用語一覧
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

 
View only
 
 
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
1
IDグループ名称定義・内容備考
2
10楽曲ID楽曲を識別するために、楽曲ごとに割り振られたユニークな値
3
20レベル4つの区切り
BASIC,ACVANCED,EXPERT,MASTER
4
30難易度画面上に表記される数値
1~13+
5
40スコア楽曲をプレイしたときの成績を数値化したもの
0~1010000
6
50譜面定数譜面の難易度を数値化したもの
7
60単曲レート値譜面定数とスコアから算出される数値
プレイヤーの上手さの度合いを数値化したもの
8
70表示レートユーザーに表示される自身のレート値
9
80プレイ回数プレイした回数
1クレジット単位ではなく1曲単位
10
430ユーザーID個人を識別するために,プレイヤーごとに割り振られたユニークな値CHUNITHM-NETではフレンドコードがそれにあたる(?)
11
530プレイデータある楽曲をプレイしたときの情報をまとめたもの
(楽曲ID,レベル,スコア,プレイ回数)
12
91M楽曲IDの集合
特に断りがない場合は,mをMの任意の要素とする
Musicの頭文字
13
101Lレベルの集合
特に断りがない場合は,lをLの任意の要素とする
Levelの頭文字
14
111D難易度の集合
特に断りがない場合は,dをDの任意の要素とする
Difficultyの頭文字
15
121Sスコアの集合
特に断りがない場合は,sをSの任意の要素とする
Scoreの頭文字
16
131C譜面定数の集合
特に断りがない場合は,cをCの任意の要素とする
Constantの頭文字
17
141Nプレイ回数の集合
特に断りがない場合は,nをNの任意の要素とする
Number of timesの頭文字
18
441UユーザーIDの集合
特に断りがない場合は,uをUの任意の要素とする
19
152get_c(m,l)m,lより定まるCの要素
20
162get_r(c,s)c,sにより定まる単曲レート値
21
172Pプレイデータ:(m,l,s,n)を要素とする集合
特に断りがない場合は,pをPの任意の要素とする
Play dataの頭文字
22
182p.mpに属する楽曲ID
23
192p.lpに属するレベル
24
202p.spに属するスコア
25
212p.npに属するプレイ回数
26
222p.cget_c(p.m,p.l)
27
232p.rget_r(p.c,p.s)
28
242{f|f∈F} (F={p|p.nが重複しない})
特に断りがない場合は、fを枠の任意の要素とする
(Pの部分集合)の集合であることに注意
29
282paramm,l,s,n,c,rの代替文字
30
253length(f)fの要素の個数
31
263sum.param(f)Σp.param (ただしp∈f,Σは全てのpの総和である)
32
273ave.param(f)sum.param(f)/length(f)
33
293high.param(f,a)
p.paramがa番目に大きい要素 (pはfの中の任意の要素)
ただし値が重複した場合はその中でp.nが小さい要素が優先される
34
303low.param(f,a)
p.paramがa番目に小さい要素 (pはfの中の任意の要素)
ただし値が重複した場合はその中でp.nが小さい要素が優先される
35
313
upper.param(f,a)
{high.param(f,i)|1≦i≦a}
36
323
lower.param(f,a)
{lower.param(f,i)|1≦i≦a}
37
333GF{func|funcは写像,func:(枠,P)→枠}Get Flameの略
38
393best(f,m,d)high.r({p|p∈f,p.m=m∧p.d=d},1)
39
344O{p[i]|p[i]∈P,p[i]=(0,0,0,i),-29≦i≦0}O⊂枠
40
354B{f|f∈枠,length(f)=30,∀p∈f[(p.m,p.d)が同時に重複しない]}Best枠
B⊂枠
41
364R{f|f∈枠,length(f)=10}Recent枠
R⊂枠
42
374RC{f|f∈枠,length(f)=30}Recent候補枠
RC⊂枠
43
384get_B(f)upper.r({best(f,m,l)|m∈M,l∈L},30)
44
404get_R(f)upper.r(f,10)
45
414get_RC(f)
rt(rt(...rt(rt(O,low.n(f,1)),low.n(f,2),...,low.r(f,length(f)-1)),low.r(f,length(f)))
46
424rt(f,p)f∪{p}からあるルールに基づいて要素を一つ取り除いた集合を取得するrt∈GP,rt(f,p)∈枠
47
455H[u]uによって特定できる枠の要素(プレイ履歴)
特に断りがない場合は,単にHと表記
Historyの頭文字
48
465H(n){low.n(H,i)|1≦i≦n}n回目プレイ後のプレイ履歴
49
475param(n)(P(n)).paramn回目プレイ後のパラメータの値
50
485B(n)get_B(H(n))n回目プレイ後のBest枠
51
495R(n)get_R(RC(n))n回目プレイ後のRecent枠
52
505RC(n)get_RC(H(n))n回目プレイ後のRecent候補枠
53
515del(n)
(RC(n-1)∪{P(n)})∩(RC(n))*の要素
ただし(RC(n))*はH(n)を全体集合としたときのRC(n)の補集合
n回目プレイ後の削除対象となるプレイデータ
RC(n-1)∪{P(n)}とRC(n)の要素の違いは1つだけなので
length((RC(n-1)∪{P(n)})∩(RC(n))*)=1
54
525P(n){p|p∈H(n),p.n=n}の要素H(n)∈枠であるから、p.n=nとなる要素は重複しない
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
Loading...
 
 
 
シート1