J-TECH STARTUP  募集は終了しました。
■J-TECH STARTUPとは?
「J-TECH STARTUP」は、技術をビジネスのコアコンピタンスとした事業で、グローバルな成長が期待される国内の技術系ベンチャー企業を「J-TECH STARTUP」銘柄として選定する取り組みです。

<応募条件>
技術を事業のコアコンピタンスとする企業。ハードウェア、ソフトウェアの分野は問いません。組み込み型ソフトウェアやクラウド上の処理エンジン、バイオ技術、先端材料、ロボットなども対象となります。

<応募枠>
今回は以下①②の2カテゴリにて募集を行います。各条件を確認してご応募ください。
①シード枠
 ベンチャーキャピタル等からの出資前の企業。エンジェル出資、クラウドファンディングからの資金調達を受けている企業、および起業予定者を含む。
②アーリー枠
 ベンチャーキャピタル等から出資を受けていて、以下の要件を満たす未公開企業。
  ・資本金額:1億円未満
  ・従業員数:50名以下
  ・大企業の子会社ではないこと ※法人の設立年は問いません。第二創業も対象となります。

<選考基準>
以下の4項目を総合的に判断して選考します。
①事業の革新性(産業構造を変えるような技術であること)
②経済的な規模(対象とする産業規模が大きく、影響が広範囲に及ぶこと)
③社会的影響力(世界社会に与えるインパクトが大きいこと)
④事業の実行力(競争優位性、マネジメントチーム、戦略の全体整合性)


<応募方法>
応募期間内に、以下①②の両方をお送りください。
①このページ下にある応募フォームにご記入いただき送信ください。
② 別途、下記のポイントを押さえたプレゼン資料を、運営事務局(j-tech@tepweb.jp)まで
お送りください。
  (1)事業およびビジネスモデルの概要
  (2)「誰の」「どのような」課題を解決したいのか
  (3)課題に解決をもたらす御社商品/サービスの概要
  (4)競合先および御社の競合優位性
  (5)事業の経済的・社会的インパクト


<応募締切>
・2017年10月31日(火)受付分まで
 締め切りは厳守とし、運営事務局の応募内容受領時刻で判断いたしますのであらかじめご了承ください。

<選考方法>
選考はTEP、日経テクノロジーオンライン、リアル開発会議が共同で行います。

<発表>
2017年12月中旬頃のプレスリリースにて公表、および2018年2月上旬 第2回「J-TECH STARTUP SUMMIT」にて認定賞授与を予定しています。

■お問合せ
 J-TECH STARTUP SUMMIT 2017運営事務局 j-tech@tepweb.jp

Submit
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms