doc2「コンピタンス記述書」記述サンプルFormdoc2_sample2017.xlsx
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

 
View only
 
 
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
1
【実践活動記述書】 doc2「コンピタンス記述書」
※特定情報の記載にご注意ください
2
*各項目500文字以内を目安に記述ください。
3
受験番号:18xxxxx記述例1. 業務用機器開発例記述例2. Web制作の例記述例3. 組織改革の例
4
コンピタンス
定義記入のポイントP1 ↓記入欄495P2 ↓記入欄593P3 ↓記入欄547P4 ↓記入欄P5 ↓記入欄
5
B: プロジェクトマネジメントコンピタンス
6
B1. プロジェクト企画能力*人間中心設計に関するプロジェクトを企画、および、プロジェクトプランを作成できる能力のこと。

*プロジェクトに必要な要件や前提事項を明確にし、プロジェクトのゴール、プロセス、アクティビティ、成果物、チーム構成などを適切に企画することが期待される。

*プロジェクトは、構想・分析・設計・実装・試験・保守など、製品ライフサイクルのすべての段階が対象となる。(ISO 9241-210の「5. HCDの計画」に相当)

*人間中心設計におけるプロジェクト企画の特徴は、人間中心設計のプロセスや手法、及びプロジェクト推進に必要なスキルを十分に理解した上で、実施可能であり、かつ、人間中心設計の目標達成に焦点をあてた計画を立てる点である。

(1)プロジェクトの目的、チーム構成などを明示してください。
プロジェクト企画立案する上での申請者の役割は必ず書いてください。
申請者は新規開発の業務用機器における、UIデザインリーダーとしてプロジェクトに参画した。
また、申請者は、この中でUIデザインの開発を自部門(UIデザイン部門)のプロジェクトとして企画・運営した。

■プロジェクト目的:
HCDプロセスを導入し、新しい顧客層、新しいカテゴリーの製品にふさわしい操作部・タッチパネルGUIを開発すること。

■チーム構成:
情報アーキテクト、グラフィックデザイナー(2名)、ユーザビリティエンジニア、プロジェクトオーナー(申請者の上司)
(開発プロジェクトメンバーとして、プロジェクトマネージャー、ハードウェア設計担当者、要求定義担当者、ソフトウェア設計担当者、商品企画担当者)
306スマートフォン(以下スマホ)向けに、当社ECサイトの抜本的なリニューアルを行った。申請者は、このリニューアルプロジェクトの、UXデザインのチームリーダーを務めた。(概要は申請書B2を参照のこと)

[プロジェクトの目的]
プロジェクトの必要条件・前提条件をうけて、目的を次のように定めた。

【目的1】スマホ向けのリニューアルを完遂する。
【目的2】スマホ向けウェブサイトか、スマホの「ネイティブアプリ」にするか、方針を定める。
【目的3】スマホにおける、ユーザー像と、ユーザー体験の全体像、ユーザーの要求事項を、正しく洗い出し、事業責任者とチームメンバーで共有する。
【目的4】実現すべきユーザー体験を、具体的なプロダクトとして落とし込む。
【目的5】リニューアルの結果として、当ECサイトの競合優位性を確保し、売上を伸ばす。
【目的6】HCDプロセスが継続されるよう、次のプロジェクトに引き継ぐ。

[チーム構成・申請者の役割]
当プロジェクトにおけるチーム構成は、事業責任者(担当役員)のもと、UXデザインチーム(7名)、開発チーム(12名)で進められた。
UXデザインチームは、名称は「UXデザイン」とあるが、実質的には、プロダクトオーナーの役割も兼務している。
申請者は、UXデザインのチームリーダーを務めた。
560[プロジェクトの要件]
各事業部が定常的なHCD活動が実施できるプロセスを当社のモノづくりシステムとして確立する。
[目的]
本システムを社内に定着させ、提供する製品・サービスが常に高いユーザー満足を得られるようにする。
[チーム構成]
プロジェクト推進リーダー:申請者
メンバー:開発/デザイン部門、マーケティング部門、販売/アフターサービス部門、宣伝広告部門より選出
事務局:申請者および申請者が所属するHCD部メンバー
プロジェクトメンバーのべ人数:50人

本プロジェクト成功のために実施した申請者の主な役割。
・プロジェクト推進、部門間調整
・プロジェクト企画の立案、とりまとめ
・HCD導入事例調査
・各プロセスにおける活動実践とプロセス間の橋渡しの支援(指導・OJT含)
 -要求分析
 -企画提案
 -ユーザー評価・専門家評価
・HCD導入・定着のための教育プログラムの整備と実施
399
7
(2)HCDプロジェクト企画として申請者のおこなったやり方や工夫などの特徴を示してください。申請者は、業務用機器操作部・タッチパネルUIの開発において、HCDプロセス(ISO9241-210)を導入・実施する計画を主体的に立案。
新しい顧客層、新しいカテゴリの商品のため、上流の以下を重視した計画を、プロジェクトオーナーに提言し同意を得た。

■「利用の状況の把握と明示」の活動:
新カテゴリーのターゲットと考えられる中規模オフィスユーザーの現状業務ワークフローを把握する調査を企画し、予算取りと主な市場である海外の関連営業部門の協力合意を得た。

■「ユーザーと組織の要求事項の明示」の活動:
商品企画部門作成の顧客情報・ペルソナ情報を元に現状をジャーニーマップを用いたモデル化実施。このモデルを用いてコンセプトやアイデア出しを行い、理想のアクティビティシナリオを描き要求事項を明示する方法をとった。
本来ならば商品企画部門もコンセプト作成のワークショップへの参画が望ましい。しかし、商品企画部門の参画は日程的に難しいと予想されたため、事前に申請者が商品企画部門の予定に合わせて顧客情報・ペルソナ情報について詰めていく活動を並行することで意識を合わせる方法をとった。
488[HCDプロジェクト企画としての、申請者の工夫]
申請者は、課題を解決するためには、人間中心設計によるユーザー理解と、全体を俯瞰したユーザー体験の設計が必要であると考え、本プロジェクトにおいて、以下の施策を計画した。

【施策1】スマホからの、ユーザーの「利用の状況」を特定する。とくにスマホは、パソコンからと異なり、「日常生活と密接につながった」利用の状況であるので、サイト内だけの体験でなく、その背景にある生活の価値観まで洗い出す。
【施策2】ECサイトにおける、スマホサイトとネイティブアプリの「利用の状況」の差を特定する。
【施策3】特定した「利用の状況」から、ユーザーの要求と、実現すべきユーザー体験の全体像を定義する。
【施策4】ユーザー体験の全体像から、設計解として、リニューアル後のウェブサイトの具体的な構造、画面、機能へと落としこむ。
【施策5】構造、画面、機能が、意図したユーザーの体験になっているかどうか、公開前に評価する。
【施策6】本プロジェクトに、事業責任者とチームメンバーを積極的に巻き込み、ユーザー像への共感を厚くすることで、チーム運営を良くする。そして、ユーザーの気持ちに寄り添った開発が行われるようにし、競合優位性を確保する。
【施策7】プロジェクトの終結後、引き続き、ウェブサイトを改善することができるよう、次のプロジェクトへ引きつぐ。
588本プロジェクトは、
①社員に対して、他社のHCD活動事例(組織体制、運用ルール、目標設定、効果測定、など)の紹介と理解促進を図る啓発活動
②①を継続的に実施する教育プログラムの制定
③スムーズなプロセス導入のための成功事例展開のためのOJT活動
④活動実践のためのツール開発
⑤モノづくりプロセス(UX/ユーザビリティーのデザインプロセス)標準の制定
⑥推進専門部署の設置
に焦点を当て企画した。
198
8
(3)申請者のアウトプット、又は成果/効果を示してください。■アウトプット:
プロジェクト開始前に「プロジェクト計画書」を作成した。ここには、HCDプロセスのゴール、導入計画、手法、チームメンバーのアサイン、リスクとその回避方法、について記述されている。

■成果 / 結果:
「プロジェクト計画書」を元に、プロジェクトオーナー、役員、ソフト開発部門に活動の必要性と内容を説明し、協力を得た。各部門の協力により日米欧3拠点で活動することができ、顧客理解につながった。その結果、UIチーム内、およびステークホルダーが共感できる要件定義、コンセプト定義を実現することができ、開発がスムーズにつながった。
269[アウトプット]
申請者は、上記の必要条件、前提条件、目的、施策をまとめた「プロジェクト計画書」を作成した。また、「プロジェクト計画書」には、スケジュール、体制、想定予算と、想定するアウトプットを記載した。
「プロジェクト計画書」をもって、関係者全員を集めたキックオフミーティングを開催し、方針の宣言と説明をし、合意を得た。

[成果・効果]
「プロジエクト計画書」をもって、全員参加のキックオフミーティングをすることで、以後のプロジェクトについて、関係者の前向きな協力関係をつくることができた。
また、「プロジェクト計画書」でプロジェクトの全体像と、指針を定めたので、以後のプロジェクト進行のブレを最小限に抑えることができた。
314各部門へのプレ調査をもとに、上記(1)(2)を盛り込んだプロジェクト企画書「XYZ社HCDプロセス導入計画書」を作成し、経営陣にプレゼンテーションを実施し、活動開始の承認を得た。89
9
(4)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。社内にHCDプロセスの効果・重要性が認められ、本業務用機器以降の開発にHCDプロセスが導入されることとなった。550社内には従来から製品開発においてユーザビリティを重視すべし、とのコンセンサスはあったが、それがどの製品にも反映され、ユーザー満足を得られているという実感が乏しかった。ここ数年ユーザーからの満足度も上がっていない事態を受け止め、本プロジェクトを企画した。
とくにHCDへの理解が薄いと思われる部門のキーパーソンに、キックオフ前に申請者の問題意識を共有できたことが、準備の加速につながった。
193
10
B2. チーム運営能力*人間中心設計に関するプロジェクトのチームビルディングやチームワークを維持・仲介・推進できる能力のこと。

*チームが人間中心設計の目標達成へ向けて適切に活動し、個々のプロジェクトメンバーが士気を高め、その能力を十全に発揮できるようリードすることが期待される。

*人間中心設計におけるチーム運営の特徴は、プロジェクトに必要な活動やメンバーのスキルを十分に理解し、人間中心設計の目標達成へ向けてチームとしてのアウトプットが最大化するように行動する点である。
(1)チームの対象を明示し、その範囲/運営期間を示し、十分な能力があることを示してください。■チームの対象:
UIグラフィックデザイナー、ユーザビリティエンジニア、情報アーキテクト
範囲/運営期間

■範囲:
UIデザインリーダーとして、彼らに対して役割・ゴールの設定を行うこと。また、進捗を逐一確認し、課題や進捗遅れがあった場合は、随所に入って開発を支援した。

■運営期間:
1年9ヶ月
151当プロジェクトにおけるチーム構成は、事業責任者(担当役員)のもと、UXデザインチーム(7名)、開発チーム(12名)である。本プロジェクトの期間は8ヶ月間であった。

申請者は、UXデザインチーム、開発チームともに、HCDのチーム運営の対象とした。UXチーム、開発チームは、それぞれHCDへの知識が異なり、また役割も異なることから、下記(2)項に示すように、対象に応じた運営を行い、チームビルディングとモチベーションの構成に務めた。
2160
11
(2)チーム運営にあたって、どのようなやり方を行い、どのように工夫したかを明示してください。当社にとって、まったく新しいカテゴリの業務用機器であり、私たちの担当するUIも手探り状態からのスタートであった。また本格的にHCDを導入することも初めての試みであった。そのため、各担当者がどう進めていいかわからず、不安が少なからずあった。特にOJTに力を入れて、ゴールの共有と各担当者の自信や自主性の向上に務めた。
1)開始時点:これから始める活動の意義と進め方を説明する。
2)活動中:進め方や考え方など、定常的にメンバーにアドバイスしたり議論を実施。この際、事前の説明を参照しなが進めた。
3)終了時点:メンバーと全体の振り返りを行ない、得られた知見を整理。次に同種の活動実施の際に再利用することを考慮した。
306本プロジェクトにおいて、HCD推進の中心になったのは、UXデザインチームである。UXデザインチームのうち、申請者を含む3名は、過去にHCDの経験があった。残り5名は、1〜2件のプロジェクト経験の者や、なかには勉強会での知識などに留まっている者もいた。

3名が中心となって、ユーザー調査の企画や進行をするとともに、ひとつひとつのステップにおいて、残りのメンバーへのOJTによるていねいな指導を行った。それとともに、タスクの一部をじっさいに担当してもらい、先輩から細かくフィードバックすることで、主体的な参加を促し、モチベーションを高めた。

また、開発チームのメンバーにおいても、【B1】の【施策7】に示したように、将来のチーム運営のため、できるだけユーザー像への共感を深める必要があった。そこで、ユーザーへのインタビューやユーザビリティテストの場に、開発メンバーをローテーションで全員が参加してもらうようにし、当事者としての実感と、ユーザー像への共感を深めた。
4320
12
(3)申請者のアウトプット、又は成果/効果を示してください。■成果 / 効果:
全員がHCDのゴールを共有し、各メンバーの役割を効果的に発揮することができた。具体的には、開発の初期段階(ソフトウェア実装前)に要件定義・グラフィックデザインガイド・プロトタイプによるユーザビリティ評価・検証が完了したため、開発の後工程で大きな仕様変更も発生せず、かつ、実製品とプロトタイプの効果の差異もほとんど発生しなかった。
174UXデザインチーム、開発チームともに、チームメンバー内で「ユーザー像」へ厚い共感を得ることができた。プロジェクト終結後のチーム運営で、疑問点が出るたび、「ユーザー像」と「提供すべきユーザー体験の全体像」に立ち返るくせがつき、チーム運営が円滑になった。

UXデザインチームにおいては、HCD経験者であった3名のスキルアップとともに、残る5名もHCDの体験を深めることができた。とくに中堅のメンバーの2名は、今回のプロジェクトの経験をもとに、自分でHCDプロジェクトを運営できるところまでなった。
2480
13
(4)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。0中堅メンバー2名は、次年度に、HCD-Net認定人間中心設計専門家の受験を目指すこととなった。470
14
B3. プロジェクト調整・推進能力*人間中心設計に関するプロジェクトを推進できる能力のこと。

*プロジェクトの推進にあたって関係する様々な部門やチーム、クライアントとの調整、および、プロジェクトのリソース(予算、人材)及びスケジュール、リスクなどを管理することが期待される。

*人間中心設計に関するプロジェクト調整・推進能力の特徴は、人間中心設計プロセスと各種活動の本質的な意味を十分に理解し、人間中心設計の目標達成へ向けて、適切なアウトプットが得られるように調整・推進できる点である。
(1)調整・推進にあたっての課題や管理したリソース(予算、人員、期間)を明示してください。■課題
従来の製品開発において自部門(UIデザイン部門)は、操作部・タッチパネルUIは要求仕様書に基づき、画面・アイコン・フローの追加および更新作業のみであった。しかし、今回の新しい顧客層、新しいカテゴリの複合機の開発にあたり、プロジェクトのゴールを満たすため、HCDプセス(ISO 9241-210)の上流工程「利用状況の理解と明示」「ユーザーの要求事項の明示」を実施する必要があった。
このための課題は以下2つ。
1)UIデザイン部門のリソース確保
2)ソフト開発部門に「ユーザーの要求事項の明示」で定義した要求を受け入れてもらうこと

■管理したリソース
筆者が、以下リソースを管理した
-予算: (ユーザー調査、印象・受容度調査、ユーザビリティ調査) 約700万円
-メンバー: (情報アーキテクト、グラフィックデザイナー(2名)、ユーザビリティエンジニア) 計4人
-活動期間: (ユーザー調査から実製品のリリースまで) 1年9ヶ月
421当プロジェクトにおけるチーム構成は、事業責任者(担当役員)のもと、UXデザインチーム(7名)、開発チーム(12名)である。本プロジェクトの期間は8ヶ月間である。

ただし、全員が全期間、プロジェクトにフルコミットできるわけではなく、日常の運営業務との兼務であった。フルコミットしたのは、申請者を含むUXデザインチームの3名、開発チーム3名であった。基本的には内製であるため、外注費は発生しなかったが、上記メンバーの人件費などの部門としての経費が発生している。
2300
15
(2)調整・推進の課題解決にあたって、どのようなやり方を行い、どのように工夫したかがを明示してください。■課題1:リソース確保
・申請者はまず「プロジェクト計画書」を作成した。ここにはHCDの必要性、HCDプロセスのゴール、導入計画、手法、チームメンバーのアサイン、リスクとその回避方法、について記述されていた。今回は、新しい顧客層、新しいカテゴリの複合機であったため、ISO9241-210の前半部分、「利用の状況の把握と明示」および「ユーザーと組織の要求事項の明示」が重要であることを強調した。
これをリソースのアサインを承認する立場にある、役員、およびプロジェクトオーナー(上司)に説明し、リソースのアサインを要求した。

■課題2:ソフト開発部門との交渉
・前期のプロジェクト計画書を用いて、新しい要求事項に基づいてソフト開発を行なうことの必要性を示した。さらに、新しい要求事項をUIデザイン部門が責任を持って示すことと、要求事項の提供イメージも加えることで、説得、信頼を得ることを狙った。
397申請者は、本プロジェクトが円滑に進むよう、事業責任者にかけあい、以下の点の承認を得た。

【1】本プロジェクトにおいて、【A1】の【課題1】〜【課題4】のため、人間中心設計プロセスにもとづいて【B1】の【施策1】〜【施策7】を含むプロジェクトとすること。
【2】人間中心設計による業界の他社事例で、とくに売上の改善成果が数字として出ているものを集め、事業責任者に示し、HCDで経営からの要請を解決できる可能性が高いという理解を得た。
【3】当プロジェクトの進行において、申請者が主導していくことの承認を得た。

また、UXデザインチームのアウトプットが、開発チームに受け容れられるよう、以下の調整を行った。

【1】開発チームのメンバーにむけ、プロジェクト開始前にミーティングを開催し、HCDによるビジネスの改善効果が期待できることの理解を得た。
【2】開発チームの現場の声として「じっさいのユーザーがどう使っているか気になる」という意見を引き出し、その具体的な解決として、インタビューやユーザビリティテストの場へ同席してもらうことの納得を得た。
4740
16
(3)申請者のアウトプット、又は成果/効果を示してください。■アウトプット:
- プロジェクト計画書、プロジェクト計画書を説明したプレゼンテーション

■成果:
(1)リソース確保
プロジェクト計画書に記載されたリソースのアサインについて、役員、およびプロジェクトオーナーに説明し、承認をいただいた。そのおかげで、予定通りリソースがアサインされた。結果、活動期間内で、スムーズにHCD活動およびUI開発を完了することができた。

(2)ソフト開発部門との交渉
狙い通り、ソフト開発部門との新しい役割体制構築に成功し、予定通りの日程での商品開発、発売に成功した。
250プロジェクト全体をとおして、HCDにもとづいて、進めることができた。とくに、開発チームのメンバーに、ユーザー調査の現場に同席してもらうことで、驚きとともに、HCDの有用性を理解してもらうことができ、UXデザインチームの成果物が、スムーズに開発チームに受け容れてもらうことができた。

【B1】の【施策6】にある、UXチーム、開発チームともに、チームメンバー内で「ユーザー像」へ厚い共感を得ることができた。
2030
17
(4)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。役員、およびプロジェクトオーナーに、HCDプロセスの効果・重要性が認められ、本複合機以降の開発では、HCDプロセスをスムーズに導入できるようになった。7500
18
A. HCD基本コンピタンス
P1P2P3P4P5
19
A1. 調査・評価設計能力*実施するプロジェクトについて、人間中心設計の観点から課題を適切に掴み、プロジェクトのゴールや目的に応じて適切な調査・評価の実施過程を組み込み、それらの具体的な実施内容を設計できる能力のこと。

*プロジェクトの対象ドメインに関わる文化的な背景や知識などの情報を把握し、調査・評価すべき事項を判断・選択した上で、プロジェクトの進行に合わせて人間中心設計に関わる調査・評価活動を計画することが求められる。また、個別の調査・評価活動の設計のみならず、プロジェクト全体で必要となる調査・評価活動の実施計画を作成することが期待される。
(1)課題/目的を明示してください(課題を的確につかんでいることがポイント)。■課題:
新しいカテゴリの業務用機器の操作部・タッチパネルUI開発。
新しいカテゴリなので、商品のコンセプトや仕様を決定する際に、従来の知見だけに頼らず、想定する顧客の利用状況に合致するかということを順次確認しながら開発を進める必要があった。

■目的:
開発の節目で方向付けや仕様決定の基礎資料となるユーザー調査/ユーザー検証を実施し、ステークホルダーが共感できる要件定義、コンセプトを定義し、想定する顧客に受け入れられて使いやすいUIを実現する。
225[課題]
【課題1】スマホ向けにどのようなリニューアルをするべきか、具体的な方針はまだなく、プロジェクト内で定義する必要があった。
【課題2】ウェブサイトではなく、スマホの「ネイティブアプリ」として提供すべきでないか、という社内の意見があったが、判断基準はなく、プロジェクト内で判断する必要があった。
【課題3】社内にあったユーザー像は、事業責任者やチームメンバーの勘と経験によるもので、裏づけが弱かった。チームメンバー内で、ユーザー像への共感が薄いため、意見の齟齬があり、「会議を重ねても方針が決まらない」「整合性のあるものがつくられない」という問題が起きていた。
【課題4】経営層には、このままでは当ECサイトの競合優位性が薄れていくのではないか、という危機感があった。

[目的]
【B1】の【施策1】〜【施策7】を具体的に実施するため、以下のように調査を設計した。

【1】デプスインタビューで、スマホの「利用の状況」を特定する。
【2】デプスインタビューで、スマホサイトとネイティブアプリの「利用の状況」を特定する。
【3】ユーザビリティテストで、現状サイトの課題を洗い出す。
494[目的]
各社におけるHCD導入実態を把握し、経営陣および各事業部門にHCD確立の必要性と当社に合った推進の方向性を理解してもらうことを目的とした。
74
20
(2)何故、その方法を選択し、どのように企画・設計したか、工夫したかを明示してください。新しいカテゴリの機器開発であることを考慮し、最低限必要な(1)(2)(3)の3つの活動を計画した。

(1)実際の顧客へのインタビュー(「ユーザーの利用状況の明示」のための現状調査)
当社の主な市場である欧州の顧客に対して現場インタビューを計画した。
短時間で利用状況を把握するため、半構造化インタビューおよび業務ワークフローの調査を実際の顧客のオフィスにおいて実施。

(2)デザインコンセプトの印象・受容度評価(「ユーザーと組織の要求事項の明示」における要求事項の検証)
導出した「デザインコンセプト」ユーザーから見て他と差別化できているかを検証する。プロジェクトオーナー等に報告するため客観的な検証データが必要であった。そこで、定量・定性2つの手法を組み合わせて実施。


(3)タッチパネルUIのユーザビリティテスト(「要求に対する設計仕様の評価」)
UIを操作する際に問題になりそうな箇所に絞って実施することを計画に盛り込んだ。
実際には「セットアップ操作」を選択した。開発途中なので当社社員から該当操作の経験がないなど適切な対象をリクルートして実施。
482[その方法を選択した理由]
【1】と【2】でデプスインタビューを選択したのは、スマホは、パソコンからと異なり、「日常生活と密接につながった」利用の状況なので、サイト内だけの体験でなく、その背景の、生活の価値観まで洗い出すためである。エスノグラフィやフォトダイアリーを選択しなかったのは、当ECサイトの商品は、日用品ではなく、何かをきっかけとして購入するもののため、その体験にフォーカスして情報を得られるようにするためである。
【3】は、現状サイトのユーザビリティの問題を把握するのが目的なので、直接にユーザビリティテストを行うこととした。

[企画・設計、工夫した点]
【1】は、デプスインタビューを、1ユーザーあたり2時間を確保し、その後半で【3】のユーザビリティテストを行った。ふたつの調査をあわせて行うことで、工数の短縮を狙うとともに、それぞれのインフォーマントのコンテキストを把握したうえでユーザビリティテストができるので、ユーザーの行動を理解しやすくなる。
【2】では、現状の当ECサイトでは「ネイティブアプリ」を提供していないため、何らかの他社サイトの体験におきかえて調べる必要があった。ブレストを行った結果、比較しやすい他社として、「Amazon」の調査を行う事とした。そのため、「Amazon」のスマホサイトとネイティブアプリの両方を利用経験のあるユーザーを集めた。
592・事業部門の興味喚起・モチベーションアップには、同業他社の事例が最適と判断した。

・各部門の責任者/キーパーソンを対象に、先進的に取り組んでいる他社の実態調査、情報交換会を企画し、事例研究セミナーへの参加も促進した。

・各社における具体的な組織設計、教育方法、案件への活かし方などを調査結果としてまとめ、各部門と共有できるよう計画した。
171
21
(3)申請者のアウトプット(計画書等の目次、内容、ページ数等)、又は成果/効果を示してください。■アウトプット:
・上記(1)から(3)までを日程に織り込んだプロジェクト計画書
・上記(1)から(4)各調査の計画書(評価の目的、手法、被験者の属性・人数、実施時期/報告時期)

特に(1)については、海外の営業部門や顧客に協力をお願いする事項となるので、調査の目的や意義や実際にお願いする内容をわかりやすく伝える別資料も作成した。
また(2)は、自ら実施するだけではなく、同じ条件の印象・受容度評価を欧州・米国においても同時期に行う必要があったので、現地スタッフでも実施できるように、手順などを細かく記載した実施手引を作成した。
266[アウトプットおよび成果・効果]
UXデザインチーム内での意識合わせのミーティングを行い、その結果をまとめたアウトプットとして、調査の計画書と、あわせて、事業責任者と開発チームへの説明ミーティングを行った。内容は上記【1】〜【3】の概要をA4で5枚ほどに、簡潔にまとめたものである。

資料は簡潔なものだが、説明ミーティングでは、参加したメンバーそれぞれが具体的なイメージをもてるように、ホワイトボードでつど説明を補足し、しっかりと納得を得るようにした。
228[アウトプット]
他社の取り組み調査計画書および調査結果報告書
・HCDの標準化プロセス、組織設計
・HCD導入の効果測定方法
・研修プログラム、ツール、スキル定義


[成果/効果]
HCD導入の先進事例から、その効果を経営陣および各部門にイメージしてもらうことができ、組織体制構築が促進された。
150
22
(4)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。プロジェクトの企画時に調査計画をわかりやすく提示できたことで、HCD活動の日程と予算獲得を促進した。とくに最も予算のかかる(1)の部分での上司及び関係者の理解が得られたことで、そのあとの活動もスムーズになった。
(2)について、リソース不足を抱えながらも、計画書がよく練られていたおかげで、同じ条件の印象・受容度評価を欧州・米国においても同じタイミングで実施・成功させることができた。
1920HCD-Netセミナーでの事例研究発表企業の方からのアドバイスも参考に企画した。40
23
A2. ユーザー調査実施能力*ユーザーの利用状況や本質的要求などを把握するための調査を適切に実施できる能力のこと。

*この能力は2つの下位の能力によって構成される。1つ目、適用する調査手法や実施方法、対象者の選定について、調査の目的や位置づけに応じて適切に判断・選択する能力。2つ目は、選択された調査手法や実施方法等に基づいて、自ら適切に調査を実施する能力である。

*選択された調査手法や実施方法等の実施能力として代表的なものに、以下がある。

・インタビュー実施能力:対象者との対話を通じて、目的に対し適切な発話を引き出し、言語データを得る能力のこと。インタビュー実施にあたっては、対象者とラポールを形成し、調査の目的を深く理解した上で対象者の反応に対して適切な発言促進をかけ、事実や本音を引き出すことが期待される。(例:半構造化インタビュー、文脈的質問)

・観察実施能力:ユーザーと利用状況の観察を通じて、様々な事象に気づき、目の前で起きていることと既存知識を結びつけ、洞察を行う能力のこと。実施にあたっては、調査者自身の活動が対象者に与える影響を理解し、適切な方法でデータを取得することが期待される。(例:行動観察、エスノグラフィー)

・上記の他、質問紙調査などユーザー等に対して調査を実施し、ユーザーに関するデータを取得する手法であれば、それらの実施能力が対象となる。
(1)課題/目的を明示してください(課題を的確につかんでいることがポイント)。■課題/目的
新しいカテゴリの業務用機器の操作部・タッチパネルUIの開発。

従来の業務用機器は大型・多機能で高価なものであった。しかし、中小規模のオフィスでは必ずしもそのようなものは望んでいない。機能にやや制限があるものの、安価でコンパクト、最低限の機能が使える業務用機器を望んでいるのではないか。この仮説に対し、実際のユーザーの利用状況を把握し、この仮説が正しいことを検証する必要があった。
197[課題と目的]
【A1】で企画したデプスインタビューの実施において、スマホからの「利用の状況」として、サイト内だけの体験でなく、その背景にある生活の価値観まで洗い出せるよう、インタビューのテーマは、当ECサイトに限定せず、類似商品や関連する日常の行動も含めた、より上位のコンテキストで質問を設計した。訊きたい項目は、半構造化インタビューを用いて、ユーザーに、柔軟に発言を促し、ファクトや本音を引き出せるようにした。

【A1】で企画したユーザビリティテストの実施において、一般的に、インフォーマントはふだんの状況より「頑張って」テストを遂行しようとする傾向があるので、スマホからの「利用の状況」を、できるだけふだんに近づけるように、テストのタスクを、以下の2つに設定した。
1.商品を、ふだん使う検索エンジンからはじめて、インターネットを自由に使って購入する。
2.当社ECサイトのトップページから開始し、商品を購入する。

1で、当社ECサイトだけに限らず、検索エンジンから開始したのは、ふだんの行動がどのようなメンタルモデルのもとに行われているかを把握するためである。

2のタスクはシンプルだが、「商品の検索」「会員登録」「購入」という、当社ECサイトの重要タスクが入っている。ウェブサイトのゴールとして想定している流れのクリティカルパス上にある課題を洗い出せるようにした。
591[目的]
同業他社におけるUX/ユーザビリティの取り組み、定量・定性的な効果測定、最適な組織設計、などの事例を把握する。
61
24
(2)申請者が主体的におこなったポジション・実施したことを明示してください(準備や環境設定なども含む)。■ポジション(分担):
申請者が内容を計画し、実際の顧客へのインタビューの実査も行った。
訪問先の手配は、当社販売子会社の現地営業担当部門に依頼した。
現地(欧州)営業部門とともに6人の顧客を訪問した。
インタビューは申請者が英語で行ったが、詳細の説明は、同行した営業部門の方に現地の母国語⇔英語で通訳をお願いした。

■実施したこと:
申請者は、予め用意していた、インタビューシートに従って、半構造化インタビューを実施した。
さらに、申請者は実際の顧客の業務ワークフローを見せていただいた。

■準備
申請者がインタビューシートを作成した。
通常、現地営業部門は「業務ワークフロー」などのインタビューを顧客に対して実施しない。そこで、UIデザインとして知りたいこと・目的を営業部門に説明するための事前配布資料を作成し、現地で対面にて説明を実施した。
調査対象顧客との窓口である現地営業部門と目的と内容が共有できたおかげで、短期間に6件の顧客訪問を実現できた。
430[申請者のポジション、主体的に実施した内容]
申請者はUXデザインチームのリーダーとして、【A1】のデプスインタビューのテスト設計を行った。

モデレーターについては、申請者とUXデザインチームの他メンバーで、ローテーションで実施し、経験の浅いメンバーにも、デプスインタビュー、ユーザビリティテストなど部分を担当してもらうようにした。経験の浅いメンバーには、テスト実施後に、申請者よりモデレーション技術についてフィードバックを行い、彼らのスキルの向上を狙った。

また【A1】のユーザビリティテストについても、同様に、申請者が中心となりテスト設計し、ローテーションでモデレーターを分担した。

モデレーションについては、どのテストでも事前にチームメンバーを相手にプレのインタビューを実施し、どのような発話があり得るのか、インタビューのプロトタイピングを行い、用意した質問がうまく機能するか確認し、修正した。

会場は、当社の会議室を利用した。専門のリサーチルームの設備はないため、インタビュー音声はテレビ会議ソフトを用いて、またユーザビリティテスト時のスマホ画面はパソコンに映すアプリケーションを利用し、となりの会議室で見学できるようにした。
522申請者は、HCDの全社推進・展開のリーダーとして以下を実施した。

・「HCDプロセスの定着」をテーマに設定し、HCD-Net会員が所属する会社と自社HCD推進チームメンバーとの情報交換会をセッティングし、申請者がモデレーターを担った。
・事業部門のキーパーソンとともにHCD導入事例研究セミナーへ参加した。
・HCD-Net会員でHCDプロセスが構築されている企業に所属されているメンバーへのインタビューを実施した。
・上記より、具体的な組織設計、教育方法、案件への活かし方などを調査結果としてまとめ、各部門と共有した。
261
25
(3)調査計画に沿って行った調査・評価・観察について場所や対象人数、時間、環境などを含めて具体的にお書きください。当社の主要な市場である欧州の顧客6件に対してインタビューを実施した。業種は、さまざまだが、ターゲットとしている中小規模のオフィスにおいて当社業務用機器を使っている顧客に絞り込んだ。
半構造化インタビューおよび業務ワークフローの調査は、実際の顧客のオフィスにおいて実施した。これは、より詳細な業務ワークフローを理解・分析し、デザインコンセプトやシナリオの裏づけにつなげるためである。訪問(インタビュー・業務ワークフロー観察)時間は1顧客に対して、1時間半程度であった。
233[調査の対象人数、時間、環境]
【A1】のデプスインタビューおよびユーザビリティテスト:
アクセス解析ツールのデータ、購入データをもとに、チームメンバーでブレインストーミングをし、当社ECサイトの購入者のゴールの仮説を立てた。その仮説から、リクルーティングのためのアンケートを作成した。

リクルーティングは、当社ECサイトのメールマガジン会員にアンケートを配信して、その結果でスクリーニングを行い、テスト参加の打診を連絡した。5名のユーザーをリクルーティングした。

会場は、上記(2)のとおり、当社の会議室を利用した。

また、【B2】に記載のとおり、開発チームのメンバーに、できるだけユーザー像への共感を深めてもらうため、見学用の会議室にローテーションで全員が参加してもらうようにした。

【A1】のAmazonを題材にしたデプスインタビュー:
Amazonのスマホサイトとネイティブアプリの「利用の状況」の差を知りたい、という調査であり、インフォーマントの属性にそれほど限定はなく、あらためて一般のユーザーを集めるのは工数・期間としてあまり望ましくなかったので、リクルーティング対象は、社内から、該当の条件にあう者を5名選出して、それぞれにデプスインタビューを行うこととした。
543[情報交換会]
・X社 参加:3名(当社:5名)、時間:2時間
・Y社 参加:2名(当社:4名)、時間:2時間
・Z社 参加:3名(当社:5名)、時間:2.5時間

[セミナー参加]
・2回、事業部門キーパーソン参加者:のべ5名

[先進企業インタビュー]
・A社Bさん(HCD-Net認定専門家)2.5時間
154
26
(4)調査結果をどのようにまとめ、フィードバックしたか、活用したかを示してください。調査結果はプロジェクトオーナー(上司)、および開発メンバーへの、報告書・要件定義書・改善提案書としてまとめた。


調査結果から、中規模のオフィスの業務ワークフローは、仮説で想定していたものに近かった。(仮説の正しさが検証された)
また、業務ワークフローについて、ワークフロー・ユーザー・オフィス環境を含めて詳細に把握することができた。この結果、この調査の裏づけに基づいたデザインコンセプト、シナリオを作成することができた。
212[調査結果のまとめかた、フィードバック方法、活用方法]
調査結果は、【A1】の調査3つをとおして、「デプスインタビュー結果レポート」と、「ユーザビリティテストの結果レポート」にまとめて、事業責任者、UXデザインチーム、開発チームに共有した。

「デプスインタビュー結果レポート」は、発話録のなかから、主な発言をインフォーマントごとに抜粋し、考察を加えたものである。この時点では詳細な分析までは行わず、まずは速報の共有を目的とした。より具体的な分析は、以下【A3】にて進めた。

「ユーザビリティテストの結果レポート」は、ユーザビリティテストの主なタスクごとに、画面の遷移図と、発見された課題をならべたもので、主にユーザビリティ上の課題をまとめた。ユーザビリティテストのなかの発話でも、ユーザーの「利用の状況」を語っているものについては、「デプスインタビュー結果レポート」のほうに含めた。

レポート本体を配布しただけでは、実感がともなわないと考え、調査の区切りがいったんついたところで、全員を集めてミーティングを行い、その時点での所感を、速報として伝えた。

480・情報交換会およびインタビュー結果をもとに、調査参加メンバーで文書/キーワード化し、アクション項目、優先順位付け、担当分け、などを実施した。。
・各部門責任者/キーパーソンへ結果報告と提案を実施した。

<提案>
「HCDを推進するための最適な組織設計」
「専門家/一般社員それぞれへの教育方法(プログラム、ツールなど)」

<事例紹介>
「各社におけ実際のモノづくり案件での活用事例」(メリット/デメリット)
206
27
(5)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。従来の業務用機器では出てこないアイディアの新UI仕様が生まれた。32事業責任者を含めて、早めのフィードバックミーティングをしたことで、今までの勘と経験によるユーザー像のイメージがプロジェクト早期で崩れ、その後の進行がしやすくなった。
83調査に事業部門のキーパーソンにも参加してもらうことで、主体的な活動にしてもらうことができた。46
28
A3. 定性・定量データの分析能力*ユーザーの本質的欲求や利用状況などに関して収集された定性・定量データを分析し、調査・評価の目的に沿った、ユーザーの行動や状態の特徴を把握できる能力のこと。

*様々な手法により取得されたデータに対して、調査の目的とデータの性質に適した解析手法を用いて分析し、客観性・再現性のある結果を抽出することが期待される。

データの例:
[定量データ] アクセスログ、質問紙回答、ライフログ、操作パフォーマンス系データ(生理計測値、メンタルワークロード等)
[質的データ] インタビュー発話データ、操作映像、音声

解析法の例:
[定量的分析] 記述統計、推測統計、多変量解析
[定性的分析] グラウンデッドセオリー法、KJ法、上位下位関係分析、KA法、導線解析
(1)課題/目的を明示してください(課題を的確につかんでいることがポイント)。■目的:
業務用機器操作部・タッチパネルGUIの視認性改善のため、タッチパネル操作時のユーザーの視線の角度と視線距離の条件を設定し、その範囲で見えるGUIにする作りこみを行うための資料を作る。

■課題:
本プロジェクトの開発中、タッチパネルにGUIを表示したところ、タッチパネルの表示品質に問題があり、角度によって表示文言が非常に読みづらい(可読性が悪い)ことが判明した。タッチパネルの品質改善は見込めない中、GUIの表現の変更によって、可読性を向上させることが課題であった。
240[課題と目的]
デプスインタビューで収集した発話のそのままでは、ユーザーの「利用の文脈」の全体像はつかみづらく、分析することで、はじめてユーザーの行動の背景を理解することができる。【A2】で収集した発話から、「利用の文脈」の全体像を見いだすために、【A3】で分析を、その結果からのモデリングを【A4】で行った。
1560
29
(2)申請者が主体的におこなったポジション・実施したことを明示してください。申請者は本ケースではユーザビリティエンジニアとして、ユーザー特性調査の計画、準備、実施、そして分析を行った。

申請者は「操作部タッチパネルとユーザー視線の角度」と「その際の可読性」に相関関係があることは把握していたので、実際に人がどのような角度・距離でタッチパネル面を見るのかという条件を明らかにし、その条件内で見やすいGUIを作りこんで可読性を向上させる方策をプロジェクトオーナーに提案。了承後に申請者自身が実験計画を作成し、グラフィックデザイナ-2名とともに実施した。

表示するサンプルは、申請者がガイドライン化を考慮した条件を提示し、グラフィックデザイナーが作成した。
被験者は、実験趣旨に基づき一般的なオフィスユーザーと老眼の影響のある人の2属性を定義。
前者は20-40代で矯正視力0.9以上で身長の異なる男女を20人をプロジェクトオーナーに依頼してリクルート。
後者は、40歳以上で「老眼」と自覚があるが、老眼鏡をかけずに機器を使う人5人を申請者がリクルート。
今回は有意差検定ではなく傾向確認であり、追加で発生した案件なので、1日で実施可能な20人+5人とした。
490[申請者のポジション、主体的に実施した内容]
申請者は、UXデザインチームのリーダーとして、続くプロセスである【AA】を考慮しつつ、分析手法の選択を行った。

じっさいの分析については、発話録からのタスクの切り出しは、申請者をはじめ、UXデザインチームメンバーで分担をした。分担したのは、作業量が多かったこと、またチームメンバーのスキルアップのためである。とくに申請者は、自身の作業と平行して、経験の浅いメンバーのフォローを行い、情報の解釈のポイントを指導した。
2320
30
(3)分析プロセスを具体的に明示し、十分な分析能力を示してください。開発中の機器の操作部の高さに相当する部分に、利用予定のタッチパネル部品を配置し、数パターンの画像を表示。被験者には業務用機器で主に使われるタスクを従来機で実行するつもりで画面を操作してもらい(実際には動作しない)、申請者はその様子を動画と静止画にて記録した。また被験者には姿勢を変えてもらい、一番見やすい角度と限界の角度を申告してもらった。
申請者は、記録した映像を起こして、視線の角度・視線距離の現状の限界値と、被験者が理想とする角度、視線距離の限界値をプロットし、今回のデータの傾向と成人男女の身長(日本+欧州)の95パーセンタイルのデータから、今回の操作部の高さ・位置における、ユーザーの視線の角度、視線距離の目標値を定義した。
317[具体的な分析プロセス]
分析は、把握したい対象が、ユーザーのスマホからの「利用の文脈」の「全体像」であるため、最終成果物が俯瞰しやすいマップ形式になる手法にすることを考えた。申請者が習熟した手法のうち、最終成果物がマップ形式になるものとしては「カスタマージャーニーマップ」「KA法による価値マップ」「KJ法A型図解化」の3つを候補にした。最終的には、時系列での俯瞰がしやすく、UXデザインチーム内で習熟者が多い「カスタマージャーニーマップ」を選択した。

【A4】にてモデリングするためには、分析プロセスにおいては、情報を適切に解釈し、粒度をそろえておく必要がある。分析の進めかたは、まずインタビューの発話録から、ユーザーのタスクや感情を、発話そのままの文言のまま、こまかく切片として切り出した。切片数は全体で300件ほどであった。そのうえで、UXデザインチームのメンバーで、それぞれのインフォーマントの文脈をしっかり理解したうえで、切片ごとに解釈を行い、ユーザーの行動の背景を付与していった。その後、解釈した切片を時系列に並べたうえで、共通の事象や、それによって起こる感情の変化を、【A4】にてモデリングしていった。
5110
31
(4)結果をどのようにまとめ、フィードバックしたか、活用したかを示してください。申請者は、この目標値から今回利用予定のタッチパネルでも可読できる、みやすいGUIの色使い、ガイドラインを作成した。グラフィックデザイナーとUI開発エンジニアはこのガイドラインを元に画面設計を行った。
また、申請者は、可読性を向上させるための、文字フォントの変更・選定プロセスにもメンバーとして参画した。
151[調査結果のまとめかた、フィードバック方法、活用方法]
分析した結果は、時系列に並んだ切片の、長大な一覧表となった。この成果物は、UXデザインチーム内での共有のみとし、【A4】【A5】を経て、他の関係者とは共有するものとした。
1140
32
(5)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。この結果、開発への手戻りを最小限にしながら、可読性を目標どおり向上させることができた。対象機器は、開発の遅延なく、市場にリリースされた。現在でも可読性に対するクレームはあがっていない。
また、この活動で作成されたガイドラインは当社の標準ガイドラインとして活用されている。
13500
33
A4. 現状のモデル化能力*ユーザーの利用状況や本質的欲求などについて、調査データや分析結果にもとづいてモデル化できる能力のこと。

*モデルとは、複雑なシステムや現実の物事から、その本質(あるいは理想的状態)を抽出し、図や模型、数式などの形式に表現したものであり、概念モデル・物理モデル・数学モデルなど多数存在する。

*ユーザーの価値観・日常行動・業務の作業内容など、モデルを使用する目的に応じたレベルにおいて、現状の活動・振る舞い・情報についての構造を分析することが期待される。

*モデル化にあたっては、様々な手法により取得された調査データおよび分析結果にもとづいて、ユーザーの現状を適切に記述することが期待される。

例:ペルソナ、ワークモデル分析、KJ法、カスタマージャーニーマップ(AsIs)、KA法(価値マップ)
(1)課題/目的を明示してください(課題を的確につかんでいることがポイント)。■課題:
従来の業務用機器は大型・多機能で高価なものであった。しかし、中小規模のオフィスでは必ずしもそのようなものは望んでいない。最低限の機能と、本当に現場で「使える機能」があればいよい。その「使える機能」に絞るため、従来あった機能を削り新機能を提供した。今回は、新機能がお客様にどのようなシーンで認知されたらよいか、お客様の、業務用機器の「認知」「購入検討」「購入」「設置」「使用」「アフターサービス」といったタッチポイントを把握することが課題であった。

■目的:
新しい価値提供となる業務用機器の操作部・タッチパネルUI開発のため、お客様と業務用機器の関わり合いを(タッチポイント)を見える化(モデル化)し、理解すること。
316[課題と目的]
【A3】にて分析した内容は、個別の事象の集合であり、全体像として俯瞰できる状態にはなっていない。モデリングをすることで、ユーザーの「利用の状況」の全体像を一望することができるようになる。
【A3】の成果物からモデリングを行い、「カスタマージャーニーマップ」を組み上げた。なお、ユーザーの現状を元データとして組み上げているので、この【A4】の成果物は、ユーザーの「現状」の利用の状況を示す「AsIs」の「カスタマージャーニーマップ」である。
228[目的]
HCDの浸透/定着の全社展開のための「案件のOJT」として、試行に協力してもらう部門とともにHCD視点による企画提案を行う上で、ユーザーの本質的な要求のモデル化を実施する。

対象とした試行テーマは、企画中の次世代の「ネットワークサービス」。
126
34
(2)申請者が主体的に役割、実施したことを明示してください。申請者は、本フェーズのリーダーとして、業務用機器とお客様のタッチポイントを見える化したジャーニーマップを作成した。

申請者はエクスペリエンスマップ作成のため、同じUIデザイン部門のグラフィックデザイナー2名、ユーザビリティエンジニアが参加するワークショップを開催し、エクスペリエンスマップ作成のファシリテートを行った。

申請者は、商品企画部門からいただいた顧客情報・ペルソナ情報をもとに、ジャーニーマップを作成した。
210[申請者の役割、主体的な実施内容]
申請者は、UXデザインチームのメンバーを集め、【A3】の成果物をもとに、ワークショップ形式で、「カスタマージャーニーマップ」の組み上げを行った。申請者はワークショップの企画と、ファシリテーションを行った。
121試行部門のメンバーとともに、提供している製品・サービス(現行のネットワークサービス)の利用者にユーザビリティテストを実施し、インタビューや発話、行動観察の結果から、ユーザーの本質的な要求を抽出した。

申請者が計画案を作成し、モデル化をファシリテートした。
128
35
(3)調査結果に基づいてユーザーの現状をモデル化するプロセスを明示し、十分な実施能力があることを示してください。申請者は、リアルなお客様の「業務用機器の認知」~「アフターサービス」までの流れを把握するため、商品企画部門から顧客情報、および商品企画部門で作成したペルソナ情報を入手した。ペルソナについてしっかり理解するために、申請者自身が商品企画部門と数回ディスカッションを行った。

それから、申請者は、エクスペリエンスマップ作成のワークショップメンバーとともに、ペルソナと業務用機器とのタッチポイントを洗い出した。ここでのタッチポイントは、当社の業務用機器本体・ドライバー・当社セールス担当者、アフターサービス担当者、コールセンター担当者、広告などである。タッチポイントをグラフィカルに可視化し、「業務用機器の認知」~「アフターサービス」までのジャーニーマップを作成した。
331【A3】にて分析した内容は、大量の切片が時系列に並んでおり、全体像として俯瞰できる状態にはなっていない。またとくに今回の調査では、スマホからの「利用の状況」を把握するために、ユーザーの生活の価値観の層で収集しているため、タスクの切れ目がわかりづらくあった。

そこで、時系列を残したままラダリングを行い、抽象度を1階層上げることで、それぞれの関係性を見えやすくした。そのうえでタスクを分割した。共通の事象や、それによって起こる感情の変化をモデリングして、カスタマージャーニーマップへと整えていった。
250上位下位関係分析法などを参考に以下の手順で利用者の最上位のニーズを抽出した。
申請者が指導しながら、試行部門メンバーとともに実施した。

・インタビュー、発話、行動観察結果を書き出す。
・それらを利用者のニーズ(行為目標)毎にグルーピングする。
・グルーピングされたニーズをさらに上位のニーズとして書き出す。
・それらニーズから最上位のニーズを導き出す。
177
36
(4)モデル化の結果をどのようにフィードバックしたか、活用したかを示してください。作成したジャーニーマップから、当社の提供価値である新機能がどのように認知され、利用されるべきかについて分析を行った。今回の場合、エンドユーザーが業務用機器の利用開始時に新機能を認知されるべきであることが明らかになった。

このことから、業務用機器の「触れてみたくなる操作部」という第一印象を目指そうと集中的に検討した。

その結果、エンドユーザーに、認知されやすく、触れてみたくなるような印象を与えるため、新機能の名称とアイコンを工夫した。
220[モデル化の結果のフィードバック方法、活用方法]
モデル化により、「AsIs」の「カスタマージャーニーマップ」が完成した。ただし、この段階では現状がどうであるかはわかるが、具体的な改善案はないため、成果物はUXデザインチーム内での共有のみとし、【A5】を経て、他の関係者とは共有するものとした。
148本試行テーマにおける最上位ニーズは
「安心してサービスを利用したい」
であった。

このニーズ(上位下位)とモデルをベースに、ペルソナ、シナリオの設定、プロトタイプ作成と評価を行い、最終的には企画提案書に反映させた。
109
37
(5)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。当社では過去にない、概念の機能が追加された。220事業部門のメンバーに、モデル化の実施イメージをつかんでもらうことができた。37
38
A5. ユーザー体験の構想・提案能力*「ユーザーの利用状況の理解」や「ユーザーの本質的要求の抽出」などの結果に基づいて、対象製品やシステムおよびサービスの利用に関する様々なタッチポイント(一連の係わり合いの各場面)における、ユーザーの満足をもたらすようなユーザー体験をデザイン(構想・提案)し、さらに、提案内容に対する関係者の理解を促進できる能力のこと。

*ユーザー体験のコンセプトや、対象製品・サービスとユーザー体験との関係を、わかりやすく表現することが期待される。

例:カスタマージャーニーマップ(ToBe)、UXコンセプトツリー、ストーリーテリング、理想シナリオ
(1)課題/目的を明示してください(課題を的確につかんでいることがポイント)。■課題:
新コンセプトの業務用機器において、従来の機能を絞り、新機能を価値として提供した。今回は、この新機能がお客様にどのようなデザインで提供されるべきか。どのようなデザインであれば認知され、使っていただけるか、コンセプトの構築が必要であった。

■目的:
新しい価値提供となる業務用機器の操作部・タッチパネルUIの開発のため、ユーザー体験のコンセプトを作成・提案すること。
187[課題と目的]
【A4】で作成した「AsIs」の「カスタマージャーニーマップ」により、ユーザーの「理由の状況」の全体像を俯瞰することができた。しかし、それは「現状」の俯瞰であり、ユーザーがどのような体験をしたら、ユーザーにとって良いのかを知ることはできない。そこで【A4】で組み上げた「AsIs」の「カスタマージャーニーマップ」をもとに、ユーザーの「不満」や「不便」があらわれるポイントに着目して、それが本来はどのような体験であったら「満足」になるか、「ToBe」の「カスタマージャーニーマップ」をつくることで、あるべきユーザー体験を設計することができ、また関係者との共有がしやすくなる。
2950
39
(2)申請者が主体的に実施したことを明示してください。申請者は、本フェーズのリーダーとして、理想のアクティビティシナリオとしてコンセプトと、シナリオの実現例としての具体的UIを提案する活動を実施した。
申請者は、同じUIデザイン部門の、グラフィックデザイナー2名、ユーザビリティエンジニアを集め、ユーザー体験コンセプトのアイディアだしのワークショップを開催し、KJ法、ペルソナ、構造化シナリオ法、等の手法を導入しながら、理想のアクティビティシナリオの作成を行った。
205[申請者の主体的な実施]
申請者は【A4】のワークショップに続けて、「ToBe」の「カスタマージャーニーマップ」をつくるためのワークショップを企画し、そのファシリテーションを行った。ワークショップの結果をうけて、あらためてレポートにまとめ、関係者に共有しやすいものにした。
1370
40
(3)優先順位のつけかた、定義の提案など、構想・提案のプロセス中どのように工夫したかを明示してください。まず、「業務用機器の認知」~「アフターサービス」までのジャーニーマップ(現状)を元に、お客様が新機能をいつ・どのタイミングで認知していただき、使っていただくことが理想か、メンバー間でディスカッションを行った。申請者はそのファシリテーターをつとめた。
その結果、エンドユーザーが業務用機器の利用開始時に、新機能に気づき・使ってみることが、最も導入の効果があると判断された。

ユーザー体験のコンセプト提案では以下のプロセスを踏み、コンセプトを絞り込んだ。
1.バリューシナリオからユーザーが新機能に気づくシーン・価値を実感するシーンを抽出
2.抽出したシーンの理想のアクティビティシナリオを、KJ法やブレインストーミングを用いて創造
3.アクティビティシナリオをバリューシナリオや企画当初の目標に照らしあわせてブラッシュアップ
4.アクティビティシナリオを実現するために、部分的なインタラクションシナリオ(具体的なデザイン案)を作成
415[構想・提案のプロセスの工夫]

「ToBe」の「カスタマージャーニーマップ」が仕上がったところで、【A3】の分析結果の一覧表と、【A4】での「AsIs」の「カスタマージャーニーマップ」とあわせて、レポートにとりまとめた。

レポートとしては、【A3】と【A4】を、「ユーザーの『利用の状況』を分析・モデリングした結果レポート」として、【A5】を「想定するユーザー像と、ユーザー体験の全体像の定義したレポート」の2つにまとめた。

【A5】については、関係者が理解しやすいよう、カスタマージャーニーマップとともに、これまでの調査結果の情報をもとに、簡易的なペルソナを別途に作成し、資料に添付した。
2990
41
(4)どのような体制で実施したかを明示し、十分な実施能力があるかを示してください。申請者は、ユーザー体験コンセプト作成をワークショップにて実施した。このワークショップは自部門(グラフィックデザイナー2名、ユーザビリティエンジニア)で実施した。これは、申請者と彼らは、ジャーニーマップの意味・目的、体験デザインの提案について、当社で最も理解・体得していたためである。しかしながら、当社でははじめての試みであったため、過去に受講したHCD-netのセミナーやヒューマンインターフェース学会での発表事例を参考にしながら実施した。

本来ならば商品企画部門もコンセプト作成のワークショップへの参画が望ましい。しかし、商品企画部門と日程を合わせてワークショップを開催することが日程的に難しいと予想されたため、事前に申請者が商品企画部門の予定に合わせて顧客情報・ペルソナ情報について詰めていく活動をすることで意識を合わせる方法をとった。
371ワークショップは、【A4】に続き、UXデザインチームのメンバーで行っている。レポートのまとめについては、申請者が中心となり、必要に応じてチームメンバーに分担を依頼した。

資料が仕上がったあと、事業責任者、UXデザインチーム、開発チームの全員を集め、報告会を実施した。報告会では、一方的な共有ではなく、ディスカッションの時間を設けて、参加者によりユーザーへの共感を深めてもらうようにした。
1950
42
(5)結果をどのようにまとめ、提案したかを示してください。申請者は、ユーザー体験コンセプトを、理想のアクティビティシナリオとしてまとめた。その際、この理想のアクティビティシナリオの実現事例として、具体的なUIをグラフィックデザイナーとともに提案した。作画はデザイナー、ディレクションは申請者が行った。
プロジェクト関係者は、ジャーニーマップ、ペルソナ、理想のアクティビティシナリオ、そして具体的なデザイン提案から、このデザインの価値について十分理解することができた。
204[結果のまとめと提案]
結果については、上記(3)のとおりのレポートにまとめ、(4)にあるように報告会を実施した。その場において、課題となっていた事項への提案も行い、事業責任者および各チームメンバーの理解を得た。

提案の一例を挙げる。【A1】で調査対象とした、Amazonのスマホサイトとネイティブアプリの「利用の状況」の差は、「利用の状況がAmazonの外部とつながっているかどうか」であった。典型的なジャーニーとしては、「ブログやSNSなどで書籍などを見て、そのままAmazonを利用する」場合はスマホサイトを、「あらかじめ欲しい書籍が決まっていて、使いやすい画面でスムーズに購入したい」場合はネイティブアプリを利用する。

ただし、この選択は、ユーザーにおいて、ほぼ無意識に判断されており、またそもそものアプリをインストールする部分のジャーニーは「Amazonは有名なので、とりあえず入れておいた」が典型であった。

このため、当ECサイトはAmazonほどの知名度は期待できず、またアプリ普及への投資よりも、資源の集中をしたほううがよいということで、スマホサイトとしてのリニューアルを決めた。
5020
43
(6)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。本件で、提案した理想のアクティビティシナリオ、および理想のアクティビティシナリオを実現するためのデザイン提案は、当社全体で認知・共感され、同系機種の全モデルへ適用されることとなった。9100
44
A6. ユーザー要求仕様作成能力*開発対象に求められるユーザーの要求事項を、調査データや分析結果および構想・提案したユーザー体験から抽出し、ユーザー要求仕様として表現できる能力のこと。

*顕在化している要求だけでなく、ユーザーの本質的要求(潜在的要求)についても抽出できていることが期待される。

例:ユーザーシナリオ、ユーザー要求仕様書、コンセプトシート
(1)課題/目的を明示してください(課題を的確につかんでいることがポイント)。■課題:
新しい提供価値として企画した新機能と理想シナリオは、実ユーザーの調査から導きだした仮説である。デザインコンセプトとUI仕様の方向性を決めるにあたって、仮説を検証することと、想定した利用状況におけるユーザー要求を明らかにする必要があった。
検証すべき対象が「デザインコンセプト」という感性的なものであるが、プロジェクトオーナー等ステークホルダーに報告するため、かつUIの設計仕様に活かすため、客観的な検証データが必要であった。

■目的:
デザインコンセプトがユーザーから見て他と差別化できているかを検証する。同時に、UI仕様の方向性を絞り込むためのユーザー要求を抽出した。
291[課題と目的]
【A5】で作成した「ToBe」の「カスタマージャーニーマップ」で、ユーザー体験のあるべき姿の全体像を俯瞰するができる。しかし、「カスタマージャーニーマップ」の、個々のタッチポイントにおいて、具体的にどのような要件が必要になるかは、まだ曖昧としていた。そこで、以後のプロジェクト内ですべきことが、より明確なるように、ユーザーの要求仕様として、具体的なリストを作成することとした。
1960
45
(2)何故、そのプロセスを選択し、どのように工夫したかを明示してください。ユーザーは具体的なデザインやUIを前にした時にはじめて判断ができることを考慮し、以下の流れで印象評価と受容度評価を実施。

1.理想のアクティビティシナリオとデザイン案から、検証すべきデザインコンセプトとUI仕様案の範囲を定める
2.テストのためのプロトタイプ作成(デザインコンセプトを可視化した代表画面とFlashによる主な操作フロー)
3.デザインコンセプトの印象・受容度評価とユーザー要求の抽出
4.ユーザー要求として仕様にまとめる

*印象評価(定量)の概要
サンプルを比較して、感覚的に順番をつけたり、数値に当てはめて評価を行う。SD法と主成分分析の組合せで数値化できる。比較対象は代表画面と、既存の対抗機2機種。

*受容度評価(定性)の概要
 文化や慣習による感性の違いはアンケートや数値では表わすことが難しい。そこで、国内と海外の両方で以下を実施した。ターゲットユーザーに課題をお願いし頭に浮かんだことを話しながら操作を行ってもらう。感性的な面などデザインコンセプトに関係した発言を抽出し、UI仕様の受容度合を定性的に評価。
472[プロセスと工夫]
「ToBe」の「カスタマージャーニーマップ」を、ユーザー体験のフェーズごとに分け、それぞれのフェーズごとに、提供すべきユーザー体験を実現するための要素を洗い出した。要素の洗い出しでは、発想を限定しないようにし、また、現在の当ECサイトにその要素があるかないかにかかわらず、他社での事例も調べて、リストアップをした。

ユーザーの要求仕様を、ひととおりリストアップしたところで、関係者で集まり、「ToBe」の「カスタマージャーニーマップ」にもとづいて優先度をつけた。あわせて、開発者からみて、実現可能性での優先度づけもした。最終的に、「カスタマージャーニーマップ」の優先度と、実現可能性の優先度を掛け合わせ、最終的な優先度づけをした。ふたつの視点で優先度づけをすることにより、実現性の担保することや、開発工数が大きくてもユーザー体験のためにやるべきことを、明らかにすることができる。

最終的なユーザーの要求仕様のリストは、【A5】で作成した「カスタマージャーニーマップ」の紙面を広げ、そこに加筆することとした。あえて資料を分けなかった理由は、関係者が、複数の資料を見比べることなく、作業ができるようにすることと、個々のユーザー要求仕様が、隣接するユーザー体験とどのような関係にあるのか、見えやすくすることで、今後のプロジェクト進行がスムーズになることを意図している。
5930
46
(3)申請者のアウトプット、又は成果/効果を示してください。■アウトプット:
申請者は、コンセプトの印象・受容度評価を実施し、優先度つきのユーザー要求一覧を作成した。

■成果 / 効果:
ユーザー要求一覧で、ユーザー要求が管理されていたため、どのような機能が必要であるか、どのような操作性を求めるのか、明らかになった。
印象評価から、新しいデザインコンセプトがユーザーの従来イメージと差異があることを客観的に明らかにし、ステークホルダに報告した。
194[アウトプット、成果・効果]
作業は申請者が中心となり、必要に応じてUXデザインチームのメンバーと、開発のメンバーに意見を求めて、まとめた。

上記(2)のとおり、アウトプットは、【A5】で作成した「カスタマージャーニーマップ」に加筆とした。
「カスタマージャーニーマップ」で、全体像の俯瞰と、細部のユーザー要求仕様が、ひとつの資料にまとまることで、以後のプロジェクトにおいて、関係者との意識の共有がスムーズになった。また、個々のユーザー要求仕様が、隣接するユーザー体験とどのような関係にあるかも見えやすくなったことで、より的確な開発がしやすくなった。
2770
47
(4)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。000
48
A7. 製品・事業の企画提案力*「ユーザーの利用状況の理解」や「ユーザーの本質的要求の抽出」などの結果にもとづいて、新しい製品やシステムおよびサービス、あるいは事業や研究テーマなどを企画提案できる能力のこと。

*または、UXD(HCD)視点によるイノベーティブな企画提案のための活動を計画できる能力のこと。

*ユーザー体験のデザイン(構想・提案)に伴って、新しい製品やシステム、サービスや事業などを企画提案することも想定される。

*あくまで、人間中心設計における「ユーザーの利用状況の理解」や「ユーザーの本質的欲求の抽出」などの結果に基づいて行われることが期待されており、ユーザー理解を伴わない方法での製品やシステム・事業の企画提案については対象としていない。

例:ビジネスモデルキャンバス、ビジョン提案型デザイン手法
(1)課題/目的を明示してください(課題を的確につかんでいることがポイント)。00[目的]
HCDの浸透/定着の全社展開のための「案件のOJT」として、試行に協力してもらう部門とともにHCD視点による製品の企画提案を行う。
71
49
(2)どのように工夫したかを明示してください。00「ビジョン提案型デザイン手法」を参考に当社の次世代ネットワークサービスの企画提案を以下の手順で行った。

・次世代サービスの利用者にとっての価値を設定する。
・現行サービスの利用者にユーザビリティテストを実施し、インタビューと観察を通じユーザーの本質的な要求を抽出する。
・これらをもとに、想定利用者のペルソナおよびバリューシナリオを設定する。
・ペルソナ、シナリオに適合するプロトタイプを作成し、ユーザー視点で専門家評価を行う。
・企画提案を行う。
225
50
(3)申請者のアウトプット、又は成果/効果を示してください。00[アウトプット]
主に申請者が指示し、試行部門メンバーを支援し、以下のアウトプットを得た。

・ユーザビリティテスト結果報告書(現行サービスの問題、ユーザーの要求、他)
・ペルソナとバリューシナリオ
・専門家評価結果報告書(次世代サービスに反映すべき改善点、他)
・企画提案書
138
51
(4)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。00本サービスの企画提案に先立ち、部門の企画メンバーを対象に「エクスペリエンス・ビジョン」教科書とした「ビジョン提案型デザイン手法」の勉強会を実施し、理解促進に努めた。82
52
A8. 製品・システム・サービスの要求仕様作成能力*ユーザー要求事項およびユーザー要求仕様から、製品やシステムおよびサービスなどの設計に必要な要件を定義でき、製品やシステムの要求仕様として表現できる能力のこと。

*製品・システム・サービスなどの具現化される方向性を示し、各スコープにおける相互の影響や優先順位、実現可能性も含めた、具体的かつ現実的な要件の定義が期待される。

例:要件定義書、基本設計書
(1)課題/目的を明示してください(課題を的確につかんでいることがポイント)。■課題:
競合他社にはみられない、新しいカテゴリの業務用機器の操作部・タッチパネルUIの開発。

従来の業務用機器は、購入後のセットアップの際、販売店・販売代理店のサービスマンが設置を行うことが一般的である。しかし、サービスマンの中には充分トレーニングをされていないものも多く、セットアップの際の機器の操作も複雑であるため、当社コンタクトセンターへの問い合わせが後を絶たなかった。
新しく開発する機器では、このコールセンターへの問い合わせ件数を減らし、充分にトレーニングされていないサービスマンや一般ユーザーが家電のように自分で設置できるようにすることが課題であった。

■目的:
サービスマンやユーザーが業務用機器を、家電のように自分で設置できるようになるため、、操作部・タッチパネルUIで対応すべき、UI基本仕様をまとめること。
36700
53
(2)何故、その要件定義となったか、どのように工夫したかを明示してください。当社コンタクトセンターへのセットアップに関する問い合わせの分析を行った。(コンタクトセンターの担当者にインタビューを実施)その結果、通信機能に関する問い合わせが最も多いことがわかった。
問い合わせの際の課題は以下のようにまとめられた。
(1). 複数の通信機能の設定項目を一度に設定できない
(2). 設定項目が「設定メニュー」内に散在している
(3). 問い合せの多い項目は、応対マニュアルがある

この分析を基に構造化、要件を整理し、以下2つがポイントと定義した
(1). 簡単な手続きで一連のFAX の設定ができること
(2). 応対マニュアルに基づき、自然な流れで操作ができること

この結果、コンタクトセンターで活用されていた、応対マニュアルで記載されていた設定項目を、分解・整理しカテゴリわけすることを要求仕様に盛り込んだ。操作の手続きにあたっては、「応対マニュアルに基づいた自然な操作」を満たすため、「ウィザード方式」を採用した。
42200
54
(3)申請者のアウトプット、又は成果/効果を示してください。■アウトプット:
業務用機器操作部・タッチパネルUIでの簡単セットアップウィザードの企画・提案・実現

■成果:
コンタクトセンターで活用されていた、応対マニュアルで記載されていた設定項目を、分解・整理しカテゴリわけを行った。操作の手続きにあたっては、「応対マニュアルに基づいた自然な操作」を満たすため、「ウィザード方式」を採用した。

■成果/効果:
簡単セットアップウィザードという名のこの機能は、市場で活用され、評判もよい。また、今回リリースされた通信機能関連のセットアップウィザード以外にも追加したい項目があると市場からの要望があるなど認知、効果が確認できる。
28400
55
(4)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。000
56
A9. 情報構造の設計能力*ユーザー要求事項およびユーザー要求仕様に基づいて、ユーザーが製品やシステム、サービスを使用する際に用いる様々な情報について、適切な情報構造を設計できる能力のこと。

*ユーザーが認知しやすい情報構造を設計し、適切なラベリングを行なうこと。また、整理分類された情報に対し、最適なナビゲーションタイプの選定、および適切な文言・メッセージの使用など、ユーザーの利用に適した検索手段を提供することが期待される。さらに、膨大な情報を扱う場合は、データベースとの親和性やスケーリングなどにも配慮した構築が期待される。

例:コンテンツ設計書、サイトマップ、メニュー構造、ドキュメントの構造、DB設計書
(1)情報構造の設計対象を明示し、その範囲/分量を示し、十分な能力があることを示してください。■設計対象:
業務用機器の操作部・タッチパネルUIの、初期セットアップ時の、簡単セットアップウィザード
新しい機器では、購入後のセットアップ時、販売店・販売代理店のサービスマンやユーザーが家電のように自分で設置できるよう、操作部をタッチパネルUIとし、簡単セットアップウィザードという機能を設けた。

■範囲/分量:
今回は通信機能の初期セットアップで、以下の設定が盛込まれていた
・回線設定
・ローカル機能の情報入力
・音設定
・ベル設定
・出力設定
・リダイヤル設定
であった。
241[情報構造の設計対象、範囲、分量]
「ToBe」の「カスタマージャーニーマップ」をもとに、具体的な「サイトマップ、ワイヤーフレーム、新たに開発すべき機能の要件定義書」を検討し、作成した。【A9】に記載したとおり、「ToBe」の「カスタマージャーニーマップ」にもとづくと、現状の当ECサイトの大部分に手を入れる必要があったため、サイトマップはサイト全体の構造の見直しに至った。
1880
57
(2)情報構造の設計にあたって、どのようなやり方を行い、どのように工夫したかを明示してください。申請者は実際の情報構造の設計にあたって、通信機能の知見者のレビューを受けながら、優先度の高いもの、他の機能にも影響を受けるものを先頭にした。
次に、類似する機能を分類し、最終的に6つのカテゴリに分けた。
6つのカテゴリに分けたのはジョン・ミラーのマジカルナンバーの理論に基づいたためである。カテゴリは平易な名称になるよう、通信機能の知見者、マニュアルの知見者と名称の検討を行った。さらに、ウィザードの進捗がわかる全体ナビゲーションを設けた。
220[プロセスと工夫]
サイトマップの検討において、もっとも問題になったのは、現状のPCサイトとの乖離であった。「ToBe」の「カスタマージャーニーマップ」から、PCサイトにも改修を入れるべきところは手を入れた。いっぽうで、あまりにPCサイトとスマホサイトの構造に乖離がでるところは、社内の運用の面で混乱をきたす、というビジネス側からの意見があったので、その点も考慮にいれ、ユーザーニーズとビジネスニーズのバランスがとれるようにサイトマップを設計した。
2250
58
(3)申請者のアウトプット、又は成果/効果を示してください。■アウトプット
簡単セットアップコンセプト説明資料、ツリー仕様書、画面遷移フロー仕様書、画面設計仕様書(名称の記載時に使用)
62[アウトプット、成果・効果]
アウトプットは、【A9】と【A10】をあわせて「サイトマップ、ワイヤーフレーム、新たに開発すべき機能の要件定義書」としてまとめた。

【A9】に記載のとおり、この段階では、このアウトプットは設計解としての有効性は確認できていないため、【A11】と【A12】で、ペーパープロトタイプによるユーザビリティテストで評価を行うこととした。
1810
59
(4)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。通信機能セットアップウィザードという名のこの機能は、市場で活用され、評判もよい。また、拡張性のある構造をしており、追加したい項目への対応が容易であることは、市場からの要望にも答えられている。9500
60
A10. デザイン仕様作成能力*要求仕様に沿った適切な製品・システム・サービスをデザイン・設計でき、仕様あるいは実体として表現できる能力のこと。

*デザイン対象となるものとしては、インタフェース、インタラクション、システム、ビジュアル、プロダクト(ハードウェア)などがある。

*利用品質(ユーザビリティ)やユーザエクスペリエンス(UX)の高い製品・サービスの具現化にとどまらず、具現化に合わせたプレゼンテーション・資料化・改善案の提示などが期待される。

例:インタフェース仕様書、詳細設計書、ワイヤーフレーム
(1)デザイン仕様作成の対象を明示し、具現化のプロセスを記入、十分な能力があることを示してください。■デザイン仕様作成対象:
新しいカテゴリの業務用機器の操作部・タッチパネルUIの開発。

従来の業務用機器は大型・多機能で高価なものであった。しかし、中小規模のオフィスでは必ずしもそのようなものは望んでいない。機能にやや制限があるものの、安価でコンパクト、最低限の機能が使える機器を望んでいるのではないか。という仮説に対し、当社にとってまったく新しい「シンプルで簡単」「ユーザーフレンドリー」をコンセプトとした新UIの開発。
今回は、申請者はUIデザインリーダーとして参画した。自らリーディングしていた、仮説デザインコンセプト、ユーザー調査、仮説デザインコンセプトの検証(印象・受容度調査)に加え、実際に仕様書に落とす作業である全画面・全フローのデザイン仕様のマネジメントを実施した。
342[デザイン仕様作成の対象]
「ToBe」の「カスタマージャーニーマップ」をもとに、具体的な「サイトマップ、ワイヤーフレーム、新たに開発すべき機能の要件定義書」を検討し、作成した。「ToBe」の「カスタマージャーニーマップ」にもとづくと、現状の当ECサイトの大部分に手を入れる必要があり、ワイヤーフレームは、サイト内の主なページを中心に30ページほど作成した。

[具現化のプロセス]
まず「ToBe」の「カスタマージャーニーマップ」から、とくにスマホサイトで引き受けるべきタスクやユーザー要求仕様を洗い出した。それぞれのタスクやユーザー要求仕様に対して、ウェブサイトのどのページで解決すべきかの検討(【A10】にてサイトマップとして具体化)と、それぞれの画面の構成(ワイヤーフレームとして当【A9】で具体化)、また新たに必要な機能については「新たに開発すべき機能の要件定義書」として、ワイヤーフレームに付記するかたちで具体化した。
4160
61
(2)デザイン仕様の作成において、どのようなプロセスを経たか、どのように工夫したかを明示してください。■経たプロセス:
1.基本UIデザインコンセプトの検討・提示
2.基本シナリオ(コピーするなど)を用いてコンセプトを具体化
・操作の流れ
・画面デザイン(典型例)
・新UI機能
3.グラフィックデザインコンセプト・ガイドラインの作成
4.被験者参加型、ユーザビリティ評価
5.全画面・全フローへのデザインの適用・展開(マネジメント)

以上を企画提案書、illustrator / Photoshopによるデザインカンプ、Flashによるプロトタイプ、ユーザビリティ評価で、検討、確認していった
256[プロセスと工夫]
「ToBe」の「カスタマージャーニーマップ」から洗い出したタスクやユーザー要求仕様を、スマホの狭い画面において、解決すべき優先度の高い順に、ワイヤーフレームに配置していった。また、ひとつの画面内で解決するのが困難なタスクは、【A10】のサイトマップと平行で検討し、複数のページをスムーズに遷移しつつ解決できるよう、ワイヤーフレームを設計した。
1820
62
(3)申請者のアウトプット、又は成果/効果を示してください。■アウトプット:
コンセプトイメージ(ラフスケッチ)、UI操作シナリオ、詳細デザインカンプ、プロトタイプ、詳細設計仕様書(画面デザインパターン、画面フローパターン)、UIガイドライン

■成果 / 効果:
フェーズ目的に応じたアウトプットを提出し、デザインの正しさ、デザインの方向性の共有、ステークホルダーとの調整、意思決定がスムーズになされた。
通常、ソフト開発部門との調整に手間取ることが多いが、本Pjではスムーズだった。コンセプトイメージや、UI操作シナリオが共通理解の形成に有効に作用したため。

★デザインスケッチ(適切な納品のためのハンドリング)、レイアウト(々)、実装用リソース(画像、動画、音、etc.)(々)、実装用文言リソース、画面仕様書(類似仕様の量産ではなく主となる画面パターン定義、ルール定義)、インタラクション仕様書(類似仕様の量産ではなく適切なインタラクションの設計、パターン定義、ルール定義)
412[アウトプット、成果・効果]
アウトプットは、【A9】と【A10】をあわせて「サイトマップ、ワイヤーフレーム、新たに開発すべき機能の要件定義書」としてまとめた。

また、この段階では、このアウトプットは設計解としての有効性は確認できていないため、【A11】と【A12】で、ペーパープロトタイプによるユーザビリティテストで評価を行うこととした。
1720
63
(4)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。000
64
A11. プロトタイピング能力*開発過程でユーザー要求事項およびユーザー要求仕様を、製品・システム・サービスの設計案やデザイン案において実現するため、あるいは、実現されていることを確認するために、プロトタイプを作成できる能力のこと。

*ペーパープロトタイプから詳細プロトタイプまであるが、単なる試作ではなく、評価・検証のフェーズ・目的・作成期間に応じた、適切なプロトタイプの作成が期待される。

*作成にあたっては、主に、開発初期フェーズや検証フェーズで、短期間かつ迅速なラピットプロトタイピングを主導することが期待される。

*また、プロトタイピングによって得られた結果は、製品やシステム要求仕様およびデザイン仕様に反映される。

例:ペーパーモック、シミュレーション、アクティングアウト(製品やサービスを使用する場面の寸劇)
(1)プロトタイプ作成の対象を明示し、その範囲/分量を示し、十分な能力があることを示してください。■プロトタイプの対象:
新しい業務機器の操作部・タッチパネルUIの開発。
通信機能の初期セットアップ時の設定を行う「簡単セットアップ」の仕様に決定するに際して、「ウィザード形式」のUI、「メニュー形式」(項目をユーザー自ら探して選ぶ操作形式)のUI、それぞれのUIの詳細プロトタイプをFlashを用いて作成した。

詳細プロトタイプの手法を選んだ理由は、被験者参加型のユーザビリティ評価を実施するためであること、海外の営業部門など、開発者ではないメンバーにも見せる必要がありわかりやすいプロトタイプがもとめられていたこと、である。
Flashでのプロトタイプは、実機の設定変更は行えないが、上記二つのUIの特徴を捉え、実際のUIのアニメーションも再現した、実際のUIに近いものであった。
343[プロトタイプ作成の対象、範囲、分量]
【A9】と【A10】で作成したアウトプットは、設計解として、意図したユーザー体験をもたらすかどうかの有効性は確認できていない。そこで、【A11】と【A12】で、ペーパープロトタイピングによるユーザビリティテストで評価を行うこととした。ペーパープロトの作成範囲としても、すべてのページを作成すると工数が大きいため、とくに評価をしたい、ゴールまでの主な動線のみを深くつくり込むT字型のプロトタイピングとした。作成した対象範囲は15ページだった。
2410
65
(2)プロトタイプ作成にあたって、どのようなやり方を行い、どのように工夫したかを明示してください。■プロトタイプ作成方法:
前項2つのUI形式をFlashにて作成。

■工夫点:
後からの仕様変更を行ったり、プロトタイプのバリエーションの要望があるかもしれないことを配慮し、Action Scriptでの描画、UI部品の共通化、関数の共通化に配慮しながら設計した。
また、当社海外部門と動作確認を行うことを配慮し、他言語翻訳しやすいよう、文言の記載をリスト化し、集中管理を行った。
191[プロセスと工夫]
細部のインタラクションにおいて、スマホサイトの技術的な実現性の判断を開発チームのメンバーにしてもらいたいと考えた。そこで、Flashなどを利用したモックアップなどにくらべ、工数が少なく、また作り直しが容易であるペーパープロトタイピングを選択し、開発チームに技術的な実現性を逐次確認しながら進めた。作り込みをする前に細かく検証することで、ユーザーへの適切な体験の提供と、手戻りによる工数増大を抑えた。
また、ユーザビリティテストを2回にわけて行い、1回目で得られたフィードバックを、ペーバープロトタイプに反映し、2回目でその有効性を確認するようにした。
2860
66
(3)申請者のアウトプット、又は成果/効果を示してください。■アウトプット:
プロトタイプ(ウィザード形式、メニュー形式)

■成果 / 効果:
実際の被験者参加型のユーザビリティ評価を実施し、実際のUIを使うのと同じようなフィードバックを得ることができた。(市場の評価との差異がなかった)また、プロトタイプ初期設計段階で、UI部品を共通化していたため、実際のUIと近い完成度でありながら、ペーパープロトタイピングのような簡易プロトタイプの規模で仕上げることができた。
204[アウトプット、成果・効果]
【A11】および【A12】の結果は、「ペーパープロトタイプ」および「プロトタイプを用いたユーザビリティテストの結果レポート」としてまとめた。また開発チームとミーティングを行い、最終的な仕様の確定を行った。

効果として、「ペーパープロトタイプ」とそれを用いた「ユーザビリティテスト」により、あとになって修正しづらい箇所のデザインと機能を決めることができ、リテイクが少なくなった。また、デザインや機能の根拠が明確であるため、関係者との合意が形成され、つくったあとで意図と異なる、ということがなくなった。
2660
67
(4)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。000
68
A12. ユーザーによる評価実施能力*ユーザーまたはユーザーに相当する協力者に対して評価対象を提示し、適切な課題(タスク)を遂行させることにより、評価対象がユーザーに適しているかどうかを判断するテストを適切に実施できる能力のこと。

*適用する評価指標や評価基準、実施方法、対象者(ユーザー)、評価メンバーの選定について、評価の目的や位置づけに応じて適切に判断・選択することが期待される。

*実施にあたっては、対象者にかかる身体的・心理的負荷や心理的バイアスを理解して、評価課題や評価環境を適切に設定し、対象者に適切な教示をおこなうことが期待される。

*提示する評価対象は、それぞれの開発段階における成果物が該当する。プロジェクト全体における評価の目的によって、適切な評価対象を選択することが求められる。

例:シナリオの受容性評価、製品・システムのユーザビリティ評価
(1)課題/目的を明示してください(課題を的確につかんでいることがポイント)。■課題:
新しい業務機器操作部・タッチパネルUIの開発。
通信機能の初期セットアップ時の設定を行う「簡単セットアップ」の仕様に決定するに際して、「ウィザード形式」のUI、「メニュー形式」(項目をユーザー自ら探して選ぶ操作形式)のUIが最終デザイン案としてあがった。
この、2種類の形式のUI案のうち、より課題解決の大きいUIを選ぶため、どちらがより簡単か、受け入れられやすいかという基準で詳細な評価を実施する必要があった。

■目的:
2種類の形式のUI案のうち、どちらがより簡単で、受け入れられやすいか、被験者参加による、詳細なユーザビリティ評価を行うこと。
280[課題と目的]
【A11】に記載したとおり、【A9】と【A10】で作成したアウトプットは、設計解として、意図したユーザー体験をもたらすかどうかの有効性は確認できていない。そこで、【A11】と【A12】で、ペーパープロトタイピングによるユーザビリティテストで評価を行い、作り込みをする前に細かく検証することで、ユーザーへの適切な体験の提供と、手戻りによる工数増大を抑えた。

プロトタイプを用いたユーザビリティテストは、【A11】に記載のとおり、2回にわけて行い、1回目で得られたフィードバックを、ペーバープロトタイプに反映し、2回目でその有効性を確認するようにした。
284[目的]
HCDプロセス浸透/定着のための試行の位置づけで、現行の「ネットワークサービス」利用者にユーザビリティテストを実施し、インタビューと観察を通じユーザーの本質的な要求を抽出する。
93
69
(2)申請者が主体的にユーザーによる評価を実施したことを明示してください(準備や環境設定なども含む)。申請者はUIデザインリーダーとして本プロジェクトに参画していた。ここではユーザビリティエンジニアとして、被験者参加型のユーザビリティ評価の実施計画を行った。計画の際、当社の別のユーザビリティエンジニアと協議しながら計画の制度を高めていった。

また、実施の際は、モデレーターは当社の別のユーザビリティエンジニアが担当し、申請者は観察者として参加した。これは、申請者がUIを作成したデザイナーでもあるため、誘導質問をさせる可能性を考慮したため。

テスト被験者は、限られた予算と時間の中で行ったため、当社内からリクルートした。対象は、当社社員のうち、非エンジニアであり、かつ複合機の簡単な操作はできるものの、セットアップなどは経験がない方をリクルートした。(例,総務、庶務、経理部門など)。リクルート作業は、申請者が実施した。
362[主体的な実施]
申請者は、UXデザインチームのリーダーとして、ユーザビリティテストの企画と、タスク設計を担当した。モデレーターについては、プロジェクトの前半で実施したとの同様に、UXデザインチームのメンバーでローテーションにて担当した。申請者は自分でもモデレーターを担当するとともに、他のメンバーを指導する役割をした。

テスト環境において、実機イメージに近づけるため、ペーパープロトタイプをいったんスキャンして、モックアップ作成ソフトにはりつけ、スマホの画面内で触れるようにした。
243申請者の役割
・テスト計画(タスク、インタビュー内容の設定など)の作成支援と監修
・部門メンバーの事前教育(準備、観察、分析、を中心に)
・テスト環境の準備(映像/音声機器、PC/ネット環境、プレテスト)
・テストのモデレート、インタビュー実施
・結果分析のOJT、支援
135
70
(3)ユーザーによる評価の実施の時間、人数などを明示し、十分な実施能力があることを示してください。■調査場所:
当社の会議室をテストルームとして改造

■対象人数:
6人

■時間
1人あたり20分のテスト時間。1日3人、計二日間実施。

■環境:
より実際の業務機器を操作している臨場感を出すため、会議室内の机の配置を工夫して、対象機器が実際に置かれるような状況を再現。また、プロトタイプのタッチパネル画面の高さも実際に使われる時の高さになるように設置した。
観察室は別の会議室を確保、ネットワーク越しに映像や音声を配信した。
215[ユーザーによる評価の実施の時間、人数]
ペーパープロトタイピングを用いたユーザビリティテストは、工数・費用として一般のインフォーマントの募集が難しかったため、リクルーティング対象は、社内から、該当の条件にあう者を選出した。第1回、第2回それぞれ3名ずつ、計6名の実施をした。時間は、ひとりあたり40分ほどであった。
159テスト参加者(被験者):計16名(IT管理者8名、IT管理者以外:8名)をリクルート
所要時間:1名あたり1時間(ブリーフィング、タスク実施、デブリーフィング)
観察者:部門メンバー(設計、デザイン、マーケティング)5名、自部門2名

*テストの前後で部門からの観察者への解説も実施
141
71
(4)ユーザーによる評価の結果をどのようにまとめ、フィードバックしたか、活用したかを示してください。■評価のフィードバック:
最終的に「ウィザード形式」が、モーダルな操作であるものの、操作を迷わせない「簡単」なUIであったため、こちらを採用することとなった。
結論や論拠をユーザビリティ評価報告書を申請者が主体となってまとめて発行した。
当社上級管理者やプロジェクト関係者への報告も申請者が行ない、「ウィザード」形式で進めることの賛同を得ることができた。
177[アウトプット、成果・効果]
前述のとおり、【A11】および【A12】の結果は、「ペーパープロトタイプ」および「プロトタイプを用いたユーザビリティテストの結果レポート」としてまとめた。また開発チームとミーティングを行い、最終的な仕様の確定を行った。

あとになって修正しづらい箇所のデザインと機能を決めることができ、リテイクが少なくなった。また、デザインや機能の根拠が明確であるため、関係者との合意が形成され、つくったあとで意図と異なる、ということがなくなった。

また、設計解が、意図したユーザー体験をもたらすことができる、という確信が得られたため、関係者のあいだで安心してプロジェクトを進めることができた。
306部門メンバーとともに以下の作業を実施し、本質的要求の分析データとしてフィードバックした。
・参加者の行動・発話を書き出す(必要に応じ、映像/音声を解析)
・インタビュー結果とタスク実施時の行動・発話の整合性などを分析
108
72
(5)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。■市場での評価:
簡単セットアップウィザードという名のこの機能は、市場で活用され、評判もよい。また、今回リリースされたFAX関連のセットアップウィザード以外にも追加したい項目があると市場からの要望があるなど認知、効果が確認できる。
1150部門メンバーのための良いOJTにもなった。
・観察者からの反応(一部)
「実際のユーザーの操作をはじめて見たが、自分の想定とは違うところで迷っていた」(設計)
「注意を喚起するメッセージに気づいてくれなかった」(デザイン)
111
73
A13. 専門知識に基づく評価実施能力*人間中心設計および関連する専門知識を用いて、製品・システム・サービスのユーザビリティ上の問題や、ユーザーインタフェースの良し悪しの判断・指摘ができる能力のこと。

*適用する評価手法や実施方法、評価メンバーの選定について、評価の目的や位置づけに応じて適切に判断・選択することが期待される。

*実施にあたっては、認知科学などにおける学術的な理論や法則、およびユーザビリティの経験則などに基いて、客観的に評価を記述できることが期待される。

例:ヒューリスティック法、ウォークスルー法、タスク分析、チェックリスト
(1)課題/目的を明示してください(課題を的確につかんでいることがポイント)。■課題:
新しいカテゴリの業務機器の操作部・タッチパネルUIの開発。
UIの詳細仕様が終わり、ソフトウェア開発が佳境に入っていく中で、本格実装前に、ユーザビリティの評価を行う必要があった。詳細仕様は、当初のコンセプトの仕様からいくつか変わっている部分があり、これらのユーザビリティを確認する必要があった。また、実装前の詳細仕様に対してユーザビリティの確認を行うことは開発の手戻りを最小限とどめることができる。

■目的:
UIの詳細仕様について、実装前にユーザビリティの評価を行い、問題点を洗い出すこと。また、実装前段階でユーザビリティの評価を行い、仕様の改善をすべき部分は早急に反映させることで開発の手戻りを最小限にとどめること。
3160[目的]
試行テーマ(次世代ネットワークサービス)において、プロトタイプを作成し、現行サービスの評価から抽出されたユーザーの本質的な要求に合致しているか検証する。
81
74
(2)申請者が主体的に実施したことを明示してください。申請者は、本プロジェクトはUIデザインリーダーとして参画していた。ここでは、ユーザビリティエンジニアとして、専門家(ヒューリスティック)評価の計画・準備を行った。専門化評価を選定した理由は、本格実装前の短い期間で、かつ、詳細仕様のように量の多い仕様を効率的に見る必要があったため、仕様書ベースで評価をするのが最適であると考えたためである。

実施にはユーザビリティの知見者を2人集め、申請者はファシリテーター役を務めながら、専門家評価の運営を行った。
2250申請者の役割
・テスト計画の作成支援と監修
・プロトタイプへの要求事項(安心して使える)確認
・部門メンバーの事前教育(ヒューリスティック評価)
・評価のファシリテート
・結果分析のOJT、支援
97
75
(3)専門知識による評価の実施の時間、人数などを明示し、十分な実施能力があることを示してください。専門家評価は、ヤコブ・ニールセン「ユーザビリティエンジニアリング原論」(東京電機大学出版局 / 2002/7)に基づいて計画・準備・実施を行った。

■評価概要
対象: UI詳細仕様書
人数: 3人(UI開発リーダー、UIデザイナー、ユーザビリティエンジニア(いずれも経験年数3年以上))
時間: (個人ヒューリスティック評価: 10分、グループによる評価の重み付け: 15分~20分)
1930所要時間:のべ30H(事前教育を含む)
メンバー:7名(評価リーダーとしての申請者含む)

実施手順:
①まず、メンバーが個々にプロトタイプを使って、それぞれのタスク(新規利用時の設定、登録済み情報の修正、他)が「安心して使える」かを評価し、問題点を抽出。
②評価参加メンバーでそれぞれの結果を討議し、ユーザー要求に合致させるための改善点を抽出。
③その他、気になる点をリストアップ
191
76
(4)専門知識による評価の結果をどのようにまとめ、フィードバックしたか、活用したかを示してください。評価後は、「有効性(有効:3, 効率:2, 満足度:1)」と「発生頻度(常に発生する:3, 時々発生する:2, ほとんど発生しない:1)」とあわせ、6~2点までの、ユーザビリティの重み付けを行った。このうち、5点以上についてユーザビリティの重要な問題としてとらえ、実装前に仕様の修正をソフト開発部門に交渉し、かれらの了解を得ることができた。修正仕様についても有効な修正であることを確認した。1950本検証結果(問題と改善点、気になる点)をもとに、設定したユーザー要求、ペルソナ、バリューシナリオに適合した企画提案書としてまとめ、審議の場(部門の企画審議会)で提案した。85
77
(5)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。この評価のプロセスが認知され、当社のその後のプロジェクトにおいても、ソフト実装前のユーザビリティ評価は、この専門家評価のプロセスが用いられるようになった。770評価経験の浅いメンバーにも参加してもらったが、バックグラウンドの異なるメンバーに加わってもらうことで、気づきにくい問題や相互のスキルアップすべき点があきらかになった。83
78
C:導入推進コンピタンス
P1P2P3
79
C1. HCD適用・導入設計能力*人間中心設計プロセスの適用・導入を計画および立案できる能力のこと。導入にあたって関係者の同意を取り付けるための交渉力や、継続運用が可能な仕組みを構築できる能力も含める。

*マネジメントの立場から、組織のポリシー(理念・戦略・方針)に沿った利用品質(ユーザビリティ)やユーザエクスペリエンス(UX)の目標を設定し、組織や部門に対して、人間中心設計プロセスの全部あるいは一部を導入することを計画および立案することが期待される(個別のプロジェクトへの導入については対象外とする)。

*実施にあたっては、導入の対象とする組織に合わせて、実施体制や組織の在り方、適用する手技法の選択などの計画の他、ガイドラインの策定、ドキュメントの整備、標準化など運用ルールの策定などを行うことが期待される。
(1)HCD導入計画・立案にあたっての課題/目的を明示してください。■課題:
本プロジェクトでは、従来行われていなかった活動、ISO9241-210の前半部分、「利用の状況の把握と明示」および「ユーザーと組織の要求事項の明示」を開発プロジェクトに組み込むことができた。しかしながら、組織にHCDプロセスが定着したわけではない。とはいえ、全てのプロジェクトに対して、本プロジェクトと同等の顧客調査・顧客分析・要件定義などが必要といった主張をしても、反発を得かねないし、そもそもコスト的に見合うとは限らない。既存の仕組みにさりげなく追加することが望まれる。

■目的:
組織にHCDプロセスを定着させるための仕組みを構築すること。現場に受けいられやすい仕組み化が望まれる。
3000[課題]
社内ではコスト・納期の意識が高く、プロダクト中心の考えが浸透していたが、申請者はHCDによるデザイン/設計部署の責任者として、ユーザーの要求が多様かつ高度になっていくなかで、UX/ユーザビリティが考慮されていない製品・サービス設計は致命的な問題であると感じていた。
しかし、その効果を定量的に示すこと無しにHCDを浸透させることは困難である。言葉のみの表面的な理解ではなく、各事業部門自らがHCDの必要性を認識し、活動できることを目指すと同時に経営陣の理解を得る。

本プロジェクトの進め方
①他社のUX/ユーザビリティの取り組み、定量・定性的な効果測定、最適な組織設計、等の事例調査。
②当社のHCDについて全社員が共通認識を持てるようにする教育方法の検討。
③「座学研修+プロセス理解+案件のOJT」を1セットとし、試行への協力部門を選定し、実プロジェクトで試行。その後、全社展開。
④プロジェクト体験者からのヒアリング、効果測定結果をもとにプロセス、研修内容の改訂/見直し、実践のためのツール開発。
⑤「UX/ユーザビリティのデザインプロセス」標準版の作成。
⑥経営陣へのプロジェクト結果報告、全社としてHCDに沿った組織体制(推進専門部署設置を含む)、プロセスの標準化の定着。
547
80
(2)導入の対象、実施体制、適用する手法・技法などを明示してください。■導入対象:
 社内で標準的に使われている、プロジェクト企画書テンプレートに着目した。
 「利用の状況の把握と明示」、「ユーザーと組織の要求事項の明示」に相当する活動計画を記載するページを追加することで、全てのPjにおいて、これらの活動の必要性を意識できるようになること。プロジェクト企画審議の場で、プロジェクトの判断をチェックできるようにすることを目指した。

■実施体制:
 プロジェクト企画書のテンプレートは、社内設計部門のマネージャで構成された標準化委員会にて管理されている。テンプレートの修正には、隔月で開催されている標準化委員会での承認が必要である。
 委員会で承認を得るため、自部門のマネージャの事前合意取り付けに始まり、主要な設計部門のマネージメントへの事前説明と合意形成を行なった。事前説明の場で出た要望にも応えるべく準備をして、委員会の場に臨んだ。
3840[導入対象]
全商品事業部門(当初は試行に協力してもらったA事業部)

[実施体制]
開発/デザイン、マーケティング、販売/アフターサービス、宣伝広告の各部門
[参考にした手法・技法]
ビジョン提案型デザイン手法
106
81
(3)申請者のアウトプット、又は成果/効果を示してください。■アウトプット
1)以下プロセスを新規に追加定義
 「利用の状況の把握と明示」「ユーザーと組織の要求事項の明示」に相当する活動計画を記載しやすいように項目立てし追加ページを定義。
 また、本プロジェクトの成果を事例に追加の効果を示した。この際ISO9241-210準拠を示し標準化委員への説得力が増すように心掛けた。
2)新規作成者への補助説明を作成
 新しくプロジェクト計画書を作成する人向けに、本プロジェクト事例を活用しプロジェクト計画書記載の解説書を作成。解説書が埋もれないように計画書フォーマット上にリンクを明記。
3)審議時に参照できる解説書の作成
 そもそもプロジェクト計画の審議会メンバー自身が、追加された2つの活動計画の妥当性を判断する根拠がわからないという課題があった。この課題は標準化委員メンバーである設計部門マネジメントへの事前説明で指摘された。新しいプロジェクトが対象とする顧客やカテゴリーが新規なら、本プロジェクトのように本格的な調査活動が必要。
既存顧客の場合は過去モデルの市場反応確認でOKなど、標準的なパターンを示した解説書を作成することで課題に対応。
4920[アウトプット]
・他社の取り組み調査結果報告書
・「UX/ユーザビリティーのデザインプロセス」標準版
・HCD教育プログラム
・UX/ユーザビリティーのデザインガイドライン(テンプレート)
・HCD推進専門組織設立提案書
111
82
(4)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。継続モデルを開発するプロジェクトにおいて、新テンプレートを使ったことで、前モデルよりも市場の評判が向上した、などの効果が上がっている。
また、以前から顧客志向が重要と社内では言われていたが、具体的に何を考えれば良いかが明確になった、などの声が聴かれ好評である。
1300・建前になりつつあるHCDを実効あるものにし、コストと納期のみ優先の現実から何としても脱却させたい、という想いで取り組んだ。

・経営陣のアドバイスで製品・サービスのUX/ユーザビリティーの達成状況を、目標に取り込み評価体系と紐づけることができたので、会社として本格的に注力するという宣言となった。そのため部門長から現場メンバーまでの意識は大きく変わった。
178
83
C2. 教育プログラム開発能力*人間中心設計に関する教育プログラムを開発できる能力のこと。

*組織や部門への人間中心設計の導入を推進するために、人間中心設計プロセスの全部あるいは一部、または、人間中心設計に関する技術(手技法など)の教育プログラムを開発することが期待される。なお、個別のプロジェクト内でのOJTや自主的な教育・学習活動については対象外とする。

*開発にあたっては、受講者が人間中心設計に関するまとまった知識やノウハウを得られる教育プログラムやカリキュラムを立案できることが期待される。

*特定の組織に限らず、教育機関などにおけるプログラムやカリキュラムの開発も対象とする。
(1)教育プログラムの目的と課題、及びその対象とした組織/チームを明示してください。■目的:
HCDのプロセスに沿った商品開発を社内に広めるにあたり、UIデザインとソフト開発部門とでHCDに関する共通認識を持てるようにすること。
UIデザインとソフト開発部門が共通認識を持つことにより、各々のアウトプットの質の向上、双方のコミュニケーションが円滑になること、などが期待できる。

■課題:
以下、2つの課題が想定された
1)以下の受講者背景を考慮し、理解しやすい内容のコンテンツを実現すること
・UIデザインとソフト開発という知識背景が全く異なる人々双方が対象であること
・HCDの考え方や手法についての事前知識が全くない方々が対象であること
2)今後の実務にて、役立つ!すぐに使える!と思える説明内容に仕立てること
3)1回あたりの講義に使える時間は30分程度

■対象:
・UIデザイン部門(申請者はここの所属)
・ソフトウェア開発部門
3780[目的]
・自社のHCDについて、全社員が共通認識を持てるようにする。
・実プロジェクトですぐに使えるUX/ユーザビリティデザインの全社浸透を図る。

[課題]
・UI設計部門:上流からプロジェクトに参加できるスキルを育成する。
・各事業部門:プロジェクト全体の流れを理解し、ファシリテートできる人材を育成する。

[対象]
UI設計部門 50名
各事業部門 200名
184
84
(2)どのようなプログラムを開発したか、その範囲/内容などを示し、十分な能力があることを示してください。申請者が、HCDnetなど外部で受講したさまざまな研修プログラムで得た知見をベースに開発した。教えたいことはたくさんある中、HCDを自社内で実践する上で、最低限覚えてほしいことは何か?を強く意識して、教えるべき内容を厳選した。結果として以下6項目で構成されたプログラムを作成した。
HCD基礎講座:
1.インターフェースデザイン基礎
2.要求定義
3.シナリオ手法
4.ユーザーインターフェースの設計概要
5.ユーザーインターフェースの構造化
6.ユーザーインターフェースの視覚化
講義資料は、20ページの文書として作成、講義が20分質疑が10分という想定である。
2820以下のプログラムを申請者が企画し、推進メンバー他2名とともに、プログラム開発、講師および運営を務めた。

人間中心設計専門家のアドバイスを受けつつ、UX/ユーザビリティデザインの具体的手順を用意した。

[共通]
・入門、基礎の2段階8プログラムのUXワークショップ研修(OJT)
[UI設計部門]
・事例研究発表会による相互スキルアップ
・HCDに関する手法技法の共有会
[事業部門]
・ファシリテート
・ユーザーストーリーシナリオ共感度調査
222
85
(3)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。・本プロジェクトに関わり、顔なじみになった、UIデザイナやソフト開発者に講義資料の初稿を見せて、わかりやすい内容になっているか確認してもらった。彼らからのコメントを元に、講義資料の見直しを繰り返した。
・好評だったため、1回限りで終了でなく、対象部門に新人が入った時には、新人研修プログラムの一つとして、実施されている。
・HCD基礎の実施から1年経過した。講座で紹介した手法を、実務で適用したけど、いろいろとわからない点が出てくる、ぜひ実務編を作ってほしいとのリクエストが多く寄せられるようになってきた。来年度の実施を目標に構成を検討中です。
2720各部門で実施する個別教育カリキュラムにも応用することができた。31
86
C3. 人材育成能力*人間中心設計に関する教育や訓練を行い、組織・メンバーの人間中心設計に関するスキルを向上できる能力のこと。

*OJTによる訓練、業務内外の研修、講義、ワークショップ、対話など、人間中心設計を学ぶ機会を作ることや、講師やファシリテーターを担当することにより、組織・部門・プロジェクトメンバーの人間中心設計に関するスキルを向上することが期待される。

*自身での講師担当に限らず、セミナーの開催運営・関連セミナーへの参加呼びかけ・外部講師の紹介や依頼等も対象とする。
(1)申請者が主体的に企画・実施した、教育、訓練の対象、時期、期間、内容などを示し、十分な実績があることを示してください。■OJTの実施:
本プロジェクトにて、他のメンバーに対するOJTを実施した。効果が上がるように活動の区切りごとに、以下の流れを意識した。
1)開始時点:これから始める活動の意義と進め方を説明する。
2)活動中:進め方や考え方など、定常的にメンバーにアドバイスしたり議論を実施。この際、事前の説明を参照しなが進めた。
3)終了時点:メンバーと全体の振り返りを行ない、得られた知見を整理。次に同種の活動実施の際に再利用することを考慮した。

■HCD基礎講座の講師:
申請者自身が開発した、HCD基礎講座の講師を半年間務めた。構成は以下で、対象は・UIデザイン部門(申請者はここの所属)とソフトウェア開発部門の2部門、計50名ほどである。
HCD基礎講座
1.インターフェースデザイン基礎
2.要求定義
3.シナリオ手法
4.ユーザーインターフェースの設計概要
5.ユーザーインターフェースの構造化
6.ユーザーインターフェースの視覚化
講座途中で、受講者が以前の内容を忘れかけていることに気づいた。よって各回の冒頭で初期に教えた内容を復習する時間を設けて以前の記憶を呼び覚ますように心掛けた。
495[主体的に企画・実施した、教育、訓練の対象、時期、期間、内容]
【B2】にて記載したとおり、当プロジェクトにおけるチーム構成は、事業責任者(担当役員)のもと、UXデザインチーム(7名)、開発チーム(12名)である。本プロジェクトの期間は8ヶ月間であった。

また、前述のとおり、UXデザインチーム、開発チームともに、それぞれHCDへの知識が異なり、またそれぞれのチーム内でもさらに跛行があった。
そこで、申請者は、UXデザインチーム、開発チーム内の各メンバーそれぞれにあわせ、OJTを中心とした教育プランを検討した。

とくに教育の中心としたのは、UXデザインチームの中堅メンバー2名であった。デプスインタビューやユーザビリティテストのモデレーターを、多めに分担し、またそのセッションについては、申請者からかならず、モデレーションの仕方のフィードバックを行った。

また、2名には、テストの企画や設計で、申請者のアシスタントとして、草案の作成や資料のまとめを分担し、ていねいに指導を重ねた。

開発チームへは、専門知識までは不要なものの、今後のチーム運営において、HCDへの理解を得ておく必要があった。そこで、前述のとおり、デプスインタビューやユーザビリティテストに同席をしてもらうことで、HCDへの不安を取り除き、基礎的な知識を得てもらうようにした。
577[共通]
・入門、基礎の2段階8プログラムのUXワークショップ研修(OJT)
実プロジェクトの中で、メンバーに対して適宜、座学研修、プロセス理解を実施しながら、UX/ユーザビリティのつくり込みを実践する研修。
(研修参加者:入門編180名、基礎編90名)

[UI設計部門]
・事例研究発表会による相互スキルアップ(1回/2ヶ月)
・HCDに関する手法技法の共有会(4回/年)

[事業部門]
・ファシリテート(延べ140名)
・ユーザーストーリーシナリオ共感度調査(1回)
237
87
(2)教育受講者からのフィードバック(受講者満足度や効果の度合い)を示してください。■OJTの効果:
この時のメンバーが、他のプロジェクトにおいて 「利用の状況の把握と明示」に関わっているが、今度はプロジェクトメンバーをリードする立場を担えている。

■HCD基礎講座について:
毎回、受講者にアンケートを実施し、理解状況や、実務で活用できそうか、などを確認した。結果は、どの項目も5点満点で、4.5以上の評価を毎回得ることができた。
実際のプロジェクトを進める中で、メンバーから「今やってるのは、HCD基礎講座で紹介された〇〇ですね。本当に役立つこと実感しました」などの発言が出るようになっている。
258結果として、2名について、プロジェクト後には、自身でHCDプロジェクトを主導できるようになった。また、2名は、次年度に、HCD-Net認定人間中心設計専門家の受験を目指すことになった。

開発メンバーからは、テストに同席後に感想を求めたところ、ほぼ全員が「ユーザーを直接に見ることで大きな衝撃を得た」「良い経験だった」と述べた。
165満足度アンケート結果(満点:5点)
・UXワークショップ研修(入門/基礎):4.5
・ファシリテート研修:3

参加者からのフィードバック(一部)
「他部門が実施している評価のやり方が参考になった」(UI設計部門)
「社外事例(とくに調査分析手法)の紹介も取り入れてほしい」(マーケティング部門)
148
88
(3)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。00教育、ワークショップ参加者の人脈が形成され、部門間の横連携が活発になった36
89
C4. 手法・方法論開発能力*人間中心設計に関する方法論や、手技法を開発できる能力のこと。

*人間中心設計の実践を支援する開発プロセスや開発方法論あるいは手技法を研究し、独自の整理・体系化や新たな開発・手法化を行った上で、組織内・外部への積極的な公表やドキュメント化など、成果を外部化することが期待される。

例:学会発表、企業発行の技報、社内標準化、社内で共用できる実施手引き書
(1)手法・方法論開発の目的と課題を明示してください。■目的:
本プロジェクトは、新しいカテゴリの業務用機器開発である。UIデザインリーダーである申請者は、新しいUIコンセプト作り、それをベースに実際のUIをデザインすることがミッションであった。このため、社内のみでUIデザイン・評価を行うだけではなく、適切なタイミングで、UI コンセプトが国内外のターゲットユーザーに受容されるかどうかを評価・検証することが必要であった。

■課題:
UIコンセプトに対する印象評価や受容度評価というのは、社内で前例がなかったので、新手法を開発する必要があった。
この受容性評価において、以下の要求に応える必要性があった。
・新しいUIコンセプトが、対抗機と比較して優位であることを、定量的に示すこと。
・日本だけでなく、海外主要マーケットの欧州(ドイツ)、米国で実施すること。
・国による、文化や慣習の影響を把握すること。
37800
90
(2)どのような手法・方法論を開発したか、その範囲/内容などを示し、十分な能力があることを示してください。当社における「印象評価」と「受容度評価」の開発。

「印象評価」
・定量評価
サンプルを比較して、感覚的に順番をつけたり、数値に当てはめて評価を行う。SD法と主成分分析の組合せで数値化できる。
・実施場所: 日本
・ 実施理由
新コンセプトの客観的なレベル判定のため、コンセプトのプロトタイプ(以下:コンセプト機)、対抗機2機種(以下:比較機A、比較機B)と比較して有意な差(差別化要因)があることを数値化して検証する。

「受容度評価」
・定性評価
ユーザーに課題をお願いし、頭に浮かんだことを話しながら操作を行ってもらう。得られたユーザー発言の中から、デザインコンセプトに関係した発言を抽出し、デザインコンセプトの受容度合を定性的に評価する。
・実施場所: 欧州(ドイツ)・米国・日本
・ 実施理由
文化や慣習による感性の違いはアンケートや数値では表わすことが難しい。そこで、ターゲットユーザーの頭に浮かんだ発話をもとに、感性的な側面の受容性を確認する。
43900
91
(3)申請者のアウトプット、又は成果/効果を示してください。■アウトプット:
印象評価実施マニュアルと受容度評価マニュアルの作成
今回用いた評価尺度や、評価中に得た知見を盛込み、評価実施マニュアルを作成、発行した。
海外で、受容度評価を実施した時の手引書を元に、受容度評価マニュアルを柵瀬、発行した。


■成果/効果:
本手法は、この開発において、ユーザビリティのよしあしを定量的・定性的に評価するための手法として、プロジェクトや上級管理者に認知された。その結果、その後の当社の新規開発プロセスの中で、必要なプロセス・手法として扱われている。
24200
92
(4)その他アピールできることがあれば、ご記入ください。また、本手法は2013年HCD-net研究会イベントでポスター発表した。HCDの実務手法研究の進歩発展に貢献できた。5800
93
L: テクニカルコミュニケーション能力
P1P2P3
94
L1: 文書作成能力*相手に適切に意図が伝わる文書、ドキュメントを作成できる能力のこと。

*適切なドキュメント構成、および、適切な文章表現を行うことが期待される。
(1)アウトプット、成果/効果などを含む自由記載■アウトプット:
被験者参加のユーザビリティ評価計画書(評価の目的、評価対象、実施タイミング、被験者人数とリクルート基準、環境、手法、チームメンバーのアサイン、タスクシナリオ、リスクとその回避方法を示したもの)

■成果 / 効果:
この計画書の精度の高さが評価され、当社のその後のプロジェクトにおいてもこの計画書をお手本(テンプレート)に評価計画が進められるようになった。
187事業責任者、UXデザインチーム、開発チームを集めた報告会では、レポートに加えて、ユーザビリティテストの録画をダイジェストでまとめた動画をつくり、最初に流しながら振り返りを行うことで、関係者が共感しやすいようにした。107入門研修、基礎研修、手技法の研修、UXデザインプロセス、テンプレート、UX原則、UI原則など全て申請者が制作した。
とくに外来語(カタカナ)は意味を体系化させ、自分たちの言葉におきかえて説明を加えるなどした。
104
95
L2: コミュニケーション能力*相手が納得・理解できるよう、活動成果や自身の考えをわかりやすく適切に伝えることのできる能力のこと。

*ゴール設定、参加ステークホルダーの決定と参集、ストーリーデザイン、資料作成(構成、レイアウト、テキスト、図版など)、実際のプレゼンテーション、質疑応対、フォローなどを適切に行うことが期待される。
(1)アウトプット、成果/効果などを含む自由記載■アウトプット:
社内ステークホルダー(プロジェクトリーダー、商品企画担当者、営業担当者、上級管理者)には、UIの知識のないものも多く、UIの妥当性をわかりやすく、かつ論理的・客観的に説明する必要があった。そのため、シナリオイメージ図、画像、ワーキングプロトタイプを用いて、重要なタイミングごとに説明を行った。

■成果 / 効果
社内でのUI担当部門の信頼性が増すとともに、UI担当部門が商品企画段階から参画する、UI担当部門から商品価値を発信する割合が多くなった。
当社役員に対してもたびたび説明する機会があったが、HCDの重要性、顧客理解の重要性について理解を得られ、プロジェクト活動をスムーズに行うことができた。
3100・経営会議には社外取締役や監査役など、HCDに関して事前の知識や情報のない方が多かったため、開発プロセスとプロセス毎の成果物(アウトプット)をセットで説明し、開発を体験しているようなプレゼンテーションを実施した。

・「ペルソナについて、ターゲットを1人に絞ってしまい危険ではないのか?」などよくある質問は具体的なたとえ話を用意しておいた。

・10分以内という持ち時間のため、手法技法の説明よりも得られる成果に特化した説明を行った。
217
96
L3: ファシリテーション能力*HCDに関するプロジェクトを実施する際に行われる様々な活動を、円滑に・容易にできるよう支援するとともに、メンバーの参加を促進したり、議論・検討の過程のかじ取りを行うことのできる能力のこと。

*会議やワークショップのような複数の人々による問題解決、アイデア創造、合意形成、教育・学習など、HCDに関する目的を達成するために実施する活動において、ファシリテーターとして適切なかじ取りを行うことが期待される。
(1)アウトプット、成果/効果などを含む自由記載ヒューリスティック評価の際、参加メンバーが個人でヒューリスティック評価を行った後、グループによる評価の重み付けをする際、ファシリテーターとして参加した。メンバーにはグラフィックデザイナーなどが参加しており、ヒューリスティック評価には慣れていないメンバーであった。そのため、わかりやすい問題点の事例を上げ、メンバーに意見を求めるなどして、発言しやすい雰囲気作りに勤めた。結果、本来の目的、利点に見合った、ヒューリスティック評価を実施することができた。224ペーパープロトタイプは、ユーザビリティテストのときだけでなく、打ち合わせの場に持ち込み、その場で議論し書き直すようにすることで、メールや口頭ではイメージの齟齬が置きやすい部分に対して、開発チームとの意識をすばやくあわせることができた。また、具体的ものを目の前で描きかえることで、漠然とした議論がへり、スムーズな合意形成ができるようにした。169全社での合意を得る前に、まず、HCDに関心を持っている事業部のプロジェクトリーダーを探し出し、そのプロジェクトの推進を積極的に支援し、成功事例の構築に注力した。

UX/ユーザビリティに懐疑的なメンバーへの説得には、成功事例の説明(ときにはデメリットも正直に説明)が功を奏した。
139
97
98
99
100
Loading...
Main menu