2018|研究会スケジュール
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

 
View only
 
 
ABDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWX
1
子どもの指導研究会 2018 スケジュール
2
1st STEP
3
MonthSKILLCOACHINGMENTALITY
4
1ファンダメンタル(ハンドリング・ピボット・ストップetc)子ども達のやる気を引き出す成功哲学
5
2シュートの基本
6
3シュートの実戦技術指導を子どもに行うときのポイント
7
4ドリブルの基本説明と言葉遣い、話し方を工夫する指導者としての心構え|自分の指導理念を考える
8
5ドリブルの実戦スポーツ空間論子どもにパラダイムを理解させる
9
6パスの基本とキャッチの基本テーピング(実技テストあり)「原則」を指導に活かす
10
7パスの実戦練習を組み立てる/フロー状態を作る子ども達の習慣を作る
11
8アウトサイド1on1 (エリア3)アシスタントコーチとしての役割と心構え「私たちが」のパラダイムでチームワークを高める
12
9アウトサイド1on1 (エリア2)ルールと審判法「主体性を発揮する」/人のせいにしない選手
13
10アウトサイド1on1 (エリア1)示範技術、お手本の見せ方、悪い例は見せない「目的を持って始める」/チームに参加する準備
14
11インサイド1on1スポーツと法「重要事項を優先する」
15
12ボールマンディフェンス救急法 子どもが突然倒れたらどうするか「win-winを考える」/チームメイトを尊重する
16
17
2nd STEP
18
MonthSKILLCOACHINGMENTALITY
19
1身体能力を高める① (走り方・跳び方・投げ方)質問・コミュニケーション・フィードバック「理解してから理解される」/チームメイトと協力する土台作り
20
2身体能力を高める② (走り方・跳び方・投げ方)自ら考え、工夫する選手へチームで相乗効果を発揮する
21
3運動能力を高める技術の分析と矯正法刃を研ぐ
22
4オフボールディフェンス子どもの身長を伸ばすミラーイメージの法則
23
5トラップディフェンスとスクリーンの対応食事と水分補給についてコーチと子どもの信頼関係
24
6ディフェンス戦略と指導の工夫チームの構成/メンバー決め/ポジション決め厳しい指導と励ます指導/褒めることと甘やかすこと
25
7シュートを極めるコンディショニング/試合に向けての体調調整目標設定がうまいと結果が出る!目標設定の仕方
26
8リバウンドどのような役割のスタッフをどのように配置するか緊張から子どもを解放する
27
9速攻1年間を振り返る/チームの分析と反省/年間計画を作成するメンタルスキルという考え方で子どものメンタルを高める
28
10チームオフェンスの基本保護者の協力を得る「記号の世界」を指導に使う/ブランド力とチーム力
29
11コンビネーションオフェンス(ピックプレー etc)我々が考えるこれからの日本のスポーツ指導練習態度やモラル/チームルールとマナーがチームを作る
30
12コンビネーションオフェンス(パス&ラン、ショート17 etc)スポーツ医学(小児ぜんそく、オスグッド、前十字靭帯損傷など)コーチとしての振る舞い
31
32
3rd STEP
33
MonthTHEME
34
1成功のピラミッド・ウッデンコーチのコーチング
35
2チームマネジメント(ビジョナリーカンパニー)
36
3戦術的ピリオダイゼーション
37
4ロジカルシンキング/プレゼンテーション理論
38
5ブラックスワンから学びの質を考える
39
6練習のマネジメント(ドラッカー)
40
7スカウティング
41
8タイムアウト・メンバーチェンジ・ゲームプラン・シチュエーション毎の判断
42
9
43
10コンビネーションオフェンス①
44
11コンビネーションオフェンス②リード&リアクトオフェンスパッシングモーション、リード&リアクト、DDM、プリンストン、トライアングル
45
12ゾーンディフェンス
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
Loading...
 
 
 
2018
 
 
Main menu