新・言操典
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

 
View only
 
 
ABCDEFGHIJ
1
言操典意味用例[類]注釈
2
愛くるしい無邪気で可愛らしい様子。「愛くるしい動物」[類]かわいらしい,あいらしい,めんこい,愛愛しい,可憐,愛おしい“愛”に“狂おしい”や“苦しい”がついたものだという説がある。
3
阿吽の呼吸絶妙なやりとり。[類]つうかあ,以心伝心“阿”と“吽”はサンスクリット語で最初と最後の文字であり、密教においては「万物の根源」の象徴である。神社には、向かって右に「阿像」の獅子、左側に「吽像」の狛犬がいる。
4
あえなく耐えきることができず。「あえなく撃沈」[類]あっけなく,健闘むなしく,やむなく,もろくも,はかなくも”敢えなく”と書く。
5
あきたらない飽きるにはまだ十分でない。満足できない。[類]満足しない,不十分,不満足
6
悪手適切でない手段のこと。[類]愚策,失策[対]好手
7
あくどいたちが悪い。「あくどいやり口」[類]えげつない,いやらしい,容赦ない,悪質な,あこぎな,たちの悪い,しつこい,せこい,陰湿な,悪辣な,卑怯な,ずるい灰汁どい=あくが強い 。しつこい、ねばっこい、というのが元の意味。
8
あぐねる行き詰まってどうにもしようがなくなる。「言いあぐねる」[類]もてあます,窮する,…かねる,ためらう“倦ねる”と書く。
9
あげつらうことさらに、ものごとの是非を問う。わざわざ細かいことまで理詰めで文句をつける。[類]聞き咎める,詮議立てる,けちをつける,いちゃもんをつける,揚げ足を取る,難癖をつける,取りたてる,槍玉に挙げる“論う”と書く。
10
あざといずる賢いようす。[類]ずる賢い,狡猾な,小利口,打算的,したたか,抜け目無い“小聡明い”と当てることがある。
11
足がかり足をかける踏み場。転じて物事を始めるきっかけ。[類]端緒,契機,手がかり,とっかかり,糸口
12
足掛け年月の数え方。足が掛かっている年の数。九年と二ヶ月なら“足掛け十年”になる。“足駆け”は誤り。
13
悪しからず「悪く思わないで」を意味する語。[類]気を悪くしないで,御免
14
悪し様に(あしざまに)いかにも悪いものとして扱うさま。「悪し様にとらえる」[類]偏見で,謬見で,酷評で,冷遇して
15
足繁く何度も足を運ぶさま。[類]入りびたって,根気よく,通いつめて,熱心に“あしげく”は誤り。
16
あそびものごとにゆとりがあること。「すこしあそびがある」[類]ゆとり,余裕,空き,隙
17
徒し世儚い世。無常の世。「この徒し世に、生きる甲斐などない」[類]憂き世“徒(あだ)”は“無駄”という意味。”徒花”と言えば、無駄な花という意味。
18
辺りを払う側に寄り付けないほど堂々としている。「辺りを払う風格」[類]威勢ある,気迫のある,堂々とした,圧倒する覇気でまわりを気おくれさせる様子。
19
あっけらかん何もなかったかのように澄ましているさま。[類]けろっと,意に介さず”あっけにとられる”の”あっけ”。
20
あつらえ向き条件などが合うこと。「あなたには、その程度がおあつらえ向きね」[類]うってつけ,絶好,好ましい,ふさわしい,適した,丁度良い,お似合い,ぴったり“あつらえる”は“特注する”、“向く”は“ふさわしい”という意味。
21
あてどない目的地がないこと。[類]行き当たりばったりの,よすがのない,よんどころない“当て所ない”と書く。“やりどころがない”という意味でもある。
22
あとくされなくものごとが済んだあと、問題があとを引かないこと。[類]わだかまりなく,遺恨なく,後味よく
23
あどけない無邪気でかわいい。することが幼い。[類]いたいけな,無邪気な,がんぜない,無垢な
24
あとさきになる順序が逆になっている。「話があとさきになりましたが」[類]うしろまえになる,前後する,相前後する,逆になる,本末転倒する
25
後を絶たないあるものの出現が、途絶えることがない。[類]続出する,止めどない,連発する,絶えない,根強い,ひっきりなしに,いつまでも,止まる所を知らない
26
あながち断定し切れない気もちをあらわす。[類]案外,かならずしも,意外と,もしかすると,一概に,ともすると,ややもすると,もしかすると“強ち”と書く。
27
あまつさえ好ましくない物事や状況が、さらに加わるさま。「ただでさえひどいのに、あまつさえそんなことするなんて」[類]そのうえ,おまけに,こともあろうに,あろうことか
28
あまねくすべてに広く行き渡るさま。[類]もれなく,すみずみまで,広く,一般に,余すところなく,まんべんなく,全体に動詞ではなく副詞。
29
あまりあるさらに十分な余裕がある。「想像するに余りある」[類]十二分である,余裕がある,余計にある,腐るほどある,十分すぎる
30
甘んずるそのまま受け入れる。[類]諦める,甘受する,諦観する,観念する,ゆだねる,潔(いさぎよ)しとする,妥協する,よしとする
31
あやかる影響を受けて、同様の状態になる。[類]感化される,お相伴に与る,便乗する,まねる,手本とする,見本にする
32
過たず(あやまたず)狙った通りに。思った通りに。「あやまたず、事は運んだ」[類]案の定,たがわず,間違うことなく,丁度,ほどよく,違わず“あやまちを犯さず予定どおりに”という意味。
33
あらかたほぼ全部に近いさま。「結果はすでに、あらかた決まったようなものだろう」[類]大方,だいたい,おおよそ,ほぼ,ほぼほぼ,大部分“粗方”つまり“粗い部分は“ということ。
34
あららかに荒々しく。おおざっぱに。[類]手荒く,乱暴に,適当に,おおまかに,粗野に,猛々しく“荒らかに”と“粗らかに”と書けるが本質的にはさほど違いはない。
35
あられもない似つかわしくない。「あられもない姿」[類]あるまじき,しどけない,はしたない,けしからん,ありえない,信じられない,考えられない“ある”に可能の助動詞“れる”が付く構成。特に女性の身だしなみについて用いられることが多い
36
ありき__があった。前提があっての。「はじめに言葉ありき」/「結果ありきの八百長試合」[類]”有る”に過去の助動詞「き」という構造。
37
ありったけあるだけ全部。可能なかぎり多く。[類]あらん限りの,ある限り,渾身の,一切の,全部,すべて,残らず“有りっ丈”と書く。
38
有り体(ありてい)嘘やいつわりのないさま。[類]ありのまま,虚飾ない,包みない,あるがまま有るがまま、素のまま、ということ。
39
有りや無しやあるかないか分からないくらい目立たないさま。/真実であるかないか。「ありやなしやの、とぼしい証拠しか見つからなかった。」/「事の真相のありやなしやが取り沙汰された。」[類]かすか,ひとしずく/実否,真偽
40
あわよい物事がうまくゆくさま。ころ合いがちょうど良い。「あわよくば」[類]都合が良い,丁度良い,好都合,適時,折りよいあわい(間)が良い、ということ。
41
[類]
42
言い得て妙うまく言いあらわしているさま。[類]慣用句。
43
言い止す(いいさす)途中まで話してやめる。言いかけてやめる。[類]言いかける,絶句する,言いよどむ
44
言い知れない言葉ではあらわせない。何ともいいようがない。「言い知れない感動を覚えた」[類]得も言われぬ,形容しがたい,名状しがたい,筆舌に尽くせない
45
言い過ぎではないあながち誇張表現とも言えない。「史上最高と言っても言い過ぎではない。」[類]過言でない,妥当だ,嘘ではない,間違いではない慣用表現。
46
言いすくめる相手を言葉で丸め込む。[類]言いくるめる,口車に乗せる,説き伏せる,丸め込む語気でたじろがせたり、言葉をまくしたて、相手に口を開くひまを与えないようす。
47
言い募る(いいつのる)興奮し、口調はげしく言い立てる。[類]息巻く,まくし立てる,言い寄る,主張する,言い立てる“募る”は“ますます激しくなる”という意味なので、だんだん激しくなっていくニュアンスを持つ。
48
言うならくある人の言うことには。[類]聞くならく,子曰く,曰く,聞くところによると,一説によると”ならく”の形は、漢文訓読調。
49
言うに言われぬ言葉では表現できない。/言いたくても言うことができない。「言うに言われぬ美しさ」/「言うに言われぬ訳があるんだよ」[類]得も言われぬ,言いようもない,なんとも言えず,筆舌に尽くしがたい,名状しがたい,形容しがたい,口にはできない/言い出せない
50
言い抜けるうまく言いつくろって、罪や責任を逃れる。「うまく言い抜けようったって、そうは行かないよ」[類]ごまかす,はぐらかす,あしらう,言い逃れる
51
言い含めるよく分かるように言ってきかせる。「申し訳ありません。以後はよく、言い含めておきますので」[類]言い聞かせる,さとす,注意する“含む”は“理解する”という意味。「お含み下さい」など。
52
言いよどむすらすらと言葉が続いて出ないで、口ごもる。「その話になると、かれは急に言いよどんだ。」[類]言葉を濁す,歯切れが悪くなる,まぎらわす,言葉に詰まる,口ごもる“よどむ”は、流れがとどこおること。
53
言うまでもないあれこれ言う必要のないほど、分かりきったことである。[類]当然だ,言われなくても,自明,火を見るより明らか尊敬語にすると“仰せまでもない”となる。
54
如何ともしがたい(いかんともしがたい)どうすることもできない。[類]やるかたない,せんかたない,にっちもさっちもならない,やむをえない,余儀ない,万事休す,是非も無い
55
粋な気質、態度、身なりなどがさっぱりと、あか抜けしている。「粋を添えたおもてなし」[類]つやっぽい,小粋な,お洒落な,おつな,いなせな反意語は“無粋”や“野暮”。
56
生きあえぐ生きるに窮する。[類]困窮する,路頭に迷う生き地獄をあじわうこと。
57
いきおいその時の成り行きで。必然的に。[類]流れで副詞。
58
生き仏仏のような心を持った、徳のある人。[類]生き如来,生き菩薩,聖人メタファー。
59
息巻く勢い込んで言う。息づかいを荒くして怒る。[類]気焔を吐く,意気込む,張り切る,奮い立つ,憤る”息を巻く”とは書かない。また、“舌を巻く”との混同に注意。
60
域を出ないある枠組みを越えない。[類]…程度,…にすぎない,以下
61
幾度となく多くの回数。[類]何度も,何回も,なんべんも,幾度も“何度も”を強調したい時にもちいる。”いくどとなく”とも”いくたびとなく”とも読む。
62
異彩を放つ多くの中で、きわ立って見える。[類]際立つ,傑出する,並外れる,水際立つ,精彩を放つ,突出する,抜きん出る
63
いさかい言いあらそい。「いさかい果てての契り」[類]いざこざ,悶着”言+争”で”諍い”と書く。
64
潔しとしない(いさぎよしとしない)そうすることを、自分に許さない。[類]認めない,できない,許さない,妥協しない,甘んじない信念にもとることをしない、ということ。
65
いざ知らず…についてはよく分からないが。…はとにかくとして。「彼のことなどいざ知らず」/「大義名分があるならいざ知らず…」[類]ともあれ元々は”いさ知らず“。”いさ”は“さあ?”という意味。
66
いささか数量、程度の少ないさま。[類]やや,すこし,申し訳程度,わずか
67
いざよう進もうとしてもなかなか進めない。[類]躊躇する,ためらう,行きつ戻りつする十五夜の月よりやや遅く出る十六夜の月は”十六夜(いざよい)”という。
68
いざり寄る膝をついて近寄る。少しずつ寄る。[類]にじり寄る
69
[類]
70
[類]
71
[類]
72
[類]
73
[類]
74
[類]
75
[類]
76
[類]
77
[類]
78
[類]
79
[類]
80
[類]
81
[類]
82
[類]
83
[類]
84
[類]
85
[類]
86
[類]
87
[類]
88
[類]
89
[類]
90
[類]
91
[類]
92
[類]
93
[類]
94
[類]
95
[類]
96
[類]
97
[類]
98
[類]
99
[類]
100
[類]
Loading...
 
 
 
言操典
ぱわわ
コピーライティング
キャッチコピー
読みやすい文章術
修辞法
ネーミング
50音相表
 
 
Main menu