research_50startups(company name & logo)
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

 
View only
 
 
ABCDEFGH
1
No.社名HP社名の由来ロゴの由来参照元
2
1メルカリhttps://about.mercari.com/『マーケット』という言葉の起源であり、ラテン語で「商いする(mercari)」という意味です。

「個人間で、あんしん・あんぜんに取引を行えるマーケットにしていきたい」という思いを込めています。
今回リニューアルした新しいロゴマークでは、「出品した商品が売れた」「欲しいものを購入できた」等の売り買いの「楽しさ」、たくさんの商品の中から掘り出し物を見つける「わくわく感」を旧デザインから引き継ぎつつも、どんな人にも身近に感じていただける「フラットさ」、信頼できるマーケットプレイスとしての「公平さ」を基にリデザインを行いました。また、「mercari」のロゴタイプも、ロゴマークにあわせて変更しました。https://www.mercari.com/jp/help_center/getting_started/mercari_origin/
https://about.mercari.com/press/news/article/20181031_logo_renewal/
3
2SmartNewshttp://about.smartnews.com/ja/スマートフォン・タブレット向けニュース閲覧アプリ「SmartNews(スマートニュース)」を提供する株式会社ゴクロ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:浜本階生)は、2013年10月1日付けで「スマートニュース株式会社」に社名変更いたしましたので、お知らせいたします。

当社が開発・提供するSmartNewsは、「閲覧しやすい快適なインターフェイス」と、世の中の話題や興味・関心事のリアルタイム分析に基づくユニークな「ニュース選定・配信」を実現したニュース閲覧アプリです。その使いやすさ、独自のコンテンツ選定技術により、2012年12月のリリース以来、順調に利用者数を伸ばしてきました。

今回、当社のブランドであり製品名でもある「スマートニュース」を新たに社名に掲げることで、より一層SmartNewsの進化と拡張に注力していきます。
-http://about.smartnews.com/ja/2013/10/01/gocro-company-name-changes-to-smartnews/
4
3ラクスルhttps://corp.raksul.com/ラクスル株式会社の社名の由来は「ラクにスル」で、誰もが、簡単に、低価格で印刷発注ができる仕組みで「楽に刷る」と中小企業の商売を「楽にする」という同社のビジネスモデルを端的に表現したもの。シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4成分によって色を表す「CMYK」で塗られた円の中にラクスルのイニシャル、Rの文字が、1445年に、グーテンベルグが発明した活版印刷機で、最初に印刷された聖書に用いられた「B42」フォントでデザインされている。

グーテンベルグが活版印刷を発明して、世界をよりよくしたように、500年の時を越え、印刷の世界でイノベーションを起こし、新しい仕組みを作る事で、誰でも簡単に「楽に、刷る」ことのできる世の中を作りたいという、同社のヴィジョンを表現している。
https://www.brand-yurai.net/detail/%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AB.html
5
4ウェルスナビ
https://www.wealthnavi.com/company
「ウェルスナビ(WealthNavi)」の由来は、富や財産、豊かさ等を意味する「Wealth」と操縦士や案内人を意味する「Navigator」を組み合わせた造語で、全ての人々の「豊かさ(Wealth)」の「案内人(Navigator)」になりたいという同社の想いが込められている。シンプルかつ堂々とした「W」には「顧客への誠実さや正直さ」「顧客とともに未来を目指す」というメッセージが込められており、 より安心して利用して貰えるサービスを目指すべく、顧客の資産をしっかり受け取める器(うつわ)をイメージしたデザインを採用している。

ロゴタイプ(書体)には太く力強いフォントを採用し、「揺るぎない安心感」を表現している。
https://www.brand-yurai.net/detail/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%93%EF%BC%88WealthNavi%EF%BC%89.html
6
5BiIZREACHhttps://www.bizreach.co.jp/名前の由来を聞いてみると、それは南君本人が作った造語
で、「ビジネス」と「リーチ」という二つの単語を結びつけた
ということでした。特に「リーチ」という言葉を使うことで自
分自身で手を伸ばしてチャンスを掴んでゆくという「主体性
」を表現したいと思ったとのことでした。
名前のコンセプト自体はとてもシンプルなものでしたが、そ
こには、他の「転職サイト」の名前とは違う、オリジナリティ
ーとパーソナリティーがあるように感じました。また、サウン
ド的にも濁音が二つ入っていてとても力強い印象に残る名
前だと思いました。つまり、ビズリーチの存在感は「ビズリー
チ」というサウンドそのものにあるのではないかと直感的に
理解しました。
BizReach Identity Design Case Study static1.1.sqspcdn.com/static/f/115036/3176024/1243188715413/BizReach.pdf?...BizReach Identity Design Case Study static1.1.sqspcdn.com/static/f/115036/3176024/1243188715413/BizReach.pdf?...
7
6ココナラhttps://coconala.co.jp/ココナラという社名には「ここならできる」「ここなら聞ける」という、「ほかにはない」という思いを込めています。ココナラは、モノではなく知識や経験に基づいたスキルやサービスを売る側と、自分にはないスキルを買う側のマッチングサイトを運営していますが、「誰かのスキルが買えたら便利」というよりも、「自分の得意なことで誰かの役に立てたら素晴らしいな」という、売る側の思いから出発しています。-http://www.fxli.co.jp/case/13031.html
8
7グッドパッチhttps://goodpatch.com/?lng=jaこのキッチンは、土屋がサンフランシスコでインターンをしていた時に、btraxのCEOであるブランドンさんに連れて行ってもらったコワーキングスペース、Dogpatchlabsから大きな影響を受けています。(ちなみにGoodpatchという社名は、Dogpatchlabsの「Dog」を「Good」に変えたものなんです!)
当時サンフランシスコにあったDogpatchlabsには、20〜30社ほどのスタートアップが入っており、机に仕切りもなく、とてもオープンでカジュアル。それは、メンバーが積極的に議論をして沢山フィードバックをもらえる環境でした。Dogpatchlabsが輩出したスタートアップは数知れませんが、その代表が今をときめくInstagramです。
「ここにいたらクリエイティブな発想が出てきそう!」と感銘を受けた土屋は、こんな環境を日本でも作りたいと決心しました。
-https://www.wantedly.com/companies/goodpatch/post_articles/57032
9
8アペルザhttps://www.aperza.com/corp/https://www.aperza.com/corp/wp-content/uploads/2016/06/born_aperza_20160701.pdf-https://www.aperza.com/corp/wp-content/uploads/2016/06/born_aperza_20160701.pdf
10
9DMM.comhttps://dmm-corp.com/「DMM」という社名には元々意味がなく「Digital Media Mart」の略であるという由来解釈は後付けである-https://ja.wikipedia.org/wiki/DMM.com#%E6%A6%82%E8%A6%81
11
10ランサーズhttps://www.lancers.co.jp/フリーランスを支援するという思いを込めた社名です。フリーランス(フリーランサー)の語源はご存じでしょうか。もともと「ランス」は、「槍」という意味です。中世ヨーロッパでは、戦争が起こると傭兵が雇われました。傭兵は人数ではなく、槍の本数でカウントされました。そのため、傭兵は「フリーランサー」と呼ばれるようになったのです。それが近世以降は、組織に属さずに自由な立場で働く人を指すようになりました。弊社の全身鎧に身を包んだシンボルマークは、語源であるランサーを意味しています。弊社の全身鎧に身を包んだシンボルマークは、語源であるランサーを意味しています。https://www.shibuyabunka.com/keyperson/?id=110
12
11yapplihttps://yappli.co.jp/Yappliには、“Your Appli = あなたのアプリ”という意味が込められています。
ここでいう「あなた」は、アプリを活用してビジネスを成功させたい、世の中を便利にしたいと思っている人であり、そのようにして生まれたアプリによって豊かな生活を送れる人でもあります。
スマートフォンアプリの恩恵を世界中のすべての人に感じでもらいたい。
その想いを「Yappli」に込めています。
-https://yapp.li/blog/2017/03/31/%E3%80%90%E7%A4%BE%E5%90%8D%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B%E3%80%91/
13
12スマートキャンプhttps://smartcamp.asia/ー「スマートキャンプ」はどのように誕生したのですか?

古橋:実はもともと友人と会社を立ち上げる予定で、友人が「スマート」、私が「キャンプ」を持ち寄って「スマートキャンプ」が生まれました。

ー友人の方と起業する予定だったのですね!

古橋:そうなんですよ。ただ、2014年6月4日に創業したのですが、その当日に友人が来なくて(笑)結局一人で起業をすることになりました。

ー古橋さんが出した「キャンプ」にはどのような思いが込められているのですか?

古橋:キャンプっていろいろな人が集まってテントを張ったり、料理を作ったり、協力して1つの目標を果たしますよね。それと同じようにこの会社も、バッククグラウンドもキャリアも違うメンバーが1つになって同じ目標に向かって進んでいって欲しい、そんな思いを込めました。これが今のスマートキャンプの働き方にもつながっているんですよ。

ーたしかにキャンプは皆で作り上げるものですよね。社内にもそんな雰囲気があります!「スマート」にはどんな想いが込められているんですか?

古橋:バックグラウンドもキャリアも違うメンバーが1つになって同じ目標に向かって進んでいる。これをよりクリエイティブに効率良く最適化していきたいという思いを「スマート」には込めています。これまでにないやり方で、効率的で生産性の高い集団を作っていきたいですね。

ーこの2つの思いがつながって、今の「スマートキャンプ」ができあがったんですね!

古橋:そうですね!その思いのとおり、一緒に働いているメンバーのバックグラウンドはさまざまです。外資系金融機関、大手ゲーム会社、有名証券会社とか...。みんなそれぞれ異なる経験を積みかさねてきたメンバーなので、プロダクトの改善ひとつとってもいろいろな意見が出てきて面白いですよ。これからも目標に向かって常に刺激しあえる組織でいつづけたいですね。
スマートキャンプは 2017 年から「Small Company, Big Business.」という
ビジョンに変更し、それにともないロゴも変更しました。
新しいロゴは、「スマートさ」や「キャンプ感」を感じてもらいやすい落ち着いた緑。
ロゴタイプの A の文字にもテントデザインをあしらっています。
https://boxil.jp/corp/tent/mag/a116/
スマートキャンプ株式会社 ロゴガイドライン
https://smartcamp.asia/logo_guideline_download/
14
13freeehttps://corp.freee.co.jp/-速水:ちなみに、会社のロゴのツバメのマークはどういった意味合いがあるんですか。

佐々木:世界でいちばん速い鳥ってハヤブサとツバメらしいんですが、ハヤブサは落ちるときに速い。ツバメは羽ばたいて飛ぶときに速い。落ちるときに速いというのはちょっと縁起が悪いので、ツバメにしました(笑)。このfreeeを使うと経理の仕事がすごく速くできるというのがひとつと。もうひとつは経理とかバックオフィスの業務、本業ではない部分からみんなを解放したいという思いがあって。それで解放の象徴といえば鳥かな、と。
https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/245/245269/
15
14delyhttps://www.dely.jp/堀江:ちなみに、社名の「dely」ですが、ここだけの話、適当に付けた名前なんです。(笑) 本当は「delivery」の頭文字をとって「deli」にしようと思ってたんですが、ドメインが取れなかったので、ドメインの取れる「dely」にしました。シンボルマークのモチーフとなった右上がりの欠けた太陽は「常に前を向いて成長し続ける企業」の象徴であり、躍動的なエネルギーを持ちつつも、世界全体を包み込む調和した姿をイメージしています。また、コーポレートカラーのオレンジは情熱と公平性を常に持つ組織でありたいというメッセージが込められています。https://blog.dely.jp/entry/2017/06/14/150000
https://www.dely.jp/notices/71
16
15FOLIOhttps://corp.folio-sec.com/ポートフォリオから来ている説。すごい...。
https://note.mu/hajipion/n/n1653f6ebb468
https://foliotoushi.hatenadiary.jp/entry/2018/04/19/204908
https://note.mu/hajipion/n/n1653f6ebb468
17
16Candeehttps://candee.co.jp/Culture AND
Entertainment, Experience!
毎日のすきま時間に
無限のエンターテイメントを
Candeeは、最先端の映像・動画制作を追求し、
それらを世の中に届けていくことで、
すきま時間を楽しくするエンターテイメントを提供していきます。
-https://candee.co.jp/company/
18
17KAIZENplatformhttps://about.kaizenplatform.com/KAIZENとは、継続的な改良を意味し、変化に対応することであり、変化そのものだと考えます。

我々は、人の創造性を信じています。だからこそデータを最大限に活用し、人々がその可能性を発揮できる基盤を提供することでインターネット産業全体の成長に貢献したい。同じビジョンに熱狂し、鼓舞し合える仲間とともに我々は、世界をKAIZENしていきます。
サービスロゴにつきましては Kaizen Platform のロゴが用いられるようになります。本ロゴにはSimplicity(引き算の美学)、Craftsmanship(神は細部に宿る)、Constant re-invention(永遠のβ版)の3つの意味が込められています。また色につきましては、日本だけでなく世界各国、特に米国において「進め」「良好」などと良いイメージがある緑色が用いられます。https://about.kaizenplatform.com/ja/press/news/2014-10-27-domain-update/
19
18akippahttps://akippa.co.jp/株式会社ギャラクシーエージェンシーは求人メディアを扱う会社として、2009年2月に設立いたしました。



今回の社名変更は、2014年4月より開始した空いている月極駐車場や個人の駐車スペースをシェアするサービス『akippa』の周知が目的です。
ブランドの再定義に伴い、これからのakippaをさらにイメージしてもらいやすいよう、サービスロゴを刷新します。
新しいロゴは、駐車場を連想させる長方形のスペースと、出会いの起点を創るakippaを組み合わせました。

ロゴの形状は一つだけではなく、いろいろな形に変形します。ここには「どのようなスペースもakippaになる」「akippaにはいろいろなスペースがある」といった意味が含まれています。

akippaは今後も、企業さまとの提携、新しいサービスの提供などを通じて、「『会いたい』をつなぎ、みんなを元気にする。いつでもどこでもPARKできるアプリ。」を提供します。
https://akippa.co.jp/press/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%81%AF%E3%80%81akippa%E6%A0%AA%E5%BC%8F.html
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000117.000016205.html
20
19エクサウィザーズhttps://exawizards.com/ExaIntelligence(EXA)と Digital Sensation(DS)が経営統合し(EXA with DS)、エクサ級(10の18乗)の魔法使い(Wizards)に。魔法使いのような卓越した技能を持った多くの個性(AIエンジニアから介護の達人まで)が集まり、「まるで魔法」のような付加価値を世の中に届けることを使命とい たします。ExaWizardsから知性の象徴である魔法使いの「杖」をモチーフに「e」「w」の形をしたロゴにしました。 杖の形でテクノロジーや知性を感じさせつつも、人に寄り添うような親しみやすく柔らかいフォルムに仕上げることで、誰もがテクノロジーの恩恵を享受出来るような世界観を目指しました。ExaIntelligenceのグリーンとDigital Sensationのブルーのグラデーションを使うことで、両社の合併を表現しています。https://exawizards.com/archives/206
21
20ABEJAhttps://abejainc.com/ja/ABEJAは、「蜜蜂」を意味するスペイン語であり、野生と秩序を同時にイメージさせる単語です。蜜蜂が空を自由に飛びまわり、ダンスでコミュニケーションをするように、ABEJAはイノベーションを愛し、エコシステムを創造する会社です。この社名をもとに、「ABEJA Grid」※1を用いたシンボルマークと、 「ABEJA Sans」※2を用いたロゴタイプの2つの要素を組み合わせ新たにデザインしています。シンボルマークのモチーフは始まりを象徴するABEJAの「a」で、カラーパレットは「情熱の赤」を中心とした6色で構成されています。https://abejainc.com/ja/news/article/20180215-1880
22
21アソビューhttps://www.asoview.co.jp/同社は2012年7月にサービス開始。2014年3月に総額約2億円の資金調達を実施し、1年間で提携店舗数を3倍以上の約2700社に増やした。2015年3月には旧社名「カタリズム」から現社名のアソビューに変更。「『とっておきのワクワクを、もっと身近に、すべての人に』というミッションの実現に向けて、人々を幸せにする『アソビ』に本気で向き合う意思表示」と説明している。-https://japan.cnet.com/article/35063561/
23
22BASEhttps://binc.jp/新しい経済活動の拠点になりたい、という想いが社名の由来です。
だから、BASE(拠点)。
BASEのロゴは、インターネット上に小さな経済拠点をつくるというサービスの理念を、どこでも簡単に設置できるアメリカ先住民族のテント「ティピ」で表しています。

また、個人・法人・行政を問わずあらゆる方が、それぞれのスタイルに合った多様な使い方ができるサービスという意味を込めて、5色のマルチカラーで構成しています。
https://www.find-job.net/connect/base/
24
23C Channelhttps://corp.cchan.tv/about/C Channelの社名の由来は映像の歴史から来ている。元々テレビも出ていない時代、人々は映画館に足を運び「映像を見に行く時代」があった。

その後、テレビが登場し「映像を受け止める時代」となった。今はなんといってもスマートフォンがライフスタイルを劇的に変化させており、C Channelは「映像でコミュニケーション(Communication)する時代」を創りたいという。
-http://sakurabaryo.com/person/post-106/
25
24プレイドhttps://plaid.co.jp/社名である「プレイド(PLAID)」の由来は、「楽しむ(PLAY)+手助けする(AID)」から来ており、新しいコーポレートロゴはその意味合いを強調すると同時に、新サービスリリースに向けた想いを込めたものとなります。新コーポレートロゴは、「データによって人の価値を最大化する」というミッションを追求するために、企業として重要な価値観や行動指針を言語化し、それらの要素を表すモチーフ群を組み合わせて策定されました。

ロゴマークのアウトラインに採用した「氷山」というモチーフには、目に見える形で顕在化されていない、限りなく深いレイヤーの課題を解きにいくというミッションへの決意を込めており、赤色を用いることで、信じた世界観に狂気的に進む姿勢を表現しています。氷山を構成している重なった3つの要素(長方形)は、Backcasting、Deploy driven 、Unlearningというプレイドの行動指針を表しており、3つの要素を重ね合せることには、「仕事の目的と自分の人生の重なりを増やす」という意味を込めています。
https://press.plaid.co.jp/data/20140825/
https://press.plaid.co.jp/data/20180702/
26
25Rettyhttps://corp.retty.me/Rettyはサービス名、会社名共に同じ「Retty」という名前です。「世界中の人々を“Happy”にする」という思いのもと、Restaurant、Recommendの「Re」と「Happy」を組み合わせて作ったようです。

 RecommendとHappyを由来とした理由は「ユーザー同士がオススメの体験(=Recommend)を共有し、少しでも多くの人が(Happy)になれるサービスを提供しよう」という理由から。信頼性に基づいた良いコンテンツを提供したいRettyのビジョンにマッチしていますね。
-http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1607/14/news006.html
27
26オープンエイトhttps://open8.com/常にチャレンジングで新しいことを仕掛け続けている会社をつくりたい!という想いからゼロから無限の可能性を切り開くという意味でオープンエイトと社名をつけました。-https://open8.com/company/
28
27SmartHRhttps://smarthr.co.jp/このたび株式会社KUFUは、2017年4月1日より社名を「株式会社SmartHR」に変更したことをお知らせいたします。

弊社は、2013年に創業、15年にクラウド労務ソフト「SmartHR」をリリースし、現在では4,000社を超える企業にお使いいただいております。

ここまで成長できたのも、ユーザーの皆さまをはじめ弊社ならびにSmartHRに関わってくださった皆さまのおかげです。心より感謝申し上げます。

弊社では「テクノロジーとKUFU(創意工夫)で社会構造をハックする」を会社のビジョンに掲げ、SmartHRの発展に向けて日々取り組んでいます。21名までに増えたメンバーも、それぞれがこのビジョンの元に「創意工夫」をこらし、SmartHRの成長を加速させています。
◼ 新・ロゴデザインについて

これまで以上に「安心・信頼していただけるサービスを目指す」ために、安定感のある力強いデザインに変更しました。

ロゴタイプはシンプルで太めの書体をベースにアレンジ。シンボルマークの「S」はこれまでのロゴが表していた“自動化”のニュアンスに加えて、握手を思わせる形を採用し“つながり”を表現しました。

“つながり”を表現したのには「会社と従業員をつなぐサービスであること」「周辺領域のサービスとAPI連携等でオープンにつながっていくサービス思想」という2つの意味が込められています。

◼ ロゴデザイン リニューアルの背景

プロダクトの成長に伴い、ユーザー企業の規模・業種も一気に拡大し、SmartHRのロゴは様々なシーンで使われるようになりました。多くの皆さまの目に触れるロゴが、人事労務の煩雑なイメージを解消させ、より安心・信頼してサービスに接していただけることを目的としています。

SmartHRはこれからも「すべての人が価値ある仕事に集中できるよう社会保障をもっとシンプルでフレンドリーに」というサービス理念のもと、より価値のある仕事に集中できる社会づくりを実現します。
https://smarthr.jp/news/7190
https://smarthr.co.jp/news/press/18724
29
28Viibarhttps://viibar.com/内藤「まずブレストしていく中で、社名に必ずビデオの"V"を入れるべきだよね、という話になりました。

更にVからはじまる言葉には"Vision"や"Value"があります。僕たちはビジョンやバリューを通して人が出会うようなビジネスにしたいという想いを当初から描いていたので、そういった意味も込められています。Vは創業メンバーにとって、とても重要なアルファベットなんです。

それからはVが入る言葉をとにかく何個も何個も出して、その時に候補としてあがったのがViibarです。 音の響きや当時描いたビジネスモデルとの親和性など、全てがマッチしていて、その場にいた全員がこれだ!となりました。」
Viibarのロゴが新しくなりました! 動物のビーバーの巣がモチーフです。
「自分の生活のために周囲の環境を作り替える、ヒト以外の唯一の動物」であるビーバーの様に、Viibarの作るサービスによって働きやすい環境をつくりだし、多くの方に集まってほしいという願いが込められています。
https://www.wantedly.com/companies/viibar/post_articles/26716
https://twitter.com/viibarjp/status/458862589003325440
30
29リノべるhttps://renoveru.co.jp/「リノベーションする」を略してリノベる。
家だけでなく、そこに住む人たちの暮らしをリノベーションする、みんなの人生をリノベーションする!
という気持ちを込めて、私たち自身にこの名前を付けました。
-https://www.renoveru.jp/contents/renoveru_qa
31
30ベルフェイスhttps://corp.bell-face.com/当時28歳、じゃあ次は何をしようかと。自分たちがインサイドセールスを経験してきて、その時欲しかったプロダクトを自分たちが作ろうじゃないかと。電話が繋がるくらい簡単にFace to Face のコミュニケーションを実現する、という意味でベル(電話)フェイス(顔)という社名をつけました。これまでの柔らかいイメージのカラーを一新し、新しいロゴは、ブルーを基調としています。
ブルーは「誠実さ・知性」というイメージでビジネスを連想させます。
これらは、当社が今後も『セールス』というビジネスシーンに特化したソリューションとして進化していく決意を表しています。

同時に、暗中模索しながら創業した2015年から今までの期間を経て、ベルフェイス社の使命とイノベーションすべきマーケットが完全に明確になったことを示しています。

色のワンポイントにもなっているオレンジの三本線は “電話のベル” と “ネットの電波” を表しており、『人と人をつなぐキッカケになり、常に近くにある必要不可欠なサービス』で在りたいという当社の想いが込められています。

アルファベット「b」の縦線を、丸みをもたせず突き抜けさせたのは、ロゴマークとしてのまとまりの良さを犠牲にしてでも「ベルフェイス」と読める視認性を優先した結果です。

常に、カスタマーの成功を本気で考え、行動し、成果を上げる存在でありたい。
この新たなロゴマークのもと、新たな価値の創造に励んでまいります。
https://www.wantedly.com/companies/bell-face2/post_articles/80879
https://corp.bell-face.com/2017/09/01/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%82%B4%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%92%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%AB/
32
31appbrewhttps://appbrew.io/AppBrewという社名は当時開発していたサービスから来ています-https://note.mu/yrmts/n/n3f2f1eaac2bb
33
32paykehttps://payke.co.jp/-カラフルなサークルは、Paykeに集まる様々な情報、その情報によって、人々の生活、メーカー様や小売店様のビジネスなど、あらゆるステークホルダーの活動が、よりビビッドに彩られていくことを表現しています。また、そのPaykeの世界から、サークルを通して覗いた先にある、サプライズ、喜び、感動などを「!」のエクスクラメーション・マークで表現。サークルと「!」を組み合わせた時にPaykeの頭文字「P」に見えるデザインにしました。https://payke.co.jp/company
34
33biztexhttps://www.biztex.co.jp/「BizteX株式会社」

まず、弊社の社名BizteXについてお話します。社名は、「Business x Technology」を略すること、「Business向けのTechnologyに特化して極めていく」ことを含めてBizteXという社名にしました。社名の中の「X」は、掛け算の意味で、弊社と色んなものとの掛け算で、世の中に大きなインパクト出したいという意味合いも込めています。例えば、Business Technology x Finance で、B2Bのクラウド領域で一気にスケールしたり、世界中の企業に使ってもらえるサービスを展開したり、BizteX x 〇〇のように〇〇に入るお客様やパートナー様との掛け算で、より大きな事業構造を作ることがでると思っています。私たちだけでは成し遂げれない大きなビジョンを、これからどんどん掛け算「X」して作って行きたいと思っています。
-https://medium.com/@mitsutoshishimada/biztex%E3%81%A8%E8%A8%80%E3%81%86%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6-e40e48bdaf6b
35
34Azithttps://azit.co.jp/-Azitがつくっているのはプロダクトのその先にあるカルチャーです。メンバーそれぞれが意志と自信をもち、ほかの誰でもなく自分のためにAzitにジョインしています。それはまさに "We Are Culture Creator" であり、みんなが人生の、Azitの主人公なのです。

シンボルでは大文字のAをモチーフに、「自分がAzitを形作っているんだ」といった会社とメンバーのあり方を表現しました。

ロゴタイプではスピード感のある力強いFuturaと有機的で心地よく暖かいFrutigerをベースに、よりゆったりした曲線をとることで 、暖かくスマートなロゴとなりました。
http://syoneco.cat/article/azit.html
36
35Speeehttps://speee.jp/2007年11月、Speeeは創業されました。
Speeeという社名には
「Speedの“d”を“e”に変え、Speedの1歩先へ」
「世界中で発音できる名前を」
という2つの想いが込められています。
Speeeを1つのプロダクトとして捉え、世界水準の存在にしてゆく。
そのために、私たちは一歩一歩真摯に、歩みを進めています。
Speeeは2007年の創業以来、Webマーケティング、不動産、キュレーションメディア、海外メディアや医療など幅広い領域において、業界の不をテクノロジーによって解決することで組織を拡大してまいりました。10期を節目に事業・組織など、環境の準備が整い、事業展開を通じてより大きな課題に臨むべく 「 解き尽くす。未来を引きよせる。 」 を新たなミッションに定めました。

新コーポレートロゴは、「深度と領域」をテーマに未来を紡ぐ連鎖のシンボルの起点をロゴとして採用いたしました。ロゴを含めたシンボルは、革新の起点になること、課題解決の領域を広げること、それらを連鎖させること、など様々な解釈を持ち、空の広さと海の深さを連想する色で、立体的に表現しています。
https://speee.jp/about/history/
https://speee.jp/news/366/
37
36heyhttps://hey.jp/-heyの「h」と「y」は姿形は違っても、見方を広げればみんな同じ人(human)であるということを表しています。
小さな組織や個人の可能性が広がっていく中でも、人は人だけでは人たり得ないということ。それらを巻き込みながら関係を紡いでいく「e」は、人々が本来持つ力を引き立て(empower)、創発的(emergence)で思いもしない楽しさ(enjoyment)を世の中にもたらしていくことを表現しています。
https://note.mu/stam_mat2/n/n5282047afb1d
https://kurashicom.jp/4115
38
37coineyhttps://coiney.com/corp/名前を考えるときに、気をつけたことは5個あります。
・短いこと(4文字以内)
・英語でも読みやすいこと
・.comが取れること
・音としてかわいい響きであること
・お金にまつわりそうな名前であること
1人でいっぱい単語を書きだして組み合わせていった結果、「Coin」と「Money」を足して「Coiney」という単語ができあがり、
かつ、.comも空いていたので、これだ!と思って決めました。
コイニーのロゴマークは、リーダーを使って決済を行う実質の利用者と、利用者のお客様という2種類ののカスタマーを表しており、その間をコイニーがつないでいるさまを全体で表現しているそうです。
決済サービスのロゴマークというと、少し固めのイメージがありますが、コイニーのロゴマークはどちらかと言うと、少し柔らかめのデザインとなっています。
元々コイニー自体が、親しみやすいサービスを目指していたため、ロゴマークにもそのイメージが反映されたと考えられます。
https://laugh-raku.com/archives/14166
https://logomarket.jp/labo/startup/
39
38ストアーズドットジェーピーhttps://about.stores.jp/社名を変えた理由は、至ってシンプルです。

そっちの方が、わかりやすいから!

普段使っているサービスの名前は知っていても、「提供している会社の名前にはなじみがない」と感じたことはありませんか?
-https://www.wantedly.com/companies/storesjp_inc/post_articles/107117
40
39クリーマhttps://www.creema.co.jp/クリーマは「クリエイターズ・ニューマーケット(創作者たちの新しい場所)」を語源に、生まれました。
アート、雑貨、ファッション・・・
世界でたった一つのハンドメイド品を対象に、
あらゆる「ものつくり」を行う制作者(=クリエイター)と、購入者が、
作品の売買をつうじ、場所や世代を超えて繋がることができる、日本最大級のソーシャルマーケットです。
素敵な作品、才能、そして文化が、多くの人に届きますように。
-https://www.creema.jp/page/about
41
40HRBrainhttps://www.hrbrain.jp/-<伝えたいイメージ>

・信頼感・安心感

・親しみやすさ
https://www.hrbrain.jp/news/info/logo-renewal
42
41FiNC Technologieshttps://company.finc.com/company社名のFINC(フィンク)は「FIT(フィット)」という単語と「LINK(リンク)」を重ねた造語になります。

FITというのは、私が今日まで身を置いてきた「フィットネス」もそうですが、その他にも「適当な、ぴったり合う、ふさわしい」という意味を持ちます。多様なニーズにフィットすることができる、変化の激しいこの先の世の中に適応可能な、次代を代表するような会社にしたいという思いを込めています。


もう一方のLINKは既知のとおり、「繋ぐ」、「連鎖」、「連結」、「 連合 」といった意味のワードです。ある特定の領域に固執しすぎるのではなく、異種、異質、異端を問わない繋がりや広がりを大事にしながらレールが引かれていない未知な可能性に挑戦していく、という思いを込めています。同時にスピードや変化の激しい時代ですから、自社、自前に驕るのではなく、アライアンスを重視しながら、同志とともに成長していきたい、といった願いも含んでいます。

(またFIT+LINKで「FiNC」と、最後のKをCに置き換えたわけですが、最後のCに関しては、私が「Challenge」、「Create」、「Change」という言葉が好きなのでCにしました)
-https://ameblo.jp/mizoguchiyuji/entry-11220608814.html
43
42Origamihttps://about.origami.com/折り紙は、元は1枚の紙ですが、折っていけばどんな形にも変化します。会社の経営も同じです。最初は会社の看板やビジネスへの思いという1枚の紙でしかありません。ですが、人が集まり、ビジネスを進める中で会社の形も変化していく。世界中で通じる言葉ですし、せっかくなので日本語の名前をつけようと思いました。-https://toyokeizai.net/articles/-/14335?page=5
44
43PKSHA Technologyhttps://pkshatech.com/ja/ちなみにPKSHA Technology(パークシャ テクノロジー)というユニークな社名は、仏教における四天王の一柱「広目天」の梵名(サンスクリット語)「ヴィルーパークシャ」にちなんでいます。全てを見通す「千里眼」を有していたことが広目天の名の由来になったように、人間が入力したデータを機械的に処理するだけでなく自ら先読みし最適なソリューションを導き出すような「目の見えるソフトウェア」を開発したいという想いが込められています。新しいCIは、象徴的な三角形を中心にして設計されています。
人工知能技術分野における PKSHA Technology の専門領域と、市場の交差点を “アルゴリズムと社会の接点” とし、楕円形に力学を加え「アルゴリズムを社会へと浸透 (インストール)させていきたい」という私達の想いを込めました。
http://kinnkuma.com/ipo/23706.html
https://pkshatech.com/ja/ci/
45
44UZABASEhttps://www.uzabase.com/USER+BASEコンセプトは「人」です。

ユーザベースのビジョンを実現するための先進的なサービスを生み出しているのは、多様なビジネスプロフェッショナルです。また「自由主義でいこう」を筆頭にした「7つのルール」に象徴される、「スーパーフレックス(コアタイムなし)」「リモートワークOK」「複業OK」といった多様な働き方を重視したカルチャーや福利厚生制度がそれを支えています。

従来のロゴをベースに、「経済情報で、世界をかえる」という私たちの自負と、皆さまからの信頼感を反映し、新しいロゴをデザインいたしました。

またユーザベースの可能性を示すには、ビジョン、サービス、そして多様なメンバーがいることをお伝えすることが大事だと考え、新しいウェブサイトでは、さまざまなページにメンバーへの動線を配置しています。

ユーザベースはこれからも、多様なメンバーとともに、経済情報で世界をかえてまいります。
https://www.uzabase.com/company/name-origin/
https://www.uzabase.com/company/news/uzabase-brand-renewal/
46
45Gunosyhttps://gunosy.co.jp/Gunosyという名称はギリシャ語で「知識」を意味する「Gnosis(グノーシス)」を由来としている。Gunosyは「Gnosis」に「u」を入れた造語だが、「u」は「you」の意味を込め、Gunosyは”あなたに知恵を届ける“という意味を込めて命名された。”(SNSなどから)情報を取得して知識を蓄え、新しいアクションへとつなげぐきっかけを作り出す”という理念を持ち、多様性のある情報を届ける”次世代の新聞“を目指している。-https://thebridge.jp/en/2012/06/interview_gunosy/
47
46イトクロhttps://www.itokuro.jp/イトクロは元々はオン・ザ・エッヂ(堀江貴文が創業したライブドアの社名変更前の企業名)最初期のメンバーでエンジニアである伊藤弘和氏がリクルートにいた黒岩剛史と2006年3月に設立した。-http://sakurabaryo.com/industry/post-67/
48
47スターフェスティバルhttps://stafes.co.jp/代表の岸田がたくさんの人々の願いをかなえたいという想いから、七夕祭りを意味する「“the Star Festival” (スターフェスティバル)」と名づけました。会社設立日も2009年7月7日です。ロゴの黄色い三本線は、その七夕にちなんで「天の川」を表しています。「ご馳走をお届けするサービス」を提供する中で、関わる人すべてが幸せになるビジネスを行なっていきたい。サービスをご利用になるお客さまはもちろんのこと、このビジネスを一緒に行なっているパートナーさま、当社で働くスタッフもみな幸せにしていきたいと考えています。https://officee.jp/magazine/starfestival/
49
48ジラフhttps://jiraffe.co.jp/【社名の由来】自分たちにしか見えない未来を作っていきたいという思いを込めて、社名をジラフとしました。キリンは首が長いので先(未来)が見えます。株式会社ジラフはインターネットにおけるキリンとして飛躍する存在でありたいと考えています。-https://twitter.com/jiraffe_promo/status/622442557398618112
50
49フリークアウト・ホールディングスhttps://www.fout.co.jp/もっともっと圧倒的な技術力と、世界に手を広げたビジネス基盤をベースに、人が思いもしなかった、freak out (度肝を抜かす)レベルのことをコンピュータに任せることで、新たな産業を創出していくことが我々フリークアウトの使命です。かっちょいい...。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000006798.html
https://www.fout.co.jp/company/topmessage/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000006798.html
51
50favyhttp://www.favy.co.jp/「favy」は「my favorite」の「fav」と「my」の「y」を合わせて作られました。「食」が好きな方達のお気に入りの場所をマーケティングで改善し、シェアしていきたいという思いから「favorite」が会社名を決めるうえでキーワードになりました。だからこそfavyは社内でも「好きを仕事に」することが大事だと考えています。ちなみにfavyのロゴのこだわりは「a」が吹き出しになっており、ハートが入っていることです。まるで「好き」と言っているように見えませんか?favyは名前のみならず、ロゴにもこだわりが詰まっています。https://www.wantedly.com/companies/favy2/post_articles/139751
52
Loading...
Main menu