セキュリティトークントークン規格
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

 
View only
 
 
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
1
[asset backed token]
名称なし
R token[equity token]
名称なし
DS protocol
(DS Token)
ST20seccurencyToken DPA
2
プラットフォームtrustTokenHarborNeuFundsecuritize、他対応可Polymath、他対応可-Republic
3
プラットフォーム上のユーティリティトークンtrustToken-NEU-POLY-
4
セキュリティトークンのディストリビューション株式はSTOで発行
1600万ドル以下の条件で資金調達額を指定して資金調達する
株式以外の場合は記載なし
株式はSTO等で発行(詳細なし)
株式以外の場合は記載なし
株式はSTOで発行
価格は投資契約(investment agreement)、バリュエーション、リバースダッチオークション形式で決定
株式はSTOで指定(詳細なし)
株式以外の場合は記載なし
株式はSTOで発行
1年間もしくは、発行体が定めたロック期間を超えた場合、新たに発行できるとしている
株式以外の場合は記載なし
記載なし記載なし
5
メインチェーンイーサリアムイーサリアムイーサリアムイーサリアム
将来的に独自のチェーンに移行予定
イーサリアム記載なし記載なし
6
トークン規格ERC20トークンR-token(ERC20トークンを拡張)ERC20トークンDS Token(ERC20トークンを拡張)ST20(ERC20トークンを拡張)記載なし記載なし
7
トークンの要素smar trust
trustmarket
trustprotocol
trust vault
trusttoken
R-Token
Regulator Service
Service Registry
記載なしDS Tokens
DS Apps
DS Serivices(Trust Service, Registry Service, Compliance Service, Comms Service)
Polymath chaincode
Polymath.js
Securrency
RegTeX
SmartContraX
InfinXchange
記載なし
8
価値の裏付け(どの資産をトークン化するか)不動産
企業株式
投資ファンド
美術品、本、映画など
不動産
株式
美術品
株式(主にスタートアップ)投資ファンド
株式
不動産
株式
不動産
ベンチャーキャピタル(VC)
有価証券(詳細なし)債権
9
トークン化した時の用途KYC/AML(詳細の記載なし)KYC/AML(仕組み解説あり)
投資期間に応じたトークンのロック/アンロックの管理
トークンの最低取引単位の指定、株主数に応じて取引単位を柔軟に変更することもプログラムできる
KYC/AML(パスポートのスキャン画像とパスポート上の情報を記載)
ブロックチェーンを利用したトランザクションデータの追跡
投資契約(investment agreement)の記載
KYC/AML(仕組み解説あり)
DS protocolを使用することで、STOに関するアプリ(配当の発行、議決権の行使を行うアプリ)を開発することができる
発行期限の設定
KYC/AML
tender offer
保有期間の指定
議決権行使
配当・収益の配分
(発行後変更可能)
KYC/AML元本の償還日、金利を支払うまでファンドを保有し続ける期間を指定(投資家は元本の償還を要求することも可能)
10
他サービスとの連携TrueCoin
金融規制委員
信託会社
銀行
Open FinanceBitBay
Malta Stock Exchange
Binance
他セキュリティトークン
Polymath
Harbor
取引所:AirSwap等
Shyft
MintHealth
Open Finance
Corl Financial Technologies
記載なしPROS
11
プラットフォームのゴール投資機会を民主化する。
世界中の資産を安心できる形でトレーディングできるようにして、資産を解放する。
これらを通じて、詐欺などにより対抗できるシステムを構築し、人々に資産・投資機会を提供する。
ブロックチェーン上で暗号有価証券が発行と取引を標準化するために、法令遵守のためのプロトコルを提供する。
ERC20トークンをイーサリアム上で発行し、それがKYC/AML/税法などを確認できるようにする。
ベンチャー企業の成功を信じる投資家が、直接その企業に投資できるような世界を実現する。
そのために、投資の際の地理的・司法的な不必要な制約を取り除く。
これをNermark Tokenエコノミーによって実現する
ブロックチェーン上で法令遵守した形でSTOを行ったり、流動性を提供したりするリーディングプラットフォームとなる
そのために、セキュリティトークンに関わるすべての手続きをオンライン上で行えるようにしていく
1セキュリティトークンのトレードのために非中央集権的なプロトコルを提供する
個人と機関がSTOのために必要な個人情報や資格を証明できるようにする
発行体が資金調達を完了するまでのサポートをする法務代理店の入札を行う
発行体と資金調達の際のパラメーターをERC-20と両立可能な形に翻訳する開発者をマッチングする
有価証券を形式にかかわらず発行や取引できるようにしていく。そのために、トークンにコンプライアンス機能を追加できるフィンテック製品を開発していく。Token DPAのゴール
ブロックチェーン会社が、すべての人から投資を受けられるようにし、企業成長を実現できるようにすること
12
投資手続き記載なし記載なしNEU(ユーティリティトークン)を使用した独自の投資方法。投資家は、出資を行うことでユーティリティトークンを獲得することができるため、積極的に投資を行うようになる。記載なしPOLY/ETHで支払い記載なし記載なし
13
プラットフォームの用途記載なし資産のトークン化
トークン化された個人資産をファンド化
取引履歴の正確な記録
発行体と投資家の迅速んマッチング
カウンターパーティリスクなしの決済
セカンダリーマーケットの法令遵守の強化等
会社のexit/クロージング手続きのオンライン化
オンライン上で議決権を実施
記載なしスマートコントラクトに記載する内容(KYC/AML、tender offer、保有期間の指定、議決権行使、配当・収益の配分)を助言する法律家、そしてそれをスマートコントラクトにプログラムするディベロッパーをマッチング記載なし記載なし
14
15
黄色:各プラットフォームの特長が現れている部分
16
ピンク:ブログで補足予定部分
17
以下のサイトを参照
18
DS protocl(securitize)
19
https://www.securitize.io/uploads/whitepapers/DS-Protocolv1.0.pdf
20
neufund
21
https://neufund.org/cms_resources/whitepaper.pdf
22
ST20(Polymath)
23
https://drive.google.com/file/d/180nPuOOPOZlDRDKSUoJP84AvFY0T5AuB/view
24
seccurency
25
https://www.securrency.com/trademark/
26
TrustToken
27
https://picoloresearch.com/42/trusttoken-tru/attachment
28
TokenDPA
29
https://republic.co/token-dpa
30
TrustToken
31
https://www.trusttoken.com/
32
R token
33
https://harbor.com/rtokenwhitepaper.pdf
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
Loading...
Main menu