DIRECTORs' SCRAMBLE vol.2 お悩みリスト
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

 
View only
 
 
ABCDE
2
カテゴリ日々のディレクター業務の中にある悩みを教えてください。(例:「エンジニアとのコミュニケーションがうまく行かない。改善させたい」)ピクシブ高橋マッチングエージェント新居ヤフー善積
3
エンジニア目線エンジニアだけど、ディレクション目線をもっと学びたい
4
エンジニア目線ディレクター側からみてエンジニアにもっとやって欲しいこと等を知りたい
5
エンジニア目線エンジニアですが、ディレクターがエンジニアのできる範囲が分かっていない
6
エンジニア目線エンジニア職なので、ディレクターがエンジニアに対して期待していることや、困っていることを知りたい開発される方が一番そのサービスに触れているので、単に開発するだけでなく、ディレクターの気づけない改善・改良点を指摘してもらえるととても助かります。
また、特定条件のみで起こるエラーや開発の拡張性などについては、プロダクトを触っていても気づけない部分なので、開発時に気をかけてもらえるとありがたいです。
率直にコミュニケーションをとること。デスクワークの時間が大半を締めるので、今取り組んでいる案件に対してどういう思いでいるかなど、常にざっくばらんに話せるコンディションがいいなと。コードを書くこと・実装することが目的になっていないかは気になります。チームが実現したいことに対して技術的な発想でアイデアを提案してくれることに期待してます
7
エンジニア目線エンジニアですが、ディレクターやデザイナーとの咀嚼をうまく調整できない事がたまにある一人で解決できない気がします。イメージ通りか、一緒に摺り合わせながら仕上げていくのがいいのかなと思いました。
8
エンジニア目線エンジニアです。仕様決めやスケジュール調整など、ディレクターの人とのコミュニケーションをもっと円滑にできないかと思ってます。ディレクターの考え方を知ったり、他社事例を聞いてみたいです。
9
キャリア形成業務について、実際にやってみてのトライアンドエラーでしかなく、知識やノウハウの共有が難しい。ディレクターの仕事はスキルとよく言われますが、具体的な動き方は人それぞれという印象が高いので、ある程度のトライアンドエラーは仕方ないとは思います。
使用ツールなどをある程度社内で統一することで、エラーの部分を減らすことは可能かなと思うので、社内でのディレクションのフォーマットを作るのがよいかと。
10
キャリア形成キャリア形成をどうやっていけばいいのか
11
キャリア形成三年後に求められるスキルとは何か時代が変わっても、ユーザーをどう理解するか?というのが常に課題だと思います。
様々な手法が出てきているので、積極的に取り込んで行くことが大事です。
ミッションは変わらず、その時代とその一歩先で浸透している技術をいち早く理解し、開発推進に応用していくこと数年前までUXなんて言葉がなかったように、求められるスキルは常に変化するので、今必要だと思えるスキルを身につけられる力が大事
12
キャリア形成確認や承認まわりに時間がかかったり、社内調整業務が多い。ディレクターとしての専門スキルがなんなのか、成長できているのか不安が多い。社外でなんかやってみるとか
13
スキル数値の見方見続けることが大事だと思います。
14
スキル全てにおいて自分の力不足であること
15
スキルメンバーの持っているスキルを最大限引き出せているか不安月並みですが、定期的にヒアリングして確認するのがいいかなと。
16
スキル独自の提案ができない
17
スキル自社内にディレクターが少ないため、ディレクションの参考になる機会が少ない弊社も割とそうで、横軸組織をつくりました。それでディレクター同士で意図的に集まる場などを作りました。
18
スキル後輩の育成、コミュニティツールの定着、タスクの見える化、New JoinerのためのWiki充実方法
19
スキルタスク管理や業務進行の方法でナレッジがあれば知りたい
20
スキルデザイナーさんに120%のデザイン力を発揮してもらえるワイヤーの書き方。ベテランに対してはワイヤーを作らないってこともありました。ページ制作であれば目的だけ伝えるなどもありかも。
21
スキルディレクターが行う仕事と開発陣が行う仕事の線引きを他社はどうやっているのか気になっております。弊社は開発陣が仕様決めから数値検証までおこなっております。究極、良いプロダクトが出せるならどういう割り振りでも構わないと思います。
もしディレクター側の仕事が少ない・薄いと感じるのであれば、ディレクター側の力をどうプロダクトに活かせるかを考えて、それを追加でこなせばいい。
その時のチームメンバーのタイプによって線の引き方を変えます。どういう引き方をするか、ディレクター目線で言えば、健全にアウトプットをし続けるためにやるべきことをやる。チームとしてベストパフォーマンスを出せるのであれば、役割はエンジニアがやってもディレクターがやってもいいのでは
22
スキルディレクションの役割がはたせているのかよく不安になります。改善したいです。
23
スキル話が下手くそで困ってます。
24
スキルディレクターに求められるスキルが、会社によって様々で、体系的なナレッジとしてまとまっていないと考えています。
25
スキルUIUX観点でのスキル不足いろんなプロダクト触りましょう。国内も海外も
26
スキルバグとリリースの優先度の決め方ほとんどの場合、バグの修正。
ユーザーに全く影響がないなら、リリース後に直すパターンもなくはないです。
建前のためにリリース守るくらいならバグなおそう(誰のために作っているプロダクトなのか考えよう)
27
スキルディレクションが「ただのタスクの割り振り」になりがちなので、パフォーマンスを発揮するディレクションに改善したい
28
スケジュール調整・管理プロジェクト管理
29
スケジュール調整・管理タスクやスケジュール管理ツールか複数あってめんどくさくてウザい
30
スケジュール調整・管理エンジニアへの説得、スケジューリング
31
スケジュール調整・管理デザイナー、コーダーアサイン調整(毎日制作案件が大量かつ多方面からくる)
32
スケジュール調整・管理開発タスクのスケジュール管理が難しい。※見積もりスケジュールよりも遅れるケースが多い。3倍見積もりなど、エンジニア側の技術として正確な見積もりをするための手法が開発されているので、
そのあたりの書籍を読むのが一番早いと思います。
33
スケジュール調整・管理スケジュールのイレギュラーな案件が出てきたときにほかの案件とのスケジュール調整がうまくいかない。
34
スケジュール調整・管理スケジュールとタスクの分量の妥当性が見にくい。
35
スケジュール調整・管理デザイナーのスケジュール管理が難しい!
36
スケジュール調整・管理社内にディレクターが少ないので、みなさんがどのような仕事の進め方をされているのか知りたいです。うちはチームメンバーが少ないので、アジャイルに近い回し方が多いです。
最近スクラムの手法を取り入れつつあります。
開発をともにするメンバーが好む進め方など取り入れながらルール決めちゃってます。だいたいアジャイルに近い形か、カンバンかそれに近い形でこなしていく感じが多いかなと思います。スモールチームだとスクラム組んでアジャイルでまわしていたり、カンバンでタスク管理(ツールでディレクション減らす)、大きいチームはスモールチームに分解するけど、全体を俯瞰してどれくらいの粒度を共有するかは難しいとこ(粒が小さいとまわらん)
37
スケジュール調整・管理エンジニアの引くスケジュールが、よく後ろ倒しになるスケジューリングする際に考慮できていない作業工数があるか、仕様変更が生じたか、原因はいろいろあるはずなのでリリース後に振り返りをしています。自分は。
38
スケジュール調整・管理上手く制作進行ができない。連携が取れない。どう動けばいいかわからない。
39
スケジュール調整・管理プロジェクトの遅延。リリース迄のタイムマネジメントが難しい。
40
スケジュール調整・管理一度スクラムを導入したものの、0→1フェーズでの早いサイクルに合わず辞めてしまいました。フェーズ毎で開発フローなど工夫しているところがあれば伺いたいです。
41
チームディレクタ、エンジニア、デザイナ3者のパワーバランス
42
チーム人間関係
43
チームチームの作り方に悩んでいます
44
チームチーム内のモチベーションの維持
45
チームチームに決定権のあるリーダーがいない~
46
チーム企画の結果数字が上がらなかったときにチームに何て言って報告すればいいのかわからない知見も得られなかった、ということはないと思うので、結果は素直に伝えたうえで、こういう得るものがあったから次はこうしよう、みたいに未来の話をするのがいいかな
47
チーム外コミュニケーション他社のディレクターと交流がない
48
チーム外コミュニケーションクライアントが気分でコロコロ言うことを変える時の、制御の仕方に困ってます。何を作りたいかではなく、何をなし得たいかを把握するのが一番だと思います。
49
チーム外コミュニケーション他部署(クリエイティブ職以外)との連携
50
チーム外コミュニケーションクライアントの望むものがよく理解できていない。
51
チーム外コミュニケーション関係部署との文言すり合わせ、反映していくうちに日本語がおかしくなり校正が終わらない
52
チーム外コミュニケーション提案しても顧客が乗り気にならない!つらぽよ!
53
チーム外コミュニケーション上からの命令や同僚との話し合いによって、既に制作部に渡してある仕様が度々変更になる。デザイナーやエンジニアに申し訳ない
54
チーム内コミュニケーション円滑なコミュニケーションをどう行うか
55
チーム内コミュニケーションエンジニア間のコミュニケーションに悩んでいる
56
チーム内コミュニケーションビジョンの共有
57
チーム内コミュニケーション合意形成が難しい
58
チーム内コミュニケーションデザイナーとのコミュニケーション
59
チーム内コミュニケーションエンジニアとのコミュニケーションがうまく行かない。
60
チーム内コミュニケーションコードがかけないディレクターがエンジニアとうまくコミュニケーションをとる方法を知りたいエンジニア側への理解があるほうが、やはり円滑にコミュニケーションはできるかなと。
弊社だと、チーム内のエンジニアがディレクターに開発を教えてあげる、エンジニアトレーニングという文化があります。
コードがかけなくてもどのような技術を採用しているのか、基本的な概念などはインプットしたほうが良いかなと思います。あとは技術領域の理解が甘いことを正直に伝えて、学ぶ姿勢もセットで伝えると互いに歩み寄れる気がする。むしろコードのことを気にしなくていいのでは(コードのことまで考えると現実的になりすぎちゃうので)
61
チーム内コミュニケーション制作側とコミュニケーションがうまくいかない場合がある
62
チーム内コミュニケーションエンジニアとのコミュニケーションがうまくいかない
63
チーム内コミュニケーションデザイナーとの意思疎通がうまくいかない。目指す方向が揃わない。
64
チーム内コミュニケーションディレクターとのコミュニケーションがうまく行かない。改善させたい
65
チーム内コミュニケーションホウレンソウが上手くいかない・・・
66
チーム内コミュニケーションまさに、エンジニアとのコミュニケーションを改善させたい
67
チーム内コミュニケーション寡黙な方へのヒアリング方法を教えて欲しいです。持ち物とか、食べ物とか、ちょっとした話題を積み重ねて、いつでも会話できる状況を作っておく
68
チーム内コミュニケーション古い開発フロー(仕様書などを書かない、テストコードを書かない)が普通と考えている上司に必要性をどう理解してもらうか小さいプロダクトで導入してみて、実際に円滑・効率的に進んだ事例を作っていくのがいいかと思います。
69
チーム内コミュニケーションエンジニア、デザイナーとのコミュニケーションとそれぞれの熱量
70
チーム内コミュニケーションなんて噛み砕いて説明すればいいのかわからない
71
チーム内コミュニケーションエンジニアとのコミュニケーションがうまくいかない。
72
チーム内コミュニケーション熱く盛り上がりたいディレクターに対して、エンジニアは落ち着きがあり会話やMTGを毛嫌いするため、テンションの差がある。エンジニアがやりやすいようにテンションを合わせているが、ディレクターとして物足りない思いがあり、エンジニアに合わせるべきか相手のテンションを変えるべきか悩んでいます。テンション合わせる必要はないけど、喜びどころは合わせておいたらいんじゃないでしょか
73
チーム内コミュニケーションエンジニアとのコミュニケーションがうまく行かない。改善させたい
74
チーム内コミュニケーションエンジニアとのコミュニケーションがうまく行かない。改善させたい
75
チーム内コミュニケーション複数人いるデザイナー同士がぶつかることがあり、その後のケアに時間が割かれることがあるチームのメンバー同士がなぜぶつかるかを把握して、根本を解決するのがいいかなと。
76
チーム内コミュニケーションUI/UXデザイナーとしてもっとディレクション能力をつけていきたいと考えています。営業やマーケなど、ロールの異なるメンバーとどのようなコミュニケーションをとっていけばプロジェクトを進めやすいのかというのが最近の課題です。
77
チーム内コミュニケーション外注依頼先との円滑なコミュニケーションをとる方法を知りたい
78
チーム内コミュニケーションコミュニケーションがうまくいかない
79
チーム内コミュニケーションチーム全体のコミュニケーションがうまくいかず、手戻りが多い振り返りなどで、手戻りの発生する場所を特定して、開発フローを改善するのがいいと思います。
80
チーム内コミュニケーションサービス開発経験のほとんど無い経営陣とのコミュニケーション。経営レイヤーと現場では視点が違うので、いかに現場側の問題を経営レイヤーの視点で知りたい情報に転化するかだと思います。
81
チーム内コミュニケーション職種間での認識のズレの改善
82
チーム内コミュニケーションデザイナーが制作の狙いより個人のセンスを優先させようとする。修正指示を否定と捉えてヘソを曲げるので言い方に苦労します…。
83
チーム内コミュニケーションデザイナーとの立ち位置・関係性
84
ディレクターの成長社内でスキルを学ぶ場が少ない
85
ディレクターの成長ディレクターではないが、ディレクションを行いなんがらディレクションレベルをステップアップ(段階的にレベルアップ)させていく方法や、学び方
86
ディレクターの成長UIの設計やデザインのディレクションセンスを向上させたい
87
ディレクターの成長今後ディレクターとして成長していく上で得るべき経験や知識について。善積さんと被りますが、様々な案件を回す経験が一番だと思うので、それを任され続けるように、アウトプットをちゃんとつくっていくことでしょうか。技術情報含めたトレンドまわりの基本的なインプットを行ったほうがいいかなと思います。ディレクターとしてはとにかく自分が携わる開発案件のアウトプットを積み上げていく。その度に次回何をすべきか必ず振り返る挑戦することと失敗すること(なんの仕事にもいえるけど)。どんな仕事かにもよるけど、デバイスの外側を考えること
88
ディレクターの成長ディレクションとは何かという本質を理解出来ていない
89
ディレクターの成長常に新しいトレンドをキャッチしたいが、なかなか時間が取れないトレンドをキャッチしている人と仲良くするツール使ってインプット上手な人がいると思うのですが、そういう人に聞いてみるといいと思います。自分もインプットどうしてる?をテーマにランチしたりしました。習慣にすること
90
プログラミングの知識不足エンジニア経験がない人間がどのように企画立案すべきか?
91
プログラミングの知識不足コードが分からない(書けない、読めない)
92
プログラミングの知識不足エンジニアのモチベーションを上げたいです
93
プロジェクト進行場当たり的なマーケティング系の業務が多いため、マーケティング系のチームだとスクラムがあまり上手くいっていない
94
プロジェクト進行UIリニューアルのような既存プロダクトに対する大規模なプロジェクトをどうマネジメントすればいいか悩んでます。
95
プロジェクト進行PDCAがうまく回っていない、組織としてのscrum在り方
96
プロジェクト進行プロダクトの成功の打率をあげたい打席数増やそ
97
プロジェクト進行新規事業と既存プロダクト推進への時間配分
98
プロジェクト進行プロジェクトマネジメント業務のチグハグをなくしたい。
99
マルチタスク問題案件が多く、効率的にディレクションしたい。質の高いアウトプットをしたい。エンジニアともデザイナともクライアントとも、プロジェクトに関わる人全員が幸せになるようなアウトプットをしたい。
100
マルチタスク問題日々の運用と、中長期的な戦略を並行して進めるバランスが悩ましいです
101
マルチタスク問題自分が何でも屋で「これがスキルだ!」とわかりやすいものがつくれていないこと。これは難しい問題・・もし可能なら、チーム内でどういうところで自分の力が生きているかを聞いてみて、得意分野を伸ばしていくのはどうでしょう?コードが書ける、UI UXが設計できる、みたいなスキルはディレクターの付加価値になると思いますが、この人がディレクションすれば安心して開発任せられる、みたいな事例そのものが価値なのかなと思っています。ちょっとスキルとは違ってきますが・・・つくるものじゃなくて結果できるものなのかなーと。背伸びしてもギリ届かないようなところをいろいろ探してみては
Loading...
 
 
 
シート1
 
 
Main menu