歴史を生かしたまちづくりセミナー 「今を生きる古民家の保存と活用」 保存と活用について全国各地の事例に学ぶ

●セミナー
【日時】2015年2月21日(土)13:30(受付13:00)
【会場】神奈川県本庁舎 3階大会議室(旧議場)
(横浜市中区日本大通1)
【記念講演】「女手一つで甦らせた茅葺民家」村上和子氏(岩手県指定文化財村上家当主)
 岩手県一関市千厩地区で江戸時代後期の茅葺民家(村上家住宅 岩手県指定文化財)を女手一つで再生。ご主人の反対を押し切って、古民家再生を決意したのは、「民家は雨漏りさえしなければ200年もつ。柱や梁は生きているので、壊したら申し訳ない。」という大工さんの一言だった。しかし資金調達には苦労した。東京で洋服を仕入れ、地元で行商した利益をつぎ込み20年以上かけて見事に甦らせた物語。

【基調講演】「横浜の宝、古民家」大野敏氏(横浜国立大学教授・公益社団法人横浜歴史資産調査会理事)
【パネリスト】
・吉村 徳男氏(福島県下郷町大内宿・屋根葺き師):技術者の育成
・飯田 助知氏 (横浜市港北区古民家所有者) :住まい方、所有者の日々の努力
・清水 靖枝氏(横浜市長屋門公園 館長) :魅力などの伝え方(総合学習での昔の暮らし方体験など)の大切さについて
・コメンテーター
大野 敏 氏(横浜国立大学教授・公益社団法人横浜歴史資産調査会理事)
・コーディネーター
米山 淳一(公益社団法人横浜歴史資産調査会常務理事・事務局長)
主催:横浜市都市整備局、公益社団法人 横浜歴史資産調査会(ヨコハマヘリテイジ) ・協力:神奈川県


【費用】資料代1000円

●お申込み
【申込締切】2月20日

    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question
    This is a required question