2020指導者ライセンス 筆記秋期(閲覧用)
※ブラウザの「戻る」ボタンは押さないでください。各ページの1番下の「戻る」ボタンより前のページに戻ることが出来ます
1.J. C. F. バッハ◎アングレーズ
リスニング問題です。次に流す演奏には、明らかな音の間違いが3 箇所あります。それぞれの間違いについて、小節数、右手、左手(声部)等を明確にした上で、指摘してください。演奏は2 度流します。
(各3点×3)
間違い1
●小節、右手・左手・両手、間違い内容:~~~ の形式でお書きください。
間違い2
●小節、右手・左手・両手、間違い内容:~~~ の形式でお書きください。
間違い3
●小節、右手・左手・両手、間違い内容:~~~ の形式でお書きください。
2.フチーク(バスティン編曲)◎剣士の入場
1.リスニング問題です。次に流す演奏には、不適切と思われる箇所や音の間違いが全部で3点あります。それぞれについて、どこがどのように誤っているか、指摘してください。ただし、演奏のテンポについては、問わないものとします。演奏は2度流します。
(各3点×3)
間違い1
どこが:~~、どのように:~~、の形式でお書きください。
間違い2
どこが:~~、どのように:~~、の形式でお書きください。
間違い3
どこが:~~、どのように:~~、の形式でお書きください。
2.指導問題です。第18 小節で、生徒の演奏がもたついてしまいました。それまでのイン・テンポが崩れ、左手の音色やリズムも不均等になり、両手の拍も合わず、音量のバランスも悪い状態です。生徒は、不均等なことに気付いていないようです。これを改善するために、生徒がわかりやすく、また難なく実行できる方法として、どのようなものを提案しますか( 声がけ、宿題の出し方、練習法など)。
(4点)
Next
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of 一般社団法人全日本ピアノ指導者協会. Report Abuse