英語による授業のためのWS

芝浦工業大学・教育イノベーション推進センターでは、「理工学教育共同利用拠点」事業として、以下の研修を開催することになりましたので、皆さまの申込みをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

プログラム名:英語による授業のためのWS

・日時:2019年7月6日(土)10:00~12:00(当日午後に「研究室指導に必要なコーチング技能入門WS」があります)
・会場:芝浦工業大学 豊洲キャンパス (会場の詳細は参加決定者に対して追って通知します)
・対象:大学・高専等の機関において教育に関わる大学・高専等の教職員
・人数:先着30名程度(希望者多数の場合、理工学教育に携わる教職員の方を優先します)
・申込方法:下記よりお申込み下さい。
・申込締切:2019年6月29日(土)まで。なお、定員に達した場合、早めに申し込みサイトを閉じる場合があります。

【概要】
グローバル化に伴い、英語で授業を実施することが求められるようになってきました。その必要性に関して異なる考え方がありますが、留学生を積極的に受け入れる大学や留学を希望する学生数は増加の傾向にあります。英語開講の授業は、このような変化に対応する一つの手段ではないでしょうか。
本ワークショップ(WS)の流れは、科目を英語で教える留意点を概観し、コミュニケーションを促進する活動内容を共有します。その後、ご自身が実践する活動やレッスンプランを考案します。会場の皆様と意見を共有する時間を多く設けますので、積極的に参加してくださると助かります。具体的には、科目を英語で教えることの懸念や抱負、成功例、失敗例、活動案等を共有していただく予定です。本WSの目標は、ご自身の授業で活用できる実践的なアイディアを多く持ち帰っていただき、より自信を持って担当科目を英語で教えられることです。なお、本WSの使用言語は英語の予定です。

【到達目標】
・科目を英語で教える活動案・授業案を作成することができる。
・わかりやすい英語で学生とコミュニケーションする準備ができる。

【担当者】
恒安眞佐(芝浦工業大学 教育イノベーション推進センター/建築学部 准教授)

【問い合わせ先】
芝浦工業大学 教育イノベーション推進センター事務課 edudvp@ow.shibaura-it.ac.jp

Email address *
お名前 *
Your answer
ふりがな *
Your answer
職種 *
授業担当分野または担当業務 *
Your answer
所属(大学名など) *
Your answer
学校種別 *
設置区分 *
学校所在地(都道府県) *
今後、本学から理工学教育共同利用拠点に関するお知らせをこのメールアドレスに送信しても良いでしょうか? *
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of SHIBAURA-IT. Report Abuse - Terms of Service