JSETSIG09第2回セミナー「教育工学における観察を通した研究の技法」
 質的研究SIG第2回は、教育工学における観察を通した研究の技法についてのセミナーを実施します。講師として箕浦康子先生、ファシリテータとして時津倫子先生をお迎えし、フィールドワークの技法について学びます。1日目はデータ収集、2日目はデータ分析を通した質的研究の問いの立て方についての学習を予定しています。このセミナーは、フィールドワークの仕方とその背景にある解釈学的アプローチを学ぶことを目的とします。
 これに続き、25日に開催する第3回目のセミナーでは、実際にデータを質的に分析、解釈、考察するプロセスを体験していただきます。この3日間(第2回と第3回)のセミナーに参加してフィールドワークの全体像が把握できますが、第2回目セミナー(23-24日だけ)の方は、フィールドワークの前半のみであることをご了承ください。
 フィールドワークの全体像をご理解いただく場合は第2回&3回のセミナーの両方ご参加ください。

※定員に達しましたので、申込を締め切りました。

Submit
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service