「シェルター・メディスン一般臨床で必要な知識を整理しよう!」|西山ゆうこ先生|対象: 獣医師・動物看護師・動物病院関係者
■講演内容:
・タイトル「シェルター・メディスン:一般臨床で必要な知識を整理しよう!」
 ・FIV/FelVの検査のタイミングは?
 ・子猫の下痢を理解しよう。
 ・子猫の月齢の見分け方・ミルクの与え方を再確認!
 ・Spay/Castはいつやる?すでにされている場合はどう見極める?
 ・などなど

■講師
西山ゆうこ 先生
シェルターメディシン、保護動物コンサルタント

1986年北海道大学獣医学部獣医学科卒業。
日本で臨床獣医師として勤務した後、1990年渡米。米国の獣医師ライセンス取得後、Wilshire Animal Hospital, VCA Petville Animal Hospital 勤務を経て、ロサンゼルス郊外に Village Veterinary Hospital を設立。地域の日本人、日系人、米国人に、プライマリー獣医療を提供し、コミュニティに密着した質の高い診療体制は、コミュニティから高い 信頼と評価を得た。また、鳥類、エキゾチックアニマルの二次病院としても、日本人としては珍しい鳥専門医として、評価された。
2014 年同院を辞任。2014年同院を辞任。2014年、拠点を日本に移し、現在保護動物アドバイザー、シェルターコンサルトとして、活躍中。
20 年以上、動物福祉問題、動物虐待問題に積極的に取り組み、執筆、講演活動を日米で行っている。 1989年に、東京都小笠原島にて、地域猫のTNR(捕獲、不妊去勢手術、リリース)をボランテイアで行い、日本のTNRのパイオニアとなる。 ペットの不妊去勢手術、得に早期不妊去勢手術に関して、日本での普及に高く貢献し、「不妊去勢の母」とも呼ばれている。
2016年、フロリダ獣医大学の大学院獣医法医学認定医コースに合格。現在、通信教育にて、獣医法医学を勉強中。動物虐待、ネグレクト、多頭飼育崩壊の検証、殺処分ゼロ問題などを、科学的、医学的に追及している。
数少ない米国獣医師免許の所有者として、動物愛護の分野では、誰もが知る愛護獣医師として、また、女性獣医師として、圧倒的人気のカリスマ女性獣医師として、現在、多方面で、執筆活動、講演活動を行っている。
著書、「小さな命を救いたい」(エフエー出版)、「セイン・グッバイ」(駒草出版)、「アメリカン・ドリーム」(ジュリアン出版)、「いい獣医さんに出会いたい!」(ポット出版)他多数。翻訳も多数あり。
牡牛座A型。さだまさしの熱狂的なファン。ワインをこよなく愛す。誰にも負けない高齢出産が自慢。


■開催場所:
愛媛県男女共同参画センター
〒791-8014 愛媛県松山市山越町450番地
http://www.ehime-joseizaidan.com/site/ehime-danzyo-center/

Tel:089-926-1633

※ 最寄りの有料駐車場をご利用ください。
※ なお、同日13:30~の市民講演の会場( COMS 松山市男女共同参画推進センター; 三番町)とは異なりますのでご注意ください。
 

■開催日時:
・開催日:8/13(日)
・時間: 17:30−19:30
 

■参加料:
・獣医師;1,000円(ベッツえひめ会員獣医師 無料)
・動物看護師・動物病院関係者;無料

■主 催:一般社団法人愛媛県開業獣医師会(ベッツえひめ)

■連絡先:
・松山ほうじょう動物クリニック 三好 紀彰
・089-993-3411
    

■申込締切日:8月10日 

● 氏名
Your answer
● 病院・施設名
Your answer
● 役職
● メールアドレス
Your answer
● メールアドレス(確認用)
Your answer
● キャンセルの場合、メール ( kisho.m@mhvc.jp ) にてお知らせください
Submit
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of MHVC. Report Abuse - Terms of Service - Additional Terms