自動走行システムのデザインと法制度に関するシンポジウム 参加申し込み(参加者多数のため,会場を変更します)
日時:2018年3月2日(金) 10:30-15:30
場所:嘉ノ雅茗渓館2F茗渓(東京都文京区大塚1丁目5−23)
参加費:無料
主催:科研費 基盤研究(S) 15H05716「人の認知・判断の特性と限界を考慮した自動走行システムと法制度の設計」

プログラム
テーマ1 講演者 稲垣敏之(筑波大学)
時間:10:30-12:30(講演1.5時間,ディスカッション0.5時間) 
題目:「何のための自動運転? 誰のための自動運転?」
概要:自動運転が社会から注目と期待を集めているが、航空機が経験してきた事実からも分かるように、自動化には光の側面と影の側面がある。特に、徹底的な教育・訓練を受ける航空機のパイロットでさえ、自動化にまつわる様々な問題から逃れることができなかった事実を踏まえると、いったん運転免許証を手に入れてしまえば、どれほど高度な自動運転機能を備えたクルマに乗ろうとする場合であってもドライバー(ユーザー)に特段の教育や訓練を課すしくみが用意されていない自動車の場合は、航空機の場合よりはるかに深刻な問題を抱えるのではないかとの懸念を払拭することができない。このことは、社会に心から受け入れられる自動運転の実現を目指すには、技術的課題だけに注目するのではなく、人の心的特性や法制度のあり方なども含めた幅広い課題に対して慎重かつ果敢に取組んでいく必要があることを示している。
 テーマ1では、技術的側面と心理的側面に焦点を当てて、自動運転が解決していかなければならない課題を考察する。
1.自動運転のレベル定義: SAE J3016 の2014年版と2016年版は似て非なるもの
2.SAE J3016 の2014年版と2016年版の不完全性
3.レベル3の自動運転は実現すべき目標たり得ず
4.ドライバーモニタリングの落とし穴
5.自動運転における人と機械の協調と共生

テーマ2 講演者 中山幸二(明治大学) 
13:30-15:30 (講演1.5時間,ディスカッション0.5時間)
題目:「自動運転をめぐる法整備の最新動向」
概要:国際的な道路交通の基本枠組みである道路交通条約につき、欧州諸国を中心としたウィーン条約は一部改正され、他方、日米が加盟するジュネーヴ条約は未だ改正が実現していない。このような跛行状態の中、我が国でも自動運転の実現に向けた法整備の議論が本格的に開始され、2020年の実用化に向け、現在急ピッチで進められつつある。
 今回の集会では、話題提供として、実用化のための法的課題と現在の議論状況、今後の展望を試みる。警察庁、国交省、経産省の下にそれぞれ法律家を交えて設置された会議の議論動向を追い、システム責任に関する工学と法学の架橋の必要性を指摘したい。
1.技術開発の加速化と法整備の開始
2.道路交通条約の現状と解釈
3.現行法の構造と変容の可能性
4.刑事責任と規制法
5.民事責任と被害者救済システム

御名前 *
Your answer
御所属 *
Your answer
メールアドレス(差し支えなければ)
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms