Race Emergency Medicine Workshop 参加申込
 2020年の東京オリンピックに向けて,マラソン競技を始めとした屋外ロードレースにおける医療体制,熱中症対策,心肺停止への対応等について,国際陸連(IAAF)と国際レース・メディスン協会(IIRM)が共催(日本陸連(JAAF)運営協力)する研修会(Race Emergency Medicine Workshop)が,本年7月にアジアで初めて東京で開催される運びとなりました。
 将来的には本研修会の受講が,IAAFラベルレースの医事委員長の国際的な基本資格となる予定です.ロードレース大会において救護に携わる先生方,コメディカルの皆様,東京オリンピックで会場医療責任者(VMO)もしくは選手用医療統括者(AMSV)を務められる先生方につきましては,ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

日時:2019年7月20日(土)
会場:日本青年館ホテル (〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4-1)
対象:JAFF公認マラソン大会の救護に携わる医師およびコメディカル
   東京オリンピック 会場医療責任者(VMO)/選手用医療統括者(AMSV)
定員:先着60名
申込締め切り:2019年7月5日(金)
参加費:12,000円
※ IAAFラベルレースの医事委員長は無料です
※ 昼食代,コーヒー代が含まれますが,交通費・宿泊費は自己負担となります.
※ 参加費は下記へお振込みください。
三菱UFJ銀行(005) 渋谷支店(135) 普通預金 4124252
公益財団法人日本陸上競技連盟 ザイ)ニホンリクジョウキョウギレンメイ
・お振込みの際、振込人名義の前に【RMD】と入力をお願いします。
(例:RMDリクレンタロウ)
・7月10日(水)までにお振込みをお願いします。

※ また本研修会は、日本医師会生涯教育制度による学術集会に認定されております。
午前の部
8:30-8:45 開会の辞
8:45-9:25      東京マラソンにおける医療体制(Fumihiro Yamasawa)
9:25-10:05 暑熱負荷と熱中症 (Yuri Hosokawa)
10:05-10:25 休憩
10:25-11:05 脱水症と低ナトリウム血症 (Chris Troyanos)
11:05-11:45 持久系運動が心血管系へ与える影響 (André La Gerche)
11:45-12:25 横紋筋融解症 他 (Shogo Tabata)
12:25-13:25 昼食

午後の部(グループセッション)
[進行役] Chris Troyanos, Stuart Weiss, André La Gerche, Yuri Hosokawa, Shogo Tabata, Paolo Emilio Adami, Stéphane Bermon
13:25-14:05 第1ラウンド
14:05-14:45 第2ラウンド
14:45-15:05 休憩
15:05-15:45 第3ラウンド
15:45-16:25 第4ラウンド
16:25-16:45 評価と考察
16:45-17:00 閉会の辞

グループセッションのテーマ(各40分)
1. 運動関連性熱中症
2. 運動関連性虚脱
3. 運動誘発性低ナトリウム血症
4. マスカジュアルティへの対応


※研修会は全て英語で実施されますが,午前の部のみ同時通訳の導入を予定しています.

Email address *
1.氏名 *
姓と名の間に全角スペースを入れてください。
Your answer
2.フリガナ *
お名前のフリガナを全角カナでご入力ください。姓と名の間は全角スペースを入れてください。
Your answer
3.連絡先(携帯) *
半角数字で入力。間にハイフン(-)を入れてください。(例:090-1234-5678)
Your answer
4.住所(郵便番号)※文書等送付先 *
半角数字で入力。間にハイフン(-)を入れてください。(例:123-4567)
Your answer
5.住所 ※文書等送付先 *
Your answer
6.所属先 *
Your answer
6.所属大会名
〇〇〇〇マラソン大会
Your answer
7.所属大会での役職
Your answer
8.保有資格
9.参加料の領収証の希望について *
Next
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of 日本陸上競技連盟. Report Abuse - Terms of Service