タイムテーブル暫定版
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

View only
 
ABCDEFGHIJKLMNOWXY
1
このタイムテーブルは暫定版です。正式な情報はイベントレジストにユーザー登録のうえ申し込みフローを進めていただくとタイムテーブルを確認できます。
2
https://eventregist.com/e/cndt-osdt2019
3
4
5F4F
5
ABCDE(手前)F(手前)G(奥)H(奥)
6
[Day 1]Main Hall 1Main Hall 2Hall A 1Hall A 2 - 3Hall A 4mtg room 2mtg room 3Hall B 1Hall B 2Hall B 3Hall B 4
7
AMexhibit(408)216330162162242490909090
8
9:40satelliteKeynote 120min 9:40-11:40 ※同通あり
TBD [20min]
OpenStack Foundation [20min]
Airbnb [20min]
Canonical (diamond sponsor)[20min]
IBM (diamond sponsor)[20min]
9
10
11
12
11:40
13
5
14
12:20ALELFL ※ショートセッション2枠GL ※ショートセッション2枠HL ※ショートセッション2枠
15
Datadogで実現するこれからのコンテナ監視会 場 転 換Kubernetes Ingress Controllerにセキュリティを実装してみたRe-architecturing of Microservices / 今からでも遅くない!アプリケーションエンジニアが知っておきたい、Dockerコンテナの基礎知識kubernetesを運用したことで学んだアンチパターン / コンテナ化に向けたクラウドベンダー比較選定のイロハgVisorで実現するマルチテナントKubernetes / Kubernetes クラスタのポータビリティを保つための8原則
16
DatadogF5ネットワークスジャパンWantedly / ZOZOテクノロジーズCyberAgent / ウエディングパークUbie / Wantedly
17
13:00池山 邦彦伊藤 悠紀夫南 直 / 太田 航平後藤 秀信 / 西脇 靖紘坂田 純 / 大坪 新平
18
PM8
19
13:20A1B1C1D1Ops MeetupsKubernetes
Upstream Training
E1F1G1 ※2枠連結ワークショップH1
20
Bifrost standalone Ironic を使ったGPU基盤構築運用への適用についてKubernetesを拡張して日々のオペレーションを自動化するHow Kata protects containersKubernetesクラスタの自動管理システムのつくりかたArgoによる機械学習実行基盤の構築・運用からみえてきたことOpenStack コミュニティの現在と今後RancherではじめるCloudNative!!TripleO Deep Dive
21
GMOインターネットゼットラボHyper.sh, intelCybozuリクルートテクノロジーズ (井川)SUSE (元木・吉山)NECエーピーコミュニケーションズレッドハット
22
14:00郷古 直仁五十嵐 綾Xu Wang、成 臣、Horace Li池添 明宏河野 晋策, Hideto Inamura井川 征幸, 元木 顕弘, 吉山 晃市川 豊梶波 崇
23
13
24
14:20A2B2C2D2E2F2H2
25
[2019 必須セッション] オンプレとパブリッククラウドの両方でKubernetesを一元管理できる唯一の方法TBDTBDCircleCI 2.0を支える2つのコンテナクラスターTBDOpenStackオンプレクラウド開発に必要だったこと -アジャイルを邪魔しないインフラ-(仮)k8s上のアプリケーション向け Secure Service MeshをA10でつくる
26
ミランティス・ジャパンCyberAgentヴイエムウェアCircleCIVA Linux, オイシックス・ラ・大地NTTコムウェアA10ネットワークス
27
15:00嘉門 延親金 洋国岩本 俊弘, 小林 弘明上栗 泰一石塚 健太郎
28
8
29
30
15:40A3B3C3D3E3F3 ※ショートセッション2枠G3H3
31
機械学習を用いたIoTシステムの実現 -データ収集からエッジデバイスでの推論まで-Cloud Native Storageが拓くDatabase on Kubernetesの世界今さら聞けないOpenStack 〜クラウド基盤って何が嬉しいのかを再確認Cloud Nativeに立ち向かうJVMユーザー必見。KubernetesでJava/JVMアプリを動かすための実践的ノウハウ集Knativeで実現するKubernetes上のサーバーレスアーキテクチャPTLのお仕事とOpenStackリリースパイプラインの裏側/OpenStackアップストリーム活動実践(中級)Operator でどう変わる?これからのデータベース運用TungstenFabricでk8sとOpenStackのラクラクNW統合
32
NTTコミュニケーションズ野村総合研究所富士通, NTTデータ, レッドハット日本オラクルメルペイNTTサイバーエージェントJuniper Networks
33
16:20藤田 康寛, 切通 恵介, 内藤 理大小林 隆浩岩松 昇, 田代, 充良, 中島 倫明早川 博杉田 寿憲 室井 雅仁/夏目 貴史桐井 祐樹Yuki Yamashita
34
13
35
16:40A4B4C4 ※同通ありD4E4F4G4H4
36
LINEにおけるOpenStackの運用とUpstreamへの取り組みOCIv2?!軽量高速なイケてる次世代イメージ仕様の最新動向を抑えよう!TBDTBDヤフーのクラウドネイティブへの取り組みとそれを支えるシステム開発クラウド基盤を支えるスーパーマイクロのResource SavingアーキテクチャActor model meets the KubernetesMackerelチームのコンテナエージェント開発における戦略とこれから
37
LINEJFrogNew RelicヤフースーパーマイクロFringe81はてな
38
17:20廣瀬 崇人徳永 航平吉岡 圭 / 河 宜成岩田太郎 荒亮智森本 真一今井 隼人
39
10
40
17:402B1へ変更B5C5D5E5F5 ※ショートセッション2枠G5H5
41
オペレーターパネル 〜インフラどうなってますか?〜メルペイのマイクロサービスの構築と運用Ansibleから学ぶOpenStack Python SDK活用法失敗しない! Kubernetes向けストレージ選び5つのポイントk3sで作る!軽量k8sエッジコンピューティング環境Zuul と OpenStack で作る気の利いた CI 環境/OpenStack QA tooling & How to use it for Production Cloud testingPrometheus setup with long term storageHCI+OpenStackを用いたプライベートクラウド基盤の導入
42
楽天モバイルネットワークメルペイレッドハットゼットラボRancher JPNECGMOペパボ東日本電信電話
43
18:20壬生 亮太高木 潤一郎齊藤 秀喜坂下 幸徳藤原 涼馬 元木 顕弘/Ghanshyam Mann田村 龍太郎松村 崇志
44
13
45
5F4F
46
ABCDE(手前)F(手前)G(奥)H(奥)
47
[Day 2]Main Hall 1Main Hall 2Hall A 1Hall A 2 - 3Hall A 4mtg room 2mtg room 3Hall B 1Hall B 2Hall B 3Hall B 4
48
AMexhibit(408)216330162162242490909090
49
9:40satelliteKeynote 120min 9:40-11:40
Rakuten Mobile [20min]
SB Payment [20min]
YJFX [20min]
Red Hat (diamond sponsor)[20min]
GMO Internet (diamond sponsor)[20min]
50
51
52
53
11:40
54
5
55
12:20ALELFLGLHL
56
あなたにKubernetesは必要ですか? Kubernetesのこれからについて話し合おう。会 場 転 換CNCF サンドボックスプロダクト20本ノック!100行のコードでDockerの基本を実現せよ!そのコンテナ、もっと「賢く」置けますよ?Deep Environment Parity
57
Kubernetes Meetup TokyoCloud Native Developers JPCanonical Japan k.k.ProofCafeDeNA
58
13:00施 文翰チェシャ猫春山 誠
59
PM11
60
13:20A1B1C1D1CloudNative Deep DiveOpenStack
Upstream Training
E1F1G1H1
61
実録!CloudNativeを目指した230日 オペレーターパネル 〜インフラどうなってますか?〜OpenLab: Testing Kubernetes on OpenStackKubernetes The Heartful Way ~手作りにこだわる職人たちの想い~OpenStack Tackerで止まらないサービスをA deep dive into service mesh and Istioいつもニコニコあなたの隣に這い寄るカオスエンジニアリング!Spinnakerで実現する、クラウド開発者のためのデプロイパターン入門
62
GMOペパボ楽天モバイルネットワークNEC-ECTゼットラボ日本電気Fujitsu LimitedNTTコミュニケーションズSansan
63
14:00高石 諒壬生 亮太大道 憲一須田 一輝 / 大塚 元央 / 稲津 和磨高橋 敏明宋 書坤小倉 真人大澤 秀一
64
8
65
14:20A2B2 ※同通ありC2D2E2F2G2H2
66
Sysdig クラウドネイティブ インテリジェンス プラットフォームのご紹介IBM が描くハイブリッド・マルチクラウドの未来、そしてその先にDX時代のアプリケーション基盤を支えるNEC(仮)TBDCI/CDつーるのエラビカタTBDTBDTBD
67
Sysdig JapanIBM日本電気日立製作所NTTテクノクロス稲畑産業(仮)OpenSDS(仮)Rancher Labs(仮)
68
15:00清水 孝郎Mahaveer Vedalaveni新倉雄樹 , 本上力丸
69
10
70
71
15:40A3 ※ショートセッション2枠B3C3D3E3F3G3H3
72
Kubernetes CNI プラグイン結局どれを選べばいいのか/最近のDockerの新機能〈みずほ〉におけるAWS・Kubernetesを活用したリアルタイム為替予測のアプリケーション開発Cluster APIで簡単Kubernetes on OpenStackUnderstanding EnvoyOpenStack CyborgでFPGA管理を簡単に歴史から紐解くLinuxカーネルのコンテナ機能Terraform/PulumiによるOpenStack構築自動化に向けた開発クラウドネイティブを創る技術
73
LINE株式会社/Docker Meetup Tokyoみずほ情報総研日本電気Tetrate日本電信電話IDCフロンティアNTTコミュニケーションズGMOペパボ
74
16:20市原 裕史 / 須田 瑛大板谷 悟中村 英和小野 大器大谷 育生加藤 泰文疋田 敬市山下 和彦
75
9
76
16:40A4B4C4D4E4F4G4H4
77
ZOZOTOWNのCloud Native Journey 〜トール・マカベッチのアンサーソング付き〜Kubernetesにauditログを求めるのは間違っているだろうかChallenging Secure Introduction with SPIFFEMicroservices を支える Infrastructure as Softwareあなたのk8sは大丈夫?k8sでできるセキュリティ対策(入門編)TBDエンタープライズエッジのビジネスの可能性と運用課題サーバレス・ネイティブ が お伝えする、フルサーバレス開発の魅力
78
日本マイクロソフト、ZOZOテクノロジーズオープンストリーム稲畑産業(仮)Volterra Edge ServiceRiotz.works
79
17:20長谷川 誠宇佐美 友也坂部 広大中嶋 大輔江藤 武司
80
9
81
17:40A5B5C5D5E5F5G5H5
82
Kubernetes Logging入門スタートアップサービスでもやれる!Kubernetesを使ったセキュアWebアプリの構築と運用OpenStackとIngress Controllerで作るContainer Nativeロードバランシングマイクロサービス運用における最高のDXを目指してOpenStackにおけるプリエンプティブインスタンスHow cgroup-v2 and PSI impacts CloudNative?[ライブコーディング] Custom Resource と Controller を作ろうIstioで実現するクラウドネイティブ時代のセキュリティ
83
NTTコミュニケーションズリクルートテクノロジーズサイバーエージェントFiNC TechnologiesNTTGMO PepaboCloud Native Meetup Tokyo富士通
84
18:20吉村 翔太藤原 涼馬牧垣 秀一朗鈴木 健二中村 哲朗近藤 宇智朗三好 俊介
85
10
86
87
Loading...