OPEN JAPAN<西日本豪雨ボランティア>参加申し込みフォーム
平成30年6月28日から7月8日ごろにかけ連日に渡り降り続いた豪雨は、
南は鹿児島、北は岐阜県と約1100㌔にわたる、東日本大震災の被災地域を超えた未曾有の豪雨災害を引き起こしました。


死者は200名を超え、未だ酷暑の中、懸命な行方不明者の捜索が続いています。


OPEN JAPANの仲間たちとその連携団体は、
救助活動から支援などの活動を、発災翌日には数か所の被災地にて開始しました。
http://openjapan.net/shien/201807nishinihongou


被災地域が広範囲に渡り、
毎日ボランティアの活動がたくさんあるにも関わらず、
未だ必要な場所にその力が届いていない現状があります。


私たちOPEN JAPANは、現地でベースキャンプを運営し、
住民さんたちと共に過ごしながらコミュニケーションを大切に活動しています。


ショベルカーなどの重機や道具は必要ですが、
それもあくまで復興のための手段でしかありません。


私たちの目的は、被災された方々の一歩踏み出すお手伝い。
年齢や経験もスキルも様々なメンバーが全国から集まり、住人さんとともに汗をかく。


広場で飲み物やかき氷を出し、
住民の方やボランティアの方に笑顔を届けることも大切な活動のひとつです。


なにが出来るか分からなくても、お問い合わせだけで構いません。


ひとりひとりが出来ることを、必要としてる場所に届けたい。

みなさんのご応募、お待ちしております。
 
 
 
◆◇◆募集要項◆◇◆
 
 
一週間程度からのボランティアを募集しています。


※※※一週間から一ヵ月、二ヵ月の中長期の方 大歓迎!!※※※


誰でもWELCOME!!(ただし酷暑環境に適応でき、自己完結で行動できる方)

・事務局サポート、記録係、Web配信、
・技術者ボラ、重機オペレータ、大工(日曜大工程度でも◎)、看護師、料理人、現場コーディネーター、etc
・朗らかな方、愉快な方、怪力な方、etc
・企業のボランティア休暇でのご参加、また夏休みの学生大歓迎!!(未成年の方は保護者の同意書が必要です)

皆様の様々な特技が、現地では必要とされています。
 
 
 
〇活動エリア〇
現在は西予市野村町をベースに、宇和島周辺、大洲周辺にかけて活動をしています。


〇宿泊に関して〇
施設運動場にてキャンプイン
(テントか施設内での宿泊になります。テントの貸し出しはありますが、貸し出し出来るテント、立てる土地に限りがあるので、ご持参の方以外は長期滞在者を優先させてテント、マット、寝袋等の貸し出しをさせていただきます。
 テント泊以外の方は、敷地内の建物(男女別部屋)で宿泊することができます。車中泊も可)
洗濯機、また仮設シャワーの使用が可能です。 ※近隣の川にて行水も可。


〇食事に関して〇
昼食は各自でお願いしています。(近隣のコンビニ、スーパーがご利用いただけます)
朝、夕はベースキャンプにて共同して食事を作ります。(各自でご用意してもOK)


〇持ち物〇
活動の装備などは以下のホームページでご参照ください。
https://www.buzzfeed.com/jp/kazukiwatanabe/20170707?utm_term=.kuW2EkvYz

また、お持ちの免許証や、万が一のために健康保険証もお持ちください。


〇ボランティア保険〇
現地でも加入ができますが、お住まいの自治体社会福祉協議会で加入をしてからのご参加がスムーズです。
 
 
 
ご参加ご希望の方は、下記フォームからお申し込みください。

折り返し、担当者よりご連絡させていただきます。


Email address *
Next
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms