第2期・第12回「みなとーく」〜キャリジョが求める政策とは?
素敵なゲストとともに、働く女性にとって本当に必要な政策や、キャリジョ・キャリママをサポートするプロジェクトをみんなで考えていきます。

今回のゲストは、テクノロジーによって女性が直面する問題の解決を目指す Google のアジア太平洋地域全体の取り組み「Womenwill」の岸田明理さん、「働く女性」(キャリジョ)をテーマに、博報堂グループの女性マーケティングプラナー、プロモーションプラナー、メディアプロデューサーで立ち上げた社内プロジェクト「博報堂キャリジョ研」の白根由麻さん、そして、港区で3人のお子さんを育てながら様々なキャリアを経験し、現在は地域での子育てを提唱して、様々なプロジェクトを行っている新美真理子さんです!

働き方改革の流れを受けて、行政では、就業支援や雇用対策、子育て支援施策など、様々な政策が導入されて来ています。一方、従来からの政策は、一般に専業主婦を想定したものが多く、働いてる母親には必ずしも届いていないという指摘もあります。

そこで、今回は、キャリジョ・キャリママの視点で、行政の施策を見直したり、新たな施策をみんなで考えたりすることをみんなで挑戦してみたいと思います。ここで、新たなプロジェクトなり政策なりが生み出されることを期待しています。普段、行政に対して思っていても言えていないことを、どんどん発言してください!そして、一緒に新しい政策をつくりましょう。

▽場所・時間・参加費
場所:虎ノ門ヒルズカフェ
https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13168768/

時間:8月18日(土) 15:00〜17:00(開場:14:50〜)
※終了後、ネットワーキングの時間も取ります。

参加費:2000円(軽食とフリードリンクを提供させていただきます。)
※学割1,000円

定員:先着20名

▽Guest
・岸田明理(ゲスト)
Google「Womenwill」プロジェクトリーダー。
ブランドマーケティングに所属し、プロダクトやサービスをユーザーに届ける施策を企画実施することに従事。インバウンド施策としてTBSと日本初のテレビとストリーミングの生放送番組「TOKYO EXTRA」を仕掛けるプロデューサーとして活動し、現在はGoogle AIなどのテクノロジーを活用して、女性や男性が活躍する未来を創る活動を進めている。

・白根由麻(ゲスト)
博報堂キャリジョ研メンバー。
2010年、博報堂に入社。アクティベーションプランナー。入社以来、プロモーションプラナーとして、 飲料、車、アパレル、菓子、化粧品、トイレタリーなど、様々な商品と生活者との接点を作り出す仕事を担当している。

・新美真理子(ゲスト)
大学時代より英語・フランス語の通訳のアルバイトをしてプロの通訳になることに憧れるが、先輩からまずは就職することを勧められ、航空会社に就職。その後、通訳→出産→翻訳→映像翻訳→留学企画と、時代と子どもの年齢に合わせて様々なキャリアを歩む。
児童館で赤ちゃんを預けて運動ができるサークルや、公園でボール遊びを復活させるためのアクションなど、活動は多岐にわたる。

・横尾俊成(オーガナイザー)
港区議会議員。NPO法人green bird代表理事。まちの課題を若者や「社会のために役立ちたい」人の力で解消する仕組みづくりがテーマ。みなとーくを通して、多くの方々のアイディアをプロジェクトや、政策などの形にして実現をしてきています。今回も、食という切り口で港区をはじめ、どのような形で地域を巻き込んだプロジェクトにできるかを探って行きます。

・久保直生(モデレーター)
実名制No.1グルメサービスRettyにて2年ほど働き、自然言語処理を用いた口コミ解析やお店まとめ作成などを担当。Bostonに留学し、アメリカの大統領選挙期間中の若者の関わり方を調査・研究。NPO法人green birdのボストンを立ち上げ、ゴミ拾いを通したまちおこしを様々な国籍の若者を巻き込み実践していました。現在は、幼児教育の事業で起業され、様々な分野の人たちを巻き込み活動中。

▽What is 「みなとーく」?
【1人の専門家より、1万人の“素人の知恵”で行うまちづくり】
「みなとーく」は港区をよりよくするために、ゲスト、そして参加者の皆さんとカジュアルに話し合う場です。数ヶ月に1回、まちの問題を解消するワークショップを行っています。

僕たちが住み、学び、働く港区には課題がたくさんあります。でもその一方で、いいところだってたくさんあります。「みなとーく」では、まちの課題と良いところの両面から、まちをもっとよくするアイディアをたくさん出していただきます。そして、そのアイディアを実際に政策やプロジェクトとして実行するところまで行っています。

第1期目の「みなとーく」では、子育て中のお母さんのためのイベント、「Happy Nappy Day」や若者を防災訓練施設に巻き込むためのイベント「防災訓恋」、災害時のペットを助ける組合の設立など、様々なプロジェクトが生み出されました。

“批判や批評ではなく、アイディアで街をもっと盛り上げる。”そのために、誰でも参加しやすいリアルコミュニケーションを大切にした機会をつくっています。

ぜひ、ぜひご参加ください!

メールアドレス
Your answer
氏名
Your answer
フリガナ
Your answer
このイベントをどの様に知りましたか *
Required
イベントに何を期待しますか
二次会に参加されますか
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms