【往来堂書店のイベントVOL.26 2020-2-21】田中俊之 × 藤井達夫 トークショー 『男である』ことを止められない男性たちとその事情
開催日: 2020 年 2月21日 19時30分~21時
開催地:113-0022 文京区千駄木2-47-11 往来堂書店
お問い合わせ: 03-5685-0807 または ohraido@gmail.com
【参加費】1500円(税込み)

年号が変わっても、ラグビーのワールドカップでナショナルチームが活躍しても、そしてオリンピックが開催されることになっていても、どうも私たちの社会の生き辛さは、相変わらずのままだ。それどころか、日々の生活の閉塞感はますます募るばかり。

 そんな思いを拭い去れない皆さんに向けて、二人の学者のおっさんが『男である』ことを手掛かりに、日本社会の生き辛さの原因を抉り出します。お一人が、男性学がご専門で社会学者の田中俊之さん。もうお一人が、政治学者の藤井達夫さん。

 田中さんは、『男性学の新展開』を皮切りに、『男が働かない、いいじゃないか!』などで、「日本では“男”であることと“働く”ということとの結びつきがあまりにも強すぎる」と警鐘を鳴らし、日本の男性学を代表する研究者としてメディアでも活躍中。藤井さんは一昨年、出版した『平成の正体』で、労働の不安定化と社会の分断、蔓延する自己責任論の背景を見事にあぶりだし、現在その続編を執筆中。

 ともにロスジェネ世代、40代半ばの二人が見た日本社会の生き辛さの実態と、それを生み出す社会の構造とは? ジェンダー/アイデンティティ、ネオリベ、ルサンチマンをキーワードに徹底的に語り尽くします。


Email address *
お名前 *
携帯電話番号 *
お二人にご質問がありましたら、ぜひどうそ!
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. Report Abuse - Terms of Service - Privacy Policy