2020年第3回青山フィロソフィーフォーラム
日  時:2020年10月17日(土) 17:00~19:00
会  場:オンラインにて開催
課題図書:寺田寅彦『天災と日本人』角川ソフィア文庫
懇親会 :同日19:00すぎ~21:30ごろ オンラインにて(飲食は各自で用意)

今回は、物理学者でありながら文学にも造詣が深く、多くの随筆を残した寺田寅彦をとりあげます。近年、自然災害が甚大化の傾向にあると言われますが、寺田寅彦は100年近く前に天災をどのようにとらえていたのでしょうか。課題図書の内容をベースに、以下の設問について考えておいてください。

1)「天災と日本人」において、共感・納得できる点、また現代の観点から重要と思われる点をあげてください。また逆に、共感・納得できない点もあげてください。
2)寺田寅彦は、彼が生きた当時の災害を題材に、自然観を述べています。あなたが現在考える「今日的な自然観」はどのようなものでしょうか。

番外(オンライン懇親会にて):なぜあなたは天災の多い日本から出ていかないのでしょうか?

開催の1週間から5日前に、オンライン会議の招待メールが届きます。届かない方はメールアドレスを確認の上、再度お申し込みください。

Email address *
参加者のお名前 *
第3回青山フィロソフィーフォーラムに参加しますか? *
第3回青山フィロソフィーフォーラム 懇親会に参加しますか? *
ABS入学年度 *
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy