EMBLバルセロナの研究室で海外大学院の雰囲気を体験してみませんか
私(戎家美紀)の研究室が所属するEuropean Molecular Biology Laboratory (EMBL)のPhDプログラムには、世界中の学生から応募がありますが、日本からの応募は異常に少ないです。おそらく日本の多くの大学生にとって、いきなり海外の大学院に応募するのは、情報収集の点でも語学の点でもやや敷居が高いのかなと思います。そこで、ジュン アシダ賞(https://www.jst.go.jp/diversity/about/award/index.html )でいただいた副賞の一部を使って、日本の学生が海外の大学院を体験するインターンの機会を作ってみることにしました。

このインターンに参加したからといって、将来海外大学院に応募する義務はなく、あくまで視野を広げるきっかけづくりです。ちなみに私自身は日本の大学院で過ごして幸せだったし、みんなが海外留学すべきとも全く思わないですが、例えばヨーロッパタイプの大学院の方が向いている人もいるでしょう。なにより、研究者のキャリアには(というか人生には)色々な選択肢があることを多くの若者に宣伝したい、という動機です。


インターン内容:
スペイン バルセロナにある私の研究室(EMBL Barcelona, Ebisuya group)に2週間程度滞在し、研究体験をします。私の研究室の研究内容は、こちらを参考に(https://www.embl.es/research/unit/ebisuya/index.html )。実験指導は、EMBL PhDプログラムに在籍中のスペイン人大学院生が行ってくれる予定なので、この機を活かして、海外の大学院について情報収集したり、進学するとどんな感じかシミュレートしてください。バルセロナはとても楽しい街なので、楽しんで。

インターン時期:2020年8月もしくは9月のどこかで約2週間、相談して決めます。

対象:
日本の大学に在籍中の大学生あるいは修士課程1年生。
海外の大学院でのPhD取得に興味があり、できれば将来研究者になりたいと思っている人。ちなみにヨーロッパのPhDプログラムは、修士課程を終えてから進学する人が多いです。
本来は分野を限る必要はないですが、私の研究室でのインターン内容を考えると、生命科学分野の基礎知識は必要ですし、私達の研究内容に理解と興味のある人を歓迎します。
また、研究所内でコミュニケーションできる程度の英会話力は必須です。

人数:1人

補助:
ジュン アシダ賞の副賞から30万円を渡すので、それを旅費や滞在費などに好きに使ってください。航空券や宿泊場所などは自分で手配してください。また、その他のこと、例えば保険や日本での所属先との交渉などについても、基本的に自己責任でお願いします。

選考方法:
下記の英語の応募書類を読んで私が独断で決めます。書類選考後、簡単な英語スカイプ面接をする可能性があります。なぜ英語なのかというと、ある程度の英会話力が必要だからと、英語で魅力的な応募書類を書く公開練習だからです(補足1参照)。


選考方法補足:
1.応募書類の中で、よいと思ったものは、一部twitterなどで公開します(匿名)。また、インターンに選ばれた人には、参加後に簡単な感想文を書いてもらい、これも公開します(実名)。自分の書いた文章が公開されることに抵抗のある人もいるでしょうが、この企画の狙いの一つは、「書類審査ではどんな文章が魅力的なのか?」「海外の大学院ってどんなかんじ?」という情報を、なるべく多くの若者の目に触れさせることなので、すみませんがご了承ください。

2.当然ですが、下記の質問項目のうち、重要なのは4と5です。今回は私の独断で誰に来てほしいかを決めるわけですが、ある程度いろんな審査に共通したことだと思うので、もう少しだけ書きます。
とにかく一番言いたいのは、「あたりさわりないことを書いても意味がない」という点です。例えば志望動機を書いてもらうと、「EMBLのような最先端の研究所の雰囲気を体験して刺激を受けたい」みたいな文章が送られてきそうですが、これでは一般的すぎてピンときません。別に悪印象も受けないのですが、多くの候補者から一人を選ぶ時に、特徴のない人を選ぶ理由はないでしょう。特に、研究者を目指す人にとって、オリジナリティーは重要なはずです。その人自身の体験や意見に基づいた具体的なことを熱く語ってほしいです。ちなみに奇をてらう必要はないです。また研究者には、論理的にわかりやすく書く能力も必要です。「それって結局どういう文章がいいの?」と思ったあなた、まさにそれが応募書類の中でよかった文章を公開するとした理由です。書きたい内容はそれぞれ違うにしても、良いお手本を見るのはとても参考になるので。


応募締切り:
2019年12月31日(日本時間で2019年が終わるまで)
Email address *
1. Your Name (Surname, First name) *
Your answer
2. Affiliation(大学名、専攻、学年。生物系の基礎がありそうかの参考にします) *
Your answer
3. Gender(性別は問いませんが、ジュン アシダ賞の趣旨を鑑み、迷ったら女性やマイノリティーを優先します) *
4. これまでに出会ったサイエンスの中で、面白いと思ったものと、その理由 。これまでに読んだ科学関連の本やニュース、論文、学生実験の結果など、何でも構いません。どんなことを面白いと思うのかという視点と、いかに論理的に説明できるか、という点を評価します。300 words以内。英語。 *
Your answer
5. これからの人生計画やこのインターンへの志望動機など自由にどうぞ。あたりさわりのないことより、具体的なエピソードなどを書く方がポイント高いです。300 words以内。英語。 *
Your answer
お疲れさまでした。下記はEMBL Barcelonaからの景色。
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy