎は明治18年生まれ
45
18913文字焼屋台東京18911891P561
縁日の屋台一覧に文字焼(もんじやき)。明治東京逸聞史1 (森銑三著)によると泉鏡花が調べた。
紅白毒饅頭 尾崎紅葉 紅葉全集 第2巻所収本(フィクション)明治24年作
46
18931文字焼駄菓子屋東京18931893P22
貧民の職業として”文字焼をなす一文菓子の小店”
最暗黒の東京 松原岩五郎
47
18932ボッタラ焼不明東京18931893P87
文久店(駄菓子屋のことか?)において ”三十文を投じてボツタラを焼く"
最暗黒の東京 松原岩五郎
48
18941文字焼屋台東京18941894祖母がモデルの小説。明治天皇銀婚式の明治27年以前の話。”大安楽寺の門前までゆくと、文字焼のおばさんと”西川小りん 長谷川時雨 旧聞日本橋所収本(フィクション)長谷川時雨は明治12年生まれ
49
18942文字焼駄菓子屋東京18941900P176
”また狭い店頭に四角い火鉢をかこんで文字焼(もんじやき)をやっている子供もいた”
明治商売往来 仲田定之助仲田定之助は明治21年生まれ
50
18951文字焼駄菓子屋東京18951901P93
”駄菓子屋に上り込んで鉄板の上で文字焼をする”
”四角や鯛や人間の形などを描いて食べる”
油絵の手ほどき 横井弘三(脱俗の画家 横井弘三の生涯 飯沢匡 より孫引き)横井弘三は明治22年生まれ
51
18952文字焼屋台東京18951895”文字焼の屋台を囲み居たる”門三味線 斎藤緑雨 明治文學全集 28 齋藤緑雨集所収本(フィクション)明治28年作
52
18971文字焼屋台東京18971897P216
筆者の記憶する明治30年頃の日本橋南茅場町薬師様縁日露店
”モンヂヤキ屋は、今のオコノミ焼の如きものだったが、ウドン粉だけのものである。よく、ドビンと云ふてどびん形にしてそれを紙縒(こより)に通したもので、又別品で、円錐形にして、その中へ、モンジ焼の液を入れたものが、一番美味だつた。”
露店研究 横井弘三 昭和6年
近代庶民生活誌17 見世物・縁日所収
横井弘三は明治22年生まれ
53
18972文字焼不明神奈川18971899P27
7歳の時横浜の貧乏長屋での生活
”モンジヤキとか、犬だか豚の臓物だか知れない怪しげな串焼の味も知った”
忘れ残りの記 吉川英治吉川英治は明治25年生まれ
54
18981文字焼駄菓子屋東京18981902P19
文字焼
饂飩粉を水に溶いたのが茶碗1杯。黒蜜がついて1銭か2銭。亀の子を焼いたり文字を焼いたり。
浅草っ子 渋沢青花渋沢青花は明治22年生まれ
この本に書いてあるのは明治31-35年頃の浅草の風景
55
19001文字焼駄菓子屋東京19001906”子供の遊びも今とは違う。今のお好み焼きは昔子供の「文字焼」。これも「モンジヤキ」といって、冬の子供の社交場で、店先へ友達が、「おくれ」と入ってくると、なかにいる子供が、「おくれ(暮)が済んだらお正月」”昔の言葉と悪口 三代目 三遊亭金馬 日本の名随筆52 話 木下順二 編所収3代目三遊亭金馬は明治27年生まれ
56
19021ボッタラ焼駄菓子屋東京19021908P34
駄菓子屋の瀬戸物の火鉢に鉄板がのせられた
P35
ボツタ焼
火鉢に炭団が2つ
大が一銭(湯のみに一杯)小にして五厘(茶のみ茶碗に一杯)のウドン粉の溶き水 杯に蜜 焼けると蜜をつけて食べる
漫談ボツタヤキ 大辻司郎
食道楽昭和四年五月号所収
雑誌大辻司郎は明治29年生まれ
57
19031文字焼屋台東京19031903鶴や亀を作る。今は文字を焼くことはない。神田区鍋町に藤田タカという名人がいて籠入りの蕎麦を得意とする。文字焼の起源は太宰府天満宮の菅原道真。焼板は鉄製が多い。ボッタラ焼は駄菓子屋で焼く。読売新聞明治36年4月30日朝刊新聞実業の栞(安藤直方, 多田錠太郎 1904年)および無資本実行の最新実業成功法(実業力行会 編 1910年大阪)がこの記事の内容をコピーしている
ただし無資本実行の最新実業成功法では、関西では「落し焼」というなど、出版地関西の情報を追加している
58
19032ボッタラ焼不明不明19031903”先ずボッタラ焼の種位なドロドロの物にして”食道楽 秋の巻 村井弦斎 食道楽(下) 岩波文庫所収本(フィクション)村井弦斎は文久3年生まれ
59
19033文字焼屋台東京19031912P82
銀座の縁日における文字焼き屋台 商品は亀の子、鯛、宝船、お柏"
明治の銀座職人話 野口孝一明治31年生まれの浅野喜一郎の回想録
おおよそ明治36,7年から大正初年に渡る記録
60
19041文字焼屋台東京19041904読売新聞明治36年4月30日朝刊のコピー実業の栞 安藤直方 多田錠太郎
61
19051文字焼屋台東京19051905P242-243
文字焼の名人藤田タカの話。縁日などに出る。麻布更科の更科蕎麦の文字焼が絶品。ほかに向島籠入桜餅、猫など。50歳ぐらいの老婆。材料は上等の小麦粉と砂糖、晒し水飴、玉子。園遊会にも呼ばれる。
隠逸伝(初出 新小説第10年第六巻 明治38年6月1日)横山源之助全集第9巻 横山源之助、立花雄一所収
62
19061どんどん焼屋台東京19061912P138
銀座お地蔵様の縁日”子供たちはドンドンやきのおじさんが焼く、牛てんや鉄砲まきをまちかねていた”
銀座の詩情 第1 平野威馬雄平野威馬雄は明治33年生まれ
63
19062文字焼不明東京19061912母の芥川文はお好み焼きの正式名称は文字焼きだと教えてくれた母の作品 芥川比呂志 日本の名随筆 42 母 水上勉編 所収芥川文は明治33年生まれ
64
19071文字焼屋台東京19071907縁日に出る文字焼。柏餅、鯛、お吸物、亀。職人が焼く。文芸界明治38年1号 明治東京逸聞史2より雑誌
65
19072文字焼駄菓子屋東京19071907うどん粉に蜜を加えて銅の板の上で子ども自身が焼く。五厘でも一銭でも。ボッタラ焼ともいう。文芸界明治38年1号 明治東京逸聞史2より雑誌
66
19073ボッタラ焼駄菓子屋東京19071907うどん粉に蜜を加えて銅の板の上で子ども自身が焼く。五厘でも一銭でも。ボッタラ焼ともいう。文芸界明治38年1号 明治東京逸聞史2より雑誌
67
19074文字焼駄菓子屋東京19071912P143
明治30年台終わりから40年代の駄菓子屋。一尺角ぐらいの鉄板が箱火鉢に。1銭でそばちょこぐらいの猪口にウドン粉を水で溶いたような液体。茶さじですくって鉄板にたらし、真鍮の小さいヘラですくって食べる。その際蜜か何か甘みを塗って食べたような気がするが記憶がはっきりしない。もんじやきと読む。
銀座育ち 小泉孝 小泉和子小泉孝は明治34年生まれ
68
19075文字焼駄菓子屋東京19071912P205
駄菓子屋の火鉢の上でもんじゃ焼き
江東ふるさと文庫5 古老が語る江東区の町並みと人々の暮らし 下証言者の加藤タネは明治34年生まれ
69
19076文字焼屋台東京19071912P8
明治末年の縁日。文字焼とお好み焼が両方出てくる。
”縁日の裸電球やアセチリンの灯火の下では、いろいろの店が客を呼んでいた。ブドウもち、いりたて豆、いり豆屋、金太郎あめ、あめ湯、みかん水、蓄音機、お好み焼、文字焼、あめ細工、しんこ細工、ほうずき屋、山吹鉄ぽう、うつし絵、人体解ぼう、記憶術、源水のこままわし、甘酒、さらし飴の実演、揚まんじう、立川文庫、たけなが屋、十銭均一、やき栗、やき芋、電気あめ(綿菓子)手品(馬の尻尾)(明治末年)”
かんだ三号初春号
おででこ野郎 田中鼎三
雑誌
70
19077お好み焼き屋台東京19071912P8
明治末年の縁日。文字焼とお好み焼が両方出てくる。
”縁日の裸電球やアセチリンの灯火の下では、いろいろの店が客を呼んでいた。ブドウもち、いりたて豆、いり豆屋、金太郎あめ、あめ湯、みかん水、蓄音機、お好み焼、文字焼、あめ細工、しんこ細工、ほうずき屋、山吹鉄ぽう、うつし絵、人体解ぼう、記憶術、源水のこままわし、甘酒、さらし飴の実演、揚まんじう、立川文庫、たけなが屋、十銭均一、やき栗、やき芋、電気あめ(綿菓子)手品(馬の尻尾)(明治末年)”
かんだ三号初春号
おででこ野郎 田中鼎三
雑誌
71
19081ボッタラ焼駄菓子屋東京19081914P100
ボッタ。鉄板の上にうどん粉を流す。1銭。
古老がつづる下谷・浅草の明治大正昭和1証言者の濱中藤一郎は明治35年生まれ
72
19082文字焼駄菓子屋東京19081914P40
もんじやき
”砂糖で水ときしたうどん粉を、鐵盤の上で焼いて喰ふ”
”湯のみかなにかに、うどん粉のといたの五厘か、一銭”
”小さなへらで取って食べる”
駄菓子の追想 小川正之助
江戸と東京昭和14年5月号所収
雑誌キャラメルがではじめたころのはなし。(注 明治41年 森永製菓ポケットミルクキャラメル発売 大正3年 森永ミルクキャラメル発売)
73
19091お好み焼き屋台東京19091915P142
”車ひっぱってくるのは、お好み焼き屋。細長くして、底こしらえたお鉢の中に、黄粉と蜜をまぜて、しゃくえるようにしゃもじつけたり、エンドウ豆といくらか甘味いれて、おせんべみたいに焼いたのを売ってました”
江東ふるさと文庫6 古老が語る江東区のよもやま話証言者の北畠栄子は明治36年生まれ
74
19092文字焼屋台東京19091909もんじやぎ賣(原文ママ)の写真。車付きの屋台。焼台が高くて子どもは焼けない。太鼓がある。風俗画報399 明治42年発行
東京市中世渡り種
雑誌
75
19101文字焼駄菓子屋東京19101916P218-219
”お好み焼ときけば子供の頃を思い出す。もんじゃ焼とも云っていた。あんなきたないものを喰べてはいけないと叱られても、親の目を盗んで、そっと隠れるように出かけたものである。”
”餡子や蜜やほしえびをもらい、好きなものを焼く。”
浅草と文学作品 一瀬直行 随筆・浅草所収一瀬直行は明治37年生まれ
76
19102落し焼屋台大阪19101910読売新聞明治36年4月30日朝刊のコピーだが、大阪に応じた変更を加えている。文字焼は大阪では”落し焼”という。無資本実行の最新実業成功法 実業力行会編
77
19103文字焼駄菓子屋東京19101910駄菓子屋にもんじ焼三味線堀 泉鏡花本(フィクション)明治43年作
78
19104文字焼屋台東京19101916P286
裏通りや横丁に入ってくる子供相手の物売りにもんじ焼き
石版東京図絵 永井龍男 永井龍男全集第八巻所収本(フィクション)永井龍男は明治37年生まれ
79
19105お好み焼き駄菓子屋東京19101916P218-219
”お好み焼ときけば子供の頃を思い出す。もんじゃ焼とも云っていた。あんなきたないものを喰べてはいけないと叱られても、親の目を盗んで、そっと隠れるように出かけたものである。”
”餡子や蜜やほしえびをもらい、好きなものを焼く。”
浅草と文学作品 一瀬直行 随筆・浅草所収一瀬直行は明治37年生まれ
80
19111文字焼屋台東京19111911料亭の庭に文字焼屋を呼んだという記事朝日新聞明治44年4月18日新聞
81
19112文字焼駄菓子屋東京19111917P39
”文字(もんじ)焼き(お好焼き)をする子には、小さな七輪みたいな泥製の火鉢に炭団を半かけ入れたのと、メリケン粉をといたものを入れた湯のみと、焼いたものをひっくり返す真鍮製の灰ならしみたいなものを貸すウチもあった”
たべもの世相史・東京 玉川一郎玉川一郎は明治38年生まれ
82
1912*どんどん焼家庭埼玉19121935P279
秋はよく3時のおやつにどんどん焼きをする。といたメリケン粉を焼いてソースを塗る。
P285
メリケン粉を水でこねる。キャベツねぎを混ぜる。醤油かソースを塗る。
聞き書 埼玉の食事川越の商家 宮岡家 時期不明
83
1912*にくてん家庭兵庫19121935P87
“まず、牛肉の筋肉(すじにく)とこんにゃく、じゃがいもをさいの目に切り、砂糖と醤油で煮ておく。メリケン粉の水溶きを鉄板の上に流し、煮てある具をのせ、かつお節のけずり粉や青ねぎを散らし、さらにメリケン粉の水溶きを流しかける。両面を焼いて、熱いうちにみんなで囲んで食べる。子どものおやつなどによくつくる”
聞き書 兵庫の食事明石の漁師の体験談 複数の人の記憶を合成
84
1912*洋食焼屋台鳥取19121935P76
”ときどき洋食焼の屋台が通る。うどん粉を溶いて かつお節の粉、ねぎ、干しえび、豚肉、とろろこんぶをのせて焼いた洋食焼は子どもたちの大好物で、たまに買って食べさせる”
聞き書 鳥取の食事鳥取市(城下町) 複数の人の記憶を合成
85
1912*洋食焼家庭大阪19121935P76
おやつによく作る。材料はうどん粉、卵、キャベツ、干しえび、花かつお、青のり。
うどん粉を水で溶いたものに卵と千切りキャベツを混ぜる。フライパンで焼く。ある程度焼けたら、干しえび、花かつお、青のりをのせる。醤油をジャパンソースと言ってかけて食べる。
聞き書 大阪の食事天満の雑貨商栗田家 複数の人の記憶を合成
86
1912*洋食焼屋台大阪19121935P79
えべっさんの祭り(十日戎)の屋台に洋食焼
P87
天神祭の屋台に洋食焼
聞き書 大阪の食事天満の雑貨商栗田家 複数の人の記憶を合成
87
1912*洋食焼屋台大阪19121935P105
寒くなると振売りが出る
聞き書 大阪の食事大阪商家一般の話 証言者のプロフィール不明
88
1912*文字焼駄菓子屋東京19121935P102
駄菓子屋に文字焼のテーブル
古老がつづる下谷・浅草の明治大正昭和 2証言者 宇留河泰呂 生年不明
89
1912*たらし駄菓子屋茨城19122004P2
大洗市において大正頃から存在した。明治時代に遡れるかは不明。
値段は昭和初期に1銭。昭和10年代は5銭。味付けは醤油のみ。ネギ、フシなどの5種類の具から選択。
大洗ぶんかざい通信 第9号雑誌
90
19121文字焼駄菓子屋東京19121918P79
ホットケーキの薄手のもの 「もんじ焼」という
浅草の小学生 寺村紘二寺村紘二は明治39年生まれ
91
19122どんどん焼屋台東京19121918P79-80
”屋台で流してくるものにドンドン焼屋。今はお好み焼というようだが、ドンドン焼というと子供の頃が思い出される。エビ天がうまかった。小えびの乾物を混ぜて焼く。キャベツの千切りと小間切れの牛肉を入れたのもあった。イカ天はするめの切りさいたのが入っている。皆ソースを刷毛でぬり新聞紙にくるんでくれる。子供には少し値が張ったが買ってもらえた。四、五銭ではなかったろうか。”
浅草の小学生 寺村紘二寺村紘二は明治39年生まれ
92
19123文字焼不明東京19121912子供向け駄菓子の例として文字焼朝日新聞明治45年3月20日朝刊新聞
93
19124文字焼不明東京19121912子供向け駄菓子の例として文字焼読売新聞明治45年4月10日朝刊新聞
94
19125文字焼屋台東京19121912大正初年ごろの夜店の文字焼屋。子供が自分で亀の子や蛸を焼いた。東京歳時記―随筆 安住敦安住敦は明治40年生まれ
95
19131文字焼駄菓子屋東京19131919P108
「もんじゃ焼」といった
古老がつづる下谷・浅草の明治大正昭和1証言者の松本君は明治40年生まれ
96
19132どんどん焼屋台東京19131919P108
”そんでねえ、「寄せ鍋ちょうだいよ」っていうでしょう。そうすると、鉄板にまるいのをこしらえて、一つ、で、へりっこをずっと長くしてちょっちょっとしてね、焼いて、それをまるくして、お鍋のようなものをこしらえて、で、それに豆餅をチョンチョンとはさみで切ってね。そんでうどんこをまるくして、それでくるっとまるめてチョンチョン切って、寄せ鍋の中に入れるの。そんでおネギだのお肉だの、ひき肉ね。あんなのをあっためて、それを入れてくれてね。で、あんこも焼いてね。うどんこでまるめてさ。で、はさみで切って、その上にみつをチョロチョロとかけて五銭。だから高いのよ。寄せ鍋はちょっとお金をもらわないと買えなかった。”
古老がつづる下谷・浅草の明治大正昭和1証言者の松本君は明治40年生まれ
97
19133文字焼駄菓子屋東京19131919P250
もんじゃ焼き 茶碗にお好み焼きみたいな白いアレをいれてアンコ玉を入れて焼く
江東ふるさと文庫4 古老が語る江東区の町並みと人々の暮らし 上証言者の森戸八重は明治40年生まれ
98
19134ボッタラ焼屋台東京19131913P157
水天宮の屋台に饂飩粉焼(ぼったらやき)
記者探訪裏面の東京 : 戦慄す可き暗黒面の暴露 知久桟雲峡雨
99
19135お好み焼き店舗東京19131941P233
”私の記憶するところでは、あのお好み焼屋は、昔、そしておそらく最初は、花柳界の周辺に発生したようだ。もっと昔はシンコ細工やベッコー焼と同じように、街頭で子供相手に売って歩いていたものだが、それが家の中で、大人が自分で焼いて食べるという式になったのだ。その最初のお好み焼屋は、芸者がもっぱらお客だった。”
”ままごとめいたものながら自分で料理をする喜びが、世の奥さん方と違って、その喜びから遠い日常の芸者たちには、ことのほか楽しかったのだ。”
異性読本 高見順(生活の随筆第4 女性 所収)高見順は明治40年生まれ
100
19141どんどん焼屋台東京19141918P106
太刀山と鳳の時代なので大正7年以前。カチューシャという屋台。メニューはイカ天、エビ天、牛天。メリケン粉に卵が入っていると自慢。
イカ天の作り方”イカ天を注文すると、メリケン粉のといたのを柄杓ですくい、鉄板のうえに糸みたいにたらしながら、手をうごかして丸い形にする。どら焼きを作るように一度にベッタリと丸くするのではなく、鉄板がみえるように隙間をつけるのである。それから天ぷらの揚げ玉をふりかけてから、スルメを適当につかんで乗せ、またメリケン粉を同じようにかけると、ころあいをみて裏返しにし、よく焼けるとソースを刷毛でなすって胡椒をふりかける。”
”いまのお好み焼きというのは、たとえばイカ天というと、メリケン粉の中に生イカが切りこんであって、それを鉄板のうえに流すらしい。これではお好み焼きであろうがドンドン焼きではない。”
P113
おはち=池波正太郎のオシルコ。”正ちゃん(注 池波正太郎のこと)が小学生の二年生のころ、ぼくは中学校を卒業していた。だから十年ほどの開きがあって、ドンドン焼き屋のメニューに出てくる名前もすこし違ってくる。たとえば正ちゃんに忘れられない「オシルコ」は、ぼくには「おはち」という名前になっている。”
”イカ天にしろ牛天にしろメリケン粉の流し方はおんなじだった”(混ぜて焼かない)
ぼくの東京案内 植草甚一植草甚一は明治41年生まれ
Loading...
Main menu