FP3級・学科(タックス)
タックスからの出題です。
氏名(入力必須) *
Your answer
【1】白色申告をしている事業主と生計を一にする親族が事業専従者に該当する場合、事業専従者控除の適用を受けることができる。(2017年1月)
1 point
【2】ゴルフ会員権を譲渡したことによる譲渡損失の金額は、他の各種所得の金額と損益通算することができない。(2017年1月)
1 point
【3】所得税において、老齢基礎年金や老齢厚生年金に係る所得は、雑所得に該当する。(2017年1月)
1 point
【4】所得税において、老人扶養親族のうち、納税者またはその配偶者の直系尊属で、納税者またはその配偶者と常に同居している者(同居老親等)に係る扶養控除額は、63万円である。(2017年1月)
1 point
【5】申告分離課税を選択した上場株式の配当金に係る配当所得は、所得税における配当控除の適用を受けることができない。(2017年1月)
1 point
【6】復興特別所得税額は、基準所得税額に(   )の税率を乗じて計算される。(2017年1月)
1 point
【7】勤続年数35年の定年退職者が退職金として3,000万円を受け取る場合、所得税における退職所得の金額の計算上、退職所得控除額は、(   )である。(2017年1月)
1 point
【8】納税者Aさんが、受診した人間ドックの結果から重大な疾病が発見され、引き続きその疾病の治療のために入院した場合、Aさんが支払った費用等のうち、(  )は、所得税の医療費控除の対象にならない。(2017年1月)
1 point
【9】所得税の住宅借入金等特別控除の適用を受けるためには、取得等した家屋の床面積が( ① )以上で、かつ、その( ② )以上に相当する部分が専ら自己の居住の用に供されるものでなければならない。(2017年1月)
1 point
【10】確定申告を要する納税者Aさんが平成28年2月1日に死亡した。Aさんの相続人は、同日にAさんの相続の開始があったことを知ったため、平成28年分のAさんの所得について(  )までに所轄税務署長に対して所得税の準確定申告書を提出しなければならない。(2017年1月)
1 point
【11】国債や地方債などの特定公社債の利子は、所得税において、申告分離課税の対象となる。(2017年5月)
1 point
【12】所得税において、その年中の給与等の収入金額が65万円以下である場合、給与所得の金額は0(ゼロ)となる。(2017年5月)
1 point
【13】勤続年数が20年を超える定年退職者が退職手当等を受け取る場合、所得税における退職所得の金額の計算上、退職所得控除額は、70万円にその勤続年数を乗じた金額となる。(2017年5月)
1 point
【14】助産師による分べんの介助を受けるために直接必要な費用は、所得税における医療費控除の対象とならない。(2017年5月)
1 point
【15】給与所得者のうち、その年中に支払を受けるべき給与の収入金額が2,000万円を超える者は、所得税の確定申告をしなければならない。(2017年5月)
1 point
【16】Aさんの平成28年分の各種所得の金額が下記の〈資料〉のとおりであった場合、損益通算後の総所得金額は( )となる。なお、各種所得の金額に付されている「▲」は、その所得に損失が生じていることを表すものとする。(2017年5月)
1 point
Captionless Image
【17】契約者(=保険料負担者)・被保険者・満期保険金受取人がいずれもAさんである一時払養老保険(保険期間10年、正味払込済保険料1,000万円)が満期となり、満期保険金1,100万円を一時金で受け取った場合、一時所得の金額は( ① )と計算され、うち( ② )が総所得金額に算入される。(2017年5月)
1 point
【18】平成28年中に自己の所有する居住用家屋を対象とする地震保険契約の保険料として6万円を支払った場合、所得税の地震保険料控除の控除額は(   )である。(2017年5月)
1 point
【19】所得税において、老人扶養親族のうち、居住者またはその配偶者の直系尊属で、居住者またはその配偶者と常に同居している者(同居老親等)に係る扶養控除額は、(   )である。(2017年5月)
1 point
【20】事業所得または( ① )を生ずべき事業を営む青色申告者が、正規の簿記の原則に従い取引を記録した帳簿を備え、貸借対照表、損益計算書を添付した確定申告書をその提出期限までに提出するなどの要件を満たす場合、最高( ② )の青色申告特別控除の適用を受けることができる。(2017年5月)
1 point
【21】個人の株主(発行済株式総数の3%以上を有する大口株主を除く)が受ける上場株式等に係る配当等は、その金額の多寡にかかわらず、所得税の確定申告不要制度を選択することができる。(2017年9月)
1 point
【22】所得税における事業所得の金額の計算上、使用可能期間が1年未満または取得価額が10万円未満の減価償却資産については、その取得価額に相当する金額を、業務の用に供した日の属する年分の必要経費に算入する。(2017年9月)
1 point
【23】所得税における一時所得の金額は、その年中の一時所得に係る総収入金額からその収入を得るために支出した金額の合計額を控除し、その残額から特別控除額(最高50万円)を控除した金額であり、その金額が総所得金額に算入される。(2017年9月)
1 point
【24】所得税において、合計所得金額が1,000万円を超える年分については、住宅借入金等特別控除の適用を受けることができない。(2017年9月)
1 point
【25】不動産所得、事業所得または山林所得を生ずべき業務を行う居住者は、納税地の所轄税務署長の承認を受けることにより青色申告書を提出することができる。(2017年9月)
1 point
【26】所得税において、事業的規模で行われている賃貸マンションの貸付による所得は、(   )に該当する。(2017年9月)
1 point
【27】土地・建物等の譲渡に係る所得については、( ① )における所有期間が( ② )を超えるものは長期譲渡所得に区分され、( ② )以下であるものは短期譲渡所得に区分される。(2017年9月)
1 point
【28】給与所得者が、30年間勤務した会社を定年退職し、退職金2,000万円の支払を受けた。この場合、所得税の退職所得の金額を計算する際の退職所得控除額は、(   )となる。なお、障害者になったことにより退職したものではない。(2017年9月)
1 point
【29】下記の〈資料〉において、所得税における不動産所得の金額の計算上生じた損失のうち、他の所得の金額と損益通算が可能な金額は、(   )である。(2017年9月)
1 point
Captionless Image
【30】年末調整の対象となる給与所得者は、年末調整の際に、所定の書類を勤務先に提出することにより、(   )の適用を受けることができる。(2017年9月)
1 point
【31】国債や地方債などの特定公社債の利子は、所得税において、申告分離課税の対象となる。(2018年1月)
1 point
【32】一時所得の金額の計算上生じた損失の金額は、他の各種所得の金額と損益通算することができない。(2018年1月)
1 point
【33】納税者が本人と生計を一にする配偶者やその他の親族の負担すべき社会保険料を支払った場合であっても、社会保険料控除として、その支払った金額を総所得金額等から控除することができない。(2018年1月)
1 point
【34】申告分離課税を選択した上場株式の配当金に係る配当所得は、所得税における配当控除の適用を受けることができる。(2018年1月)
1 point
【35】給与所得者のうち、その年分の給与等の収入金額が2,000万円を超える者は、所得税の確定申告をしなければならない。(2018年1月)
1 point
【36】下記の〈資料〉において、所得税における不動産所得の金額の計算上生じた損失のうち、他の所得の金額と損益通算が可能な金額は、(  )である。
1 point
Captionless Image
【37】居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例(軽減税率の特例)は、譲渡した( ① )において、その所有期間が( ② )を超えていなければ適用を受けることができない。(2018年1月)
1 point
【38】給与所得者が、25年間勤務した会社を定年退職し、退職金2,500万円の支払を受けた。この場合、所得税の退職所得の金額を計算する際の退職所得控除額は、(   )となる。なお、障害者になったことにより退職したものではない。(2018年1月)
1 point
【39】所得税における医療費控除の控除額は、その年中に支払った医療費の金額の合計額(保険金等により補てんされる部分の金額を除く)が、その年分の総所得金額等の合計額の5%相当額または(   )のいずれか低いほうの金額を超える部分の金額(最高200万円)である。(2018年1月)
1 point
【40】所得税の住宅借入金等特別控除の適用を受けるためには、取得等した家屋の床面積が( ① )以上で、かつ、その( ② )以上に相当する部分が専ら自己の居住の用に供されるものでなければならない。(2018年1月)
1 point
【41】所得税における事業所得の金額は、「(その年中の事業所得に係る総収入金額-必要経費)×1/2 」の算式により計算される。(2018年5月)
1 point
【42】所得税において、老齢基礎年金や老齢厚生年金に係る所得は、雑所得に該当する。(2018年5月)
1 point
【43】退職手当等の支払を受ける居住者がその支払を受ける時までに「退職所得の受給に関する申告書」を支払者に提出している場合、その支払われる退職手当等の金額に20.42%の税率を乗じた金額に相当する所得税および復興特別所得税が源泉徴収される。(2018年5月)
1 point
【44】所得税の計算において、青色申告書を提出した年に生じた純損失の金額は、所定の要件のもと、その損失が生じた年の翌年以降5年間繰り越すことができる。(2018年5月)
1 point
【45】給与所得者のうち、その年中に支払を受けるべき給与の収入金額が2,000万円を超える者は、所得税の確定申告をしなければならない。(2018年5月)
1 point
【46】土地・建物の譲渡に係る所得については、( ① )における所有期間が( ② )を超えるものは長期譲渡所得に区分され、( ② )以下であるものは短期譲渡所得に区分される。(2018年5月)
1 point
【47】所得税における一時所得に係る総収入金額が1,000万円で、この収入を得るために支出した金額が600万円である場合、総所得金額に算入される金額は、(  )である。(2018年5月)
1 point
【48】国民年金基金の掛金は、その全額が(  )として、その支払った年の所得控除の対象となる。(2018年5月)
1 point
【49】所得税の住宅借入金等特別控除の適用を受けるためには、取得等した家屋の床面積が( ① )以上で、かつ、その( ② )以上に相当する部分が専ら自己の居住の用に供されるものでなければならない。(2018年5月)
1 point
【50】所得税の確定申告をしなければならない者は、原則として、所得が生じた年の翌年の( ① )から( ② )までの間に、納税地の所轄税務署長に対して確定申告書を提出しなければならない。(2018年5月)
1 point
【51】所得税において、自己の生活の用に供する家具や衣服(1個または1組の価額が30万円を超える貴金属、美術工芸品等には該当しない)を譲渡したことによる所得は、非課税所得とされる。(2018年9月)
1 point
【52】一時所得の金額は、その年中の一時所得に係る総収入金額からその収入を得るために直接支出した金額の合計額を控除し、その残額から特別控除額(最高50万円)を控除した金額であり、その金額が総所得金額に算入される。(2018年9月)
1 point
【53】公的年金等に係る雑所得の金額は、「(その年中の公的年金等の収入金額-公的年金等控除額)× 1/2 」の算式により計算される。(2018年9月)
1 point
【54】セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)に係るスイッチOTC医薬品の購入費(特定一般用医薬品等購入費)を支払った場合、所定の要件を満たせば、通常の医療費控除との選択により、最高10万円の医療費控除の適用を受けることができる。(2018年9月)
1 point
【55】平成30年分の所得税において、納税者の合計所得金額が1,000万円を超える場合、当該納税者は配偶者控除の適用を受けることはできない。(2018年9月)
1 point
【56】個人が平成30年中に内国法人X社(上場会社)から株式の配当金(当該個人は発行済株式総数の3%以上を有する大口株主ではない)を受け、その配当の金額に対して所得税および復興特別所得税・住民税が源泉(特別)徴収される場合の税率は、合計(   )である。(2018年9月)
1 point
【57】定年退職により退職金を受け取ったことによる退職所得の金額の計算上、収入金額から控除する退職所得控除額は、勤続年数が20年以下である場合、勤続年数に(   )を乗じて計算する。なお、計算した金額が80万円に満たない場合には、80万円となる。(2018年9月)
1 point
【58】Aさんの平成30年分の各種所得の金額が下記の〈資料〉のとおりであった場合、損益通算後の総所得金額は(    )となる。なお、各種所得の金額に付されている「▲」は、その所得に損失が生じていることを表すものとする。(2018年9月)
1 point
Captionless Image
【59】確定拠出年金の個人型年金の掛金を支払った場合、その支払った金額は、(   )として所得控除の対象となる。(2018年9月)
1 point
【60】年末調整の対象となる給与所得者は、年末調整の際に、所定の書類を勤務先に提出することにより、(   )の適用を受けることができる。(2018年9月)
1 point
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of 青い森マネードクターズ. Report Abuse - Terms of Service