<参加フォーム>【第2回JIMAセミナー】実名報道を考える(会員限定・非公開セミナー)
今年7月に起きた京都アニメーション放火事件では、35人の被害者の実名が公表され、報道されたことが議論となりました。
今回のセミナーでは、国際報道の最前線を知る共同通信社澤さんをお迎えし、欧米の「実名公表・実名報道」が報道の原則とされる実情や、日本での考え方の違いが生まれる理由、そして、実名報道の意義についてディスカッションします。

【議論のポイント】
●京アニ事件「実名」をめぐる「異例」とは何だったのか?
●なぜ日本では「実名報道」が議論となるのか?
●世界の「実名」をめぐる議論とはどんなものか?
●ニュースを扱う現場で大切にしなければならない「実名報道」への姿勢とは?


【登壇者】
・澤康臣さん(共同通信社・編集局特別報道室 編集委員)
・竹田直弘さん(文春オンライン編集長)

【澤康臣さん著作】
『英国式事件報道 なぜ実名にこだわるのか』『グローバル・ジャーナリズム――国際スクープの舞台裏』


【日時】12/2(月)19時〜21時半
【会場】スマートニュースイベントスペース
【住所】東京都渋谷区神宮前6丁目25−16 いちご神宮前ビル2F
【対象】JIMA会員社1社につき2名様まで無料。(3人目以降は下記事務局までお尋ね下さい。)




インターネットメディア協会 (事務局:市川・中井)
info@jima.media
   
Email address *
1. 出席される方のお名前をご記入ください *
Your answer
2. ご所属をご記入ください *
Your answer
3. 同伴者がいらっしゃる場合には「お名前」をそれぞれご記入ください
Your answer
4. 質問したいことや、期待することなどございましたらご自由に記入ください。
Your answer
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This form was created inside of SmartNews, Inc.. Report Abuse