平成30年度 東日本大震災アーカイブシンポジウム 震災の記録を伝える〜自然災害と防災教育
東北大学災害科学国際研究所と国立国会図書館は、平成31年1月11日(木)に「東日本大震災アーカイブシンポジウム」を東北大学にて開催いたします。

東日本大震災の発生から七年半が経過し、2018年は6月の大阪北部地震から始まり、各地での台風災害、9月の北海道胆振東北地震の発生、海外でもインドネシアのスラウェシ島地震・津波など、非常に自然災害が顕著な一年でした。

本シンポジウムでは、研究者による本年発災した自然災害の調査報告、そこから見えてきた震災アーカイブの重要性と今後について、また、時間の経過とともに新たな局面を迎えている防災教育の現場からの報告を行った後、「震災の記録を伝える~自然災害と防災教育」と題して、防災教育における震災アーカイブの役割と課題についてのディスカッションを行います。

日時:平成31年1月11日(金)13時00分から16時30分まで(開場12時30分)
会場:東北大学災害科学国際研究所棟 1階多目的ホール(宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
共催:東北大学災害科学国際研究所・国立国会図書館

(1)定員:200名 ※受付は先着順
(2)参加費:無料
(3)参加申込み:参加を御希望の方は、下記、お申し込みフォームからお申し込みください。
※もしフォームを開けない場合は,①氏名,②ふりがな,③ご所属,④メールアドレスを記載のうえ,以下のメールアドレスまでご送付ください.
E-mail:archiveforum* irides.tohoku.ac.jp(* を@に置き換えて下さい)

申込み期限:平成31年1月10日(木)17時まで


お名前
Your answer
ふりがな
Your answer
ご所属(※もしくは個人と記載下さい)
Your answer
メールアドレス(PCメールの受信が可能なアドレス)
Your answer
メッセージ・ご質問など
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service