口頭発表
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

 
View only
 
 
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUV
1
No.TypeTitleDateName of the conferencePlace単独・共同の別
2
102国内シンポジウムジャンル準拠アプローチによる英語学術論文執筆支援ツールの開発と拡張—理論と実践—2017 (August)外国語教育メディア学会(LET)第57回全国研究大会名古屋学院大学共同
3
101国内講演アカデミック・ライティング支援ツール AWSuMの開発をめぐって2017/06/18第3回 学術英語学会 年次大会日本医科大学単独
4
100国内ワークショップオンライン参照ツールを用いた英語論文の執筆—効果的な利用と指導の可能性—2017/06/172017年度大学英語教育学会(JACET)関西支部春季大会甲南大学単独
5
99国内ワークショップ英語論文を書いて国際ジャーナルに掲載させるためのストラテジー2017/06/10外国語教育メディア学会(LET)関西支部2017年度春季研究大会・関西英語教育学会(KELES)2017年度(第22回)研究大会(共催)近畿大学共同
6
98海外口頭発表Impacts of a genre-based writing support tool on genre awareness2017/06/02Faces of English 2: Teaching and Researching Academic and Professional EnglishUniversity of Hong Kong, China共同
7
97国内シンポジウムAmerican Association for Corpus Linguistics (AACL) の報告2017/04/22英語コーパス学会シンポジウム大阪大学単独
8
96海外口頭発表Longitudinal development in L1 and L2 writing: Shared patterns and individual differences2017/03/21The 2017 conference of the American Association for Applied Linguistics (AAAL)Portland Marriott Downtown Waterfront, Oregon, USA共同
9
95国内講演テストの振り返り〜次のアクションに向けて〜2017/01/16堺市教育委員会 平成28年度 中学校教科別研修 英語堺市教育文化センター単独
10
94国内講演教育実践論文を書くための統計解析入門—授業実践を研究に—2016/11/26中国語教育学会2016年度第2回研究会大阪府立大学単独
11
93海外口頭発表Modeling patterns, uniqueness, and beyond: The development of L2 writing strategy use2016/10/23The 15th Symposium on Second Language WritingArizona State University, Tempe, AZ, USA共同
12
92国内講演Vocabulary learning strategies: Applying what we know from research to our practice2016/10/02Nara JALT October 2016 EventYamato Conference共同
13
91海外口頭発表Developmental trajectories in L2 writing strategy use: Systematicity and individuality2016/09/23The 35th Second Language Research Forum (SLRF 2016)Teachers College, Columbia University, NY, USA共同
14
90海外口頭発表Developing a writing support tool “AWSuM”: Challenges and pedagogical implications2016/09/18American Association for Corpus Linguistics (AACL) and Technology for Second Language Learning (TSLL) 2016 ConferenceIowa State University, Iowa, USA単独
15
89国内講演これからの研究法のあり方2016/09/04千葉大学研究法セミナー2016千葉大学単独
16
88国内講演教育実践論文を書くための統計解析の基礎と応用2016/08/21日本教育工学会 JSET-SIG01 高等教育・FD 第3回セミナー関西大学単独
17
87国内口頭発表英語学術論文執筆支援ツールAWSuMの開発と教育への適用に向けた課題検討2016/08/08外国語教育メディア学会(LET)第55回全国研究大会早稲田大学共同
18
86国内講演VELC Testの概要と妥当性について2016/08/06VELC研究会第5回研究会研究社英語センター共同
19
85国内講演指導と評価の一体化〜テストから考える授業づくり〜2016/08/01堺市教育委員会 平成28年度 中学校教科別研修 英語堺市教育文化センター単独
20
84国内口頭発表英語論文サポートツール AWSuM の開発と今後の展望2016/07/30シンポジウム「ICTを利用した英語教育支援ツールの開発とその活用方法」東北大学 川内北キャンパス単独
21
83国内口頭発表The Neuroscience of Language and a CALL Application2016/06/04CALL & the Brain 2016 (JALTCALL 2016 Conference)Tamagawa University, Tokyo単独
22
82国内口頭発表ムーブと語連鎖を融合させたアプローチによる英語学術論文執筆支援ツールの開発2016/03/26第二言語ライティングセミナー2016津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス単独
23
81国内口頭発表英語論文ライティング支援ツールの開発2016/02/22コーパスを使った教育・研究 サポートツールの開発(研究成果合同発表シンポジウム)関西大学単独
24
80国内講演First steps in item bank creation and computerized adaptive testing2016/01/09第14回愛媛大学英語教育改革セミナーEhime University単独
25
79国内講演語彙学習方略研究の動向と展望2015/12/20関西英語教育学会 第37回KELESセミナー龍谷大学大阪梅田キャンパス単独
26
78海外口頭発表Development of a web-based writing support tool for L2 authors2015/11/20The 14th Symposium on Second Language WritingThe Auckland University of Technology (AUT), New Zealand共同
27
77海外口頭発表Toward modeling a prototypical use of language learning strategies with decision tree-based methods2015/10/17Situating Strategy Use Conference 2015Alpen-Adria Universität Klagenfurt, Austria共同
28
76国内口頭発表ダブルツールDDL実践授業の試み:WebParaNewsとLWP for ParaNewsを組み合わせて2015/10/04英語コーパス学会(JAECS) 第41回大会愛知大学名古屋キャンパス共同
29
75国内ワークショップWebアプリケーションを使ったコーパス研究のための統計的手法2015/10/03英語コーパス学会(JAECS) 第41回大会愛知大学名古屋キャンパス単独
30
74国内口頭発表Developing and evaluating a computerized adaptive version of Word Part Levels Test2015/09/13Vocabulary Learning and Testing Colloquium 2015テンプル大学ジャパン大阪キャンパス単独
31
73国内講演VELC Testの概要とよくある質問2015/09/12VELC研究会第3回研究会研究社英語センター共同
32
72国内シンポジウム「関西大学英語入試問題分析から見えてくる課題と展望」
シンポジウム『外国語教育におけるテストの役割と課題』
2015/09/10日本テスト学会 第13回大会関西大学千里山キャンパス共同
33
71国内ワークショップYou've done your test–now what? First steps in test analysis2015/09/05日本言語テスト学会(JLTA)第19回全国研究大会中央大学後楽園キャンパス共同
34
70国内セミナーWebアプリケーションで学ぶ統計解析の基礎と応用2015/08/04外国語教育メディア学会(LET)第55回全国研究大会千里ライフサイエンスセンター単独
35
69海外口頭発表Introducing Methodology Special Interest Group2015/05/162015 Joint International Methodology Research ColloquiumNational Institute for International Education (NIIED), Korea単独
36
68国内口頭発表関西大学バイリンガルエッセイコーパスプロジェクトの 成果と展望2015/06/13第41回日本言語テスト学会研究例会東海大学高輪キャンパス共同
37
67国内ワークショップ英語授業を見つめ直す方法:テストデータの見方を知ろう2014年11月全国英語教育学会・小学校英語教育学会第3回英語教育セミナー北海学園大学単独
38
66海外口頭発表Developing and evaluating 
an in-house computerized adaptive testing (CAT) program2014年11月AsiaCALL2014National Changhua University of Education, Taiwan共同
39
65国内シンポジウムCorpus-based analysis of lexical bundles: Its potential applications
in English language teaching
2014年10月2014ことばの科学会オープンフォーラム関西学院大学梅田キャンパス単独
40
64海外ポスター発表Comparing DDL and Non-DDL for different student learning styles2014年9月AACL 2014 - American Association of Applied Corpus Linguistics Northern Arizona University, Flagstaff, AZ共同
41
63海外パネルディスカッションIntroducing "Kyoto Appeal"2014年9月New Directions English: Role of English Assessment in Internationalisation – The 2nd British Council Symposium on Supporting Reform in Education明治記念館単独
42
62国内口頭発表VELC Testを活用した効果的な英語カリキュラムの運営2014年8月大学英語教育学会(JACET)第53回国際大会広島市立大学共同
43
61海外口頭発表Integrating a self-­regulated learning approach into vocabulary learning and teaching2014年8月AILA 17th World Congress of Applied Linguistics Brisbane Convention & Exhibition Centre, Australia共同
44
60国内口頭発表日本の外国語教育研究における効果量・検定力・標本サイズ—Language Education & Technology掲載論文を対象とした事例分析2014年8月外国語教育メディア学会(LET)第54回全国研究大会福岡大学協同
45
59国内講演VELC Test による英語能力変化の測定2014年7月VELC研究会第3回研究会日本教育会館協同
46
58国内口頭発表Shinyを使った統計解析Webアプリケーションの作成2014年7月SappoRo.R #3北海学園大学単独
47
57海外ポスター発表A comparison of self-determined language learning motivation in Japan and Canada2014年7月The 22nd Congress of the International Association for Cross-cultural Psychology (IACCP 2014)Reims, France協同
48
56国内口頭発表オープンソースプラットフォームConcertoを利用した
コンピュータ適応型テストの開発2014年5月第39回日本言語テスト学会研究例会「インハウスCATの言語テストへの適用」てんぶす那覇単独
49
55海外口頭発表Broadening the scope of parallel corpus tools: Using AntPConc in the DDL classroom2014年3月Second Asia Pacific Corpus Linguistics Conference (APCLC 2014)Hong Kong Polytechnic University, China共同
50
54講演量的データの分析・報告で気をつけたいこと2014年2月LET中部支部 外国語教育研究基礎研究部会 第1回年次例会名古屋大学単独
51
53海外口頭発表Incorporating a self-regulated learning approach into vocabulary learning courses2013年12月Vocab@Vic 2013Victoria University of Wellington, New Zealand共同
52
52国内口頭発表特別企画: 英語能力テスト最新事情「VELCテストの信頼性・妥当性」2013年11月2013年度 大学英語教育学会(JACET)関西支部秋季大会神戸市外国語大学単独
53
51ワークショップExcel を使った t 検定2013年11月2013年度 大学英語教育学会(JACET)関西支部秋季大会神戸市外国語大学単独
54
50国内口頭発表教育利用可能なパラレルコーパス検索プラットフォームの構築に向けて2013年10月英語コーパス学会 第39回大会東北大学共同
55
49国内口頭発表Creating an in-house computerized adaptive testing (CAT) program with Concerto2013年9月日本言語テスト学会 (JLTA) 第17回全国研究大会早稲田大学単独
56
48ワークショップ英語教育実践と研究の接点―研究の在り方と手法―2013年8月第39回全国英語教育学会北海道研究大会北星学園大学共同
57
47国内口頭発表R を使ったコンピュータ適応型テスト構築の試み2013年7月SappoRo.R #2北海学園大学単独
58
46国内口頭発表Enhancing self-efficacy in vocabulary learning: A self-regulated learning approach2013年6月Symposium on Vocabulary Instruction and Learning 2013九州産業大学単独
59
45海外口頭発表Implementing a self-checklist into L2 writing instruction2013年3月48th RELC International SeminarSEAMEO Regional Language Centre (RELC), Singapore共同
60
44シンポジウムより好ましい統計解析と図示方法2012年12月外国語教育メディア学会(LET) 第80回 (2012年度秋季)中部支部研究大会 シンポジウム「統計手法を用いたデータ分析とその解釈̶何が必要でどう利用すべきか」名古屋大学単独
61
43国内口頭発表マルチレベルモデルのはなし―見習い編―2012年11月外国語教育メディア学会(LET)関西支部メソドロジー研究部会2012年度第2回研究会(共催:言語テスティング・第二言語習得合同勉強会)流通科学大学東京オフィス
単独
62
42ワークショップExcelを使った統計解析と グラフ化入門2012年11月2012年度大学英語教育学会(JACET)関西支部秋季大会京都産業大学単独
63
42海外口頭発表The effects of self-efficacy on self-regulated vocabulary learning2012年9月Independent Learning Association Conference 2012Victoria University of Wellington, New Zealand単独
64
41国内口頭発表語彙学習における自己効力感を高める要因―自己調整学習の枠組みを用いた調査―2012年8月第38回全国英語教育学会愛知研究大会愛知学院大学単独
65
40国内口頭発表著者と語らう『外国語教育研究ハンドブック』 その12012年6月外国語教育メディア学会(LET)関西支部メソドロジー研究部会2012年度第1回研究会関西大学単独
66
39国内口頭発表「使うための英語」を学ぶ Connecting の開発―英語学習のための新しい仕組み2011年9月大学英語教育学会(JACET)第50回全国大会西南学院大学共同
67
38海外口頭発表Do cloze tests really assess learners’ integrative abilities of a foreign language?:
A brain-imaging study
2011年8月AILA 16th World Congress of Applied Linguistics Beijing Foreign Studies University共同
68
37ワークショップ言語研究のための統計ワークショップ2011年7月関西通訳翻訳理論および教授法研究会 第12回研究会関西大学単独
69
36国内口頭発表語彙学習における自己効力感を探る―RMeCabを使ったテキストマイニング―2011年7月外国語教育メディア学会(LET)関西支部メソドロジー研究部会2011年度第1回研究会関西大学単独
70
35国内口頭発表シミュレーションを使った効果量算出式の比較2011年3月Nagoya.R #5名古屋大学単独
71
34ワークショップ英語論文執筆に役立つツール紹介2011年2月外国語教育メディア学会(LET)関西支部メソドロジー研究部会2010年度第4回研究会関西大学単独
72
33国内口頭発表検定力分析入門2010年12月外国語教育メディア学会(LET)関西支部メソドロジー研究部会2010年度第3回研究会関西大学単独
73
32国内口頭発表Reading-aloud activities and cerebral activation2010年9月大学英語教育学会(JACET)第49回全国大会宮城大学共同
74
31国内口頭発表語彙学習における自己統制力―質問紙の妥当性検証―
2010年8月全国英語教育学会第36回全国大会関西大学単独
75
30国内口頭発表クローズと読解問題解答時の脳内活性化比較—光トポグラフィによる脳内基盤の研究—2010年7月外国語教育メディア学会(LET)第50回全国研究大会横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校共同
76
29ワークショップオンラインテストの回答行動に関するデータから得られるもの―新しい研究の可能性―2009年9月日本教育工学会第25回全国大会東京大学共同
77
28国内口頭発表The effects of differences in language choice and material difficulty on cerebral activation during reading-aloud activities2009年9月大学英語教育学会(JACET)第48回全国大会北海学園大学共同
78
27シンポジウムブレイン・イメージングと外国語教育研究―その可能性と限界点について―2009年8月外国語教育メディア学会(LET)第49回全国研究大会流通科学大学共同
79
26国内口頭発表PERCコーパスに見られる特徴的なLexical Bundlesの分析2009年8月外国語教育メディア学会(LET)第49回全国研究大会流通科学大学共同
80
25講演コーパスを論文作成に利用する方法―単語連鎖に焦点をあてて―2009年7月立命館大学大学院言語教育情報研究科 月例英語教育公開講座立命館大学単独
81
24講演語彙学習方略の要諦を探る―日本人大学生英語学習者を対象とした調査―2009年7月大学英語教育学会(JACET)英語語彙研究会第14回読書会東京電機大学単独
82
23国内口頭発表応用言語学論文コーパスに見られる特徴的な単語連鎖の分析2009年5月外国語教育メディア学会(LET)関西支部2009年春季研究大会京都外国語大学単独
83
22海外口頭発表Establishing the cerebral basis for language learner strategies: A NIRS study comparing L1 and L2 strategy use2009年3月First and second languages: Exploring the relationship in pedagogy-related contexts.Oxford University共同
84
21国内口頭発表多変量解析を用いたPERCコーパスの領域分類2009年3月英語研究と統計2009統計数理研究所単独
85
20ワークショップ統計的検定と効果量(入門編)2008年10月外国語教育メディア学会 (LET) 関西支部2008年秋季研究大会神戸学院大学単独
86
19国内口頭発表教員の積極的メディア利用は学生の授業評価点を上げるか2008年5月関西英語教育学会(KELES)第12回研究大会神戸大学共同
87
18国内口頭発表自由英作文評価における語彙の指標と評価の関係2008年3月英語研究と統計2008統計数理研究所単独
88
17海外口頭発表Examining the effectiveness of explicit instruction of vocabulary learning strategies to Japanese EFL university students2007年10月The 15th Annual Korea TESOL International ConferenceSookmyung Women's University共同
89
16国内口頭発表リカート・スケールにおける選択肢表現の違いによる反応の比較2007年9月大学英語教育学会(JACET)第46回全国大会安田女子大学共同
90
15ワークショップ英語教師のための統計学入門2007年7月関西英語教育学第6回セミナー(大阪地区)関西大学単独
91
14国内口頭発表より良い英語語彙学習表の作成を目指して2007年2月英語研究と統計2007統計数理研究所単独
92
13国内口頭発表The role of learning styles in vocabulary learning strategies2006年12月大学英語教育学会(JACET)英語語彙研究会第3回研究大会中央大学単独
93
12国内口頭発表JACET8000に基づく音声版語彙サイズテストの有効性:文字版語彙サイズテストとの比較2006年9月大学英語教育学会(JACET)第45回全国大会関西外国語大学共同
94
11海外口頭発表Exploring the driving forces behind TOEIC score gains: Focusing on vocabulary learning strategies and related variables2006年8月The Asia TEFL 2006 International Conference西南学院大学単独
95
10国内口頭発表音声提示による語彙サイズテストの開発と分析2006年8月全国英語教育学会第32回全国大会高知大学共同
96
9国内口頭発表語彙サイズテストは何を測定しているのか?2006年3月英語研究と統計2006統計数理研究所単独
97
8国内口頭発表Developing another type of vocabulary size test2005年12月大学英語教育学会(JACET)英語語彙研究会第3回研究大会中央大学単独
98
7国内口頭発表Characteristics, word levels, and authenticity verification of the TOEFL vocabulary2004年10月大学英語教育学会(JACET)関西支部秋季研究大会京都外国語大学共同
99
6国内口頭発表JACET8000の順位を基にしたTOEIC対策コースでの語彙指導の実践2004年9月大学英語教育学会(JACET)第43回全国大会中京大学単独
100
5国内口頭発表未知語の精緻な処理と体系的な復習を可能にする英単語学習プログラムに関する実践報告2004年7月外国語教育メディア学会(LET)第44回全国研究大会西南学院大学共同
Loading...
 
 
 
Presentations