岡田利規についての評論を執筆せよ
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

 
View only
 
 
ABCDE
1
学籍番号ペンネームURL提出下読み委員からのコメント
2
02170001ytommyhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/ytommy/
3
02170002みなみしまhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/9090mm/キュビズムとコンバイン・ペインティングの差異をつくのは良いと思った。しかし相変わらず、美術の話になると不用意に専門的な語彙や固有名を出してしまう。特に「アッサンブラージュやキュビズムにおけるパピエコレ」とかがある段落のカタカナの多さは顕著で、単に読みづらいだけではなく、読後に印象に残るのが岡田利規演劇よりも美術の話になってしまう。実際、本来ならメインに据えるべき『現在地』の話の尺が、キュビズムとコンバイン・ペインティングの、それぞれ三分の一程度に留まってしまっている。自分が何について論じているのかを見失わないようにし、分量(実際の文字数だけでなく、読むのに掛かるコストも含む)をコントロールしたい。一旦美術を封印してみてもいいかも。あと全体的な展開としては、岡田利規の自身の名付けが正しく、そして観客の命名は間違っている、という図式なのが気になる。岡田の自称に反してなぜ「キュビズム的」という受容がされるかにまで話を持っていきたかったか。
4
02170003ユミソンhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/yumisong/「意識と役とのズレ」や「言葉と分解」という基本的な着想自体はとても興味を引くものになっている。その先を期待させるフックはあるのだが、展開がない。またそこで主張されている内容自体は良識的であり、穏当なものにとどまっている。「人間は、統合を目指して分裂の最中にいる。」というおっと思わせる文章もあるのだが、やはり着想が横滑りしていく文体は議論を深めていく方向には機能していない。また批評として人に読まれることを想定するならば、必要最低限の作品紹介はいれたい。
5
02170004北出 栞http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kitade/本人も批評文として書いたわけではないと表明している通り、エッセイのような筆致で書かれているものの、自身の違和感に誠実に向き合っており好印象。「一般的で凡庸な結論」も、演劇初見者の立場があったからこそ辿り着いたものであり、そのプロセスは「一般的で凡庸」ではないものに十分見えた。終盤、改めて『部屋に流れる時間の旅』を思い返しながら抱く「発話のスピードに対して、身体だけはもっと引き伸ばされた時間を生きている」状態や「謎のオブジェ」の「空間に新たな秩序をもたらす機能」といった解釈をベースに、さらに議論を展開させても面白かったのではないだろうか。
6
02170005イトウモhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/gonzomi/「1」が全体をとおして見ると冗長、もしくは不要ではないのか(単体ではおもしろいのだけれど)。議論の中心にある事件と性愛の結びつきを導入で強く定義できていないので(4ブロック目での示唆にとどまっている)、読者に負担を強いる構成になっている。おそらく、このせいで「2」では事件・性愛・胎児という議論の渋滞を招いている。論者のなかでは有機的に連なっているはずなので、構成を再考する余地がある。課題に強く応答する「2」の後半部を立脚点にできれば印象は変わったはず。議論の散逸を防ぐべく、筋を明確化したかったか。
7
02170006川井周分http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/santsui/
8
02170007灰街令http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/akakyakaki/
9
02170008☆大山結子☆http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/ohyama/
10
02170009寺門 信http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/jimonshin/嘔吐と糞便というモチーフにバタイユを召喚したのはやや凡庸かもしれないが、これらを発掘した着眼点は良かった。議論の流れもクリアだし、全体的に上手くまとまっている(「存在の連続性/不連続性」の解釈には少し首を傾げたが)。しかし結論部「存在の連続性」という問題を浮かび上がらせる重要なモチーフを扱っているから再演の意義があるというだけではなく、冒頭の問いへの応答とするならば、そのことが二〇一七年においてもどのように「アクチュアリティ」を持ち得るのかも示す必要があったのではないだろうか。
11
02170010runner2718http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/runner2718/
12
02170011mikipediahttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/mikipedia/
13
02170012山下望http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/yamemashita/
14
02170013脇田 敦http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/hanoisan/
15
02170014じょいともhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/joytomo/至って真面目に書いたというので真面目に応答するが、批評はそれ自体がある対象についてのメタな言説なので、それについての説明をさらに外側からすることはできない。ゆえに批評文の中でその意図を完結させる必要があり、一連の「冒険」にはそれが出来ていない。無論「不自由でつまらない」批評に風穴を開けるためにやっているのだろうが、だとしたら端的に悪手で、批評として読まれるフォーマットを備えていないと、単に異物として視野から排除されて終わってしまう。「内容より構造が重要」というのはそのとおりで、これが批評として読まれうる「構造」を作らないと、それが批判的に機能することもない。そしてその構造は文章内で構築するしかない。そのことから逃げないでほしい。
16
02170015伏見 瞬http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/shunnnn00/まず、本論の方は非常にオーソドックスな『現在地』論になっていると思った。上手く纏まっているがゆえにややこじんまりした印象もあるが、瑕疵も少ない。で、問題は「補論」の方だが、こちらは問題提起は面白いが流石にラフスケッチに留まっている。これが存在することで本論の物足りなさが解消されている反面、だったら初めから本論に組み込んでおけよとも思ってしまう。あるとないでどちらが良かったかの判断は難しいが、補論が付くことで全体が未完成に見えてしまうことは確か。事実、不眠の議論に幽霊の存在を接続することも可能だった(眠っている時見る幽霊は悪夢にすぎない以上、幽霊と不眠の親和性は高い)はずで、そのためには時間か努力が不足していたんだなと思えてしまう。というわけでトータルでは、本論に組み込むか、それができないなら潔く切り捨てるかに割り切った方が良かったかも。
17
02170016高尾http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/hush/時間切れだろうか、「なりふり構わず」の行方が示されないまま、岡田の「未来演劇口語」の姿は各作品の断片的な印象を集めただけの曖昧なものとしてしか示されないため、欲求不満で終わってしまった。まずはそのネーミングも含めて、時間をかけて準備したいところ。しかしその断片的な印象の中に挿入されている『スーパープレミアムソフトWバニラリッチ』と「ファミリーマートのフェニックス計画」の奇妙な呼応はとても面白い。というか、面白く引き伸ばせる可能性がある。偶然降って来た見立てを拡大解釈して批評文の核を仮構してしまうのも個人的にはアリだと思う。細かい点だが冒頭のトランプ大統領訪日のくだりは言葉足らずで、岡田の言う「なりふり構わなさ」とは「コンテクスト」が異なるのでは?と気になった。
18
02170017小川和輝http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kazukigenron/基本的な筋としては悪くないし、「ゴミ箱」の不在への着目も面白いと思ったが、全体にくどく、長い。とくに前半部の「コンビニ」と日本を類比的に捉える箇所が長いせいで、作品それ自体ではなく、それを取り巻く環境についての言説になってしまっている。言い換えれば岡田利規論ではなく日本社会論になり、その結果『バニラリッチ』になぜゴミ箱がないか問題も作品ではなく作家性に回収されてしまっている。実際作品については、設定と舞台装置以外の話以外をしていないので、もう少し分析に比重を置きたい。文章全体を「なぜ『バニラリッチ』にはゴミ箱がないのか」という問題提起から始めればだいぶ印象が変わったはず。
19
02170018渋革まろんhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/shibukawa0213/長い。しかし以前のように脱線に伴う長さではなく、純粋に議論に必要な長さだ(通読に集中力を要する長さでもあるが)。「公共圏」の要否と「上演」の要否を重ねるパラフレーズは問題設定として分かり易いし、『三月』の「多人称」と『現在地』の「多時制」的という解釈もクリア、各時制での「天使/幽霊/人間」への/からの「まなざし」の分類にもJ=ジャンクの解釈とベンヤミンの引用が効いているし、「役割語」や「考現学」といったスパイスの挿入も単に特殊効果を狙ったものではなくロジック構築に寄与しているため破綻がない。ひとつひとつの議論を丁寧に追うのは骨が折れるが(プレゼンの様に図表やマトリックスが欲しくなる)、今回はロジックの通りが貫徹されているためある種パズルゲームの解法を目撃するような快楽を覚えた。しかしこの評価には、本稿筆者のこれまでの議論の蓄積により問題意識を共有しえているという、下読み委員特有の事情も影響していると思われ、筆者の論考初見の読者と問題意識をいかに共有しえるかという課題に対しての検討は必要かもしれない。
20
02170019谷 美里http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/misatotani/いい文章だと思った。終始岡田利規の話をしていて予想外の飛躍などはないものの、佐々木敦の岡田利規論にただ乗っかるのではなく、そこから議論をさらに進めようという意志があるのがいい。『現在地』から『地面と床』への発展図式も無理のないものになっている。ただ『現在地』で分析した構図を流用しているとはいえ、『地面と床』パートの方が一〇〇〇字も短いというのはどうだろう。結果として、おそらく筆者の中で重要であるはずの「死者と生者の繋がり」というテーマが、付け足しのように見えてしまう。言い換えれば、論理的には発展図式をとりながらも、分量的には「やっぱり岡田利規といえば『現在地』だよね」という感じになっているので、両者のバランス配分はもっと繊細にやるべき。あと細かい点では、演者が観客として上演を見ているから『現在地』全体が劇中劇だ、というのはそれほど自明ではないので、もっと丁寧に論を運んでも良かったか。
21
02170020hideyukiwadahttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/hideyukiwada42hk/『三月の5日間』全体を「『惰性で食べる締まりのない容姿』の女の子」の妄想だとする読みは面白かった。しかし冒頭で大江の「語りの主体が多様である」という分析に異論を唱えているが、読み進めると結局は妄想が「多様な語りの主体」を利用して豊かに描かれており、だからこそこの小説は評価できるのだという結論に読めるため、冒頭の問いは何だったのかということになってしまわないか。時間が足りなかったのかもしれないが、やはり結論部には余りに率直すぎる書き方も含めて疑問が残る。冒頭に立てた問いで「壁に仕切られながら体を縮こめている表象」を提出しているのだから、妄想力がこれをどのような「表象」に変奏/変装しうるのかを視覚的なイメージで提示する手もあったかも。
22
02170021kimiterasuhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kimiterasu/
23
02170022谷頭 和希http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/improtanigashira/トリッキーな構成は先を読ませるという点では奏功しているが、その内実は岡田利規に対する評論ではなく、都市論をベースとした議論に岡田作品をあてはめただけにとどまってしまっている。岡田作品に連関し、批評的契機に開かれているのは「幽霊」の議論だったと思われるので、そこを中心にすえるべきだったか。
24
02170023高橋 秀明http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/hide6069/
25
02170024月田http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/xxxx/
26
02170025斎藤英http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/tsaito222/
27
02170026吉原 啓介http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/448ra/導入により魅力的な屋上屋を架したい。導入から中盤まで、論理的な起伏がなくスルッと進んでしまう部分があるので、可能であればより演出やハッタリの効いた展開が望ましい。結論部の主張は非常に一般論に近しいものになってしまっている点も残念。裏切りがどこかにほしい。「一瞬に奪い去っていった歴史の空白を埋める上蓋となるコンクリートは、団地でもショッピングモールでもなくうら寂しい防潮堤である。」というセンテンスは読後も印象に残った。
28
02170027pinchonhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/pin5chon7/
29
02170028遠野よあけhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/yoake/
30
02170029太田 充胤http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/lemdi04/前半と後半での議論の距離がやや遠い。そのために決部での「思い出す」「忘れる」の(鮮やかななはずの)反転があまり活きてこないところがもったいない。また、妻の死をめぐる直接死と震災関連死の議論には読者に恣意性を感じさせてしまうかもしれない。文章自体はこれまで同様に端正であるし、突如あらわれる祖母の話は突然ギアが変わったかのような印象で個人的にはとても好き。それゆえに議論同士の密接さがないのがおしい。
31
02170030町田 佳路http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/upskch/
32
02170031シルス湖http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/iiii/
33
02170032chiakihttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/chiaki/
34
02170033ペンネムRamunehttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/rondellio22/毎回と言えば毎回なのだが、今回は特に文章が自分の感想と一般論の二極に分断されてしまっている。そして一般論とは「私が思う世の中のスタンダード」にすぎないので、結局のところ、全てが自分の脳内の情報とイメージだけで成立してしまっている。それは「脳内の質疑応答こそは私の妄想で」という箇所に顕著。実作者のイメージを語るならインタビューの類を当たって、検証可能なソースを持って来たいし、「演劇とは」的なことを語るなら既存の演劇論を参照したい。そうすれば「シュルナチュラリズム」のような独自の用語が際立つはず。「だろう」とか「言えよう」とか「思える」とか想像で話をするのではなく、他人にもアクセスできる情報をもとに話を進めたい。
35
02170034谷川果菜絵http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kanaetnik/
36
02170035ぽぽんたhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/poponta/
37
02170036kenmitsudahttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kenmitsuda/
38
02170037Bambinohttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/7977msms/
Loading...
 
 
 
シート1
 
 
Main menu