申し込みサイト:日本学術会議・学術フォーラム「ゲノム編集技術のヒト胚等への応用について考える」
ゲノム編集技術をヒト受精胚・生殖細胞へ応用することは、様々な問題点があることから、学術的にも、社会的にも容認されていない。一方、2018年11月に中国で、ゲノム編集を施された双子が誕生したというニュースが世界を駆け巡り、その実施が後日確認されている。このような状況の下で、ゲノム編集技術の利用、その規制の在り方、そして倫理的問題に関する議論が国内外で行われている。日本学術会議は、このたび、ゲノム編集技術のヒト受精胚・生殖細胞への応用に関するフォーラムを開催し、ゲノム編集技術を取り巻く現在の情勢を共有すると共に、将来に向けて様々な立場から議論したい。

2019年11月24日(日)13:00~17:00(12:30開場)
会場:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7丁目22番地34号)
主催:日本学術会議 / 入場無料 / 要・事前申し込み / 定員:300名
問合せ先: 日本学術会議事務局 03-3403-6295

ポスターURL:http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/280-s-1124.pdf

以下にご記入をいただき、「送信」を押してください。確認メールなどはございません。
お名前
Your answer
所属等
Your answer
メールアドレス
Your answer
ご興味をもった理由など
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy