2/20 学習会:ビジネスと人権指導原則と開発協力 参加登録
学習会:ビジネスと人権指導原則と開発協力
〜日本の国別行動計画(NAP)に盛り込むべき論点は何か、事例で考えてみる〜

共催:(特活)オックスファム・ジャパン
    ビジネスと人権NAP市民社会プラットフォーム(予定)
    SDGs市民社会ネットワーク(予定)

日時:2018年2月20日(火)13:00-15:00
会場:20-30名規模 クリエイティブOne秋葉原ビル8階ラーニングカフェ
   JR秋葉原駅徒歩9分 御徒町徒歩7分 東京メトロ 末広町駅徒歩4分
   アクセス http://oxfam.jp/contact/
        Google Map https://goo.gl/maps/cy9fPV1TcxK2

対象:NGO/NPO担当者(その他関心を有する市民の参加も可です)

*同日2/20 18-20時、NNネット(社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク)主催でビジネスと人権に関するSRセミナー(http://sr-nn.net/archives/5042)が早稲田にて開催されます。こちらも合わせてご参加を検討ください。

                   <プログラム(予定)>

13:00-13:02 今回の学習会の趣旨説明
  森下 麻衣子 オックスファム・ジャパン

13:02-13:10 共有セッション:ビジネスと人権、開発協力・SDGsをめぐる国内外の現状
・NAPプラットフォーム 白石 理 代表 / 松岡 秀紀 アジア・太平洋人権情報センター
・SDGs市民社会ネットワーク 柴田 哲子 ワールド・ビジョン・ジャパン
・その他参加団体からのコメント

13:10-14:10 報告セッション
・報告1 国連ビジネスと人権指導原則は日本の開発ファイナンスとどう関係するか〜ミャンマー・ティラワSEZから考える教訓
高木 晶弘 オックスファム・ジャパン、CSOネットワーク
・報告2 日本の政府機関(JICA等)の環境社会配慮ガイドラインと異議申立て制度、インフラ輸出と人権課題の事例
田辺 有輝 JACSES、オックスファム・ジャパン
・報告3  子どもの権利とBHR、ODA
堀江 由美子 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 

14:10-14:55 質疑応答、意見交換セッション
モデレーター:黒田 かをり CSOネットワーク事務局長・理事
問1:日本のNAPにおいて、開発協力に関してフォーカスするべき論点は何か。
問2:今後、この議論をどのような枠組みで進めていくか。

14:55-15:00 総括、クロージング (15時終了予定)

お名前 *
Your answer
ご所属 *
Your answer
メールアドレス *
Your answer
内容に関するコメント(もしあればご記入ください)
Your answer
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of Oxfam Japan. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms