「保坂和志についての評論を執筆せよ」
 Share
The version of the browser you are using is no longer supported. Please upgrade to a supported browser.Dismiss

View only
 
 
ABCDE
1
学籍番号ペンネームURL提出下読み委員からのコメント
2
2170001ytommyhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/ytommy/
3
2170002みなみしまhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/9090mm/当人は「最下位覚悟」で提出したとのことだが、むしろ前二回よりいい。要素はこのくらい削ったほうがいい。それでもまだ教養が読みやすさを阻害している箇所が散見され、例えば対象作品の紹介は無いに等しく、クールベは著者が出したいから出したという以上の印象を受けないし、「クレメント・グリーンバーグ流のモダニズムが芸術ジャンルを規定する不自由さを芸術表現へと再帰的に転換する要請であったことを想起すれば」と言われて想起できる人の方が稀なのでは。またこの箇所を筆頭に、文章自体も生硬。特にグッドマンを要約する箇所は論旨の肝なので、もっとコンパクトに、小慣れた感じで纏めたい。文章を全体に簡潔にし、空いたスペースで「喪」(および後半影の薄い「家」)についてもっと展開できればいい感じになるはず。対象読者の偏差値を20くらい落とそう。
4
2170003ユミソンhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/yumisong/「批評ではなく随筆として」と、「批評」と「随筆」を対立するものとして考えているようだが、「随筆」の文体で「批評」を試みることは可能なはずなので、そこからは降りないで欲しい。というわけで両者のバランス的に、筆者自身の生活に関わる箇所はもっと削り、後半の作品に基いて考えたことを膨らませたい。後半は作品に依拠していて「批評」っぽい内容に接近しているのだが、こちらは引用が多すぎるので、もっと自分の文章と文体の力を信じよう。実際、随筆的な文体はけっこう引き込む。あと「果たしてこの行まで辛抱強く読んだ人はいるかしら。」みたいな自己言及は、せっかく読んでいるのに読ませる気なかったのかよ、と萎えるのでやめた方がいい。
5
2170004北出 栞http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kitade/導入部が魅力的であり、「『小説』の一元論」という表現は「残る一行」感があって好ましい。しかし、日常系アニメを扱う第二ブロックは議論のサイズに比してあまりに字数が足りていない。「死者」の問題系も唐突に出てきて、説得されることないままに議論が進展してしまう印象を受ける。これは過去の論考でもみられた傾向なので、丁寧に論理展開することで説得性を高めるような文章を意識した方がいいのかもしれない。また結論部が保坂の発言にあまりに寄り添いすぎてしまっているため、もう一捻りほしかった。
6
2170005イトウモhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/gonzomi/過去二回同様、今回も破綻なく最後まで読ませる文章であり、筆者の力量を感じさせる。しかし、「1」と「2」の議論が有機的には連なっていない点が気になる。言葉の表現でも「1」と「2」では別個のキーワードを使用してしまっているのも惜しい(たとえば「1」では「はぐらかし」、「2」では「曖昧」という表現が出てくる。「本質」と「意志」も同様である)。強引にでも表現をそろえる、あるいは関連づけた方がよかったのでは。保坂作品の読点に着目し(執拗な数え上げ!)、議論を展開した「2」が特におもしろいので、こちらをメインにしつつ、「1」の議論をまぶすような断絶感を打ち消す構成もありえたのではないか。※引用部分は一行空け、2字下げなどした方が読みやすい
7
2170006川井周分http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/santsui/
8
2170007灰街令http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/akakyakaki/
9
2170008☆大山結子☆http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/ohyama/文章自体は端正で、中盤まで一気に読ませる力があるし、扱われている『猫に時間の流れる』を魅力的に紹介する文にもなっている。ただし、結論部があまりに性急であり、議論ではなく一方的な断言のようになってしまっている。無理やり結論をつくるのではなく、「クロシロが実在しない」ことを作品からより多く文章を引いて、その虚構性を指摘していくこともできたのではないだろうか。
10
2170009寺門 信http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/jimonshin/「著者である保坂の意図とは別の次元で、何を成し遂げてしまっているか」を論じるために、『やれたかも委員会』に接続する手つきは良かった。後者の分析も納得がいく。だが肝心の保坂の話になると「単線的な物語の脱構築」というクリシェで纏められる論旨になってしまい、そしてなにより結論部に保坂の小説観を持ってきたことにより、結局(作品単位のそれより大きな)「保坂の意図」=作者的な正解を当てる文章に堕してしまっている。言ってしまえば『やれたかも』を持ってきた意味がなくなっているので、保坂自身の小説観に頼らず、外部の導入による「保坂の意図とは別の次元」の刔出という当初の目的を完遂したほうがよかった。あと頻繁に「~ろうか」と問いを投げて文章を進める癖があるが、あまりやりすぎると筆者の顔が見えてしまい文章の自然さが削がれるので、もうちょい抑えた方がいい。
11
2170010runner2718http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/runner2718/
12
2170011mikipediahttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/mikipedia/
13
2170012山下望
http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/yamemashita/
例によって次々に降ってくる連想によって議論がズレていきながら、唐突に回帰するというダイナミズムが独特。今回は特に課題が保坂論であることによって独特の文体の違和が少ないか。ひとつひとつのエピソードは興味深く、リアルタイムで読んでいるときは面白いのだが、読後に残らない印象がある。それを回避しようとするなら、一旦立ち止まりそれまでの議論を整理するか、あるいは個々のエピソードをもっと互いに有機的に関連付けるのはどうだろう。たとえば角田の20Hz以上をカットする手法を、保坂の『カンバセーションピース』で展開される「床面のサウンドスケープ」や、あるいはイーノの周波数への拘り(ミュージックフォーエアポートにおける会話と被らない周波数など)と接続してみるなど。
14
2170013脇田 敦http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/hanoisan/
15
2170014じょいともhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/joytomo/
16
2170015伏見 瞬http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/shunnnn00/対象を絞ったことにより書評としては読みやすいが、「記憶」の「かたまり」化を指摘するに留まり、論旨に起伏や展開が乏しい。突き詰めて言えば最初の文章と最後の文章の間に認識の変化が無い。冒頭で問題提起→文章全体で解決、みたいな流れが欲しいところ。今回だと「大木」が「もうひとつの特徴」として突然出てくるので、これも組み込みたい。というわけでまず「なぜこの作品には大木がいくつも登場するのか」的な問題提起をし、そこからヒマラヤ杉のエピソードで存在=時間の重さの話を語ったのちに、それを「重量感を持った一つの『かたまり』」としての記憶の話に接続すれば、全体の一貫した流れができる。あとタイトルの「かたまり」が2回しか出てこずキーワード化されてないので、これももっと活かす。毎回トピックがバラバラになる傾向があるので、こういう技術を身につけると伸びるはず。あと結論部で他人の意見に頼るのはやめよう。
17
2170016高尾http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/hush/保坂の小説を読みながら連想したことを綴ったエッセイの印象が強いので、批評文として成立させるための「問い」が欲しい。「一人称を意識に近付ける」という着眼点は面白いと思うので、そこを掘り下げ、一人称が意識に近付いている/遠ざかっている具体例な例を作品から挙げつつ論じると良かったのでは。『彫られた文字』の引用も面白いのだが、引用以降の終盤の議論が取ってつけたように見えかねないので、必然性を担保する文章とセットで展開すようにしたいところ。
18
2170017小川和輝
http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kazukigenron/
明確な対立構造を持つロジックなので、読者の興味を最後まで持続させている。ただ「1 小説を支えるリアリティ」と「2 都市と繁華街」の議論は、もっとコンパクトにすることができたはず。内容としては同じことを言っているので、まとめて一つのブロックにすることで本題に字数をかけることができたのでは。議論の内容としては、保坂和志の発言に対して批評的距離を取らずに寄り添いすぎてしまっている点が気になる。作家自身の解説では捉えきれない視点があれば、なおよかった。
19
2170018渋革まろん
http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/shibukawa0213/
冒頭から前置きなくテーゼとそれを例証する引用文が示され、読者を引き込む手際は流石。「『なる』への力学」「『猫』の語が要請する意味のベクトル」「猫的運動性のリズム」等々、言葉のチョイスも上手い。また、3章4段落や6章の最後から3段落目など、論全体を引き締めダイナミズムを与える間の取り方や断定口調の挿入も効果的。一方、最終段落でヤコブソンの換喩を引用するまで、固有名(および概念)が挿入されないのは、批評文としてはやや物足りなさを感じた。また、言い回しが巧みで読者を納得をさせたまま最後まで読み進ませる力があるのだが、今回は各章の議論が少々思弁的/抽象的過ぎ、輪郭が曖昧な印象も。
20
2170019谷 美里http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/misatotani/基本的には面白いのだが、要素の組み合わせが多く、各章で区切られているので、やや全体の流れを追いづらい。各章ごとにとりあえずの纏めの一文が付くのもこの印象を手伝う。そして枠組みがかっちりしているあまり各作品に先行してしまい、表面をなぞるような読み味になっているのは否めないので、反復して出て来る「映像」や「写真」の話題を章を跨いで接続するなど、作品自体が持っている繋がりをもっと活かしたかった。保坂和志の通史を扱う視点は良いので、初期・中期・後期くらいに枠組みを減らし、もうちょっと作品に踏み込んだ分析にした方が良かったかも。とはいえ保坂の全体を見ることであの「私は」の用法に解釈を与えたのはすごい。
21
2170020hideyukiwada
http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/hideyukiwada42hk/
保坂の批評に対する態度、「小説のことは小説家にしかわからない」という見解に対峙する論考は欲しかった。漱石やバイヤールの引用で下地を作るも、肝心の保坂の作品からの引用分析がないため、結果的に「思いやりをもって接することのできる稀有な作家」という言い回しや「驚嘆すべき精神力」「おそるべき精神力」という記述に首をかしげざるをえなかった。時間切れだったのかもしれないが、「特定の箇所に、なにやかや言っている程度では」保坂の小説の「真の意味を見極める」ことができないことを、例えば保坂を取り上げた批評文を批判する形で提示できれば面白かったのではないか。引用文中の句点は不要。
22
2170021kimiterasuhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kimiterasu/
23
2170022谷頭 和希
http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/improtanigashira/
長さを感じさせないテンポで、冒頭のテーゼのインパクトもあり最後まで読ませる駆動力を持った文章だったと思う。しかし議論の上で重要な見立てである「主人公の思考」が「小説のストーリーは関係が無いにもかかわらず、突然に挿入され、読者の構築する世界を突き崩」すという部分が、例がひとつしか挙げられていないため、本当に「突然」なのか(後に「いつもの調子」でという記載もある)という疑問が湧いてしまう。著者の主観を抜けるもう少し精緻な説明、あるいは第三者による書評の引用などで補足して欲しかった。結果として、保坂の文章が、大部分で感情移入をさせないが、ごく一部で心情語を用いて共感を引き出すという見立て(心情語をカウントしたのは説得力があって良かった)自体は理解できるのだが、それをテロリズムという強い言葉で言い換えるには説得力不足という印象を持ってしまった。
24
2170023高橋 秀明http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/hide6069/議論自体はおもしろいものの、九鬼周造『時間論』を『カンバセイション・ピース』にあてはめただけになってしまっている。筆者独自の視点がほしい。九鬼を参照しつつも、自分の言葉で議論を整理していくこともできたはず。また「一」で早々に九鬼が出てくるのは、少々不用意すぎるのではないか。なぜ九鬼を引く必要があるのか、その理由をまず読者に丁寧に提示した方がいい。考えていること(ロジック)をそのまま展開するのではなく、どういう順序で読者に読ませるか(レトリック)を今後意識してほしい。
25
2170024月田http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/xxxx/
26
2170025斎藤英http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/tsaito222/
27
2170026吉原 啓介http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/448ra/言語学的なアプローチと「動詞的」「形容詞的」というキーワードが良いので、この概念で作品を分析することに専念した方がよかった。中盤以降保坂の発言がソースとなってしまい、結果的に(原理的に確かめ得ないはずの)「保坂の真意」を当てにいく文章に堕している。しかも確かめ得ない方向に行った結果、最後に「保坂のまわり」へと話が拡散し、「いえるだろう」というふわふわな推断で論が閉じられている。後半の「保坂」の頻出具合から見ても作者に擦り寄りすぎなので、もっと自立した読みを提出したい。その裏返しとして、逆に冒頭部では保坂の話がなかなか出てこず、「このように考えると、保坂和志の小説の主人公は」と唐突に保坂の話題になる。つまり保坂について語ることが自明視されている。課題だから当たり前と思うかもしれないが、それ以前に批評文なので、なぜ保坂を(言語学的な視点から)論じるのかを、(この企画を知らない)読み手にも共有させる出だしにしたい。
28
2170027pinchonhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/pin5chon7/
29
2170028遠野よあけhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/yoake/
30
2170029太田 充胤http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/lemdi04/前回に引き続き、保坂の言説や作品から自身のフィールドの科学に引き寄せるための要素を抽出する手付きは巧みだし、問いや論旨もクリア。「2045年から保坂和志を振り返る」という記述に期待が膨らむのだが、2045年においても言語芸術は力を持ち続け、いまだに「映像の世紀を生きている」保坂に必要なのは「スマートフォンで世界をとらえる」ことであるという展開には、やはり前回同様もう少し意外性が欲しくなってしまった。たとえば保坂の方法論の中に、今まさに実用化しつつあるテクノロジーとの親和性や、来るべき言語芸術の萌芽を見出すような議論は難しかっただろうか。
31
2170030町田 佳路http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/upskch/
32
2170031シルス湖http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/iiii/
33
2170032chiakihttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/chiaki/
34
2170033ペンネムRamunehttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/rondellio22/序盤、保坂作品のセンテンスと丁寧に向き合って議論を展開する姿勢は好ましい。『花揺れ土呟く』の書評として、読者に作品を読みたくさせるような文章にもなっている。ただ中盤に『小説修業』における保坂の発言を引くと、以降は保坂による小説観をなぞるような議論になってしまう。対象から距離を取り、論を展開してほしかった。
35
2170034谷川果菜絵http://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kanaetnik/
36
2170035ぽぽんたhttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/poponta/
37
2170036kenmitsudahttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/kenmitsuda/
38
2170037Bambinohttp://school.genron.co.jp/works/critics/2017/students/7977msms/
Loading...