SphinxCon JP 2015 Call for Proposal
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

 
View only
 
 
Still loading...
ABDEFGHJKLMNOPQRSTUVWXY
1
タイムスタンプ講演者名 / Speaker Name略歴 / Short biography
プロフィール画像URL / URL for profile photo
講演タイトル / Session title講演内容 / Abstractキーワード / Keywords
2
2015/10/27 13:53:51清水川貴之
* Sphinxメンテナ
* Sphinx-users.jp 運営
https://www.dropbox.com/s/txo88w6l18vgygb/face-20140914-pyconjp4.jpg?dl=0
各地のSphinx事情を聞きに6カ国7イベントに行ってきました報告 & Sphinx2.0構想
各地のSphinx事情を聞きに6カ国7イベントに行ってきました。その報告と、各地ではSphinxやドキュメンテーションに対してどう考え、どう運用しているのか、など、体験を共有したいと思います。

また、EuroPythonではGeorgと一緒に ”Sphinx2.0構想" について相談してきました。これについても共有したいと思います。
世界のSphinx事情
3
2015/10/27 14:31:29r_rudi
ツキノワ株式会社 CTO
「Sphinxをはじめよう」執筆者の一人
https://pbs.twimg.com/profile_images/378800000116664862/3a76fdf82d987f716fa888e576ab4314.png
Sphinxで雑誌や本を書こうSphinxを使って雑誌記事に寄稿したり、Amazonで本を販売した経験をお話します。事例紹介
4
2015/10/28 14:36:53tk0miya
(株)タイムインターメディア所属。
むかし blockdiag というツールを作っていたらしい。
たまに Sphinx を直したり、拡張を作ったりしている。
https://pbs.twimg.com/profile_images/378800000114824226/e4b97e47f9faf74078cc204083297fd4.jpeg
APIドキュメントの話みなさん、API ドキュメントをどのように書いていますか?
あるプロジェクトでの経験を元に、最近のトレンドについてご紹介します。
apidoc, automation, API
5
2015/10/29 15:08:57usaturnX-LISTING Co., Ltd.
https://pbs.twimg.com/profile_images/1365715199/md_bigger.png
Sphinxで手軽に作るドキュメント「これ、メンバに共有しないとなあ」「この手順、もう一度やろうとしたら絶対忘れているよなあ」
というシーンは日常業務の中でよくある事だと思います。

そして、ドキュメントを作成すればいい事はわかっていますが面倒だし時間かかるしと感じて手が付かないまま過ぎてしまう事も多いのではないでしょうか?

ドキュメントを作成するのは手間がかかり「面倒」である、という事はその通りですが、自分の知っている作成方法が大変だったり、作成方法自体がもんやりとよくわかっていない事が心理的障壁となり「面倒」だと感じてしまう部分があるのだと思います。

当発表ではSphinxを使い手軽にドキュメント作成を始める手順を実例を交えながらご紹介します。
事例紹介
6
2015/10/29 21:15:53@momijiameとある ISP
https://pbs.twimg.com/profile_images/3378972734/8ba3ecdc93ec9f8bb3b560e94656640e.png
Sphinx で電子書籍を書こうと色々やってみた
自分で電子書籍を書いてみたいと考えたとき、ツールとして最初に思いついたのが Sphinx でした。ですが、その時点では Sphinx をまったく使ったことがなかったのです。そんな Sphinx 素人が試行錯誤の末になんとなくそれっぽいものを書けるようになるまでについてをお話します。事例紹介
7
2015/10/30 23:06:20takuan_osho
趣味プログラマ。
Sphinx + 翻訳 Hack-a-thonの「翻訳」という部分に惹かれて参加したのをきっかけにOSSやコミュニティ活動に関わるようになる。
https://pbs.twimg.com/profile_images/426372718213095425/TFtBxvxa.jpeg
Sphinxで社内勉強会(Git)の資料を作ってみた
CUIを使った経験もそれほどない同僚を相手にGitの社内勉強会をするにあたり、Sphinxを使って勉強会の資料を作った時の話をします。
勉強会の内容を理解してもらえるように、どんな点に気をつけて資料を作成したか、その工夫点を話すことが出来ればと思っています。
事例紹介
8
2015/11/05 21:46:28洪 民憙 / Hong Minhee
Work at Spoqa (http://www.spoqa.jp/). A F/OSS enthusiast. The author of several Python packages like Wand, libsass, sphinxcontrib-httpdomain, and sphinxcontrib-autoprogram. Sphinx user since 2010.

See also my website: http://hongmihee.org/
http://i.imgur.com/XEjIu2V.jpg
All docs lead to SphinxAs project being larger, more than one docs for the project used to be necessary for different audiences: internal design docs, internal Python API reference, external HTTP API reference, glossary…

I’ve tried to write all docs for the project only using Sphinx. As a result, I even made two sphinxcontrib extensions. In the talk I’m going to share my experience about that, and introduce sphinxcontrib-httpdomain and sphinxcontrib-autoprogram I made.
httpdomain, autoprogram, sphinx extension
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
Loading...
 
 
 
フォームの回答 1