2013年7月 理系日本人勉強会

NY界隈の研究者の皆様

7月の勉強会のお知らせです。
今回は19日(金)、視覚神経と「痛み」の発表の2本立てでいきます。
コロンビア大学の岩井玲奈さんによる視覚を伝える細胞ができる仕組みの研究発表と、
ロックフェラー大学の新倉慶一さんによる行動薬理学から見た痛みの発現メカニズムの解説です。
出欠登録は7月17日(水)までにしていただけると助かります。
詳細は以下の通りです。

同時に、今後の開催日時に関してのアンケートにご協力お願いします。
以前から、週末開催の要望や月金は避けてほしいといった声もあるので、
みなさまが感じていることを教えていただきたく思います。
よろしくお願いします。


日時:7/19 (金) 18:00〜

発表:
岩井玲奈(コロンビア大学)
『色覚・形態覚細胞の遺伝子発現:色・かたち・奥行きの視覚回路のでき方』

新倉慶一(ロックフェラー大学)
『痛みによる脳の変化:行動薬理学の観点から』

場所:Miller Room, Havemeyer 3F(建物入ってすぐ左)
   Columbia University, Morningside Campus (① train, 116th st. Columbia Univ. station)
   http://goo.gl/2s7Bd (地図)

費用:5ドル前後(スナック、飲み物等)

    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question