国際会議(FPT):協賛企業募集
FPGA応用技術ならびにシステム評価、開発ツール、新デバイスに関する国際会議(FPT2018)
国際会議 FPT(2018 International Conference on Field-Programmable Technology)
 会期:2018年12月10日ー14日
 場所:那覇市ぶんかテンブス館(沖縄県那覇市牧志3丁目2番10号)

国際会議FPTとは何か。
 FPTは、FPGAに代表される、書き換え可能なチップを扱った国際会議です。FPGA技術を扱う代表的な国際会議は、FPL(欧州), FPGAおよびFCCM(米国)の3つが1991年および92年にスタートしました。FPTは、アジアおよび環太平洋地域を中心に、それに続く会議として2002年よりスタートしたものです。日本では、2003年(東京)、2007年(北九州)、2013年(京都)に続く4回目の開催となります。世界各国から約80件の発表(採択率30%未満)、200名を超える研究者・技術者が参加する国際会議として成長しており、前出の3つの国際会議に並ぶ会議として大変な注目を集めています。
 FPTにおいて発表・議論される内容は、書き換え可能なチップ(FPGA)への応用アプリの実装(AI、画像処理、データベース処理、通信処理など)、システム評価(組込みシステム、大規模システムなど)、FPGA等の開発環境(新しいCAD、記述言語、ライブラリなど)、書き換え可能なチップそのもの(新しいFPGAの製作、アーキテクチャの提案など)などとなっています。

協賛企業となるメリット。
 FPGAの産業応用は、データセンタ、IoT(Internet of Things)、AI(人工知能・機械学習)などでの利用が追い風となり、急速に広がっています。中国やアジア各国もこれに照準を合わせており、企業参加者もこれまでのFPTより増えることが予想されます。
 皆様におかれましては、本会議における御社製品や技術の宣伝はもちろん、FPGA等に関する新しい知見の入手、国内外の産学機関との新しいネットワーク構築、優秀な学生・研究者との懇親、国内および国際共同研究への発展など、本会議を一つの場として有効に利活用して頂ければと考えております。
 また、皆様からのリクエストがありましたら、予算・空間・人的リソースが許す範囲で、可能な限り対応させて頂きたいとも考えております。

本登録フォームの構成
 本登録フォームは以下の4ページから構成されます。

・1ページ目:本ページ
・2ページ目:協賛種別の説明および選択フォーム
・3ページ目:貴社およびご担当者様情報登録フォーム
・4ページ目:終了

 4ページ目になるまで(3ページ目情報を確定するまで)は入力した情報は送信されません。協賛に関する詳細情報をご確認頂きたい場合は、以下の次のボタンを押してください。

最後に、皆様のご参加を心よりお待ちしてます。


                FPT2018 協賛関連担当委員長 三好健文
                FPT2018 組織副委員長 山口佳樹

Next
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms