食生活ジャーナリストの会30周年記念シンポジウム
テーマ:「食・健康・科学」をどう伝えるか
     ~ジャーナリズムのあり方を考える~
    
【日 時】 2019年10月30日(水) 13:30~17:30 (13:00受付開始)
【場 所】 東京大学農学部 弥生講堂 一条ホール 
     東京都文京区弥生1-1-1(東京メトロ南北線東大前駅より徒歩5分)
     http://www.a.u-tokyo.ac.jp/campus/overview.html
【主 催】食生活ジャーナリストの会(JFJ)
【協 賛】守れる命を守る会
【参加費】 一般2,000円、JFJ会員・JAJA会員無料、学生無料
     *当日受付にて現金でお支払いください。
【定 員】250名(定員に達しましたら申込受付を締め切ります)

<講師を囲む懇親会>(18:00~20:00)@一条ホールロビーエリア
  *懇親会のみの参加は受け付けません(講演会参加者のみ)
【会 費】 2,000円(会員、学生も同じ)
    *当日、講演会受付にて現金でお支払いください。
【定 員】 60名(定員に達しましたら申込受付を締め切ります)

【参加申込み入力は最下段より】

<シンポジウムプログラム>

【基調講演】
村中 璃子氏(医師・ジャーナリスト)
 「子宮頸がんワクチン問題から考える、これからの科学報道」
小松理虔氏(地域活動家・いわき海洋調べ隊「うみラボ」共同代表)
 「福島の『食の安心』はどこにある? 〜港町の現場から〜」

【パネルディスカッション】
 パネリスト: 村中璃子氏、小松理虔氏
村上 紀子氏(食生活ジャーナリスト、食生活ジャーナリストの会初代代表幹事、元朝日新聞編集委員)
畑中 三応子氏(食文化研究家)
小島 正美氏(食生活ジャーナリストの会代表幹事)
 コーディネーター: 小山伸二(辻料理教育研究所 メディア・プロデューサー)

*なお、パネリストは当日予告なく変更になる場合があります。

※入力したメールアドレスあてにお申込内容が自動送信されます。
 (入力必須項目をすべて記入する必要があります)

なお、WEB入力に不具合がある場合は、お手数ですが、
JFJ事務局にメールでお申込みください。

⇒ JFJ事務局 jfj-shoku@t-net.ne.jp
     電話&FAX:042-554-3887
Email address *
ご氏名 *
Your answer
ご氏名のふりがな *
Your answer
ご所属 *
Your answer
会員/非会員をチェックしてください。 *
Required
懇親会参加の有無。*懇親会参加費は会員・非会員ともに2,000円です。 *
領収書の宛名(領収書不要であれば「不要」と入力)
Your answer
お電話番号(###-####-####)
Your answer
シンポジウムの演者/パネリストに対して、当日質問したい事項やご意見をお書きください。
Your answer
備考(JFJ事務局への通信欄)
Your answer
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This form was created inside of 特定非営利活動法人食の安全と安心を科学する会. Report Abuse