回帰分析
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

 
View only
 
 
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
1
統計解析入門P56
2
営業所売り上げ営業担当者数
3
A31
4
B32
←直線回帰式はグラフの「トレンドライン」の機能を利用すると得られる
5
C43
この式は自分で求めることも出来るが機能を利用するとクリックひとつで得られるので活用すると良い
6
D54
7
E55
8
9
y=ax+bとして
10
a=0.6←SLOPE関数
11
b=2.2←INTERCEPT関数
12
13
14
15
16
統計関連の本では省かれている事が多いが基本的な数学的仕組みは「最小二乗法」と呼ばれる計算手法を利用している。以下のURLが詳しい。
17
http://qiita.com/Ushio/items/0411b0db1ed36d398bbf
18
19
xy
20
4-17
21
15-4
22
30-7
二乗することによってかならず絶対値という距離になる性質
23
5025
二乗することによって、その導関数のゼロの方程式を解くと山、谷が得られる性質
24
偏微分を利用すると複数の変数を含んだ式が微分できて、それらの複数の導関数を連立方程式として解くと未知数の値を得る事ができる
25
コードの設定値
連立方程式を解く際に行列を利用するとシグマごと変数を扱える(このシグマは分解できないと考えた方が良い?)
26
float a = 0.8f;
a=0.828
行列において逆関数を利用することにより連立方程式を解くことができる(PC向きの計算になる)
27
float b = -21.0f;
b=-21.249
28
29
↓トレンドライン↓誤差の距離(残差平方)
30
truthValuemaybeerror
31
-17-17.9370.877969
32
-4-8.82923.319241
33
-73.591112.169281
34
2520.15123.512801
35
159.879292←残差平方和
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
Loading...
 
 
 
シート1