プロ野球選手への「はり施術過誤による神経麻痺」報道による影響についての緊急アンケート
このアンケートは、今回のような事例が報道された場合の影響について調査を致します。

今回の事件とは、
去る9月10日(日)に、貴社(読売巨人軍)所属のトレーナーの医療過誤に関する記事が複数の新聞社によって伝えられました。記事では、はり治療によって長胸神経麻痺が発生したとのことですが、業界全体が大変な驚きをもって報道を受け止めているところであります。また、鍼灸師のみならず、一般の患者ならびにマスメディアからも多数の問合せが届いており、その多くは一般的なはり治療でそのような医療事故は起こりえるのか、また、今後の事故を防止するためにも施術内容ならびに診断に至った経緯を明らかにして欲しいというものであります。
(公益社団法人 全日本鍼灸学会、日本伝統鍼灸学会、公益社団法人 日本鍼灸師会、公益社団法人 全日本鍼灸マッサージ師会、公益社団法人 日本あん摩マッサージ指圧師会、公益社団法人 全国病院理学療法協会、社会福祉法人 日本盲人会連合、公益社団法人 東洋療法学校協会、日本理療科教員連盟 9団体連名の公開照会状から抜粋)

今回の一連の報道により、「はり治療のミス」から「はり治療は危険」へとインターネット上では、拡散されつつあります。
これは、業界団体に所属している鍼灸師だけの問題ではなく、鍼灸師全体の質を問われている問題になってきていると考えられます。
非常に長いアンケートとなっておりますが、我々鍼灸師が今回のような事例に対して立ち向かっていくために必要な内容ばかりです。

このアンケート結果は照会状送付先への対応資料、マスコミ対応資料及び “インシデント報道の影響について” の学会及び各団体の発表以外には使用致しません。

また、時間経過による影響の調査も予定しておりますので、再度ご案内させて頂きます。

何卒最後までご協力いただけますようお願い申し上げます。


平成29年10月15日
広報担当者連絡会
(公社)日本鍼灸師会 公衆衛生事業担当業務執行理事  一見隆彦
(公社)全日本鍼灸マッサージ師会 広報局長      廣野敏明
(公社)東洋療法学校協会 広報部長          清水尚道
(公社)全日本鍼灸学会 広報部長           清水洋ニ

取り纏め
(公社)全日本鍼灸学会 広報部長           清水洋ニ


上記についてご承諾頂ける場合は、承諾するにチェックを入れてください。 *
0.プロ野球選手への「はり施術過誤による神経麻痺」報道をご存じでしたか。 *
Next
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms