障がいのある人の地域の暮らしの場に関するアンケート
障がいのある人の地域での暮らしは多くが家族・家庭の介護に依存しています。
親も本人も高齢になりつつ今、障がいのある人の自立した暮らしの場が地域にできることを多くの家族は望んでいます。
今回、具体的なニーズを把握したいと考え、アンケートを実施します。
一人でも多くの方から回答をいただきたく、ご協力よろしくお願い申し上げます。
Email address *
あなたは福岡市にお住まいですか?
あなたから見て障がいのある方は
あなたの年齢は
障がいのある方の年齢は
障害のある方の性別
障がい支援区分は
区分6(支援の必要度が最も高い)⇔ 区分1(支援の必要度が最も軽い)
持っている手帳は(複数選択可)
障がいのある方は今はどのように暮らしていますか
将来も今と同じ暮らしを望んでいますか?(複数選択可)
■グループホームは法律に基づき住居・介護等が提供され国の基準で決められた報酬が運営事業者に支払われます。入居者は4~20人程度で同一建物で暮らし家賃や生活費等を事業者に支払います。 ■シェアハウスは数人の個人が任意に住居をシェアし、自宅と同じように暮らす方法です。
入所施設、グループホーム、シェアハウスを希望された方は何年後を希望されますか?
障がいのある人の青年期以降の暮らし、親亡き後の暮らしなどについて、お困りごとやご意見があればご記入ください
Your answer
質問は以上です。ご協力有難うございました。暮らしの場以外にも何かありましたらお書きください。
Your answer
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google.