Cloud Operator Days Tokyo 2020 Call for Speakers(セッション公募)
2020年7月15日に開催予定の「Cloud Operator Days Tokyo 2020」のセッション公募(CFS)フォームです、

Cloud Operator Days Tokyo は、クラウドの運用者に焦点を当てた技術者向けの新しいテックイベントです。クラウドの運用者とは、クラウド基盤(IaaS、PaaS、CaaS、FaaS)を運用しているインフラエンジニアの方だけではなく、クラウド基盤上でアプリケーションを作成し、運用している人も含みます。オペレーションに関わる技術や悩み、解決策を発表、共有していくことで運用技術の発展やインフラ、アプリケーション運用に興味がある若手の教育、育成ができるイベントとして発展させていきたいと考えております。

講演者は一般参加登録なしで無料で入場できます。今後のスケジュールは以下を予定しています。

- 2020/3/31  CFS申し込み一次締め切り
- 2020/4/中旬 選考結果通知(メールでご連絡します)
- 2020/5/中旬 参加申込受付開始
- 2020/7/15  Cloud Operator Days Tokyo 2020本番

選考に漏れた場合もMeetupでの講演、Conferenceの割引クーポンなど様々なメリットを受けられます。1本でも多くのProposalが集まることを楽しみにしています! フォーム入力ができない、あるいはメールでの連絡を希望される場合は運営事務局 <codt2020-office@e-side.co.jp> までお願いします。

オペレーションにフォーカスする本イベントでは以下のようなセッションを期待しております。

- 運用設計、理論系(Operational Design)
システム・制御理論、品質、設計、非機能運用、大規模運用設計、

- 事例、Tips系(Use Case, Case Study)
実運用においての話題、やらかした話、うまくいった話、トラブルシューティング、匿名セッションでもOK

- 組織論、人材育成系(Team Building, HR Development)
チーム作り、教育、評価、採用

Cloud Operator Days Tokyo 2020 について
 https://cloudopsdays.com/

---
This is the Call for Speakers (CFS) form for [Cloud Native Days Tokyo].

Cloud Operator Days Tokyo is a new tech event focused on infrastructure engineers operating cloud infrastructure (IaaS, PaaS, CaaS, FaaS) and technicians creating and operating applications on cloud infrastructure.

Accepted speakers will be provided with complimentary registration for the event. Authors of proposals that are not accepted will be provided with discounted registration. The CFS-related schedule is planned as follows.

- March 31 CFP application primary deadline
- Mid-April Selection result notification will be sent out by email.
- Mid-May Registration Open
- July 15 Cloud Operator Days Tokyo 2020

Looking forward to your proposals! If you cannot use this form or want to contact us directly, please e-mail the Event Office at <codt2020-office@e-side.co.jp> .

The event is focused on operations and is looking for proposals under the following main categories:

- Operational Design/Theory
System/Control Theory, QoS, Design, Non-functional Operation, Large Scale Operational Design

- Use Case, Tips, Case Study
Real Operational Issues, Success Stories, Failures, Troubleshooting

- Organizational Theory, HR Development
Team Building, Education, Evaluation, Hiring

Cloud Operator Days Tokyo 2020
https://cloudopsdays.com/
Email address *
Session Proposal Information (Public)
具体的な講演情報をご記入ください。なお、内容については主催者側で査読し変更をお願いしたり編集を加えたりする場合がありますので、予めご了承ください。※公開できない情報は最後の設問をご利用ください - Please enter your session proposal information. Please note that the organizers may request changes or edits to the proposed content.
講演タイトル - Abstract Title *
(最大50文字)受講者の目を引くようなるべく具体的なテクノロジー名を含めることをおすすめします - (Maximum 100 characters) Include concrete technology names as much as possible to attract attendees.
Your answer
講演内容 - Abstract *
(200文字程度)どんな人に向けた講演かこの講演によって受講者がどんな情報を得られるかを含めることをおすすめします - (About 200 words) Include information on who the session is aimed at and what the attendee can expect to gain from the session.
Your answer
カテゴリーについて - Main Categories
各カテゴリーの期待する内容としては以下を想定しています。


- 運用設計、理論系(Operational Design/Theory)
システム・制御理論、品質、設計、非機能運用、大規模運用設計
System/Control Theory, QoS, Design, Non-functional Operation, Large Scale Operational Design

- 事例、Tips系(Use Case, Tips, Case Study)
実運用においての話題、やらかした話、うまくいった話、トラブルシューティング、匿名セッションでもOK
Real Operational Issues, Success Stories, Failures, Troubleshooting

- 組織論、人材育成系(Organizational Theory, HR Development)
チーム作り、教育、評価、採用
Team Building, Education, Evaluation, Hiring

主なカテゴリ - Main Categories *
クラウドの運用に関わるトピックであればなんでもOKです。カテゴリーから近しいもの選んでください。 Any topic concerning cloud operation is welcome. Please select a suitable category(s) below.
トピック - Topics
セッションに関連があるキーワードがあれば選択して下さい。 - Please pick a suitable topic(s) for your session proposal.
受講者レベル - Audience Experience Level *
スライドと動画の公開可否 - Publishing Session Materials (Slides/Videos) *
イベント終了後に講演資料(スライドはslideshareなどにご自分でアップしてください)とアーカイブ動画を公開します。公開可否は来場者がセッションを選択する際の大きな判断材料となりますので事前に意思を確認させてください。- Following the event, we will publish session materials. Please note below in what form you will allow your session slides/video to be made available to the public.
講演言語 - Language *
Interpretation (E->J) provision for sessions conducted in English cannot be guaranteed. If available, the provision of interpretation may require the scheduling of the session in a specific meeting room and/or time slot.
Speaker Information (Public)
講演者に関する情報をご記入ください。Please provide information about the speaker.
講演者氏名(英語表記) - Your Name *
Your answer
講演者氏名(漢字)- Your Name in Japanese Characters *
If you do not have Japanese characters for your name, please enter "N/A"
Your answer
肩書き - Job Title *
Your answer
会社名/所属団体名 - Company/Organizations *
Your answer
講演者プロフィール - Biography (up to 200 words) *
Your answer
講演者写真 - Photographs *
※このフォームからのファイルアップロードには対応していません※ TwitterやGitHubなどのアカウント画像、その他画像へのリンクをご入力ください。講演者写真は顔写真が望ましいですが使い慣れているアイコンなどでも大丈夫です - *The form does not allow for file uploads* Please provide a link to links to your photo file. Facial photographs are preferred for speakers however icons etc are also possible.
Your answer
共同講演者 - Co-Speaker
セッションを複数人で講演される場合は、名前を記入してください。Please enter the names of additional speakers as applicable.
Your answer
Twitterアカウント - Twitter Account
Your answer
GitHubアカウント - GitHub Account
Your answer
その他質問事項 - Questions for the Organizer
主催者への連絡事項があれば自由にご記入ください。匿名でセッションを行いたい場合は、この項目で「匿名希望」と記載ください。
Your answer
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy