日本糖尿病教育・看護学会

                               理事長 正木治恵
                               政策委員会 餘目千史

               診療報酬改定要望に向けた実態調査
  「糖尿病透析予防指導管理料」の算定、遠隔モニタリングを用いた看護支援ご協力のお願い

 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 日頃より本学会活動にご理解ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、このたびは、標記調査へのご協力をお願いしたく存じます。本調査の目的は、診療報酬改定提案の検討に向けて、「糖尿病透析予防指導管理料」の算定、遠隔モニタリングを用いた看護支援の実態を明らかにすることです。調査の趣旨をご理解いただき、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 なお、協力者への謝金等の準備はありませんが、結果については、ホームページでの速報、および学術集会、学会誌で報告する予定ですので、ご活用下さいますようお願いいたします。

1.調査内容
・遠隔通信システムを用いた診療(看護・療養相談を含む)の実施内容・対象者・頻度
 ・看護職が療養支援に使用している通信機器およびシステム・対象者・頻度
・糖尿病透析予防管理料の算定状況・算定数増加に関連する理由

2.調査対象
医療機関に所属し、糖尿病透析予防指導管理料の算定及び遠隔モニタリングを用いた看護支援に回答可能であり、調査に同意した者
3.調査方法 Googleフォームで作成したWEB調査
 調査内容や倫理的配慮を了解し、「同意する」にチェックを入れたら、調査にすすむことはできます。
4.回答時間 5~15分
5.調査期間  2019年1月11日(金)~2019年1月25日(金)
6.倫理的配慮
 ・結果は、Googleフォームの自動集計された、(各設問、選択肢ごとの回答数の集計、自由回答の一覧)段階で研究者に渡り、研究者は回答者を特定できません。
・回答の途中で研究協力を撤回する場合、その時点で回答を中止して、回答を送信せずにそのサイトから離れることが可能です。
 ・自動集計機能を使用して結果を集計するので、回答者の個別の回答を研究者が見ることはありません。
・自由記載欄には個人名、組織名を記載しないようにお願いいたします。もし自由記載欄に個人名、組織名の記載があった場合には、記号等で置換いたします。
・質問項目の回答データの送信時には、SSL暗号化(Secure Sockets Layer)を行い、通信情報の傍受・漏洩を防ぎます。クラウド上のデータは、調査終了後は削除いたします。
・クラウド上からダウンロードした結果が記録された電子媒体(CD-R等)やファイルにはパスワードロックをかけ、分析担当者が鍵のかかる場所に保管します。
・研究グループ内でのデータのやりとりの際、インターネットを経由する情報暴露に対するセキュリティ対策を確実に行うことを研究者間で周知徹底します。
・研究終了後のデータは、所属機関の規定に則り、10年程度、鍵のかかる場所に保管し、その後電子媒体は、修復不可能な状態に消去します。
・公表の際にも個人名や所属機関名が特定されることは決してありません。 

                          【お問い合わせ先】
                           本調査の責任者:黒田久美子
                           千葉大学大学院看護学研究科
                           附属看護実践研究指導センター
                           〒260-8672 千葉市中央区亥鼻1-8-1
                           tel&fax 043-226-2465
                           e-mail kkuroda@faculty.chiba-u.jp


【調査に関する説明】
1.遠隔モニタリングを活用した血糖管理コーディネートについて
 平成30年4月より、患者と医師との情報通信機器を用いた診療(いわゆる「遠隔診療」)に対し、「オンライン診療料」、「オンライン医学管理料」が算定可能となり、さらに在宅でのCPAP(持続陽圧呼吸療法)、HOT(在宅酸素療法)実施中の患者について遠隔モニタリング加算が新設されました。現在、算定対象には特定疾患療養管理料や糖尿病透析予防指導管理料算定者が含まれており、糖尿病患者も対象となっています。
 そこで本委員会では、糖尿病患者の血糖値をはじめとしたデータ管理について、遠隔モニタリング加算新設の要望を検討しています。要望内容を検討するにあたり、糖尿病患者に対する遠隔診療(看護、支援を含む)の実態調査を実施することとしました。

2.糖尿病透析予防指導管理料算定について
平成24年の診療報酬改定に伴い新規評価された糖尿病透析予防指導管理料ですが、算定率は伸びていないのが現状です。そこで、糖尿病透析予防指導管理料を算定に関する現状について教えていただき、政策委員会として、糖尿病透析予防管理料の新規取得への支援等についても考えていきたいと思っております。

調査に関する同意
上記説明内容を読み「同意する」にチェックを入れ、先にお進みください。(同意されない場合は回答を中止してください。) *
Next
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. - Terms of Service