【中学生対象】2019年度「いもいもお茶の水スーパー小論文教室」体験授業お申し込みフォーム
数理思考力教室、スーパー思考力教室、表現コミュニケーション教室につづいて、「いもいも」スーパー小論文教室開講が決定いたしました。
お茶の水にて月3回、月曜日の18:30〜20:30まで行う予定です。
 
参加してみたいかも!という中学生のための体験授業を開催いたします。

【日時】
①9月16日(月)9:30~11:30(開場 9:15〜)
②9月23日(月)13:00~15:00(開場 12:45〜)

【応募締切】 
①9月16日の回: 9月13日(金)まで
②9月23日の回: 9月20日(金)まで
※応募者が多数の場合、早めに締め切りますので、お早めにお申し込みください。

応募いただいた方は全員ご参加できる予定です。下記、必要な持ち物をご持参のうえ、当日お越しください。

【持ち物】
自分が今読んでいる本、読んで面白かった本を合わせて3冊(小説は1冊まで。他はフィクション以外の本。読みかけの本でも可)
筆記用具
飲み物

【場所】
駿河台スピックビル(会場となる教室は、建物の入口でご案内いたします)
〒101-0062 千代田区神田駿河台4-4-5
JR線 御茶ノ水駅 聖橋口 東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B2出口より徒歩2分

【お願い】
校舎の通路が狭く、待機していただけるスペースがございませんので、開場前にはお越しにならないよう、お願いします。

【お申込み】
授業終了後に仮申込をしていただく形となります。応募者が多数の場合は抽選となります。
9月27日以降、申し込まれたすべての方に抽選結果等をメールにてお送りさせていただきます。


●いもいもお茶の水 スーパー小論文教室について●

【対象】中1~3年生
【開講スケジュール】月曜日 18:30〜20:30(月3回)
【場所】駿河台スピックビル(御茶ノ水駅より徒歩2分)
【募集人数】中学1年生~中学3年生まで 各学年で3〜4名まで
【開校日】 10月7日(月)を予定しています。
【授業料】月額16,000円+税 
     ※入会時に入会登録料10,000円+税をいただいております(花まるグループ会員/元会員以外の方)

【概要】
いもいもスーパー小論文教室は、本が大好きなこどもたちのための教室です。「本が大好きで、文章を書くのもの大好き!」という子はもちろん、「本は大好きだけど、文章を書くのは超苦手!」という子も大歓迎です。

この教室では、書くこと、表現することについてのさまざまなアクティビティを行いながら、それぞれが「書評」を書きます。ここでいう「書評」とは、その本の面白さの「本質」を読み手に伝え、読み手が「この本を読みたい!」と思うような文章を書くことです。

私は、本というものは、「自分以外の人」でできている、と思っています。書いた人、取り上げられた人物、物語の主人公……。本のなかには、さまざまな他者がいます。そして、もっと言ってしまえば、本は他者そのもので、本を読むことは他者に向き合うことです。そうやって他者に真摯に向き合い、そこから受け取ったものを、自分自身の言葉で別の他者に伝える行為が「書評を書く」ことなのです。

書評を書くときは、あなたが心の底から感じたことを、嘘のない自分の言葉で書くことが大切です。そのように書かれた書評は、読み手の心に響きます。書評を通して、あなた自身をも読み手に伝えているからです。

本が他者そのものであるなら、あなたが書いたものは、あなたそのものです。ありのままのあなたを、あなた自身の言葉で誰かに伝えることができれば、人生はとても豊かなものになります。

書評はあくまでも一つの手段です。この教室では、他者からなにかを受け取ること、本当の自分自身でいること、そして自分自身のままで他者に何かを伝えることを通じて、豊かな時間を過ごしてもらいたいと思っています。

いもいもスーパー小論文教室講師 土屋 敦


【講師プロフィール】
つちや・あつし/1969年生まれ。私立栄光学園高校、慶応義塾大経済学部を経て株式会社講談社入社。
1997年講談社を退社し、フリーランスの編集者として活動。
2004年『スローフードな日本』(農文協)に執筆したコラムが和歌山大学教育学部小論文入試問題に採用。
2011年より書評サイトHONZ(代表・成毛眞)創刊編集長を務める(〜2014年)。
書籍や雑誌の編集をする一方、週刊朝日「CROSSOVER」、週刊SPA!「土屋敦の一冊決め」などで書評を連載。新聞、雑誌、ウェブに書評や作家インタビューなどを多数執筆。書評関連の著書としては『ノンフィクションはこれを読め!』(共著)がある。
2019年4月より執筆・編集活動をほぼ停止し、「いもいも教室」の運営に専念。
 
【いもいも教室主宰・井本陽久より】
子供が持っているものは一人一人違います。
我々がすることは、そのすでにもっているものの良し悪しを判断することではなく、それをそのまま価値として心から承認することです。
そしてその承認の輪は自然と子供達の間、教室にいるすべての人たちの間に広がっていきます。
いもいも教室の子供達が、いつもキラキラと躍動しているのは、“どんな自分もみんなに受け入れてもらえる”という安心感が教室中に満ち溢れているからです。
 
いもと・はるひさ/私立栄光学園中学高等学校にて数学科教師を27年間にわたってつとめる。今年度より「いもいも教室」に注力するため、栄光学園数学科非常勤講師となる。
 
https://news.yahoo.co.jp/byline/otatoshimasa/20180705-00088252/
https://news.yahoo.co.jp/byline/otatoshimasa/20180706-00088255/
https://news.yahoo.co.jp/byline/otatoshimasa/20181101-00102595/
https://news.yahoo.co.jp/byline/otatoshimasa/20190201-00112985/


お問い合わせはimoimo.info@hanamarugroup.jpまでお願いいたします。


Email *
お子様のお名前 *
お子様のお名前(ひらがな) *
当日に連絡がつく保護者の方のお電話番号 *
性別 *
学年 *
どちらの体験授業にご参加されますか? *
中学校名 *
最寄り駅
体験授業で撮影したお子様の写真・動画の「いもいも」ホームページ及びfacebookページ掲載について *
ご質問等がございましたら、こちらにご記入ください
ご応募いただき、誠にありがとうございました。
「送信」すると、回答のコピーが、ご記入のメールアドレス宛に届きます。もし届かない場合は、情報が正しく送信されていない可能性があります。再度送信いただくか、imoimo.info@hanamarugroup.jpまでお問合せください。
A copy of your responses will be emailed to the address you provided.
Submit
Clear form
Never submit passwords through Google Forms.
reCAPTCHA
This content is neither created nor endorsed by Google. - Terms of Service - Privacy Policy